20328915 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Tough Boy-World of cap_hiro

2020年03月08日
XML
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽91
 物理科学が捉える宇宙構成論である超弦理論。一般相対性理論と量子力学をつなぐと期待されている「超弦理論(超ひも理論/Superstring theory)」は、1960年代にイタリアの物理学者、ガブリエーレ・ヴェネツィアーノが核子の内部で働く強い力の性質をベータ関数で表し、その式の示す構造が「弦 (string)」によって記述されることに南部陽一郎、レオナルド・サスキンド、ホルガー・ベック・ニールセンらが気付いたことから始まる仮説です。元来は宇宙初期に存在していた超高温物質であるクォーク・グルーオン・プラズマ(Q・G・P))。一般には研究対象から原子核物理学の一分野と位置づけられ、理論的手法は素粒子物理学の基礎となる場の量子論に基づいており、一般相対性理論と量子力学をつなぐと期待され、現在に至るも其の主張するところの魅力は増加することはあっても減衰することを知りません。超弦理論(超紐理論)とは、現在時では「点」、物理学上の点であり、ユークリッド幾何学に云う位置情報以外は何ものも表さない数学上の記号ではない粒子だと思われている素粒子が実は「紐」であるという仮説に基づく理論ですが、とても単純な思考論理のようですが其の示す理論展開は数々の魅力的な奇跡を引き起こしてくれます。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2020年03月08日 06時10分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[時間考察] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


cap-hiro

サイド自由欄

カテゴリ

夢有無有

(3085)

[神]の定義・公理・定理とその証明

(1)

HINDI MUSIC

(2)

「至極の女性」

(0)

直覚知

(0)

時間考察

(427)

俳句・川柳

(50)

ABBA

(0)

絶対存在論

(81)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

楽天カード


© Rakuten Group, Inc.