000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Tough Boy-World of cap_hiro

全3085件 (3085件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

夢有無有

2021年03月16日
XML
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽434(最終章)
 一般相対性理論の連続性からくる無限概念の不合理。 現代物理学の基本原理として大凡80年前から認められてきた「不確定性原理」が当てはまらない場合があることを指摘された不確定性理論の量子理論。今現在では相互の理論の矛盾性を克服したとされる「量子重力理論」が宇宙原理即ち物理科学の根幹の真理に近付いたものとして注目されます。元来は測量の必要性からエジプトで生まれたものだが、人間が認識できる表象や図象に関する様々な性質を研究する数学の分野として、古代ギリシァにて独自に発達し、これらのおもな成果は紀元前300年ごろユークリッドによってユークリッド原論にまとめられ、現代においては微分幾何学や代数幾何学、位相幾何学などの高度に抽象的な理論に発達・分化している幾何学上の「ゼロ点」。一次元の時間線上では停止としてしか捉えきれない「0点」の時間の連続性の不条理、絶対空間及び絶対時間を唱えたニュートンの例外のある世界、今迄の物理科学は人類の常識論理では形而上哲学や唯物論哲学及び神学哲学並びに神秘論に比して下位に甘んじていた傾向がありました。ところが、今現在は、世界の皆が何臆すること無く量子理論の恩恵であるスマホやパソコンを使い熟します。此のことから結論付けされるのは我々の思考や観念を離れての「時空間」なるものは世界の側には存在しないことです。全ては「0点」なる時間の流れは無いし、「0点」なる空間も無いことに尽きます。時間や空間は人類思考の表象であり、全てはデジタルなのかも知れません。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月16日 06時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年03月07日
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽426
 現在までの宇宙論である量子論や相対性論、量子論では物質を永遠に細分化しても其処に顕れるのも究極の粒子であり「0」点そのものではありません。片や、一般相対性理論も巨大ブラックホールの究極の姿も「0」点そのものではなく、質量無限大となる特異点は、宇宙がゴルフの練習ボールに見做され、周りが超無限吸引量の吸塵器で吸い込まれている状況が想い起されます。この超無限吸引量の吸塵器とは、アニメ「犬夜叉」登場人物の弥勒の「風穴(虚無)」を連想させてくれます。其れで無くば、ブラックホールは其の夫々に大なり小なりの宇宙をそれなりに創生するのでしょう。対して、現在の最先端宇宙観測物理科学は観測可能な宇宙空間の内部においては、その宇宙のなかのどこか特定の地点を宇宙の中心として位置づけることができるような特別な場所はどこにも存在しないと結論づけることができるとしています。結局、宇宙の中心を位置づけることができるような特別な場所はどこにも存在しないと結論づけるのです。此処に登場するのが互いに相対する物理科学であった相対性論及び量子論両者の矛盾を解消すべく合体検証する「量子重力理論」の登場への要請があったです。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月07日 06時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月22日
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽414
 1プランク時間というのが此の宇宙世界に存在しうる最も短い時間ならば、これ以上短い時間は、空想の世界での産物となり、物理学的には定義上意味がないとされています。アリストテレスの時間論「より先と、より後ということを考慮した場合の運動の数」の定義の解釈、つまりは、ゼロ点である停止時間が無いことが想起されます。1プランク時間の最低温度は、10の31乗K。この縮んでいく宇宙の最後の長さは、超ひも理論のTデュアリティによって次の2回目の宇宙の最初の長さと双対であることになり、1回目の宇宙のビック・クランチが実時間を伴って2回目の宇宙のビック・バンに繋がっていく。2回目の宇宙は1回目の宇宙の約4倍の大きさで最低温度はプランク温度の4分の1に成長するが、これもまたビック・クランチを起こして儚く萎んでしまうのですが、そのときには、1回目の宇宙で蓄えたエントロピーの約50倍のエントロピーを残すのです。それがまた次の宇宙のビック・バンに繋がりゆきます。3回目の宇宙は、1回目の宇宙の約16倍の大きさで最低温度はプランク温度の16分の1となり、最後にビック・クランチを起こしたときには2500倍のエントロピーがあるとされています。それが更に4回目の宇宙のビック・バンへと繋がり、エントロピー増大を繰り返し延々と輪廻転生が繰り返されていくというのですが、其処には抑々に時間の流れの意味合いすら持たない津波の濁流であり、時空的には閉じられた宇宙世界の球面宇宙、開かれた平面宇宙、皮面を持たない開かれた鼓形の宇宙が想定され、二次元で表現するならば、三角形の内角の和が180度超の球面宇宙、三角形の内角の和が180度の平面宇宙、三角形の内角の和が180度未満の馬蹄形宇宙が時空的捉え方の宇宙に対応します。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年02月22日 06時36分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月06日
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽400
 現状最新論としての超弦理論の仮説も問題点を掲げると、幾つかの問題点が浮上します。先ず第一は超弦理論では現在のところ観測されていない10次元といった多数の次元を必要とする点で問題があるとする批判です。現代人類物理科学の得られる限りを遥かに超える超高エネルギーでの実験が可能ならばそのような次元を直接確認し、理論を検証できる可能性があるにしても、現状21世紀初頭の技術的展望を見回す限りは到底不可能だとされる問題。第二は「コンパクト化」という便宜性を導入するにしても膨大な数の超弦理論の主張が存在し得る可能性が残ります。たとえ、そのようなパラメータを調整して、我々の宇宙の物理法則と適合する超弦理論を選び出すことを目しても、ことは計算量の面から非常に困難なことが判明しています。膨大な数の超弦理論が、それぞれ別の宇宙を表すとの考え方もあるものの、我々の宇宙の法則を得られなければ、実用実相理論としての意味あいは薄れます。此のことは、弦理論の業績に対しては現在のところノーベル物理学賞は与えられていないことから宇宙物理科学の主流とは言えないことも囁かれます。事実、弦理論に重要な貢献を果たした日本の南部 陽一郎(1921年 - 2015年)、デイビッド・グロス(David Jonathan Gross/1941年2月19日 - )らは別の業績で受賞していることからも、現代物理科学は実証されないものは仮説と決め付ける向きも伺わせますが如何なものでしょう。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年02月06日 06時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年10月21日
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽301
 幾何学的には図上に描けば中心点としての「0次元」、中心点から左右に伸びる一時線上の「一次元」、其の一時線上に加えて平面上に上下に縦に伸びる線、一次元の対象である線と独立な方向に並べたものである二次元、更には二次元の面としての対象を並べてできる三次元、此等は人間の視覚により知覚され得るとされるが真実そうなのか。四次元は時間線が加わる以上、次元の対象である立体をそれと独立の方向に並べてできると考えられ、視覚による知覚はできないとされるが其れが真実そうであり人間の視覚は他の四次元より未満の次元を捉えているのかと云えば甚だ現実相としては曖昧です。其の所以は、世界が絶えず変化するものであり人間の停止することのない視聴覚では、仮に瞬間停止状態の世界があるにしても次元を問わず視覚等の感覚では捉えられないからです。すべて世界は変化にあり停止することのない宇宙に属します。停止することのない宇宙の次元は人間の想念が捉えたものであり、一切の次元を我々が現実には体験していません。四次元の時間軸を取れば、3次元の対象を連続移動するときの軌跡を何者かが追っているのかもしれません。時間の存在の有無と其の性状が問われる由縁です。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2020年10月21日 06時02分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月30日
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽140
 アリストテレス(Aristotles/紀元前384年-紀元前322年)はマケドニア出身の古代ギリシアの哲学者であることは夙に勇名を馳せていましたが、彼は以降の哲学者とは違い、当時の「哲学者」の意である考える人であり、祖師の軍人でも在ったソクラテスや師である政治学のプラトンと同様に才は多様で弁論術・文学・科学・医学にも長けており「万学の祖」と呼ばれえうように、当然に然るべき「時間」に関しても哲学者であることを踏まえた物理科学論、近代的な精密科学に発展する以前の思弁的傾向の強い自然に関する学問を欧米では物理学と自然学が同一の語で表されますが、これはアリストテレスを代表とする自然学が概念的変貌を遂げるなかで、物理学へ転化していったことを如実に示しているように物理学の基底を設けた人物です。アリストテレスは公開用の対話篇や研究資料やメモなを多く書いたと記されてはいますが、纏まった類いの著作は殆ど残存せずっていません。現存するアリストテレスの著作の多くは、リュケイオン時代の専門教育用の論文群です。此等のテキスト群は、リュケイオンの最後の学頭であったアンドロニコスによって編纂されたと伝えられ、「アリストテレス著作集」と呼ばれています。

哲学・思想ランキング






最終更新日  2020年04月30日 07時03分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月19日
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽130
 物事には知覚の対象であるが思惟の対象でない実在と思惟の対象であるが知覚の対象でない実在を在るとするのが西欧の思考的傾向です。世界を大宇宙と呼称し、其れに含まれる各々の銀河団を「小宇宙」と定義、世界は小宇宙の銀河団を統べる大宇宙のより構成されているのが人間の科学物理が捉える人間思考の世界構想を区分けした宇宙構造論です。其の世界において、常識的には大宇宙内の生命体系の時間観想、即ち、物理観測上の時間の流れも同一と考えがちです。其の思考の大成がが「ニュートンの絶対時間」に定義されます。ニュートンは絶対時間としての時間在り方(TIME1からTIME4)を以って定義します。第一に絶対時間とは、人類共通の認識の上にたった概念であり、宇宙全体を一様に流れるものである。即ち、時間は全宇宙において一様に流れるものであり、任意の系において何れもが時間は共通である。其のことから導き出されるのは全ての系で、共通の時計を持つことが可能であり、時計の時刻の刻み方は、全ての系で完全に同じである。系によって、時間の進み方が違ったりすることはない。或る系での時刻T-1と宣言するとき、他の何(いず)れの系においてもそのときの時刻はT-1であることになります。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2020年04月19日 06時44分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月08日
カテゴリ:夢有無有
間の陥穽119
 アウグスティヌスの「同時につまり一挙になされる創造には、物事の本質に変化がある以上、始めと終わりも創る筈であり、世界に変化をを齎すのに「時間」を創造することが「御言」或いは「ロゴス」に含意されている筈で、当然のことながら永遠においては生成や変化があるわけもなく、すべてが神において同時になされるとしても、時間は永遠における創造によって永遠から生じたものです。永遠を始原として永遠から変化は生じてくる。此の意味でアウグスティヌスの「神はすべての世紀の創始者であり建設者」であって神によって造られなかった時間はなく、「神はまさに時間そのもの(ipsum tempus)を創造したのである」は理に適っているように覚えます。詰まるところ、永遠から時間が生じたがゆえに、永遠は時間を超越するのであり、其れ故に、被造物の世界或いは人間の意識世界に時間が割り振られることになります。時間は我々の属する世界の時間となり、そこには変化があり、始まりと終わりがあることになります。神においては永遠があり、人間においては時間があるのです。従いて、時間が創られたということは、この世の万物が創造されたということに等しいといっても多くは外れていないでしょう。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2020年04月08日 06時25分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月07日
カテゴリ:夢有無有
時間の陥穽118
 アウグスティヌスが考える永遠から導き出される永遠は恒常不変です。恒常不変である限り始めも終わりもなく、持続性や存続性さらには永続性とも無縁でなければ「永遠」の範疇を外れるとします。つまり、神は宇宙を創造こそすれ、宇宙そのものからの一切の干渉を排除した恒常不変の「有」です。持続性や存続性さらには永続性とも無縁であるからこそ、それから導き出される「時間の流れ」とは無縁の存在です。アウグスティヌスが「神」を詠います。神の御言葉は、「真に不死であり永遠/uere inmortale atque aeternum」であって、神は「あなたとひとしく永遠な御言によって、語りたもうすべてのことを、同時にかつ永遠に語る、似通った語彙では「ギリシァ三哲の「ロゴス」にあたることになるのであるから、アウグスティヌスは、「あなたが生じるようにと語りたもう全てのものは生じ、しかもそれは、あなたが語ることによってお造りになるままに生じます。」留意すべきは神は永遠なる御言によってすべてを創る。これは永遠における創造であって、「同時に」つまり一挙になされる創造であると云うことです



哲学・思想ランキング






最終更新日  2020年04月07日 06時00分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年02月13日
カテゴリ:夢有無有
いっぷ句-21


老梅の
魅せる満花に
妻の笑み
       愚通



人気ブログランキング






最終更新日  2020年02月13日 06時43分22秒
コメント(0) | コメントを書く

全3085件 (3085件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.