19880708 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Tough Boy-World of cap_hiro

全427件 (427件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 43 >

時間考察

2021年03月15日
XML
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽433
 形而上哲学「徳の知」と云えばソクラテスですが、片や、唯物哲学の「知恵(Sophia)」はデモクリトスに相応しいものがあります。中世にはドイツ観念論に箪笥の引き出しに埋もれていましたが。思いがけずに箪笥預金が思い出された如くに、其の思考は現在にて再認識されることと成りました。当時もデモクリトスの原子論は知られていたにせよ、物質の根元についての学説は、アリストテレスが完成させた四大元素がつとに優勢であり、原子論は長らく顧みられる事はありませんでした。以降は箪笥の中で黴びる時代を迎えます。後世にはジョン・ドルトンやアントワーヌ・ラヴォアジエによって原子論が優勢となり四大元素説は放棄されました。とは云え、ドルトンやラヴォアジエ以降の原子論は、デモクリトスの説と全く同一という訳ではありませんでした。「原子」と「空虚」が存在、「空虚」が存在するという意味合いでは大乗仏教の祖「龍樹」を連想させ、量子重力論の現代物理科学の思考に立ち位置を置けば「空虚」と比して空間なるものは虚として在るものではなく無限最小を連想させます。無限なるものを連続と捉えることは我々人類の持続性の性癖から出てきた悪習か若しくは誤り、否々、連続性こそが世界だとする一般相対性理論もありました。かっての不確定性論の量子理論も見直されます。今では一般相対性理論と量子理論相互の矛盾性を克服したとされる「量子重力理論」には期待が集まります。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月15日 06時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年03月14日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽432
 量子力学論と一般相対性論のを相互を補弼・合一するとされる、21世紀現時においては最先端物理科学論として期待される「量子重力理論」。其の論理学的側面はギリシァ哲学の二大思考の大河のソクラテスを筆頭とする形而上哲学の片やもう一方の大河、唯物論の流れの中で前460年頃から前370年頃にギリシァはトラキア地方のアブデラ生れデモクリトス(デーモクリトス/羅: Democritus)が、今に脚光を浴びることになります。彼の著作は3世紀前半頃に活躍した「ギリシア哲学者列伝」の著者として知られる哲学史家ディオゲネス・ラエルティオス( Diogenes Laërtius)により紹介され、デモクリトスの著作は原子論の基本理論・宇宙論・天文学,地理学・生理学・医学・感覚論・知識論・数学・磁気学・植物学・音楽理論・言語学・倫理学・農業・絵画及びその他の領域を覆っていたといいます。その博識のために渾名を「知恵(Sophia)」と名付けられ、その快活な気性のために「笑う人(Gelasinos)」とも称されたちょっと意外な天才でした。彼の唯物論的論理学はノステルダムスの大予言どころではなく、物理科学の観測実験手段を持たないにも関わらずに、其の論理的唯物思考が現代の「量子重力理論」にも合理的思考とされるものであり、今後の彼は実体としての神を見分けた最初の人類と目されるかも知れません。此の後も是程の思考を後世の我々に世界構造の論理思考に植え付けた人物、今後も評価は上がることはあれ、下がることはないでしょう。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月14日 07時07分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月13日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽431
 量子力学論と一般相対性論の基本原理を注意深くみれば、量子力学論は「0点」をば認めず、一般相対論では「0点」を無限ループの一点に認めることです。此のことが導かれるのは量子論では「0点」なるものは少なくとも此の我々が現在する宇宙には有り得ないとするところに特徴があります。此のことは凡そどころか全てが一切の停止をすることは有り得ません。例えば超ブラックホールの中心に舞い込んでも全くの変化がないどころか「時間」は動くとする点で一般相対性理論を補弼します。古史古典的思考の流れの変化を捉えた時間論を睥睨してみると、其処には、現代にも納得させる合理的思考を唱えたデモクリトスが浮上します。デモクリトス(BC460年頃-BC370年頃)は、古代ギリシアの哲学者。 ソクラテスよりも後に生まれた人物だが慣例ではソクラテス以前の哲学者に含まれています。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月13日 07時15分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月12日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽430
 物理科学上では古典的であるともいえる量子論、そこに連続性を齎した一般相対性理論は「重力」を前にして共なる矛盾が発生し、互いの矛盾性を克服すべく現代IT時代それも量子コンピュータを目前とした物理科学が、現時点での矛盾の解消に量子論と相対性理論の融合を試みています。其れ等の一つに「ループ量子重力理論」と呼称されるものがあります。この理論によれば物質が原子から成るように、時空は「時空の原子」からできているという極めて新しい発想を持ち込みます。此の理論の特筆すべきは宇宙初期のような超高密度な状況では、重力が引力ではなく斥力に変わってしまうという奇想天外な事実です。空間の原子に蓄えられるエネルギーには上限があるために、上限を超えてエネルギーが詰め込まれようとすると空間の原子はそれに反発して斥力が生まれるとするのです。この反発的斥力が重力ビッグバン特異点のような只々中心の一の点に集中し密度が無限大になるといったビッグバンの中心点における質量無限大なる特異点を解消するのです。即ち、「0点」の解消です。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月12日 06時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月11日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽429
 アインシュタインの一般相対性理論では、我々の宇宙も抑々が密度が無限大の只々一の点若しくは限りなく0に近いもの、数ある「ビッグバン特異点」のなかの超巨大なものの一つから始まったと予想されています。然し乍ら。質量無限大が予想された時点で一般相対性理論そのものが破綻することになりました。一般相対性理論の連続性が破綻したのです。無限小の空間なるものに質量無限大を宿すのです。犬夜叉の登場人物である弥勒の虚空を予期させ、物理科学ではなくもはやSFアニメの荒唐無稽な状況を迎えます。現在に時空間そのものを理論の中枢に持ち込んだ一般相対性理論は崩壊の危機を迎えます。一般相対性理論ではビッグバン特異点の最終段階は我々からは秘されます。まさに神の秘め事として不可触となり現代物理科学が危機を帯びます。此処に、過去には相互に対立していた量子論の助けが浮上するのです。一般相対性理論の描く世界には「無限大・無限小」其処には「∞マーク」が表象する連続性があり、因があり果が応じる世界がありましたが、そこで「質量無限大なる特異点は見果てぬ矛盾点」としか言いようがないものが登場し物議を醸すことになります。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月11日 06時09分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月10日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽428
 我々現代人の身体的・感覚的常識は空間も時間も連続したものだと考えていますが、実は根本的に大間違いかもしれません。相対論と量子力学の統合を目指す新理論「量子重力理論」によれば、或る意味では「時間と空間なるものの原子」が存在します。一般相対論と量子力学の統合を目指す「量子重力理論」によれば、アインシュタインが果たせなかった難問解決の道筋「時空の原子」が存在するというのです。空間に重力が関係してくるのは、時空の歪みから重力が生じることがアインシュタインの一般相対性理論によって示されているから、ブラックホールの中心点は質量無限大の我々には観測し得ない宇宙の破れ目、超巨大吸塵室に浮かんだゴルフ練習ボールとなり、宇宙の其の果て、其の亦果てを、見果てることが出来ない故に、「特異点」即ち「見果てぬ矛盾点」としてしか捉え切れませんでした。此のブラックホールの「特異点」のような 空間の構造を非常に小さなスケールで理解するには重力の量子論が必要になるのです。何故なら、量子重力理論にはアインシュタインの一般相対性理論のような因果律を齎す概念を導入する必要性はなく、連続性からくる無限概念及び「0(ゼロ)」を持ち込まないことが可能となるからです。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月10日 06時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽428
 我々現代人の身体的・感覚的常識は空間も時間も連続したものだと考えていますが、実は根本的に大間違いかもしれません。相対論と量子力学の統合を目指す新理論「量子重力理論」によれば、或る意味では「時間と空間なるものの原子」が存在します。一般相対論と量子力学の統合を目指す「量子重力理論」によれば、アインシュタインが果たせなかった難問解決の道筋「時空の原子(Space-time atom)」が存在するというのです。空間に重力が関係してくるのは、時空の歪みから重力が生じることがアインシュタインの一般相対性理論によって示されているから、ブラックホールの中心点は質量無限大の我々には観測し得ない宇宙の破れ目、超巨大吸塵室に浮かんだゴルフ練習ボールとなり、宇宙の其の果て、其の亦果てを、見果てることが出来ない故に、「特異点」即ち「見果てぬ矛盾点」としてしか捉え切れませんでした。此のブラックホールの「特異点」のような 空間の構造を非常に小さなスケールで理解するには重力の量子論が必要になるのです。何故なら、量子重力理論にはアインシュタインの一般相対性理論のような因果律を齎す概念を導入する必要性はなく、連続性からくる無限概念及び「0(ゼロ)」を持ち込まないことが可能となるからです。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月10日 06時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月08日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽427
 史上に記録として著されてきた人類の思考は、対立する思考を左顧右眄しています。然し乍ら、其の対立のなかから互いに其れ其れの矛盾を追い詰めて、中間の即ち相互の思惟を合成した思考が生まれ発展してきた結果が現代の思考に至っています。物理科学的には量子論や一般相対性理論も其の例に漏れません。現代今の宇宙論にあっては、相い対する物理科学であった相対性論及び量子論双方の矛盾を解消すべく期待を持って登場したのが量子重力理論(quantum gravity theory)も量子論と一般相対性理論の対立から、相互の思惟を合成した思考へとの経過を踏んでいます。此の理論を一口で述べろと云えば、重力相互作用(重力)を量子化した理論であるといえます。量子重力理論は単に量子重力(Quantum Gravity(QG), Quantum Gravitation)または重力の量子論(Quantum Theory of Gravity)などとも呼ばれています。我々が教育機関に必須の要件としての基礎づけとして教わった数学や幾何学及び物理学。我々現代人は、その常識たりえた基底が崩壊するターニングポイントに立ち会っているのかも知れません。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月08日 06時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月06日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽425
 現在の宇宙全体がそうしたビックバンの源となった開始地点とそのまま一致することになるというのは、過去も現在も其の宇宙は宇宙誕生の源となったビックバンの核となった存在の以外に他在するようなもの、即ち宇宙の果の其の亦果などは一切無く、虚無としての場さえ与えられないことです。信教的な神の懐としての余地さえ無い世界、其れが宇宙の中心外となりますが如何なものでしょう。人間思考は統じて、「有と無」・「存在と非在」・「虚と実」を対峙観想して人生を過ごしますが、生命の誕生同様に厚層の霧に覆われた宇宙の理には、人間の計算思考のスピードを超えたIT技術でさえ、光の速度を無視できる程の宇宙の膨張には付いてはいけません。但し。光速度を超えた膨張はありえないとの批判もあります。論理的矛盾を指摘されることを厭わないならば。宇宙そのもの、其の因子たる不可思議な位置情報さえ持たない幾何学上の「ゼロ」なるもの、外世界が無いために位置情報さえ捉えられない膨張する「ゼロ点」があることにはなります。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月06日 06時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月05日
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽424
 ビックバンの「源元」となった開始地点は幾何学上のゼロ点である、一次元・二次元・三次元の中心点にビックバンの「源元」は当然に幾何学的に位置する筈もないことから、ビッグバンそのものが次元などを持たない、現代物理学の観測物理科学・宇宙論、理論物理学の計算上は兎も角も、人類の実証主義からかけ離れた根拠には戸惑いがあります。宇宙誕生の源となったビックバンの核となった存在、其れは次元さえ持たない「無」の「ゆらぎ」です。次元を持たない「無」が或る時点、若しくは物理学上の無なるものには「常有してるが無い」或るものが有るとでも云うのでしょうか。此の理論物理学の論理は、一面では一神教の世界の無からの創世の背景、ギリシァ的古典神話の影響を受けた形而上哲学の追証に成りかねません。何れにしても、宗教・哲学・物理学にしても何れも世界の真相を追い求めていることには変わりはありません。此処で興味を惹くのが、現在の宇宙は、宇宙誕生の源となったビックバンの核となった存在は、外殻は何ものもない、無とも付かない虚とも付かない想像の核外はなくその内部において広がっていると考えられることになるので、ビックバンの開始地点は現在の宇宙の内部どこかの一地点を示すのではなく、寧ろ、現在の宇宙全体がそうしたビックバンの源となった開始地点とそのまま一致することになるという考え方を示すことができるとも云えます。0=1其の其れ々が無限を表象することになります。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2021年03月05日 06時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く

全427件 (427件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 43 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.