1786828 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

+ Paraiso*Caprichoso +

PR

Profile


Eureka22

Recent Posts

Comments

DavidPlomb@ Импрост - средство от простатита Избавляет вас от хронического простатит…
DavidPlomb@ Дифорт - растительная капсула в среде-активаторе Средство стабилизирует уровень сахара и…
DavidPlomb@ Купить НормаФит недорого. Цены, отзывы. Закажите НормаФит сейчас! Избавит от грибка всего за 20 дней и не…
DavidPlomb@ Купить Папиловит недорого. Цены, отзывы. Закажите Папиловит сейчас! «Папиловит» — быстро и безопасно избави…

Category

Calendar

Free Space

free counters


無料アクセス解析

Favorite Blog

日曜ドラマ『シロで… New! レベル999さん

『14ひきのあさごは… New! うっかり0303さん

劇場鑑賞「スマホを… New! BROOKさん

July 2, 2007
XML
カテゴリ:MOVIE(タ行)

お帰りなさい!ジョン・マクレーンハート

ダイ・ハード3が公開されたのが1995年。
あれからもう12年もたったなんて信じられない!びっくり

マクレーンのおっちゃんのぼやきを知らない子供達もいるんだよね~うっしっし

マクレーンの復活、ほんと嬉しい!赤ハート
なんかさー、こういう頭スッカラカンにして楽しめる娯楽映画って
年に1度はみたいんだよね。目がハート

個人的には釣りバカ日誌並みに作ってくれても構わないんだけど
それだとネタつきちゃうし、なによりマクレーンの体がもたないか。

それに映画の世界とはいえ
年1回ペースでテロが発生しても困るし。

ハマちゃん同様
主人公が冴えない中年おやじっていうのがいいじゃない!オーケーウィンク

今回も仕事に家族に、ぼやいてます。わからん

NY市警の給料がどれだけか知らないけど
あれだけ働いても、たいしたボーナス出ないだろうしな~
むしろ街中のいろんなものをぶっ壊しちゃうし、逆に罰金もの?賞金

前作であれだけ必死に守ってあげた妻に捨てられて
愛する娘は口をきいてくれないし
これじゃー、マクレーン父ちゃんもやってらんないよ・・・涙ぽろり

世の中年おじさんたちは
マクレーンに自分を重ねて見てたりするんだろうか・・・うっしっし

そうそう、なぜかあたしが見た回は中年(50代ぐらい)度が高かったのよ。
なんで、こんなオヤジや、おばさんと一緒のオヤジが多いの?
って不思議に思ったもん。

けど、一応アクション中心なので、
自分を重ねるのには無理がありません?あっかんべー

アナログ世代代表のマクレーンと
デジタル世代代表の3流ハッカー、マット。
この2人のコンビがすっごく楽しい!大笑い

似ても似つかない親子だけど
まるで義理の息子と親父のような関係。

しかもラストにはそれとな~く、そんな関係を匂わす
演出までされてるんだもん、おっかし~!!!大笑い

それにしても娘を人質に取られた後の
マクレーン父ちゃんのキレっぷりはお見事!炎

娘を救出するため、敵が待ちかまえている基地(?)に
突入しようとするマクレーン。炎

これからどう攻めるのか、問うマットに対して
マクレーン父ちゃんはこう答えるの。

「娘を助ける。他の奴は皆、殺す。」どくろ

これ以上はないっていうぐらい単純明快なお答え大笑い

もうちょっと作戦っぽいのはないの?と聞く
マット。そりゃ、心配になるよね。しょんぼり

でもこれがマクレーン父ちゃんのかっこよさ!ハート

こんな単純バカ親父を尊敬したくなっちゃう気持ち

わかる~~~ぽっ

何度も命を救ってくれたマクレーンのことを
勇気ある英雄だと称えるマットに対し

「オレは別にやりたくてやってるんじゃない。
他にやってくれる奴がいるならいつでも代わってやる。
ただ、やってくれる奴がいないからやってるだけだ。」

と答えるマクレーン。

これ、一切裏読み無しでいえば、カッコイイ台詞だよね~赤ハート
(裏読みに関してはネタバレのほうで)


机に座って、キーボード叩けば、なんでも出来るって
思っているサイバーテロリストにとって
計算できない、予測不可能な
こんなおっちゃんこそ驚異以外の何者でもなし!びっくり

やられたらやり返す。炎

不屈な魂、健在です!爆弾

ということで、今回も満身創痍で、がんばってくれたマクレーン。赤ハート

やっぱりちょっとお年の関係もあるのか
人対人の肉弾戦のシーンは若干減り気味?わからん
しかも相手は女性だし・・・・しょんぼり

その分、車やトレーラーなど見た目派手なアクションや
飛んだり跳ねたりのアクションで十分楽しませてもらったよんウィンク

マクレーン並みに単純に楽しめる映画です。スマイル
(ていうか、頭使うだけ損かも)

ということで

評価 ★★★☆☆

公式サイト

http://microsites2.foxinternational.com/jp/diehard4_v2/

応援のポチ、よろしくお願いします

banner_04.gif

ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ

ダイハード4.0



タイトル ダイ・ハード4.0(2007

監督     レン・ワイズマン

出演者  ブルース・ウィリス/ジャスティン・ロング
              ティモシー・オリファント/クリフ・カーティス
      マギー・Q/メアリー・エリザベス・ウィンステッド
             

ストーリー
      あの男、再起動。
      デジタルによって制御されている全米の都市
      機能の壊滅を狙う謎のサイバーテロ組織が
      動き出し、システムがテロによって攻撃され
      ようとしていた。
      アメリカ政府ですら機能不全に陥ってしまう
      緊急事態のなか、これまで幾度となく危機を
      救ってきたジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が、
      再び事件解決に乗り出す。
ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ ビデオ 

緑ハート以下ネタバレ緑ハート

正直言えば、復活は嬉しいけど果たして内容はどうなってるか
心配だったんだよね。

1&2は大好きだったけど、変に頭使って謎解きをする3は
ちょっとトーン・ダウンしちゃったし・・・・

それに悪役がだんだんと魅力が薄れてる気がするの。

それはこの4.0を見ても、そう思っちゃった。

イケメン度でいうなら、今回のティモシー・オリファントは
かなりイケてるんだけど赤ハート

サイバーテロということで、
敵のリーダー・ガブリエルとの
直接対決というよりは
相手が仕掛けるトラップを如何に防ぐか、とか
他の人間を使って襲わせるっていうのが多かったよね。

あと乗り物vs乗り物といったシーンも多かった。

車でヘリを撃ち落とすシーン。

これはCMで見ていたけど、やっぱ何度みてもイイ!スマイル

ありえへん!と思いつつも、爽快な気持ちにさせてくれるもん。四つ葉

しかも、その直前にマクレーン恒例のボヤキが炸裂!
やってらんねーぜ!っていう気持ちをぶつけるかのように
車をヘリコプターにぶつけちゃう、マクレーン。最高!

トレーラーで戦闘機をぶっ壊すシーンは・・ちょっとやりすぎ?飛行機
ありえへん~(苦笑)

しかも、戦闘機の翼から飛び降りたら
ちゃっかり、敵に追いついちゃってるしね(笑)

まーでも、こういうのもアリなのがダイ・ハード?

人間対人間では敵の恋人であるマイとの直接対決が一番の見所。グッド

女性相手でも容赦ないですな~、マクレーン父ちゃんは。
あんなにバシバシ蹴りいれられたら、仕方ないっか。ウィンク

ちなみにあたしも小学校の時に、男の子と喧嘩するときは
足技を駆使しましたうっしっし

そーいう派手なアクションの後だけに
リーダーとの直接対決はちょっとあっけなかったよね。

自分を撃ち抜いて、敵を倒す。
「肉を切らせて骨を断つ」って感じ??

いやー、ラスト・サムライですか??(笑)

一方、マクレーンの相棒となるマットの存在は
ほんと良かった!

喘息もちの弱っちーハッカー野郎が
マクレーンと行動を共にするうちに鍛えられていく。ぐー

自分が出来ることを一生懸命やろうとするマット。スマイル

それはきっとマクレーンのあの言葉があったから。

「オレは別にやりたくてやってるんじゃない。
他にやってくれる奴がいるならいつでも代わってやる。
ただ、やってくれる奴がいないからやってるだけだ。」

マット以外に敵の企みを知る人はいない。
マット以外にコンピューターを操って、計画を阻止できる人はいない。

だからやる。

マクレーン同様、マットもきらきら「英雄」きらきら

ただね、この台詞、裏読みすると、やっぱりアメリカの
イヤ~な英雄気取り意識が感じ取れちゃうのよね。

世界をテロから守ってやってるのは俺達、みたいな。
マクレーンの言葉を借りて、言い訳してる!?

なので、マクレーンの台詞に対して
マットが「そーいうところが英雄なんだね」
と納得するシーンに、若干、うむむ・・な気持ちになっちゃった。

ま、でも先にも書いたけど、これは裏読みしないで見る映画。
このへんは流しちゃいましょう。

そうそう、ワーロックというキャラはもちっと活かせられなかったかな?
ちと中途半端?もっとキモオタ風でも良かったかも~

それとマクレーンの娘、ルーシー。
彼女のキャラも良かったよね。
お父さん譲りの勝ち気な性格。炎

似たもの同士だけに、反発しちゃうんだよね?スマイル

この子、どっかでみたなーって思ったら、
「ファイナル・ジェットコースター」の子なんだね!

出演作品リストみたら、あらら、もしかしてホラー・クィーン?

最後のマットとマクレーン、
マクレーンとルーシーのやりとりには思わずニヤリ。

マクレーン父ちゃんのボヤキはまだまだ続きそうです。スマイル

危機的状況での出会いは長続きしないって、「スピード」で
そう言っていたから、マットとルーシーの仲もどうなるかわからないけどね。

しかし、マジでマットが義理の息子になったら面白いだろうな~うっしっし

一緒に修羅場をくぐった相手は殴れないって言ってたし(笑)

次回作でもコンビ組んでいたりして??

なんとかブルース・ウィリスには頑張ってもらって
もう1作ぐらい、作ってくれないかな~音符

アメリカ全土を救ったから、つぎはいよいよ世界進出??

あと若干、マクレーンのボヤキの数が減っていたのは
年を重ねて、ある程自分の運命(世界一ツイてない男)
に対して諦めというか、達観してきたからかな大笑い







Last updated  July 2, 2007 09:11:42 PM
コメント(28) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.