1703097 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

+ Paraiso*Caprichoso +

PR

Profile


Eureka22

Recent Posts

Comments

DavidPlomb@ Импрост - средство от простатита Избавляет вас от хронического простатит…
DavidPlomb@ Дифорт - растительная капсула в среде-активаторе Средство стабилизирует уровень сахара и…
DavidPlomb@ Купить НормаФит недорого. Цены, отзывы. Закажите НормаФит сейчас! Избавит от грибка всего за 20 дней и не…
DavidPlomb@ Купить Папиловит недорого. Цены, отзывы. Закажите Папиловит сейчас! «Папиловит» — быстро и безопасно избави…

Category

Calendar

Free Space

free counters


無料アクセス解析

Favorite Blog

ドラマパラビ『びし… New! レベル999さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

【レビュー】アレテ… うっかり0303さん

March 27, 2010
XML
カテゴリ:MOVIE(マ行)

かちんこマイレージ、マイライフかちんこ


up in air.jpg


以前ブログでも紹介したけど覚えてるかな?

一応、なんちゃってマイラーなあたしとしては
タイトルに”マイレージ”って言葉が入っているだけで
注目しちゃったんだけど
この映画はそれよりももっともっと違うことがテーマなの


ライン1
あらすじ

主人公ライアンの職業はリストラ宣告人どくろ

自分たちでリストラ宣告出来ない
弱虫な企業に代わって、リストラを告げるという仕事

経済悪化に伴って、ライアンの仕事は大忙しダッシュ歩く人

年間322日、アメリカ全土を飛び回る
まさに「空飛ぶサラリーマン」飛行機


そんなライアンの人生の目標は
通算1000万マイルを獲得した史上7人目の人物になることきらきら


そのためには1つの航空会社に”忠誠を尽くし”
マイルを貯めることにしかお金を使わないという徹底ぶり賞金

搭乗マイル以外にも様々なカードを駆使して
結果、去年は1年間で35万マイルを獲得ちょき


マイルは貯めるけど、
人生の荷物は極力背負わない主義のライアン

女性といろいろ遊んだりはするけど結婚には興味がないし、
姉や妹との家族関係も希薄ほえー


最近は出張先でアレックスというライアンと同じ出張族で
美人で頭もよくて、割り切った関係を楽しめるタイプの女性と出会い
オトナの関係をお楽しみ中ハート(手書き)

そんなある日、
会社が仕事の効率化を図るために
わざわざ現地に赴いて、首切り宣言するのではなく
インターネット越しにリストラ宣言するという
新しいシステムの導入することにNEW

つまり、今後出張は不要、というわけNG

これにはライアンも大慌て雫

1000万マイル達成の夢が断たれてしまう失恋

このシステムを提案したのは
大学卒業したばかりの新人社員ナタリーウィンク

ライアンは上司に首切り宣言することの難しさを上司に訴えたところ
じゃあ、ナタリーに現場の厳しさを教えろと言われ
出張に彼女を同行させるハメに・・・

一方、妹のジュリーの結婚にも関わることになるライアン

ライアンの周りで起きる”仕事”と”家族”の問題ショック

そして”アレックス”、”ナタリー”という二人の女性との出会い赤ハート

こうしたものが
これまでのライアンの生き方に影響を与え始める・・・

ライン1

なんかね、この映画の推薦文で
”マイルを貯めるための教科書”なんて書いてるけど
はあ?って感じ怒ってる

そんなのを期待してたらがっかりすること間違いなしNG

マイラー、バカにしてるのかっちゅーの怒ってる

とはいえ

物語の前半部分で
手荷物検査で、どこの列に並ぶか選ぶとき

赤ちゃん連れはベビーカーで手間取からバツ
ご老人は体中に金属があるからバツ
アジア系ビジネスマンは余計な荷物を持たず、ヒモ付きの靴を履かないからマル

とナタリーに偏見だ!と批判されながらも
いかに時間をロスしないことが大切か説くライアン

とまあ、こんな感じの出張テクを教えるシーンは
ついニマニマしてしまうものスマイル


空港や機上のシーンが多いだけで
旅好きとしてはちょっと嬉しくなるけどね


ライアンの夢は一つのキーワードにはなってるけど
それよりも彼の生き方、考え方が
映画の冒頭からラストに向かって少しずつ変わっていく


そこがね、面白いのぽっ


それにライアンを巡る二人の女性がとっても魅力的

アレックスは当初は知的かつ色っぽくてカッコイイと
その見かけだけの魅力に興味を惹かれたけど、
アレックスという女性の内面が垣間見れたラストに
より一層彼女のことが気になっちゃいましたウィンク


社会経験も恋愛経験も乏しいだけに
直球勝負ばかりするもんだから、いっぱい傷ついちゃう失恋
そんなナタリーもまたいいんだな~ピンクハート


そしてもちろん、ライアンのキャラもステキ目がハート
仕事も恋愛も器用にこなす、そこも魅力だけど
後半見せる彼の不器用さ、寂しさにも
心がキュンとなっちゃいましたハート(手書き)



ただ、ナタリーについていえば、彼女の役割は
”あ~あたしもこんな頃があったよな~”
って懐かしむ対象として登場させてる気がするのね


なのでナタリー視点でこの映画を見るには
キャラ設定にちょっと奥行きかけちゃう感じがするんだよね


たぶんこの面白さは学生や新入社員といった
若者にはわかりにくいかもしょんぼり

ある程度仕事をしてきたり、人生経験積んできた人ほど
面白味を感じられると思うんだ目がハート

そういう意味で、まさに


ワイングラス”オトナのための映画”ワイングラス


隣に座っていた学生さんカップルが
”何が言いたかったのかな~”と首を傾げていた様子を見て


”君らもあと10数年したらわかるようになるよ”

と心の中で呟いてしまったうっしっし



この映画は、友達や家族と見に行くのも悪くはないけど
あたしとしては1人で見に行くことをお勧めしますウィンク



あ、お子さまとだけは見に行かないほうが・・・
ライアンとアレックスの”オトナの会話”はかなりきわどいもんうっしっし


映画を見終わった後
自分の人生をそっと1人で振り返ってみる

自分にとっての結婚とは?

家族とは?

人生の中で喜びを感じたとき
そこにいたのは誰だったのか?


人生が楽しいと思える
そんな瞬間を一緒に過ごしたいと思うのは誰なのか?


改めて自分の心を見つめ直してみる



この映画の素晴らしいところは
見終わった後の帰り道にあるような気がしますハート(手書き)


けして派手なエピソードもないし
終わり方もハッピーエンドでもないし
かといって、バッドエンディングってわけじゃない

見た人の数だけある”マイライフ”



オトナの男女にお勧めの映画です赤ハート



この映画はリストラという人生にとっては
重たいテーマも扱っておきながら全体的には軽い仕上がりで
そのあたりが”表面的すぎる”といった評価になってるらしいけど
けしてそんなことはないと思うんだ


ほら、オトナって大事なことほど
冗談交じりに語ることってあるでしょ?


むしろその軽さの中に隠れてるものを読みとってほしい

そんな映画かなウィンク

hana1


ちなみにこの映画で主人公ライアンが貯めたのは
アメリカン航空のマイル飛行機

1000万マイルを貯めるとフィンチ機長と会えることができて
機体に自分の名前を入れてもらえるんだって

航空会社には自分専用のホットラインが開設されるらしい電話


ところでこの映画の中で
ライアンが飛んだマイル数は29037マイル飛行機

アメリカン航空HP内の映画用特設サイトも見てみてね


ライン1

以下ネタばれスピーカ


主役はライアンなんだけど
あたしってすぐ自分の好きなキャラから
映画をみてしまうとこがあって
今回の場合はアレックス目線になっちゃったんだよね


”人を受け入れようとしない貴方を、受け止めてくれるアレックスをなぜ大事にしない”

ナタリーに指摘されたライアン

結婚式当日になって、”結婚になんの意味がある”とゴネる妹の新郎に

”結婚は無意味かもしれない。だけど幸せだった瞬間に一緒にいたのは誰だ?”

と説いて、改めて新婦への愛に気づかせたライアン

この二つの出来事をきっかけに
彼はアレックスの存在の大切さに気づき
彼女の家へと急ぐダッシュ歩く人


だがそこにいたのは彼女と夫と子供たち・・・ショック


初めて”人と繋がりたい”と思っただけに
ショックを隠しきれないライアン失恋

そんな彼に対し

”わたしは大人の女だから、いつでも連絡してもいいわよ”

と告げるアレックス


物語の途中で、彼氏に振られたナタリーが
仕事に恋に充実していそうにみえるアレックス向かって

”あなたはあたしの15年後の憧れの姿だわ”ぽっ

と羨望のまなざしを向けるシーン手書きハート

だけど現実は大切な夫と子供との生活を守るための息抜きとして
出張先でアバンチュールを楽しむ女


これって幸せ・・・なのかな?

じゃあ、不幸なのかっていえばそれも同意できない


アレックスの気持ちもちょっとわかる気がするから・・・

やっぱりオトナの女の幸せの定義って複雑しょんぼり



ライアンもまた独りになってしまって
せっかく長年の夢だった1000万マイルを貯めるも
その喜びを機上でわかちあう人もなく
とても寂しげな様子失恋

ライアンのように独りでいる気楽さと誰かと繋がりたい気持ち
っていうのは常に誰の心にもあると思うんだよね


いろんな出来事が彼の人生を通り過ぎていったけど
彼はかわらず独り身だし、仕事は変わらずリストラ請負人

アレックスとナタリーとの出会いで心に痛手も負ってしまったけど
それでもまだこれから先の人生に
なにかプラスになる、そんな出会いであったと信じたいウィンク


こういう出会いは足腰を鍛えてくれて
ちょっと背負い荷物が増えたとしても
簡単に倒れない体を作ってくれるはずウィンク


人生を生きていくために背負う荷物は
軽ければいいというものでもなく
かといって背負いすぎては辛いだけ涙ぽろり


ちょうどいいあんばいっていうのを
見つけるのが案外難しいわからん

背負うつもりがなくても
背負わざるを得ない場面もあるだろうし
背負いたくても(愛したくても?)
背負えない時もあるし(愛されない)


人生ってそんな荷物のやりくりの繰り返しなのかもね


おまけ

有名な「世界を旅するカエル」の話を彷彿させる
妹夫婦の写真のエピソード

なんだか懐かしかったな~ハート(手書き)







Last updated  April 5, 2010 01:19:33 AM
コメント(23) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.