4223852 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

CAPTAINの航海日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

外堀が埋まりつつあ… New! 七詩さん

Windowsが起動しない… santaro-さん

私の故郷は 「ふく… おばかんのさん
SALT OF THE EARTH slash555さん
目玉おやじ(株) 目玉おやじさん
☆Pure mind☆ ☆pure mind☆さん
新時事爺 楽天_幽さん

Freepage List

Headline News

Calendar

Category

Profile


CAPTAIN

Comments

CAPTAIN@ Re[1]:県内の他の都市だとどうなるか?(01/11) >【1級ファイナンシャルプランニング技…
CAPTAIN@ Re[1]:千葉雄大かぁ…(01/10) >エンペラーアイさんへ 千葉雄大は、多…
エンペラーアイ@ Re:千葉雄大かぁ…(01/10) 千葉雄大さんは宮城県出身だったんですね…
CAPTAIN@ Re[1]:子の筆跡は親に似る?(01/04) >エンペラーアイさんへ 改めて考えると…
2020.11.06
XML
テーマ:天気の話!(1599)
間もなく立冬ですね。
日中の最高気温は10月とさほど変わらないのですが、日が短くなった影響でしょうか。朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。​今朝もヒーターをつけています。
日が短いと、ちょっと気持ちも沈みがちになりますね。冬至近くになると、出勤時刻になってもまだ日が昇っていないし、帰宅時刻にはもちろん真っ暗。つまり、太陽を拝むことができる時間帯は出勤直前にちょっとだけ…なんてことになりますし。
日が短いということは、夜が長いということでもあります。だから宴会をするには適している一面があって、それはそれで楽しみな方もいるんでしょうけど、今年はコロナ禍でそんなこともしづらいし…というか「忘年会クラスター」って、かなりの高確率で新聞の見出しを飾りそうな予感がします。
適当に書き綴っていたら12月のことばかり書いていますが(苦笑)、今の時期に見られる朝晩の冷え込みは、いわば冬の始まりを知らせる合図といったところでしょうか。寒さに触れると1ヶ月後のことを想像しちゃうんですよね。どうしても。


【中古】 歌集 立冬 /石黒清介(著者) 【中古】afb






Last updated  2020.11.06 06:02:57
コメント(0) | コメントを書く
[福島・宮城の地元ネタ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.