4348759 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

CAPTAINの航海日記

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

コロナ禍の中での送… 七詩さん

下総中山駅のジオラマ 目玉おやじさん

私の故郷は 「ふく… おばかんのさん
SALT OF THE EARTH slash555さん
「きのうの常識はき… santaro-さん
☆Pure mind☆ ☆pure mind☆さん
新時事爺 楽天_幽さん

Freepage List

Headline News

Calendar

Category

Profile


CAPTAIN

Comments

CAPTAIN@ Re[1]:おいおい、また地震かい?(03/20) >エンペラーアイさんへ ご無事でしたか…
エンペラーアイ@ Re:おいおい、また地震かい?(03/20) 今回はあまり物は落ちませんでしたが何回…
CAPTAIN@ Re[1]:100人超えたの!?(03/17) >エンペラーアイさんへ なんだか大変な…
エンペラーアイ@ Re:100人超えたの!?(03/17) 今ニュースで知りましたが宮城県は緊急事…
CAPTAIN@ Re[1]:3.11(03/11) >【1級ファイナンシャルプランニング技…
2021.02.24
XML
カテゴリ:家族の話
今日、私宛に「ねんきん定期便」が届きました。
今の勤務先の被保険者になって24年が経過していますから、保険料の納付額も加入実績に応じた年金支給予定額も、ある程度の金額になっていますね。まさに継続は力なり?いやちょっと違うかな。でも、長年コツコツと払ってきた(半分は勤務先に払ってもらった)年金がここまでの金額になると、感慨深いものがありますね。
そう言えば、まだ就職していない上の子の同級生は、今年4月から続々と国民年金の被保険者になります。果たして彼らの納付状況はどのようになるのか、ちょっと気になるところですね。少子高齢化がさらに進行すれば年金もどんどん減額されるのではないか?という不安の声はよく聞きますが、今の制度では若いうちにきちんと支払っておかなければ将来年金をもらえる資格もありませんから、払えるうちに払っておくべきだとは思います。
上の子は3月生まれだから同級生の中でも被保険者になるのはしんがりの部類に入りますが、学生時分に保険料を支払う余裕がなかったとしても、学生納付特例制度の申請など必要な手続きはとって欲しいですね。遠い将来のことなんてなかなか想像できないと思いますが、年を取ってから後悔しないためにも…


【中古】 「ねんきん定期便」活用法 サラリーマンのための年金とお金の講座 朝日新書/首藤由之【著】 【中古】afb






Last updated  2021.02.24 16:31:49
コメント(0) | コメントを書く
[家族の話] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.