4035079 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

CAPTAINの航海日記

PR

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

麻雀大好き!

2020.08.14
XML
カテゴリ:麻雀大好き!
オンラインの麻雀ゲーム(セガNET麻雀MJ)を、久々にやってました。
何処の誰かもわからない人といきなり東風戦。
1~3局目まですべて流局という重い展開の中、4局目で私ともう一人がロン! ダブロンなしのルールだったら頭ハネで他家だけが得点を得るところでしたが、幸いダブロンありのルールだったため私もアガることができ、無事に得点GET! しかもその得点でトップに立ち、そのまま東風戦終了という形になりました。
しかし、アガった手が喰いタンドラ3の満貫というのも、なんだか詐欺臭いですよね。他家がカンしたためにドラが乗った面もあるのですが、喰いタンアガっただけでトップというのも、ちょっと納得がいきません。もう少しキレイな手でアガりたかったなぁ…


【ポスト投函】サイコロ 8mm×1個 白地 赤目 6面ダイス P才8ミリ 麻雀用品【RCP】






Last updated  2020.08.14 23:57:18
コメント(0) | コメントを書く


2020.05.22
カテゴリ:麻雀大好き!
​今ニュースを見ていたら賭け麻雀がどうのこうのという話題になっていましたが、よくよく考えてみたら、私、人間相手にもう15年以上麻雀を打っていないことに気が付きました(苦笑)
大学時代に同級生や上下級生としこたま打って、それからしばらくのブランクがあって会社の同僚と何度か打って、それっきりですね。まぁ、私の場合打つと人格が変わるらしいので(おいおい)打たない方が周囲がささくれ立たないで済むのかもしれませんが…
麻雀って、同じゲームで勝者と敗者が明確に分かれるから、お金が絡むのであれば相応にピリピリした雰囲気にもなりますし、友達を失いたくないのであれば、お金を賭けずほどほどに遊んだほうが良さそうに思います。間違っても「誰かを出し抜いても勝ちたい!」なんて気持ちを起こさないこと、「誰かからあがる」ではなく「どんな手であがる」かを優先して考えること、が求められそうですね。
考えてみれば、そんな感じでゆる~く打った記憶は、ぜんぜんありません(苦笑)一度は経験したいと思うのですが…


麻雀牌 高級 重量 賭け 麻雀 ドンジャラ マージャン 雀荘 牌 ギャンブル 家族ゲーム ゲーム プレゼント ギフト 遊び 家庭用 業務用 ラインストーン ボードゲーム 赤牌 テンボウ サイコロ チップ 家族で遊べる






Last updated  2020.05.22 22:55:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.08
カテゴリ:麻雀大好き!
​仕事から帰宅したら、どういう訳か妻と上の子が「理麗麻雀」なんて観てました。妻は麻雀のルールはうろ覚え、上の子もゲームではプレイ経験があるものの人間相手に打った経験はなく、まさかテレビで麻雀観戦しているなんて、想像すらしてませんでした。
私もまた、テレビで麻雀を観る機会は殆どなかったりします。もっとも、過去の闘牌をYouTubeで観ることは、たまにありますけどね(笑)
そんな訳で、家族でちょっとした麻雀談議になってしまった、今夜の我が家でありました。


誰でもすぐ上達!二階堂亜樹のひと目の何切る/二階堂亜樹【1000円以上送料無料】






Last updated  2018.06.08 22:22:59
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.31
カテゴリ:麻雀大好き!
​「ミスター麻雀」こと小島武夫が亡くなったとのことですね。
麻雀をやったことのある人なら聞いたことのある名前。ただし、彼の名をよく知っている世代は、多分50代後半以上の方かと思われます。
小島に対する私のイメージは、「魅せる麻雀」の一語に尽きるでしょうか。手役にこだわり綺麗な手でアガる、あるいは捨て牌で迷彩をこさえるとか、とにかくギャラリーに訴えるものが大きかったように感じます。
だから、競技麻雀の実績は決して良かったとは言えなかったかもしれません。野球で言えばテキサスヒットやセーフティーバントを嫌う雀風だから、打率は決して高くない。けど、アガった手は非常にインパクトが強いのが、大きな特徴でした。
それにしても、今年はいろんな方が亡くなりますね…


【中古】【DVD】ミスター麻雀 小島武夫五番勝負 BOX【伊藤裕一郎】






Last updated  2018.05.31 23:36:41
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.05
カテゴリ:麻雀大好き!
最近、上の子がパソコンに内蔵されている麻雀ゲームにハマっています。
ただし、ルールはうろ覚え。小学1年次のチェスに始まり、将棋、囲碁と覚えてきた上の子ですが、さすがに麻雀のルールは複雑で、なかなか覚えきれない模様。私もとりあえず「1・2・3でも1・1・1でも字牌・字牌・字牌でも構わないから3枚で組になるやつを四つと同じ牌の2枚組で頭をつくれば上がりだからね。あと、点数が下がるから無闇にポンやチーはしない方がいい」ぐらいしか教えていません。実物の牌があれば「三色同順&一気通貫縛り」あたりで二人で麻雀しながら徐々に教えていくのですが、ゲームだといきなり実戦ですから、役を教える余裕もなく「とりあえず形を揃えてリーチ」という、何とも中途半端な教え方になっちゃいますね。
しかも「無闇に鳴かない方がいい」と言っても、当の上の子は早く上がりたいものだから役のあるなしに関わらず鳴く時があるし。いつだったか、適当にポン・チーしまくってなんと役なしの裸単騎(苦笑)更に笑えるのは、ツモった牌が偶然ポンした牌だったのでカンしたら嶺上開花のみで上がってしまうという快挙(?)を成し遂げてしまったこと。こんなことがあるから麻雀って面白いなと思うのですが、これから覚える立場としてはビギナーズラックもいいとこで「そういうやり方でもいいんだ」とあらぬ誤解をもたらしてしまいます。
ギャンブル性が高いとはいえ、頭脳ゲームとしても優れている麻雀。でも、子供に教えるのは、結構難しいな… 私が大学時代に同級生にカモられながら覚えたものだから、上の子には同じ思いをさせたくはないんですけどね。小学生向けの入門書もなさそうだし、ちょっと悩みどころです。


ポケット版 早わかり麻雀入門 勝つ麻雀をはじめよう! / 狩野洋一 【単行本】






Last updated  2014.02.05 22:55:58
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.20
カテゴリ:麻雀大好き!
昨日は休日だったのですが、午後は自宅で子供とドンジャラなぞやってました。
過去にやっていたとしても恐らく25年以上は前の話だから実質初体験のドンジャラでしたが、やってみると結構ハマりますね。手牌が麻雀より少なく(麻雀14枚に対しドンジャラ9枚。3メンツで雀頭がない形)同種の牌が麻雀より多い(麻雀4枚に対しドンジャラ9枚)ため役作りも簡単で手早くできるのが特徴。私なんか、親の時に配牌でアガった(つまり天和!)ことがありましたからね。麻雀を覚えるためにもいい踏み台になると思います。
何度か場数を踏んだ結果、手作りに関しては感触を掴んだかに見える子供達。でも、リーチした相手が何を待っているのかまでは、まったくの無頓着。牌の種類が少ないドンジャラは待ちも比較的わかりやすいはずなので、次回遊ぶ際は、相手の当たり牌を読めるよう特訓といったところでしょうか?


絵あわせゲーム ドンジャラドラえもんパーティー24






Last updated  2008.12.21 01:53:34
コメント(2) | コメントを書く
2007.09.18
カテゴリ:麻雀大好き!
ここ数ヶ月、麻雀をテーマとした日記を書いてませんでした。
カテゴリに「麻雀大好き!」なんてあるのにも関わらず、完全に放置状態です。
まぁ、人の趣味なんて数年で変わってしまうものという開き直りもできなくはないですけどね。
麻雀の日記を書かなくなった理由は簡単で、東風荘に行く機会が減ったから。確か今年に入って2、3回行ったかどうか… もちろん、リアルの麻雀も、2年以上ご無沙汰。とにもかくにも、卓からは遠ざかる一方なんですよね。
でも麻雀は、将棋あたりと違ってある程度ブランクがあってもそれなりに「打てて」しまうのがまた面白いんですよね。この時なんて約10年ぶりに牌を握ったのですが、大勝ちしてしまったりして(笑)






Last updated  2007.09.19 21:00:14
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.25
カテゴリ:麻雀大好き!
今日は、今年初めての東風荘へ。遅れ馳せながら「初打ち」してました。
でも結果は最悪。7回やって4-3-4-3-1-3-2という成績でした。
何と言ってもひどいのは、高い手がまったく作れないこと。満貫はたった一度だけ(しかもリーチ一発ドラ2・苦笑)という体たらくでした。ここしばらく麻雀をやってなかったからなぁ… 腕が鈍ったんでしょうか。1600近くあったレートも、1500台半ばまで急落してしまったし。東風荘へはまたしばらく足が遠のきそうです。
でも、ひとつのアガリをきっかけに運が向いてくることがあるのが、麻雀の面白いところ。今度訪れた時には是非とも、運を味方につけたいものです。
それにしても、今日は散々だったなぁ(涙)






Last updated  2007.01.26 02:43:16
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.17
カテゴリ:麻雀大好き!
今日は、久々に、東風荘に顔を出してました。
が、東風戦5回やって、3-4-2-2-4の順位。長らく守ってきたR1600からも陥落してしまいました(涙)
不振の原因は、ちっともテンパれないこと。とにかく配牌が悪かった。トイツが異常に多いんです。実際チートイツのテンパイも何度かありましたが、あれは鳴けないからテンパイへの道が険しいこと… おかげで、モタモタしている間に他家にアガられる始末でした。
やっぱり麻雀の基本はタンピンな訳で、これが出来やすい配牌だと戦いやすいんですよね。配牌が悪ければせめてツモが、とは思うんですが、ここでも字牌ばかりツモってしまう始末。もう何をやっても勝てない状況でした。
振り込みも、そんなになかったはずなんですよ。逆に言えばそれだけ守勢に回らなければならなかったってこと。こういう麻雀はある意味頭の運動になりますけど、攻める場面がないとフラストレーションが溜まりますよね(苦笑)






Last updated  2006.11.18 03:16:58
コメント(2) | コメントを書く
2006.11.02
カテゴリ:麻雀大好き!
今日は、久しぶりに東風荘に顔を出してました。
東風戦4回やって、2着-4着-2着-1着の結果。順位的にはまずまずですがアガった回数が東風戦1回につき1度あったかどうかという不振ぶりでした。
でも、振り込んだ回数もそれほど多くなかったので、とりあえず上記の順位で済んだ次第。そう考えると、私の麻雀感覚はそれほど鈍っていないということなんでしょうね。
ゲームに対する感覚といえば、将棋やオセロなんかもう長らくやってないなぁ。少なくとも、今世紀に入ってからは、一度もやってません(苦笑) 辛うじてルールは分かるけど、「先を読む」感覚はもうないですね。対戦したら確実に負けるでしょう。
子供が小学校に上がったら、麻雀はともかく、将棋やオセロ、あとトランプも教えなきゃならないだろうと思うんですが、この体たらくでは教えられるのかどうかちょいと不安。実戦は難しいにしても、教える前に感覚をある程度戻しておかねば、子供に示しがつかないですよね。どうしよう…






Last updated  2006.11.03 02:10:02
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.