4035204 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

CAPTAINの航海日記

PR

全374件 (374件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

野球大好き!

2020.09.06
XML
カテゴリ:野球大好き!
今日のスポーツニュースを見たら、タイガースの藤浪が球団ワーストとなる11失点を記録した話題が結構大きく紹介されていました。
藤浪の不振は今に始まったことではないですが、大谷翔平と学年、プロ入り同期ですが、メジャーで活躍する大谷とはずいぶん差が開いた感があります。
ところで、藤浪の成績を見ていていつも思うのですが、失点と自責点の差が大きいんですよね。規定投球回数に達していた2014~2016年は15以上の差。同時期に先発として活躍していた能見メッセンジャーの成績と比べると、その異常さがわかるかと思います。
確かにタイガースは本拠地の内野がプロとしては唯一土なので失策が多い傾向になるチームではあるのですが、藤浪は奪三振率が高いピッチャーだし、野手が守る機会も他のピッチャーより相対的に少なくなるはずなので、これだけ差が開くのは本当におかしいな~と思うんですよね。今年も一昨日までの段階で差は既に8。しかも昨日の試合で自責点7止まりだったため、差を更に4広げたことになります。
守りにくいピッチャーなのか? それとも一つのエラーがきっかけでイライラしたり気落ちしたりしやすいピッチャーなのか? 詳しいことはわかりませんが、失点と自責点の差を減らすことを意識していけば、彼のピッチングも良い方向に変わっていくのかな~と思ったりもします。


2018 BBM ベースボールカード 2ndバージョン 501 藤浪晋太郎 阪神タイガース (レギュラーカード)






Last updated  2020.09.06 08:36:54
コメント(0) | コメントを書く


2020.08.27
カテゴリ:野球大好き!
ファイターズの斎藤佑樹が引退「へ」と「週刊文春」が報じました。まぁ、現時点ではガセネタの域を出ないんでしょうけど、実際プロの選手としてはここ数年戦力になっていないし、逆によく今まで現役で​いられたな~というのが、正直な印象です。
考えてみると、ここ数年のファイターズって、甲子園を沸かせた選手の育成に四苦八苦している感がありますね。清宮幸太郎しかり、吉田輝星しかり。彼らもまた、プロの壁にぶち当たっている印象です。
そういった選手たちの中でも斎藤は甲子園が生み出した大スターですから、実力以上にマスコミに変に持ち上げられたりして、自分のペースでプロとしてのキャリアを積めなかった一面はあるかと思います。でも、そこを乗り越えて、成長して欲しかったですね。甲子園で決勝再試合を戦った田中将大との現在における野球選手としての大きな差を見せつけられると、猶更そう思います。


【中古】斎藤佑樹くんと日本人 / 中野翠






Last updated  2020.08.27 21:33:37
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.20
カテゴリ:野球大好き!
バファローズの西村監督が、辞任を発表しました。
成績不振での辞任とのことですが、このチーム、この手のパターンが非常に多いですね。2代前の森脇元監督も、更にその前の岡田元監督も、シーズン途中で休養(実質辞任)してませんでしたっけ? 成績不振でも構わないからシーズン終了まで指揮を執って欲しいな~と思います。ひょっとすると、これから盛り返す可能性だってあるかもしれませんしね。
それにしても、バファローズは、2005年の合併以降の15シーズンで2回しかAクラス入りの経験がないんですよね。合併球団のプロテクトから漏れた選手でスタートしたイーグルスですら4回Aクラス入りしているのに。球団として、やる気があるのかな…オリックスという企業の見識を疑います。
代理の指揮は、中嶋二軍監督が執るとのこと。こんな形で出番が回るとは予想外でしたが、久々となる東北地方出身の指揮官の誕生です。果たしてどんな采配を振るうのか楽しみでもあり不安でもありますが、どうせこれ以上落ちようがないところまで落ちている(はずだ…)から、思い切った選手起用でファンを楽しませて欲しいと思っております。


【中古】おもてなしの経営学 / 中島聡






Last updated  2020.08.21 01:51:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.11
カテゴリ:野球大好き!
こないだ、ふとしたきっかけで昔のNPBの監督の出身高校について調べていたのですが、1975年から1999年の四半世紀において日本シリーズを制した監督には進学校出身者が意外に多いことに、気がつきました。
以下、該当する監督とその出身高校⇒大学について、紹介しましょう(氏名の後の()は日本シリーズ制覇年の西暦下2桁)。

上田利治(75・76・77)       海南(徳島県。現・海部)⇒関大
広岡達朗(78・82・83)       呉三津田⇒早大
古葉竹識(79・80・84)       済々黌⇒専大中退
藤田元司(81・89)         西条⇒慶大
吉田義男(85)           山城⇒立命大中退
森祇晶(86・87・88・90・91・92) 岐阜
野村克也(93・95・97)       峰山
長嶋茂雄(94※)          佐倉⇒立教大
仰木彬(96)            東筑
権藤博(98)            鳥栖
王貞治(99※)           早稲田実
※長嶋は2000年、王は2003年にも日本シリーズを制覇している。

こうして見ると、大卒高卒の差はあまり感じませんね。ただ、出身高校は名門揃い。海南(海部)や峰山は進学校としては耳慣れない名前ですが、それぞれの地元では大学合格実績がトップの高校です(しかも、旧帝大合格者をコンスタントに輩出しています)。
この「原則」残念ながら2000年代以降になると崩れてくるんですよね。実業系の高校や私立高校(いわゆる野球学校)が増えてしまいます。日本出身監督限定で紹介すると、

若松勉(01)            北海
原辰徳(02・09・12)        東海大相模⇒東海大
伊東勤(04)            熊本工⇒所沢(いずれも定時制)
落合博満(07)           秋田工⇒東洋大中退
渡辺久信(08)           前橋工
西村徳文(10)           福島(宮崎県)
秋山幸二(11・14)         八代
星野仙一(13)           倉敷商⇒明大
工藤公康(15・17・18・19)    愛工大名電
栗山英樹(16)           創価⇒東京学芸大
※B・バレンタイン(05)とT・ヒルマン(06)はアメリカ出身のため割愛         

ここまで変わるのか?と驚いてしまいます。
2020年代以降も、恐らく同じ傾向になるものと思われます。現在の12球団の監督が、以下の通りですから。

ライオンズ  辻発彦    佐賀東
ホークス   工藤公康   愛工大名電
イーグルス  三木肇    上宮
マリーンズ  井口資仁   國學院久我山⇒青学大
ファイターズ 栗山英樹   創価⇒東京学芸大
バファローズ 西村徳文   福島(宮崎県)

ジャイアンツ 原辰徳    東海大相模⇒東海大
ベイスターズ A・ラミレス (ベネズエラ出身)
タイガース  矢野燿大   桜宮⇒東北福祉大
カープ    佐々岡真司  浜田商
ドラゴンズ  与田剛    木更津総合⇒亜大
スワローズ  高津臣吾   広島工⇒亜大

國學院久我山は進学校の側面も有するので、マリーンズには頑張って欲しいところですが…
振り返って、30年前の1990年だと、監督の顔ぶれはこんな感じだったんですよ。

ライオンズ  森祇晶    岐阜
ブレーブス  上田利治   海南(徳島県。現・海部)⇒関大
バファローズ 仰木彬    東筑
ファイターズ 近藤貞雄   岡崎⇒法大中退
オリオンズ  金田正一   享栄中退
ホークス   田淵幸一   法政大学⇒法大

ジャイアンツ 藤田元司   西条⇒慶大
カープ    山本浩二   廿日市⇒法大
ホエールズ  須藤豊    高知商
ドラゴンズ  星野仙一   倉敷商⇒明大
スワローズ  野村克也   峰山
タイガース  中村勝広   成東⇒早大

廿日市も成東も地元では進学校ですし、それ以上に、近藤貞雄が岡崎出身だったのにビビりました。さすが、球界のアイデアマンと言われただけあります。

(おことわり)
各監督の出身高校(旧制中学も含む)は、いちいち注釈を入れるのが面倒だったので(苦笑)現在の校名で表記しています。ただし、海南だけは、他校との統合によって海部となったため、(現・海部)との注釈を入れました。


【中古】 積極思想のすすめ / 広岡 達朗 / 講談社 [単行本]【宅配便出荷】






Last updated  2020.08.11 15:36:22
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.01
テーマ:高校野球(3097)
カテゴリ:野球大好き!
今日は、夏の高校野球福島県大会の4回戦が4球場で開催されています。福島放送のサイトで中継動画を配信しているとのことで先ほどちょっと観たのですが、普段の野球中継とは違ったアングルだったためなんか見慣れず、また試合をしていたのが個人的に思い入れの少ない高校(関係者の皆様、ごめんなさい…)だったので、1回の攻防を終えたところで行ったん離脱し、このエントリを書いています。
県大会で優勝したところで甲子園に行ける訳でもないし、外野スタンドには観客も皆無。もちろんプレイしている球児たちは真剣に試合に臨んでいるとは思うのですが、モチベーションを維持するのが例年以上に大変なように感じます。3年生にとっては、今後も野球を続けていく予定がなければ部活なんぞにいつまでもこだわっていられないでしょうしね。磐城、安積黎明、郡山、福島東、白河と数校の例外はありますけど、進学校ほど早々と敗退して次のステージに備えているようにも見えます。
ただ、中継を観た限りですが、今日は好天に恵まれているようです。雨でグラウンドコンディションまで最悪となれば正に弱り目に祟り目だっただけに、そこだけは救いでした。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの マネジメント を読んだら【邦画 中古 DVD】メール便可 ケース無:: レンタル落ち






Last updated  2020.08.01 10:28:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.21
カテゴリ:野球大好き!
プロ野球が開幕して1ヶ月経ちましたが、まさかセ・リーグの打撃ランキング1位がカープの堂林だとは予想していませんでした。2009年の夏の甲子園で中京大中京を優勝に導いた実績を引っ提げ、ドラフト2位でカープに入団。プロ3年目の2012年にサードのレギュラーに定着しオールスターゲームにも出場するも三振ばかりで打撃成績は上がらず、そのうちスタメンを外れることが多くなってしまった選手です。​通算打撃成績を確認すると、2015~2019の5年間は100打席未満の打席数に留まっているんですよ。そんな選手が今年に入って一躍復活するのですから、本当に驚きました。
堂林のように長年燻っていた選手が突如としてブレイクした実例としては、同じカープで2000年代に赤ゴジラのニックネームで親しまれた嶋重宣が挙げられます。1995年に投手として入団しますがほどなく打者転向。打撃には定評があったものの左投だったので守備位置が限定されていた上に分厚い外野陣(当時のレギュラーが金本、緒方、前田ですぜ。旦那)の前になかなか出番が回ってこなかったのですが、金本がFA移籍した後の2004年にレギュラー定着。開幕直後から4割を超えるハイアベレージをマークした勢いが閉幕まで衰えず、なんと首位打者を獲得する大活躍! 残念ながらその後は低迷してしまうのですが、選手育成に定評のあるカープらしい選手だったと思います。
考えてみたら、堂林と嶋は、高校時代投手、ドラフト2位のプロ入り、プロで野手転向、30歳近くなっての突然のブレイクと、共通項が結構あります。だとしたら、今年の堂林、首位打者もあり得るかも!? 今後のバッティングから目が離せませんね。


ベースボールコレクション 201903-C007 堂林 翔太 N






Last updated  2020.07.21 13:32:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.28
カテゴリ:野球大好き!
​マリーンズは今日も勝って、これでオリックス・バファローズとの6連戦を6タテしましたね。それにしても凄いなぁ~スタートダッシュに大成功した形になりましたね。
…と思っていたら、そんな快進撃でクローズアップされてしまった妙な記録があったりもします。マリーンズがオリオンズと名乗っていた頃の1988年の終盤、近鉄バファローズと6連戦を戦って全敗していたんですね。詳しくはこちらで紹介されていますが、この時の6連戦は、近鉄バファローズの本拠地だった藤井寺球場で2日間で3試合(!)行った後、異動日なしでオリオンズの本拠地だった川崎球場で3日間3連戦を戦ったという今では考えられない超ハードな日程。当時優勝を争っていた近鉄バファローズが底力を発揮し、6連勝という結果に繋げました。
逆にマリーンズは最下位で、モチベーションが低下していたこともあってあっけなく(失礼!)6連敗した訳ですが、「これではプロとして恥ずかしい!」と奮起したのか、6連戦の1週間後に川崎球場で近鉄バファローズと再び相まみえた際には、勝つことはできませんでしたが1試合で引き分けに持ち込み、近鉄バファローズの優勝を阻止します。これがプロ野球史上に残る名試合、いわゆる「10.19」だった訳でして、今思えば、6連敗の屈辱を経たからこそオリオンズのナインも奮起し、あの試合を演出することができたのかな…
そんな過去を知ると、今日6連敗を喫したオリックス・バファローズが、優勝争いを展開する終盤にキャスティングボートを握るという可能性も想像しちゃいますね。と言うか、オリックス・バファローズには、プロとしてせめてそのぐらいの意地を見せて欲しいと思っています。


10.19近鉄バファローズの悲劇 〜伝説の7時間33分〜 [DVD]






Last updated  2020.06.28 22:08:27
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.27
カテゴリ:野球大好き!
今日のプロ野球、イーグルスは勝ったけれど、首位のマリーンズも勝ったため、ゲーム差は縮まりませんでしたね。しかも、マリーンズは、聖光学院⇒東洋大出身のルーキー・佐藤がサヨナラヒットを放ったというのだから、脱帽です。
佐藤の現状は代打要員というところなんでしょうが、こうやって実績を積み重ねて、レギュラーを掴み取って欲しいものです。聖光学院出身でプロの一軍で一定期間活躍した選手はまだいませんしね。佐藤には、息長く活躍して欲しいと期待しています。
ただ、その一方で、マリーンズの対戦相手のバファローズは、あまりにも不甲斐なくないかなぁ? ビジターとはいえ、同じマリーンズ相手にこれで5連敗。同一カード6連敗だけは避けたいですね。明日こそは、一矢報いて欲しいところです。
そう言えば、来週は、イーグルスとマリーンズの6連戦が組まれているんでしたっけ。星の潰し合いとなる首位決戦。どんな試合展開を見せてくれるのか、今から楽しみです。


BBM 2020 034 佐藤都志也 千葉ロッテマリーンズ (レギュラーカード) ベースボールカード ルーキーエディション






Last updated  2020.06.27 22:35:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.20
カテゴリ:野球大好き!
そう言えば、昨日のNPB開幕戦では、タイガースの西とカープの大瀬良がホームランを打ったんですよね。開幕戦で投手が2本ホームランを放ったのは初めての事例だとか。
ピッチャーの打撃と言えば正直「プロの打者じゃない」という感覚があっただけに、今年に賭ける選手の意気込みは違うぞ!と嬉しくなりました。特に西はDH制のパ・リーグ出身だし、打った相手もジャイアンツのエース・菅野だし、試合には負けたとは言え、あっぱれ!と言いたくなるような一撃でしたね。
新型コロナウイルスの影響で普通ではないシーズンを送る以上、今年の選手たちは例年以上のパフォーマンスを見せないと、ファンの注目を浴びることはなかなかできないと思います。昨日のホームランのような意外性あふれるプレーが随所で見られるようになれば無観客試合でも野球自体は盛り上がるシーズンを演出できるのではないかと、期待しています。


2019 BBMベースボールカード 165 大瀬良大地 広島東洋カープ (レギュラーカード) 1stバージョン






Last updated  2020.06.20 23:08:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.10
カテゴリ:野球大好き!
​NPB界隈が相応に盛り上がってきましたね。スポーツニュースも現在練習試合が展開されている野球が中心。無観客試合が当分続くとはいえ、やっぱり開幕は嬉しいものです。
もし観客がスタジアムに入れるようになったら、上の子のアパートに遊びに行くついでに、その街にある球場にも足を運んでみたいなぁ… ホームチームは長い間優勝から遠ざかっているけれども応援の熱さには定評のあるチームなだけに、その雰囲気を肌で感じてみたいですね。
そんな先の夢はひとまず置いといて、とりあえず開幕です。以前のエントリにも書きましたが、当ブログのネタの幅が多少広がることも含めて、いろいろと楽しみたいですね。選手の皆さんには、くれぐれも健康に留意しながら、今まで以上のプレーを見せてくれることを期待したいと思います。


【あす楽対応】 【6/10 最大8%引クーポン】送料無料 ハタケヤマ HATAKEYAMA 限定 JSBB公認 軟式用 キャッチャーギア 防具3点セット CG-N17SI ハタケヤマ キャッチャー防具 捕手 防具 野球部 軟式野球 野球用品 スワロースポーツ






Last updated  2020.06.10 23:14:06
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全374件 (374件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.