4596479 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

CAPTAINの航海日記

PR

X

全211件 (211件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

マヌケな昔話

2021.10.22
XML
カテゴリ:マヌケな昔話
前のエントリで上の子のアパートの話を書いていたら、ふと、一人暮らしをしている上の子の大学の学生でクルマを保有している人っていないよな…と​思いました。まぁ、公共交通機関が発達している首都圏だし駐車場を借りるにもお金がかかるから当然なんですが、この辺、地方の学生とは違うよな~と感じます。
例えば私が在籍していた頃の福島大なんて、少なくとも3割ぐらいの一人暮らし学生がクルマを持ってましたからね。特に大学に近い金谷川在住の学生の保有率が高い傾向にありました。確かに、あの辺はロクなお店がないし、買い物するにもクルマ利用がマストにはなりますね。
他の地方大学でもそうなのかなぁ? 私の知っている範囲だと、新潟大に進学した高校の同級生がクルマ保有でしたけど、確かにあの大学も、買回り品の購入ではクルマ利用というパターンになるかな。あと、太平洋側に実家がある場合、公共交通機関を使うよりもクルマを運転して帰省した方が明らかに便利です。
恐らく山形、茨城、筑波、宇都宮といった福島県の近隣にある大学でも事情は似たり寄ったりではないでしょうか。そう考えると、地方大学に子供が進学するご家庭の場合、クルマも生活必需品として購入を検討する必要がありそうですね。


ケニス 燃料電池自動車 H-racer2(ラジコンタイプ)(1-123-0540) 水素燃料自動車が体験できます。※お取り寄せ商品です。






Last updated  2021.10.22 07:07:49
コメント(0) | コメントを書く


2021.09.04
カテゴリ:マヌケな昔話
実は、先月後半から、これまでとは全く異なる職種に従事しております。
体重も短期間で結構減ったので、妻からは「病んでるんじゃないか?」と少し心配される始末。
いえいえ、病んでなんかいませんよ…と言いたいところなんですが、こればかりは私本人では判別できないのでとりあえずは置いときます。でも、私が経験した範囲で最も病んでいた時に比べると全然大丈夫…という認識はあるんですよね。
明らかに私が病んでいた時は、今から14、5年前でしょうか。予想外の仕事を押し付けられた時ですね。帯状疱疹も発症しましたし。休日もなかなか取れず、本当に病んでいたような記憶が残っています。
ただ、当時のブログを見ても、病んでいる様子が微塵も感じられなかったりするんです。素の私とブロガーとしてのCAPTAINとで人格を使い分けていたんでしょうか? それはそれで恐ろしい話としか言いようがありません。


USED【送料無料】病む人に学ぶ 福永 秀敏






Last updated  2021.09.04 21:13:33
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.30
テーマ:文化祭(44)
カテゴリ:マヌケな昔話
今秋、下の子が通う高校で、文化祭が開催されます。このご時世なので在校生や教職員以外の参加はNGなのですが、下の子はこのイベントをかなり楽しみにしており、開催中はかなりハッチャケるんだろうなぁ~と思っています。
そう言えば、上の子も、高校の文化祭ではなんだかんだでいろいろ活躍してましたね。その経験が、大学に入学してから活きた感があります。サークルで中核的なポジションになりつつあるようですから。このご時世なので(←しつこい)講義だけを受講していたのでは友達もできにくく大学生になった実感は薄いんじゃないかなぁ。サークル活動を通じて、上の子は大学生活を満喫しているように見受けられます。
そんな子供たちの様子を見ていると、高校の文化祭に全く参加せず、大学でもサークルに所属しておらずもちろん文化祭とも無縁だった私は、今の言葉で言うと「陰キャ」だったんだな…と少し後悔したりして。文化祭経験を少しでもしておけば、ひょっとしたら人生の幅も広がったんじゃないかと、今更ながら痛感しています。


中古■銀魂■イラストシート■沖田総悟 単品■銀魂 3年Z組銀八先生 銀魂高校文化祭 in J-WORLD TOKYO 第2部ミニゲーム 3年Z組ウィンナー入りあつあつたこやきくじ■いたってフツーのたこ焼き賞 景品■グッズ■非売品






Last updated  2021.08.30 18:24:54
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.29
カテゴリ:マヌケな昔話
明日は日曜日…と耳にすると、小学校時代の土曜日の帰りの会でみんなで諳んじた奇妙な挨拶を思い出します。
「明日は日曜日 ケガなどをしないように 火の用心カチカチ さようなら」​
どうしてこんな挨拶が定着したのか、まったくもって謎なんですが、土曜日に間違いなく口にしてました。当時の同級生は…さすがに覚えていないだろうなぁ(苦笑)
私の小学校時代なんてもう40年ぐらい前の話なんですが、覚えているのはこの手の何気ない(?)挨拶とかだったりします。楽しかったこと、辛かったこと、いろいろあったと思うのですが、本当にどうでもいい日常の風景の方が、記憶に残っていたりするんですね。
だもんで、「小学校時代に戻りたいか?」と訊かれたら、返事に躊躇するかもしれませんね。思い出すのは上記の挨拶のようなジャンクな出来事ばかりだし、当時に戻っても多分退屈な日常が続くだけなのかな…と思っちゃったりもするんですよね。我ながらドライな感覚だな~と思うのですが。


火の用心!トイレットペーパー{雑貨 日用品 消耗 防災 中プリント おもしろ グッズ トイレタリー}{ギフト 誕生日 プレゼント 景品}{イベント 子ども会 幼稚園 施設}[運動会 遠足 行楽 夏祭り]【色柄指定不可】






Last updated  2021.05.29 22:58:50
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.22
テーマ:アニメ!!(3834)
カテゴリ:マヌケな昔話
作詞家の伊藤アキラの訃報が、報じられましたね。個人的には、アニメソングの作詞者として記憶に残っています。
アニメソングと言えば、今年は作曲者の大御所として知られる菊池俊輔も亡くなりました。菊池に伊藤と相次いで他界すると「昭和は遠くなりにけり」とつぶやきたくもなったりします。
ところで、作詞・伊藤、作曲・菊池のアニメソングってなかったっけ?と思いネット検索してみたところ、真っ先に挙がったのが「SF西遊記スタージンガー」の主題歌でした。あぁ、そんなアニメもありましたっけ。放送していた時期は確か1978年頃と記憶しているのですが、リアルで観た記憶がほんのり残っています。
「SF西遊記」と銘打つからには、本家本元の「西遊記」を下敷きにしているのでしょうが、さすがにストーリーまでは記憶してません。代わりにふと思ったのが、そう言えば1970年代後半には「西遊記」を下敷きにしたテレビ番組が異様に多かったなぁ…ということでしょうか。実写ドラマとして堺正章が主演した「西遊記」があったし、ドリフが出演した人形劇(!)の「飛べ!孫悟空」もありました。どうしてそんなに「西遊記」が活用されたのかわかりませんが、当時の日本人にとって冒険譚のプロトタイプみたいな存在だったのかもしれませんね。


【中古】 想い出のアニメライブラリー 第66集 SF西遊記スタージンガー DVD−BOX デジタルリマスター版 BOX2 /松本零士(原作),石丸博也,富田耕生,富 【中古】afb






Last updated  2021.05.22 20:58:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.13
カテゴリ:マヌケな昔話
先日上の子とLINEでちょっと話したところ、「(大学2年目の授業は)専門的な科目が増えて面白い」というコメントが来ました。
私個人の感覚だと「専門的な科目が増えて面倒臭い」だったんですけどね。つまり、上の子は「大学で何を学ぶか」をしっかり考えて進学したのに対し、私はただ漫然と受かった所に進学しただけ…その差が​明確に出た格好です。
よくよく考えてみると、私の高校時代に「大学で何を学ぶか」ということを真面目に考えたことは、実のところありませんでした。とりあえず合格すればいいや…という感覚。今考えると、大学をなめきっていました。
その点、上の子は、高校2年ぐらいの頃から、どの学部に進学するかを真面目に考えていたように思います。最初は経営系の学部を志望し、その後「文学部にも興味が…」なんて言っていたものの、結局大学入試間際になって経営系に戻ってきた次第。実際進学した学部は法学系、政治系、経済系も含めた社会科学のごった煮みたいな学部だったのですが、2年生になってからコース分けが行われ晴れて経営系のコースへと進んだ経緯があるので、授業へのモチベーションも高いのでしょうね。
私のケースに話を戻すと、正直な話、大学に慣れるのに3年以上はかかりました。「大学で何を学ぶか」という肝心要な部分が抜け落ちていたから、さもありなんですよね。結局、学生生活を7年間送る羽目になりました(苦笑)


【中古】 間違いだらけの大学選び 怒涛編 / 栗本 慎一郎 / 朝日新聞社 [単行本]【ネコポス発送】






Last updated  2021.04.13 00:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.06
カテゴリ:マヌケな昔話
明日、うちの地元の小中学校では、入学式&始業式が行われます。いよいよ新しい年度が本格的にスタートします。
新入生も在校生も、新しいクラスがどのようになるのか、ドキドキなんじゃないかな~と思います。クラス替えは一種の運ゲー、かつ学校生活を送る上でのモチベーションにも直結します。できるだけ多くの子供達が快適に過ごせる新クラスであって欲しいなと願っています。
かく言う私は、小学校時代に1度、中学校時代に2度、クラス替えを経験しています。そのうち中学校時代は2年生のクラスのメンバーが一目見て「あぁ、嫌だなぁ…」と思ってしまう面子ばかりで、しかも実際過ごしてみたら案の定…という状況だったため、3年時のクラス替えを非常に楽しみにしていました。今思えば、新しいクラスでもっと積極的に動けば良かったんですが、「このクラスじゃ駄目だわ」という先入観が、最後まで払拭できなかったんですよね。
まぁそんな苦い思い出はありますけど、今までの人間関係をご破算にして新しい人間関係を構築するという経験は、社会に出る前に何度か経験していた方がいいかな…とは思います。新しい環境の中で自分がどのようなポジションで活躍できるのかを試されるフィールドでもありますし、かつての私のように「あぁ、嫌だなぁ…」とネガティブにならずに、前向きに新しいクラスへと飛び込んで欲しいですね。


【中古】 三丁目の夕日 クラス替え / 西岸 良平 / 小学館 [ムック]【ネコポス発送】






Last updated  2021.04.06 00:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.25
カテゴリ:マヌケな昔話
去年の上の子の入試に関連した話なんですが、受験前日も当日も、大学の周囲でパンフレットを配っている地元不動産屋のアルバイトがいたんですよね。桃色で統一されたお揃いのウインドブレーカーと帽子で「アパート情報いかがですか?」とパンフレット片手に迫ってくるんです。
我が家の場合は事前に某大手不動産に予約してアパート探しをする予定でいたので、この手の勧誘は完全ノーサンキュー。「あ、他の不動産屋さんでアパート決めましたので…」とお誘いをすべてシャットアウトするという塩対応ぶりでした。
でも、向こうはアルバイト。しかも現在上の子が通っている大学の学生である可能性が濃厚です。とすると、去年の塩対応は、ちょっとまずかったかもしれないな~と、今になってちょっと反省している次第。だって、自分の子供がアルバイト先でそんな対応をされてしまったならば、いくらアルバイトが社会勉強の側面を有するといっても、親としては少し心が痛みますものね。その不動屋では物件探しはしないけれど、パンフレットぐらい貰っておくべきだったかなと思うのです。
お子さんの受験に同行する受験生の親御さんも、今日明日の入試ではそんなアルバイト学生の姿を何人か見かけることでしょう。彼らは、来年以降のご子息の写し鏡かもしれません。しつこく勧誘されるケースもひょっとしたらあるかもしれませんが、それでも塩対応だけはやめて欲しいなと、自戒を込めてお願いする次第です。


【すぐに使えるクーポン有!2点で50円、5点で300円引き】銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫) 【中古】






Last updated  2021.02.25 00:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.30
テーマ:同級生(22)
カテゴリ:マヌケな昔話
昼食後は「スタァ同級生」なんて観てました。街行く人に「あなたの同級生にスゴい人いますか?」と質問して、有名人になっている意外な同級生の存在やそのエピソードを聞き出すという趣向の番組ですね。
ここでふと思ったのが、私が同様の質問を受けても、答えられる人がいないなぁ…ということ。少なくとも、覚えている限りで、芸能界やスポーツ界で活躍している(た)人はいませんね。そのぐらい、著名人の同級生を持つ確率は低いということなんでしょう。
ただ、うちの子供達は、ひょっとしたらそういう同級生に巡り合っているかもしれません。果たして10年後、20年後に「あなたの同級生にスゴい人いますか?」と訊かれてどんな答えが返ってくるのかなぁ? ちょっとだけ、期待してしまいます。


同級生 (講談社文庫) 【中古】






Last updated  2020.12.30 14:43:39
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.06
カテゴリ:マヌケな昔話
上の子、大学でサークルに入ったようです。文科系のサークルで当面はオンラインでの活動になるようですが、それなりの交流は確保できるのかな… 大学って、自分から動かないと、学生間の交流がなかなかできにくい場所ですよね。上の子も積極的に動いて、人脈を築いてくれればと思っています。
かく言う私は、大学時代、実はサークルに入っていませんでした。特に面白そうなサークルがなかったし、寮に住んでいたのでそこの先輩方や同級生と多少の交流(主に麻雀・笑)があったから、入る必然性を感じなかったのですね。
でも、今思い返せば、サークルぐらい入っても良かったかな~と、少し後悔しています。所与の組織の中で気の合った仲間を探すのではなく自分から人の輪の中に飛び込んでいく経験をしないと、社会人になってから「与えられた仕事しかしない人」的なマイナス面の影響を及ぼすようにも感じるんですよね。
私の轍を踏むことなく、上の子には、積極的な交流を心がけて欲しいと願うのであります。


【中古】 成功する人脈づくり ビジネスパワーが倍増する / 阪本 亮一 / 産能大学出版部 [単行本]【宅配便出荷】






Last updated  2020.10.06 15:06:34
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全211件 (211件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >


© Rakuten Group, Inc.