632564 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今を大事に!

PR

Calendar

Profile


リコハウス

Comments

http://buycialisonla.com/@ Re:高知 北寺(05/16) generic cialis pills erectionprescripti…
リコハウス@ Re[1]:年齢を重ねるとは(05/24) ゆうたろママさん コメント有難う御座い…
ゆうたろママ@ Re:年齢を重ねるとは(05/24) 大変勉強になりましたm(_ _)m 耳はいいけ…
ノンさん@ Re[2]:雪渓寺 高知(01/31) リコハウスさん >ノンさん  > >いらっ…
リコハウス@ Re[1]:雪渓寺 高知(01/31) ノンさん  いらっしゃい。 著作権等の詳…

Category

カテゴリ未分類

(0)

独り言

(40)

旅行

(129)

(42)

神社

(57)

仏閣

(459)

庭園

(65)

(147)

中年時代 リコ

(15)

展示

(8)

温泉

(5)

演劇や映画

(2)

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

旅行

2019.06.09
XML
カテゴリ:旅行
思い立って、明石海峡大橋の橋脚の上に登るツアーに参加しました。
数年前までは、いくら予約しようとしても、いつも満員だったのですが、今は、少し余裕があり、2-3週間くらい前であれば、申し込み可能かもしれません。

平成10年(1998年)完成から21年間経過していますが、このツアーに参加した人は、私で124,544人目だったようです。(多いとみるか、まだ、こんな人数とみるか?)

既に、多くの人がブログで書いて居られますので、記事は、最小にして、出来れば、天気予報を調べて、視界の良い日に参加予約されることをお勧めします。(笑)
ツアーは約3時間、料金大人3000円、中学生1500円、制限は中学生以上の2km歩ける人。

黄色い線の明石側 橋の科学館で説明を受けて、プロムナード途中から整備用通路を通り、橋脚下部からエレベーターで橋脚上部に上がり、それから、戻るツアーです。


あの上に上がるんだと思うと、朝一番からテンションが上がります。(笑)


ツアーの最初に、説明会! 班分け(エレベーターに乗る順番)、案内用イヤホンや携帯ストラップ等


歩く前に、橋の科学館で明石海峡大橋の概要の説明があり、これで大体の耳学問を習得!




プロムナードから整備用通路へ降りてゆきます。


グレーチングというかキャットウォークというか  隙間から海面が見えるので、楽しく?なる。(笑)


淡路島側を見る  左の黒いパイプは淡路島への送水管、 右には、関西電力8万kwの電線があり、床下のパイプには、電話線やインターネット回線などのパイプが走っています。
頭上は、片側3車線の車道です。


橋脚から淡路島側をバックに記念撮影 


吊り橋の吊りメインケーブルの中を湿度40%以下に乾燥換気する装置 この橋に8台あるそうです。


上は車道 真ん中には、中央分離帯。 車が通るたびに、ガタンガタンと音がして、橋を吊っているというのが、実感できる。


橋脚を上がるエレベーター 一度に12-3名乗れる。 17階から98階まで約2分で上る。


エレベーターを降りて、階段から頂部へ


今回のツアー 48名満席でした。約4分の一が外国人。
スカイツリーもあべのハルカスも良いけど、天井の無い展望台?の解放感は最高です。


明石側


海面より289m


淡路島側






暗くなるとミッドナイトまでの正時に、ケーブルにイルミネーションが点灯する。
土日曜日や大晦日等には、変幻自在の色を出すランプです。(3個で1set)


橋の最重要箇所 橋脚の地盤


橋の内側からメンテナンスする作業台

橋の外側からメンテナンスする作業台(両横と下)


帰りは、外側の歩行用通路を通って


垂水のマリンピア


孫文記念館


前日の風雨が汚れを流れ落としてくれたように、視界良好(小豆島も見える)の一日でした。感謝!


以上






Last updated  2019.06.11 19:52:44
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.13
カテゴリ:旅行
孫達とは、山梨県立「ハイジの村」で待ち合わせ
彼らも、早朝に横浜を出発し、リニア展示見学館を見て来たという。
孫達に会うのは、2か月ぶりだけど、二人共 素直にすくすくと成長しています。LOL






お昼に近くなったので、早速、腹ごしらえ。


チーズリゾットの上には、ハイジの絵が描いてあります。


大好きなピザも美味しい。


天気は良いし、お腹は満足したので、広いエリアを走り回ります。


展望台からは、雪の積もった山々が見えます。 ここでも、標高1000mあります。




滑り台やこんなブランコもあります。


ハイジの村の雰囲気です。


お客が少ないので、乗っているのは、私達の家族だけ
やっぱり、5月の連休過ぎてからが、シーズンのようです。


ハイジの村も早々に切り上げて、リゾナーレに到着
年寄りは、ゆっくり座れるところが良い。(笑)


子供は、早速プールへ
2泊3日の間、1日目 夕方プール、寝る前に温泉、2日目9時の開始と同時にプール、午後温泉、夕方プール、3日目朝一の温泉、9時からのプールとプールと温泉ばかりの3日間でした。




1日目(4/1)の夕方から2日目の朝にかけては、雪が降りました。
積もった雪で、こんな雪だるまが作れました。




4月に雪が降る 外は、ほぼ零度の世界!


部屋の中は温かい!
バーバと孫 良く似ています。


翌朝の駐車場






今日も晴天ですが、外は寒い!




温水プールは温かいのです。
朝一では、日帰り客も居ないので、寂しいくらい空いています。





1時間に10分間 大波が来ます。










夜は、八ヶ岳御自慢のワインを満喫させて頂きました。






これは結構難しいのですが、上手く、一生懸命走っていました。(笑)








多分 体脂肪率7%?位の身体 自分の身体と比べてみると、羨ましい!!


頭から水を浴びて、修行をしています。(笑)


今が乳歯から永久歯に生え変わる時期なので、4本抜けているそうです。
ジージの歯は、もう生えてこないので、大事にしてね!苦笑


十分に水遊びを満喫して、帰路につきました。
以上






Last updated  2019.04.14 10:22:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.10
カテゴリ:旅行
八ヶ岳に旅行する計画を立て、孫達と信州で待ち合わせする事にしたのだが、年寄が長い時間運転すると心配だからと言われ、行きに松本の温泉で一泊、八ヶ岳で2泊、帰りには中津川温泉で一泊する約束をして、許可を貰った。LOL

勿論、時間は有効に活用するのが団塊の世代の人間のやり方なので、3月31日出発の日は、朝4時30分に自宅発。途中、一度休憩したが、8時半には諏訪大社に到着。
今回の旅の安全を祈願した。




雷電の像


神殿




諏訪湖に望む高島城に立ち寄る


晴天の空にお城が生えます






国宝 善光寺の本堂へ (浄土宗)






三門


仁王門
近代の最高の彫刻家(私の判断?)高村光雲とその弟子の米原雲海の合作による彫刻の本物は、資料館に収蔵されています。この像は、それの模造ですが、素晴らしい・

また、仁王門の背後右裏には竃神、火伏せの神として広く信仰されている「三宝荒神」を、左裏には大黒・弁財・毘沙門の各身が合体した「三面大黒天」がある。
どちらも、高村光雲と米原雲海の作品であり、本物は、資料館で見ることができます。


確かに大きいです。


松本まで戻り、国宝 松本城へ  美しいお姿です。






早朝から走り回ったので、疲れが出てきたようです。
この後、温泉ホテルへ   松本の山手側には、多くの温泉街があるのですが、大分寂れてきているように感じました。


翌朝(4/1) 八ヶ岳方面へ向かう途中、「三分一湧水」を見学。


結構な水量の湧水が、2カ所から噴き出している


途中、見事な枝垂桜があったので、記念撮影   桜の中から、青空をみるのも気持ち良い。


八ヶ岳方面 孫との出会いは次回に書きます。

こちらは、4/3 八ヶ岳で孫達と別れ、中津川温泉に行く前に、妻籠宿に立ち寄る。
観光客の半分は、西欧系の外国人でした。








古い和服を試着







中津川温泉は、肌がつるつるになる、少し温めで、何時間も入れる良い温泉でした。
それでも、田舎の為か、温泉もお客が少なく、貸切状態でした。LOL

帰る日は(4/4)は、国宝 犬山城を訪れる。 このお城で、国宝のお城は全部回りました。笑
どこが一番良かったかなー。。。。




階段は、どこのお城も急です!




犬山城から近いので、ついでに(ごめんなさい)、明治村を訪れる。
ついでに訪れるには、広過ぎた! ポイントを絞り、3時間の見学で帰りましたが、ゆっくり回れば、たっぷり1日はかかります。笑

最初に乗った蒸気機関車  レトロ写真風




赤十字病棟




センターの通り








東山郡役場


4/4 記念の年号で撮影


恰好だけは村長です。笑


北里研究所


西園寺公望別邸




芝居小屋




聖ザビエル天主堂


光の入るステンドグラスが見事です









バックは、帝国ホテル中央玄関




八ヶ岳では、雪も降り積りましたが、旅の間、昼間は晴天に恵まれラッキーでした。

以上






Last updated  2019.04.10 17:50:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.29
カテゴリ:旅行
​​​涼しくなったこの頃、久しぶりに京都を散策する機会がありました。
最初は、大覚寺を訪れました。 
大覚寺は、旧嵯峨御所真言宗大本山であり、華道嵯峨流の始祖でもあります。 今回は、1200年前、嵯峨天皇が当時飢饉や疫病が蔓延し、悩んでいた所、弘法大師(空海)の勧めにより、般若心経に帰依して読誦転経し、嵯峨天皇自ら紺紙に金泥で一字三礼の誠を尽くして般若心経を書写され​​​​​
​たところ、疫病はたちまちに治まり、大いなる功徳を得られたということです。



華道嵯峨流の展示












勅封心経殿
嵯峨天皇の般若心経が薬師如来とともに納められている。
60年に一度公開される。











玄関前、横に低く整えられた松


足元を覗き見ると!


名勝 大沢池






池に映る風景 実際よりも写真の方が美しいかもしれません。笑






大覚寺を後にして、昼食へ


昼食の最初だけ、ご披露!笑


少しの時間、人力車も体験しました。


今年の紅葉はどうでしょうか? 見頃は、11月下旬頃かな?!


体重が重くて心配しましたが、人力車の重量制限は、260kgだそうです。


京都らしい小路を散策


以上







Last updated  2018.10.29 14:05:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.16
カテゴリ:旅行
今年で23回目になります。 神戸に住んでいながら、ルミナリエを散策するのは3回目、賛同者が増加したのかどうか良くわかりませんが、今回も多くの見学者とともに歩きました。

1回目や5回目の頃の写真と比較すると、単に、自分達が「歳取ったなー!」って感じでしょうか!

まあ、今年のルミナリエを見て下さい。
入口のここに到達するまで、延々と約2km位歩きます。(笑) これだけ歩くので、押されて歩くような状態にはなりません、ゆっくり前進するという感じでしょうか!





LEDの進歩のお陰でしょうか 色彩は良くなってきていると思います。























阪神大震災の火 



以上






Last updated  2017.12.16 18:07:22
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:旅行
久しぶりに、夜の市街地を散策しました。
ここ数日の厳しい寒さの中では、ちょっとだけ温暖なこの日を選びました。(笑)

世界一のクリスマスツリーと言われているので、その点灯の瞬間を目に焼き付けておこうと張り切って訪れたら、丁度「飛鳥Ⅱ」の出帆時にも遭遇しました。

まず、自宅を出発


飛鳥Ⅱの出帆  楽しい船旅を楽しむ沢山のお客さんが乗船していました。




汽笛 長音3声とともに離岸して行きました。 船の動きはゆっくりなので、見送りの人は寒そう!


メリケンパークオリエンタルホテルに巨大な「鬼瓦」阿吽が展示されています。 どちらが阿吽か?




最近の夜景は、LED照明の高輝度化のお陰で、昔に比べ、随分明るく、カラフルになったようです。




照明点灯前のツリー


照明点灯開始  この瞬間が気分MAXです。(笑)


クリスマスツリーの点灯期間は、12月26日までです。
見物に来られない人の為に、写真で見て下さい。



























記念撮影ポイント  順番待ちも並んでいました。


LEDのトンネル


引き続き、ルミナリエへ  (ルミナリエは、12月17日で終わり!)


以上






Last updated  2017.12.16 10:21:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.10
カテゴリ:旅行
伊勢志摩の温泉名所 賢島に来ました。良い天気で、 展望も最高の部屋です。
1.JPG
 
部屋に到着し、お茶を飲んで、早速温泉に向かいます。 
3.JPG
 
ジージの顔が赤いのは、お酒のせいではありません。(まだ、飲んでいません!)
スペイン村で日に焼けたのです。(太陽光線を吸収し易いのです。苦笑) 
5.JPG
 
外を見られるので、喜んで立っています。 
7.JPG
 
長男は、いつも来るので、温泉好きになっています。 この宿でも、合計4回 温泉を堪能しました。 浴衣も似合う。
9.JPG
 
温泉に入り、火照った身体を散歩で冷ます! 
10.JPG
 
11.JPG
 
翌日の早朝 5時過ぎの日の出 
13.JPG
 
朝9時半ごろ、伊勢神宮第4市営駐車場に入れ、おはらい町、おかげ横丁を通って、伊勢神宮内宮の参拝 
17.JPG
 
19.JPG
 
五十鈴川で手を洗い清めます。 
21.JPG
 
大きな木に触り、木の精を受けます。 樹齢650年だそうです。 
23.JPG
 
内宮本殿前で記念撮影  中は撮影禁止 
25.JPG
 
赤福 五十鈴川店 おはらい町の駐車場近くなので、お客様が少なく、のんびりできます。 
27.JPG
又、これから、3時間近く車に乗るので、手足を伸ばし、リラックス! 
29.JPG
 
31.JPG
連休中の谷間とは言え、多少の渋滞も覚悟していましたが、普段の行いが良いからか? 神戸からスペイン村まで2時間半、伊勢神宮から神戸までも2時間半 まったく渋滞なしでした。(笑) 
以上 






Last updated  2017.05.22 09:39:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.07
カテゴリ:旅行

連休の谷間の5月1,2日に志摩スペイン村、賢島、伊勢神宮と駆け足で巡る計画を立てました。

車の渋滞を避けるように計画したプランは大正解で、ほぼ予定通りの行程を行くことが出来たのです。 5月1日、朝5時頃自宅を出発し、スペイン村開園の0930時より前に到着するよう計画したので、十分余裕を持って0830時には駐車場に到着しました。 (私達より早く駐車場で待っていたのは、たったの10台程度でした。(笑))

今の時期、朝5時でも、もう外は明るくなっています。 

1.JPG

開園の20分前、入口ゲートに向かう 

3.JPG

連休の谷間のせいか、人は少なかったようです。 

5.JPG

園内に入っても、待ち時間なしで、好きな遊具に乗れ、ストレスなし。 

 IMG_3675.JPG

IMG_3676.JPG 

7.JPG

1回は、パパと一緒に、1回はジージと一緒にウオータースライダーしました。 

9.JPG

小さなジェットコースターや回転ブランコや4Dシアター等々、どこも、待ち時間なしで乗れました。 パパとママはピレネー(一番大きいジェットコースター、60歳以上は乗れませんでした。)等にも乗っていました。

その後、コロシアムで、キャラクターショーを見学(結構、本格的なショーで楽しめましたよ。)

IMG_3679.JPG

 

11.JPG

ショーが終わった後、記念撮影! 飛び込みの度胸が良い!(笑) 

15.JPG

その後は、フラメンコショーへ  ショーの間は、撮影禁止ですが、後で、記念撮影できます。

このショーも本場スペインの舞踊ホールで見るような、本格的なものでした。 

19.JPG

その後は、ロスレジェンド広場でのスペクタクルショー 

炎の熱気、大迫力の洪水 大迫力を十分楽しめました! (笑)

23.JPG

IMG_3704.JPG

 

IMG_3705.JPG 

25.JPG

その後、パレードへ   僕も一緒にダンスしました。(笑) 

27.JPG

軽い昼食 

30.JPG

IMG_3737.JPG

IMG_3744.JPG 

コロンブス広場に向かう 

31.JPG

ハビエル城 

33.JPG

IMG_3759.JPG

IMG_3760.JPG 

遊覧船でのんびり散策 

34.JPG

35.JPG

36.JPG

IMG_3772.JPG

 サンタクルス通り 

IMG_3776.JPG 

39.JPG

十分に遊んだので、キャラクターと記念撮影 

テーマパークは、ディズニー、USJ、ハウステンボス、レゴランド、今年でなくなるスペースワールド等々色々ありますが、スペイン村は、関西はと中京地域 では、最高に遊べるテーマパークではないかと思います。(私の個人的感想!)

キャラクターや催し物の好き嫌いがあるかもしれませんが、混雑の度合い、ショーの誠実さ、時間で楽しめる密度などを考えると、中、小学生までの子供と楽しむのには最高の場所だったと思います。

今回のスペイン村訪問は、孫も喜んだし、私達にとって大成功だったと思います。(笑)

41.JPG

43.JPG

45.JPG

以上 







Last updated  2017.05.08 19:28:29
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.05
カテゴリ:旅行
田舎に帰るには、片道350km位走るので、大きな車が良いと思い、この車をお借りしました。
一人での運転でしたが、楽でした。 乗っている孫達も、室内に余裕があるので、チャイルドシートとジュニアシートでも我慢してくれました。笑 
1.JPG
 
ジージの実家に寄って 
2.JPG
 
ご仏壇に手を合わせ 
3.JPG
 
4.JPG
 
記念撮影 
5.JPG
 
6.JPG
 
その後、92歳になる大祖母に抱いてもらいました。 大祖母は、この歳でも、健康で、頭脳明晰です。
7.JPG
 
 
9.JPG
 
 
10.JPG
 
長男坊は、田舎の風景を見ながら、運動兼用の探検へ! 
11.JPG
 
車に乗ってばかりだったので、長男坊は元気一杯、大人の方は、付き添いを3組で交代しながら、小走りで付いて歩き、川や山等に触れていました。 
13.JPG
 
15.JPG
  
16.JPG
  
17.JPG
 
バーバの実家を離れ、玉造温泉へ 途中の道路傍には、まだこんなに雪が残っていました。 
19.JPG
 
玉造温泉に到着後、川沿いを散策 
20.JPG
 
21.JPG
 
 
22.JPG
 
玉造温泉の湯は、私の大好きな湯の1つです。湯質も、すべすべ具合も、疲れの取れ具合も良い。
長男坊は、合計4回、 私も3回の入浴を楽しみました。 皆、風呂好きです。
浴衣も似合います!笑
23.JPG
 
 
25.JPG
 
この日が、バーバの60数回目の誕生日でした!  ロウソク立ても慣れたもので上手です。
26.JPG
 
ジージは、晩御飯を食べ終わると、運転の疲れとお酒が回って、こんな状態に!苦笑 
27.JPG
 
71.JPG 
 
翌朝には、温泉の大浴場に入れない次男坊に足湯を経験させ、美顔の湯のタオルで顔や頭を拭いてやりました。 この子もお風呂好きになりそうです。 
28.JPG
 
 
29.JPG
 
 
31.JPG
 
 
32.JPG
 
 
33.JPG
 
お誕生日のケーキは、朝のコーヒーと共に、美味しく頂きました。 
36.JPG
 
 
37.JPG
 
 
38.JPG
 
茶室が似合う男達でもある! 
100.JPG
 
帰る前に、出雲大社に参拝 
40.JPG
 
長い参道から大きな木の精を浴びる 
42.JPG
 
木から何か感じるか?というと、寄り添って五感を働かせています。 
44.JPG
 
 
45.JPG
 
拝殿で、これからの安全な成長を願う! 
46.JPG
 
大しめ縄 
48.JPG
 
本殿は見えないので、写真を撮影 
50.JPG
 
大社全景 
52.JPG
 
広場でグルグル回し  バーバやママは、ジージの体力の方を心配しています。笑 
60.JPG
 
この子も、エルゴから飛び出しそうです。 
62.JPG
 
68.JPG
 
その後、出雲そばを頂き、帰路へ
途中、伯耆富士の大山を見上げました。 大山の山頂も、滅多に見えないのです。笑 
72.JPG 
少し運動をさせたお陰か、帰路について、約30分で孫達は就寝!
それから、3時間眠ってくれたので、家までノンストップで帰りました。笑 
 
以上
 
 






Last updated  2017.04.09 02:01:22
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.07
カテゴリ:旅行

12月最初の土曜日、寒さ厳しいが午後からは晴天になるとの天気予報だったので、丹波篠山を訪れました。

冬休みには帰ってくる孫達に観光や田舎体験などを経験させてやれるかと、下見も兼ねて、見て回りました。

紅葉が見ることができるかな?と微かな望みを持って、小さなお寺 洞光寺へ 

1.JPG

早朝の山門の周りには、木の葉掃除をしていた人達が、紅葉は2週間前がピークだったという話をして下さいました。 

3.JPG

池に映る紅葉の枝が美しい。 

5.JPG

僅かに、残っていた紅葉 

7.JPG

9.JPG

に映る青空が美しい。 

11.JPG

13.JPG

15.JPG

その後、菅官房長官も(「ふるさと再生」500億円の予算が付いた)訪れたという 丹波篠山の少し奥の「集落丸山」を訪れた。 時間は8時半を過ぎていたが、黒豆や草の上には、真っ白に霜が降りていた。 

気温2度 

17.JPG

現在、築200年位の民家が整備されて、2軒あります。 1軒で定員5名。 

19.JPG

21.JPG

春や秋には良いかもしれません。

23.JPG

部屋の内部の一部 

25.JPG

その後、紅葉も仏像もある「大国寺」へ 

27.JPG

この 5体の仏像は、藤原時代(平安時代後期)のものです。

中央の薬師如来は、珍しく大日如来のように宝冠を被っており、手の組み方(印相)は阿弥陀如来のようであり、 薬壺がある。三仏一身を表しているように見られている。

許可を得て、撮影しました。 

29.JPG

お顔の金箔が剝がれそうなので、埃を取るのも大変だそうです。 

31.JPG

33.JPG

脇侍 阿弥陀如来 

35.JPG

 もみじも枯れています。

37.JPG

その後、「お菓子の里」へ 

39.JPG

41.JPG

43.JPG

45.JPG

47.JPG

洋館も古民家も見学できます。 

49.JPG

その後、篠山城跡 大書院 と 周りの歴史博物館、古民家を散策する 

51.JPG

53.JPG

55.JPG

57.JPG

59.JPG

 武家屋敷 安間家史料館

61.JPG

63.JPG

水琴窟もありました 

65.JPG

67.JPG

青山歴史村 

69.JPG

印刷のもと、版木がたくさん壁に貼られていました。 

71.JPG

柿上人麻呂 

73.JPG

篠山商店街 

75.JPG

77.JPG

 洒落た現代の店もありました。

79.JPG

丹波歴史美術館   昼になると暑くなり、ダウンコートは腰巻になっています。

81.JPG

当美術館は、昔の裁判所です。 正面に座るのは良いのですが、手前には立たせられないように! 

83.JPG

以上 







Last updated  2016.12.07 12:43:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.