356989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

プリン・ア・ラ・モード

保証人・・・

ある会社で、父は同僚の借金の保証人になってしまった。そして、その人は夜逃げしてしまった。さて・・・・・ここからが人生の転落の始まり。
父は、借金の全額を身代わりに支払うことになりました。しかし、父にそんなゆとりもなく祖母に頼るしかなくなりました。このことがきっかけなのかどうか解りませんが、父はギャンブルに狂いました。

ポーカーゲーム・パチンコ・競馬・競艇・マージャン・・・・・
あらゆるギャンブルに手を出し、負け続けほんの数年で祖母の建てた家が借金のかたに消えてしまうこととなりました。差し押さえの怖い人が家にやってきて家中の家具や電化製品に紙を貼り付けてる記憶があります。女にも狂っていたようです・・・・

私の暮らしていた家には父方の祖母のほかに、祖母の父に当たるひいおじいさんが暮らしていましたが、私が中学校3年のある日、数え年の100歳で亡くなりました。それから、またどんどん状況が悪化しました。

私が高校受験に合格して公立高校に入学金を支払うというときになって、お金がないというようなことがあって、私はもう高校には行かないと言いましたが、そのことで父は私に言いました。「お前の高校の入学に際して、サラ金に手を出した。」高校なんて行かなくてもこのまま働いても良かったのかもしれない・・・・・

高校生になった私に父は、アルバイトを勧めそしてそのお給料をよくギャンブルにつぎ込まれた。高校を卒業する頃、私は交際してる彼氏がいて祖母はその彼を気に入っていて、その人と早く結婚して出て行きなさいと言いました。私は、高校を卒業して会社に入って1年も経たないうちにその彼と同棲・・・結婚に踏み切りました。。。。。

それでも、父の借金は膨れ上がる一方で収まることはありませんでした。今現在もその借金苦に悩み続ける父なのでした・・・・・
数年前、父の借金が一体いくらあるのか弁護士さんを立てたりしながら精算してしまう計画を実行したことがありましたが・・・それは単に一括してたくさんのサラ金で借りてる借金をローン会社が立て替えて高い利息をとって完済してもらい、その後一社にだけ返すだけと言うシステムでした。

その時は父はまだ他にも隠していたので500万円の新たな借金をして、サラ金の支払いをしました。しかし・・・・毎月の返済額は9万円・・・きちんとした収入のない父に払えるはずもなく・・・しかし・・・ここでまた大きな落とし穴に嵌る事件が起きました。

父の借金返済計画には、保証人がいるわけです・・・父のターゲットになったのは私です。旦那様と私に頭を下げて泣きながら、ちゃんとこれで返すからといい・・・私は断っていたのですが、旦那様は私の父親だからと言いここで父に情けをかけてしまいました。

さてさて!大変なことになってしまいました。旦那様は、私に気を使って保証人のはんこをおしてしまったのでしょう・・・・・ショックでした。旦那さまを責めることはできませんが、心を鬼にしてほしかった。

父がその返済を始めてまだほんの半年ほどだったかな・・・父は他にも隠してあった借金とその分の9万円との支払いにまた行き詰まりました。
そして、今度は自己破産を企て始めたのでした。その時点で、こっちの保証人の側に取り立ての電話がきはじめました。

父は、借金を支払う気がなかったらしく、また裁判でもして帳消しにしてしまうつもりだったらしいです。しかし、会社にも家にも我が家の方に取り立ての矛先が向いてから、旦那様が参ってしまってまだ支払いがこっちに来たというわけでもないころから、親子3人で心中しようと言い始めました。

私は、自分の父親の不始末で旦那さまを追い詰めていることに苦しくなり、辛い顔を見せないで借金返済に自分で何とかやってみようと動きました。父の弁護士さんに電話をかけて事情を聞いたり色々して、このまま父を自己破産させて楽に事を終らせるのはやめよう・・・そうされたらうちの旦那さまの精神面が持たない・・・・そう考えて弁護士さんに聞いてみたらやはり自己破産するよりも支払う方がいいに決まってるといわれ頑張って支払う決心をしました。

ここで、父と新しい母と我が家とは完全に決別しました。親子の縁を切ることに・・・・・その代わり500万円の借金はこちらで支払うことに決めました。保証人・・・怖いです・・・絶対になってはいけません。
祖母・妹・もちろん我が家も・・・そして、私の事情を知って友人の二人がお金を用立ててくれて、お蔭様で5年で支払う500万円・・・1年で返済しました。

友人にはもちろん、その後すぐにお金もお返ししました。この事件のとき思いました。。。やれば出来る・・・そして、お金なんてあれば他人のために使うだけで、自分達のものになんて決してなることはないんだなと・・・・


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.