000995 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

珈琲の淹れ方勉強中~コーヒーを楽しみたい~

PR

Profile


リューフ

Category

Recent Posts

Free Space

ランキングに参加しています。よければクリックお願いします

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2018年09月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​コーヒーを淹れるとき、

ヤカンでお湯を沸騰させる

ドリップケトルにお湯を移す

温度計で温度を計る

望む温度になったらドリップ開始

と言う手順でいつもやっています。

ドリップケトルに移す時点で水温が下がるので、温度計を入れた直後はだいたい95℃台をいつも示します。

タニタ デジタル温度計

今回もいつもどおり、ヤカンからお湯を移して温度計を突っ込むと…

94℃ちょいしかありません。

いつもの95℃ちょいより約1℃低い。

あれ?

なんでだろう?

僅かな差といえばそれまでですが、今まで見たことのない数字だったので気になりました。


ドリップケトル自体が冷めていた?

いえいえ、いつもどおりの常温でしたし、気温が特に低いという事もない。

原因は…推測ですが台風24号かなと。


有名な話ですが、山の上など標高が高いところに行くと、水が沸騰する温度が下がると言う話があります。

気圧の減少が原因ですね。

山には登っていませんが、この時台風24号がぐんぐん接近中でした。


台風が近づけば気圧が下がる。

気圧を測ってみると、台風の接近に伴い、この時点で気圧は976.9hPa。


普段は約1013hPaなので、かなり下がっていました。

便利なサイトで計算してみると、976.9hPaでの沸点は98.98℃。普通の沸点100℃から約1℃下がる結果になり、今回の水温差と近似しました。


素人が手持ちの道具でやった事なので、細かい数字に信頼性はありませんし、他の原因かもしれません。

でも、コーヒーを淹れていて、台風の接近を実感するのも面白いなーと思った出来事でした。

読んでいただいてありがとうございました。
ランキングに参加しています。よければクリックください。

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


ラドウェザー LAD WEATHER センサーマスター3

丈夫でアウトドア利用に重宝しています。​この手の多機能なアウトドア時計にしては、安価なので使いやすいです。






Last updated  2018年09月30日 20時02分01秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.