091339 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Cardlogy ~ダークな部屋~

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Favorite Blog

オムサットのカード… オムサットさん
鉄道模型Nゲージを極… Shinkansenさん
認定のブログ りっちー0147さん
ソニー教 SONY信者様 (ソニーが一番です。ソニーを買わない人の気が知れません。)さん
ARONEnet3 ARONEnet3さん

Comments

乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/wsc8lxb/ 今…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
ダル伊藤@ ズ ル ム ケ自慢の奴涙目w 包.茎の方がピストンしてる時に、皮がこ…
ニキビ侍@ ありがとう!!!!!!! 顔見てるだけでもギンギンでミルク発射し…

Headline News

全8件 (8件中 1-8件目)

1

遊戯王談話

2007.02.19
XML
カテゴリ:遊戯王談話
◆新禁止カード

ヴィクトリー・ドラゴン(→制限)
聖なる魔術師(→制限)
デビルフランケン(→無制限)
魔導戦士 ブレイカー(→制限)
天使の施し(→制限)
遺言状(→制限)

◆新制限カード

E・HERO エアーマン(→無制限)
N・グラン・モール(→無制限)
冥府の使者ゴーズ(→無制限)
オーバーロード・フュージョン(→無制限)
強奪(→禁止)
次元融合(→無制限)
連鎖爆撃(→無制限)
ハリケーン(→準制限)
封印の黄金櫃(→無制限)
マインドクラッシュ(→無制限)

◆新準制限カード

D.D.アサイラント(→制限)
闇の仮面(→制限)
突然変異(→制限)

◆新制限解除

お注射天使リリー(→制限)
ネフティスの鳳凰神(→制限)
ならず者傭兵部隊(→準制限)
成金ゴブリン(→準制限)


まぁ予想と比べて結果としてはぼちぼちで。



では、新制限考察。

まず禁止カード。予想通り【デビル・フランケン】の禁止は妥当。【魔導戦士 ブレイカー】の禁止は意外であった。このカードの禁止により最初のセットでロック系カードをはずしにくくなったという面もでてきた。【天使の施し】の禁止により暗黒界は使いにくくなった。【遺言状】は1KILLにも多様されているのでまぁ妥当といえば妥当なところだろう。

微妙なのは【聖なる魔術師】の禁止。このカードの禁止により【見習い魔術師】の選択肢が減った。また、魔法カードを手札から安易に加えられるカードでもあったので墓地から魔法カードを回収しづらくなったという面もある。

次に制限カード。まぁ大体は予想していた結果になった。【次元融合】【E・HERO エアーマン】の制限化によってDブレは壊滅する結果となった。【マインドクラッシュ】はダストマイクラコンボの流行りからであろうが【E・HERO エアーマン】が制限にかかった点、ガジェットの無制限からかかる理由があまりないと感じた。【オーバーロード・フュージョン】は1KILLではよく見かけたためか規制がはいった点にも注目。

次に準制限カード。【ネフティスの鳳凰神】の無制限化、【突然変異】の準制限化によって、【サイバー・ツイン・ドラゴン】の出現率は大幅上昇した。【D.D.アサイラント】の準制限化によってホルス系を除外させやすくなった点にも注目。

最後に新無制限化カード。注目なのは先ほど挙げた【ネフティスの鳳凰神】そして【お注射天使リリー】である。【ネフティスの鳳凰神】無制限化によりネフロードは飛躍する。また【お注射天使リリー】はライフコストこそ高いものの対ホルスや一時的壁的存在として使用される可能性あり。



次に、2007年3~8月までの主流デッキ、メタデッキ、ダークホースは以下の通り(あくまでも管理人の予想です。参考程度に)


☆主流


★ガジェット

前環境と比べ被害は少なく、同時に【マインドクラッシュ】の制限化によって使いやすい。また、このデッキ自体多変化が可能という点にも注目。ただし、このデッキが流行ることでホルスデッキは天敵となる点に注意。

★暗黒界

【天使の施し】の禁止、【冥府の使者ゴーズ】の制限化により、ダークゴーズは壊滅した。【天使の施し】が消えたことは非常に大きいが、専用カードに加え【生還の宝札】や【デンジャラスマシン TYPE-6】【リグラス・リーパー】等を駆使すればまだまだ現役でいけそうだ。

★ネフロード

【ネフティスの鳳凰神】の無制限化によって飛躍すると予想。攻撃や除外以外では復活できるという点、また【ネフティスの導き手】で安易に特殊召喚することができるのも強み。【見習い魔術師】を中心とした見習い型、【ピラミッド・タートル】を中心としたアンデット型の2タイプが主流となりうる。

★サイカリバー(アサイカリバー)

【D.D.アサイラント】の準制限化、【死霊騎士デスカリバー・ナイト】の放置という点からの予想。特にガジェットの天敵である【死霊騎士デスカリバー・ナイト】を3枚投入可能なのが強み。また、サイドデッキも組みやすく多変化できる点も評価できる。

★天魔神

【天使の施し】こそ規制されたものの【天魔神 エンライズ】【天魔神 ノーレラス】の両者は放置。リクルーター系をうまく利用すれば召喚しやすい。

★帝

【風帝ライザー】登場により出くわす可能性あり。今後の帝デッキの主流は『氷:雷:風=3:3:3』になりそうだ。またこちらも多変化が可能であり、次元帝はメタデッキとして登場しそうだ。


☆メタデッキ


★ロック系(→ほとんど全てのデッキ)

こちらはお馴染みであるロック系だが、【魔導戦士 ブレイカー】の禁止はありがたい。サイドで対策されやすいがそこは腕の見せ所。

★ホルス(→ガジェット)

今回の制限改正によって一番流行りそうなガジェットを抹殺するために出くわす可能性あり。ロックしてしまえばほぼ勝ちである。ただし【D.D.アサイラント】の準制限化、【ならず者傭兵部隊】【お注射天使リリー】の無制限化により倒されやすくなった点も注意。

★次元帝(→ネフロード、暗黒界、天魔神)

【ネフティスの鳳凰神】の制限解除、天魔神の普及によりメタデッキとして登場する可能性あり。【火之迦具土】が投入されている可能性も十分ある。また【天使の施し】の禁止により【八俣大蛇】によるドロー強化型も増える可能性も予測できる。


☆ダークホース


★地属性ヒート

【巨大ネズミ】から特殊召喚できるモンスターは多種多様で【お注射天使リリー】との相性も抜群である。また、バブーンデッキに【お注射天使リリー】や【地獄の暴走召喚】を投入した型のデッキが登場する可能性あり。ただし【お注射天使リリー】は魔法使い族であることに注意。

★ハーピィ

【ハーピィ・クィーン】の出現でさらにまわしやすくなった。【ハーピィ・クィーン】はルール上の【ハーピィ・レディ】でなく、フィールド上、墓地に存在するときなので、その他のハーピィモンスターと組み込むことができ、【ヒステリック・パーティー】で特殊召喚することも可能なカードなので、事実上【ヒステリック・パーティー】でフィールド上をMAXにでき、1KILLも可能となる。その他風モンスターを投入すれば意外に活躍できる場面もある。

★バニラ

今回の制限改正により、デッキ内の☆4以下のモンスターの平均攻撃力が下がったと推測される。しかしながらこちらのデッキは攻撃力は2000と1900が揃っているので力負けをすることは少ない。ただし【死のデッキ破壊ウィルス】には注意しなければならない。



最後に2007年3月以降の環境で特にサイドデッキを構築する際に使えそうなカードをピックアップする。


★王宮のお触れ

これは前環境以前の時と同じ。サイドデッキ必須カード(スィッチ型の例外を除く)

★霊滅術師 カイクウ
★閃光の追放者
★D.D.クロウ
★収縮
★次元の裂け目
★奈落の落とし穴
★マクロコスモス

いずれも主に対ネフロード対策。今回の改正により【ネフティスの鳳凰神】【ヴァンパイア・ロード】の出現率は大幅にアップする可能性もあるため、対策を練っておいた方がよい。【収縮】【奈落の落とし穴】はメインデッキとして使用しても活用しやすいのも強み。

★魔法効果の矢
★ツイスター

こちらは対ロック用で前環境でも使用されていた。今回も同様。




以上で考察は終了。では×2






Last updated  2007.02.19 13:24:34
コメント(67) | コメントを書く
2007.01.21
カテゴリ:遊戯王談話
大変遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もサイトとともによろしくお願い申し上げますm(__)m




さて、そろそろ制限改正まで1ヶ月くらいとなりましたね。というわけでテスト勉強そっちのけで次回制限予想~♪(パチパチ


…といってもカード触ることが少ないので抜けてるものも多いかと思われますが。


では根気よくいってみよ~☆



★追加禁止カード予想


●デビルフランケン

→まぁ一言で言えば消えろと言うことですわ。あれだけは放置プレイなしでしょ!?

●ヴィクトリードラゴン

→ん~こいつはどっちでもいいような気もするが…。

●次元融合

→デビルフランケンと同様、なかなかうざいカード。

●破壊輪

→個人的には好きなんですけどねぇ。でも客観的にみたら禁止レベルに達していますね。


★追加制限カード予想


●カオス・ソーサラー

→可能性は0に近いけど帰ってきて欲しいな~ってやつ。

●冥府の使者ゴーズ

→こいつはなるんじゃないかなと思います。うん、てかうざいカードの1つっていいたいだけだけど。

●封印の黄金櫃

→2ターン待つだけでどんなカードも引っ張ってこれるなんて夢カード。制限にかからないはずないよね!?

●モンスターゲート

→早いターンで高レベルモンはやっかい。特に混沌の黒魔術師とかでた日にゃもう…。

●名推理

→上記と同様。

●オーバーロード・フュージョン

→こいつは悪用されすぎだ。

●ダスト・シュート

→『ダスト・シュート+マインドクラッシュ』お疲れ様です。

●マインドクラッシュ

→上記と同様。

●刻の封印

→別に制限でも無問題じゃね!?って感じだけど。

●魔のデッキ破壊ウィルス

→暗黒界が普及したために使いやすくなったという点から。


★追加準制限カード


●E・HERO エアーマン

→まぁこやつはとりあえずかかってもらいましょうか。

●N・グラン・モール

→まぁ無条件に近い感じで手札に戻せるのは脅威。

●キメラテック・オーバー・ドラゴン

→まぁこの辺が妥当。

●サイクロン

→ロック撲滅にご協力を。

●地砕き

→ノーコストで発動できるから?まぁ別に3枚でもいいけど。



ってな感じですね。まぁ今度出るパックがなければカオス・ソルジャー -開闢の使者-に戻ってきて欲しいなぁという願望もあったにはあったのですが…無謀。






では×2






Last updated  2007.01.22 01:22:24
コメント(5) | コメントを書く
2006.09.02
カテゴリ:遊戯王談話
ネクロフェイスの第2の効果についてだが、やはりニードルワームと同じ捕らえ方でよいことが判明。知らなかった人、以後注意を。

これによって対策カードが若干増えるのでは、と感じる。前回例に挙げた『無謀な欲張り』『死者への供物』の他、『リバースソウル』もいいかと。



以下、ネクロデッキ破壊の対策カードを自分なりにまとめてみた。



シモッチによる副作用

魂吸収で回復してきたときにチェーンして発動するのがベスト。永続罠なのでその後ネクロフェイスを除外し辛くすることができる。ミラー戦でも使用可能。


封魔の呪印

封印の黄金櫃にチェーンできればとてもよい。ネクロデッキ破壊は除外方法がいくつかあるが、デッキから除外できる封印の黄金櫃を除外できたらデュエルを有利にすすめれる。


無謀な欲張り

デッキ枚数が2枚以上5枚以下のときに発動したいところ。メタモルポットなどドロー系で攻められると終わりだが、ニードルワーム、ネクロフェイスの効果には耐えられる。ただし、2ターンしかもたない。


リバースソウル

デッキ枚数を増やすために存在する、が1枚しか戻せずさらにリバース効果のついているカードでなければならないので使いにくい。ネクロフェイス、ニードルワームでデッキが0枚になったときに使用したいところ。


死者への供物

こちらもドローフェイズスキップのための時間稼ぎにしかならない。ただし、ネクロフェイスを除外される前に魂を喰らう者 バズーを破壊するという手もある。こちらもネクロフェイス、ニードルワームでデッキが0枚になったときに使用したいところ。


王家の財宝

2枚以上で使用したいカード。王家の財宝→王家の財宝という風にくるくる回すことができれば、メタモルポット、手札抹殺などのドロー系以外の方法でデッキ切れを起こすことはなくなる。発動タイミングはデッキ枚数が0枚のとき、かつ墓地に王家の財宝が1枚以上存在するときに相手ターンのエンドフェイズに発動→ドローしたあと王家の財宝の効果で王家の財宝を手札に加える→王家の財宝をセットを繰り返せばよい。


ライフチェンジャー

魂吸収でライフに差が出てきたときに発動すればよい。その後、D.D.ダイナマイト(バーン系)、シモッチによる副作用を発動できればなおgood。


D.D.ダイナマイト

除外枚数が27枚以上で8000ライフ削り取ることが可能。ライフチェンジャーのあとに使用できれば神の宣告以外でとめようがないはずだ。バーンデッキならばなお投入しやすいといえる。



以上が思いついた対策カードである。しかしながら、ほとんどのカードがネクロデッキ破壊以外では使用しづらいという欠点がある。



では×2






Last updated  2006.09.02 02:51:07
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.31
カテゴリ:遊戯王談話
最近ネクロ型デッキ破壊ってやつが増えてるけど最近気になることがある。それは、

ネクロフェイスの効果でデッキを0枚になり、その上にまだ捨てなければならない場合は負けになるのかっていうこと。

例えば、相手のデッキ枚数が4枚のときにネクロフェイスの効果で5枚除外されたとしてもそのターンは負けないのでは?ということ。何故そう考えるか。それはニードルワームの効果などでカードがなくなってもその時点では負けにはならない、という裁定があるからだ。ネクロフェイスの5枚除外効果はニードルワームの効果に『除外』というものがついただけ。さらにここで勘違いしてはいけないのがメタモルポット等のようなドロー効果でないということ。ドロー効果の場合は引けなくなった時点で負けとなるが、デッキからカードを墓地に送る、捨てる、除外する等はその時点で負けにならないはずである。

このような場面を前回の某非公認大会で何度か見ている。しかもお互いのデッキ枚数が5枚以下だったので何度か引き分けにしていたのである。私は元デッキ破壊愛用者であったためそこはおかしいと指摘したが、皆『引く効果と同様』と考えているらしく何度か引き分けにもつれこみ、時間がかかっていた。

また、この効果で即負けになるのと次のターンのドローフェイズで負けるのとで対策カード等が増える。ダメージステップ時には使用できないが『無謀な欲張り』がいい例だ。相手がネクロフェイスを除外し、ネクロフェイスの効果発動時にチェーンして無謀な欲張りを発動すれば、ドローしたあとネクロフェイスの効果が発動するため、その後ドローフェイズが2ターンスキップされ粘ることが可能である。また、『死者への供物』もドローフェイズをスキップできるので有効である。

以上の観点から、ネクロフェイスの効果でデッキを0枚になり、その上にまだ捨てなければならない場合は負けにならないはずである。



追記:

どうでもいいことだけど前回の非公認大会はわずか4ターンで私のトーナメント終了。1セット目は相手後攻でハリケーン、抹殺の使徒、デビル・フランケンでサイバー・ツイン・ドラゴン特殊召喚。リミッター解除で終了。2セット目は神の宣告、イエロー・ガジェットをセットしていたが、ハリケーン、デビル・フランケンでサイバー・エンド・ドラゴン特殊召喚、ダメージステップでリミッター解除発動で没。岡山に帰る前の大会で4ターン終わりはむごいぜ、兄さん。。



では×2






Last updated  2006.08.31 20:35:11
コメント(4) | コメントを書く
2006.08.20
カテゴリ:遊戯王談話
VJでリスト公開されたので解答編。

まず、期待の新カードは以下の8枚です。

古代の機械巨竜
古代の機械合成獣
古代の機械工兵
機動兵士デッドリボルバー
古代の整備場
古代の機械戦車
古代の機械爆弾
古代の機械掌

とくにお勧めなのはガジェットデッキに使えそうな古代の機械合成獣。☆6で、生け贄に捧げたがジェットの色によって効果を得るという能力をもっている。攻撃力も2300となかなか使える。

さて、採録カードは以下の32枚

メカ・ハンター
グリーン・ガジェット
レッド・ガジェット
イエロー・ガジェット
キャノン・ソルジャー
機動砦のギア・ゴーレム
強化支援メカ・ビーウェポン×2
古代の機械巨人
古代の機械獣
古代の機械兵士
古代の歯車×2
古代の機械砲台
古代の機械工場
古代の採掘機
古代の機械城
サイクロン
リミッター解除
大嵐
エネミーコントローラー
ウェポンチェンジ
機械複製術
貪欲な壺
機動砦ストロング・ホールド
血の代償
炸裂装甲×2
ミクロ光線
レアメタル化・魔法反射装甲
援護射撃
ゲットライド!


ガジェット系、貪欲な壺の再録はいいかと。あとは炸裂装甲もなかなか。さて解答編


○メカ・ハンター
×バトルフットボーラー
○古代の機械巨人
○古代の機械獣
○古代の歯車×2
○古代の機械兵士
○古代の機械砲台
○強化支援メカ・ヘビーウェポン
○イエロー・ガジェット
○レッド・ガジェット
○グリーン・ガジェット
×ルーレットボマー
○機動砦のギア・ゴーレム
○大嵐
×早すぎた埋葬
○ウェポンチェンジ
×磁力の召喚円 LV2
○古代の機械工場
△古代の機械城×2
×機械改造工場
○リミッター解除
×リロード×2
×クロス・ソウル
×リビングデッドの呼び声
○レアメタル化・魔法反射装甲
×時の機械-タイム・マシーン-
×強制脱出装置×2
○血の代償


19/32なので約60%ですね。まぁまぁ当たってたのでよいかと。モンスターはなかなかよかったのですが、魔法・罠がボロボロです(汗



では×2






Last updated  2006.08.20 01:10:24
コメント(2) | コメントを書く
2006.08.09
カテゴリ:遊戯王談話
機械の叛乱の新カードが3枚判明したそうなので、ぢぃさんに便乗して予想(笑

とりあえず、以下3枚新カード。

《古代の機械巨竜/アンティーク・ギアガジェルドラゴン》
地属性 機械族 ☆8 ATK3000 DEF2000
このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。このカードを生贄召喚した時に以下のモンスターを生贄にした場合、このカードはそれぞれの効果を得る。
グリーン・ガジェット:このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
レッド・ガジェット:このカードが相手モンスターと戦闘を行った時、相手ライフに400ダメージを与える。
イエロー・ガジェット:このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、相手ライフに600ポイントダメージを与える。


《古代の機械工兵》地属性 機械族 ☆5 ATK1500 DEF1500
このカードは罠カードの影響をうけず、このカードを対象とする罠カードを破壊する。
このカードが戦闘により相手モンスターを墓地に送ったとき、フィールド上の魔法・罠を1枚破壊する。
このカードが攻撃する際、相手プレイヤーはダメージステップ終了時まで魔法・罠を発動することができない。


《古代の整備場》通常魔法
自分の墓地に存在する『古代』と名の付くモンスターカードを1枚選択し、手札に加える。



さて、予想予想♪

新カード8枚を除く32枚を予想。


★モンスター 14枚

メカ・ハンター
バトルフットボーラー
古代の機械巨人
古代の機械獣
古代の歯車×2
古代の機械兵士
古代の機械砲
強化支援メカ・ヘビーウェポン
イエロー・ガジェット
レッド・ガジェット
グリーン・ガジェット
ルーレットボマー
機動砦のギア・ゴーレム

★魔法 12枚

大嵐
早すぎた埋葬
ウェポンチェンジ
磁力の召喚円 LV2
古代の機械工場
古代の機械城×2
機械改造工場
リミッター解除
リロード×2
クロス・ソウル

★罠 6枚

リビングデッドの呼び声
レアメタル化・魔法反射装甲
時の機械-タイム・マシーン-
強制脱出装置×2
血の代償


ま、こんな感じかな~。機械っぽいカードばっか揃えてみたw『叛乱』っていうくらいだからいっぱいカード出せないとね☆

モンスターはとりあえずストラクには1、2枚の通常モンスターが入っているから今回はメカ・ハンター、バトルフットボーラーを選択。効果モンスターはガジェット系、古代系は1枚、多くても2枚入ると予想。強化支援メカ・ヘビーウェポンは強化系、その他の2枚の機械族の選択については魔法のとこで説明する。

次に魔法。こちらも古代系カードは1、2枚封入されているとして、ウェポンチェンジはバトルフットボーラー、そして先ほどのその他の2枚のカードが特に恩恵を受ける。その他は制限カード、そしてKONAMIの大好きなリロードを加えた。クロス・ソウルは何となく予想だが、前回のストラクでゲーム系カードを結構封入してきたので今度は旧ストラクに入っていたカードを1枚予想。

最後に罠。少なめなのは新カードに罠カードが2、3枚封入されると予想しているからである。レアメタル化・魔法反射装甲はともかく、何となく機械っぽい強制脱出装置、時の機械-タイム・マシーン-も予想。


これにて予想終了でぃ!w



では×2


追記:最近鳥取に帰りました☆






Last updated  2006.08.09 20:01:18
コメント(4) | コメントを書く
2006.08.01
カテゴリ:遊戯王談話
とりあえず、昨日の夜中にジャンプを購入しました。もちろん目当てはE・HERO オーシャンです。それだけのために7冊も買うというバカっぷり。まぁこれは後に4枚は交換用に使えると思われ。前回ダンディライオンのときは8冊購入し、見事に5枚を欲しかった物(サイバー・ドラゴン等)を手に入れれました。今回もうまくいく…のか?

さて、E・HERO オーシャンの能力を。


E・HERO オーシャン

☆4 水属性 戦士族 ATK1500 DEF1200
1ターンに1度だけ自分のスタンバイフェイズ時に発動する事ができる。自分のフィールド上または墓地から「HERO」と名のついたモンスター1体を持ち主の手札に戻す。


E・HEROの部類でもかなりいい効果を持ったモンスターではないでしょうか。今後VJについてくるE・HERO エアーマンとセットに使えば、ガジェットなみに回せるかも。てか、D・HEROも使えるのでほんとにやばいかも。デッキ研究のしがいがありそうです。

今度のVJについてくるカードは↓(予定)

E・HERO エアーマン

☆4 風属性 戦士族 ATK1800 DEF300
このカードの召喚、特殊召喚に成功した時、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分フィールド上に存在するこのカードを除く「HERO」と名のついたモンスターの数まで、フィールド上の魔法、罠カードを破壊する事ができる。
●自分のデッキから「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。


ちょっとどこよりも早くデッキレシピの先行配信(ホントかよ


★総デッキ枚数:40枚

●モンスター 15枚

氷帝メビウス、サイバー・ドラゴン×3、E・HERO オーシャン×3、E・HERO エアーマン×3、
E・HERO ワイルドマン×3、魔導戦士 ブレイカー、異次元の女戦士

●魔法 16枚 

天使の施し、大嵐、サイクロン、早すぎた埋葬、地砕き×3、抹殺の使徒×2、収縮×3、貪欲な壺、
強奪、増援、戦士の生還

●罠 9枚

激流葬、炸裂装甲×3、聖なるバリア-ミラー・フォース-、神の宣告×3、奈落の落とし穴


ガジェットっぽくし、罠型にしたバージョン。増援、戦士の生還を複数いれるかどうか迷うところだが、貪欲な壺もあるし、E・HERO エアーマンもいるので問題ないかと。E・HERO エアーマンの効果でE・HERO オーシャンをデッキから手札に→E・HERO オーシャンの効果でE・HERO エアーマンをフィールドから手札に→E・HERO エアーマンの効果でE・HERO ワイルドマンorE・HERO オーシャンを手札にを繰り返すのが理想…?


もう一つ。かなり似ているがこちらは少しえぐい。。

★総デッキ枚数:43枚

●モンスター 14枚

氷帝メビウス、サイバー・ドラゴン×2、E・HERO オーシャン×3、E・HERO エアーマン×3、
E・HERO ワイルドマン×3、魔導戦士 ブレイカー、異次元の女戦士

●魔法 20枚

天使の施し、大嵐、サイクロン、早すぎた埋葬、地砕き×3、抹殺の使徒×2、収縮×3、貪欲な壺、
強奪、増援×2、戦士の生還、地割れ×2、ハンマーシュート

●罠 9枚

激流葬、リビングデッドの呼び声、神の宣告×3、聖なるバリア-ミラー・フォース、ヒーロー・シグナル×3


こちらはヒーロー・シグナルを使いさらにモンスター切れを起こさないように作られたデッキ。デッキは43枚とあるが、モンスターを持ってこれるカードが多いのでそこまで気にならないはずだ。モンスター切れを起こしにくいのはガジェなみ、攻撃力はガジェ以上ときた。



ただ、問題なのはE・HERO エアーマンがVJ10月号であるため、通常手に入るのは8月21日以降。つまり制限改正までの10日間しか使えない(汗)まぁ出たばかりなので、上記の2枚は制限にかかることはないと思われ。




では×2






Last updated  2006.08.01 01:45:47
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.25
カテゴリ:遊戯王談話
最近ガジェットデッキの枚数は40枚より多い方がいい、と意見をきくことがある。しかし、私のデッキ倉庫に入っているガジェットデッキの枚数は40枚に揃えている(2006年6月25日現在)「何故40枚なの?」と言われる前にその理由を明白にしておこうと思う。

ガジェットデッキの枚数で40枚以外で代表的な枚数は42枚。私としては2枚追加することによって何が変わるのかがよくわからない。「40枚だとデッキ切れを起こしやすい」と何度か聞いたことあるけど、罠ガジェを使っていて普通にデッキ切れを起こしたことは今までに一度も無い。私としては42枚にすることで回転が若干でも落ちるのではないか?と考える。まぁガジェット自身がデッキ圧縮するからそこまで落ちるとは思わないが、デッキ枚数は出来るだけ軽い方がいいと私は思う。

キメラガジェ1KILLのデッキ枚数も42枚が多い。まぁ1KILLならばデッキ切れを起こす可能性はなくもない。

しかし、私としては1KILL率を上げるためにも40枚にした方がよいと思う。候補としては42枚のデッキでよく見かける『死のデッキ破壊ウィルス』。全否定するわけではないが1KILLに必要かどうかといわれると私としては必要ないかなって思う。デビルフランケンを消すためにも使われると考えればよいのかもしれないが、ハリケーン、巨大化、デビフラ、モンスター破壊系カードがあればクリボー等で邪魔されない限りは1KILLができるわけだから私のデッキ倉庫には載せていない。サイドデッキに死デッキ、中華なべを入れるのはよいかもしれないが。


結論として、私としては「若干デッキ回転が遅くなる」と思う。まぁカードをカットするときに2枚余分になるから、って言うのもあるが(汗



では×2






Last updated  2006.06.25 13:16:47
コメント(3) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.