ベル姉の鯉する日常ときどき妄想

珈琲館通り

灯り
珈琲館通り



くちひげがご自慢の

この店のマスターは

いつもコーヒー入れる前に

2~3度撫でる

いつから伸ばし始めたのか

常連も知らない

ツケといて と言って帰るアイツに

アイヨと笑ってこたえる

病気なんだよホント マスターのお人好しは





気にっ入ってた長い髪を

バッサリ切って

あの娘がやってきた どしゃ降りの日

おせっかいな野郎どもが

理由(ワケ)を聞くけど

気が向いただけと笑って 砂糖抜きのコーヒー

「早く忘れろよ」なんて

マスター ほらまた 泣かせちまったじゃないか




不器用なだけがとりえの 一文無したち

色あせた夢を 後生大事に抱き続ける

徹夜明けの灰皿と カラになったボトルを

ひとり片付けながら くちずさむ

ひと昔まえの流行り歌

誰かが言ってた

マスター みんな アンタの 背中が好きだと



戻る



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.