ベル姉の鯉する日常ときどき妄想

聖夜の前に

天使

聖夜の前に





最初の天使は


錆びかけた非常階段

安アパートの

4階の窓の外に降りていた




夜勤に向かう夫に

キスをする妻は


ゆりかごの中の

赤子の泣き声に


微笑みは向けたが


その泣き声が

訪問者を知らせている

とは知るよしもない



ただ、今夜も

なにごともなく

過ぎますように


聖夜の前だから





2番目の天使は


石畳に足を

とられた老女の

背中をやさしく抱いていた


ぼろぼろのマフラーは

息子から貰ったもの

あれから何年も経ったのに

今年の贈り物と信じている



ただ なにごともなく

暮らしていますように


それだけが彼女の祈り



翼をもつ者よ

それを届けてください


聖夜の前だから






3番目の天使は


「Closed」の看板が風に

打ちつけられる

灯りの消えたバーの

カウンターに酔いどれる

男の前に降りていた


すべてを失ったと

自嘲する彼に

白い翼は見えないか


ほのかに

光る

小さな希望は見えないか


少し顔を上げて

一瞬でも前を向けば


見えるはず




微笑む


まだ実はそばにいた

彼のマリアがいることを






今日は



聖夜の





聖夜の


前だから



天使



戻る




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.