ベル姉の鯉する日常ときどき妄想

アブ・デカ☆うっちー&べっちー・3

K視庁から指名手配の写真が回ってきた。

「東京で暴れてる連中だね」とウッチーが言った。
「こいつはいつでも関西弁丸出しだがな」とオレは写真の顔に指を弾いた。
ガタイは大きいが脳○そはそれに反比例している。走れないディフェンスも弱いので
ただ丸たんぼうを振り回すだけだ。
それでも東京の組に属しているというだけで取り巻き連中がおだてているのだ。
「こっちの男は?ベッチー」と2枚目の写真を見てウッチーが聞いた。
「こいつはアホだ」
「は?」
「なにかっていうとケツを見せたがるアホだ」
「え~~変○なの?!」
「こういう組が日本で一番勢力を持ってるんだぜ、許せるか?」
おまけにここは大金持ちだ。組長はボンボンだが、黒幕が食えない爺ィなのだ。
ここの手入れを今度オレたちが任せられるらしい。
オレは前回猛牛組への手入れの際、力み過ぎて不本意な内容だった。
アドレナリンの出しすぎだ(爆)
しかし、正月に呼ばれた新年会(@広島ホームTV)で、オヤマンさんの「押さえに出てきたのにピンチをつくったときアドレナリンが出ます。ハイ(汗)」てのは
ちげーだろ(笑)タカヒロ(通称タカ)さんに至っては「まだ2アウト
なのに勘違いしてボールを1塁コーチに渡して帰ろうとしたときにアドレナリンが出ました」ってのはもっとちげーだろ(笑)
オレは「いつでもです!」と答えたがセーブするのも勉強だ。
だがオレの今年の目標は「吠える!」だからな。コイツを忘れたらオレらしくない。
それから今夜のひろしまTVすすぬすぽーつげんきまる「今週の監督の喝」のところにオレを勝手に入れんな!
オレとウッチーが住んでるアパートの管理人のB姉さんが怒っている。
姉さんは韋駄天フクちゃんのファンなので彼のインタビューは喜んでいた。
フクちゃんの「スタメンに自分の名前が出ているのを見るのが一番嬉しいです」という言葉に
はらはらと涙を流していた。
行かず後家の姉さんはオレらの活躍だけが生きがいなのだ。







ばしっ!
(痛ぇ~~!な、なんだ?)


そんなことはどうでもいい。
今日はハセのアニキクロの兄さんの豪華リレーでまたもや勝利し、チマタでは早くも春の椿事と
言われ始めた。
まったく一般市民は勝手なもんだ。負けりゃ文句言われるしどうすりゃいいんだ?
しかしオレはそんなことかまってるヒマはないんで今度の出入りは命がけでつっこむぜ!





「ベッチー、なに一人で興奮してんの?今回はボクの出番が少ないなぁ。
ま、いいや。ねぇ久しぶりにゲームしない?」



    つづく


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.