2106306 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

加藤浩子の La bella vita(美しき人生)

March 7, 2010
XML
カテゴリ:
 小説は好きなのですが、読む分量はささやかなものです。「時間がない」というのが(おろかな)いいわけでしょうか。つい仕事関係の資料とか、「役に立つ本」(=味気ない本)を優先させてしまいます。
 たまに気分転換に、気楽なものを読むくらいでしょうか(最近だと小川糸さんの「食堂かたつむり」とか。これはほんとの息抜きでした)。こんなに手早く、別の世界に連れて行ってくれるものはないのにね。
 
 久しぶりに、別世界に連れていってもらいました。
 川上弘美さんの「真鶴」(文春文庫)です。

 川上さんは、かなり幅広いファンを持つ作家ではないでしょうか。
 玄人筋?の評価も高いし(受賞歴の多さよ!)、女性ファンも多いようです。
 異界とこの世を行き来するような内容が、川上文学の大きな特徴ですが、そうでないものももちろんあり、代表はベストセラーになった「センセイの鞄」でしょう。
 個人的には、異界に連れて行かれるような内容のものは得意ではなかったのですが、その路線をきわめたともいえる「真鶴」は、おもしろく読むことができました。
 夫に失踪された女性が、真鶴半島で「幽霊」に導かれる経験を繰り返すうちに、自分を取り戻していくという物語です。

 「幽霊」とのかかわりのくだりが、よく理解できたわけではありません。
 なによりすみずみまで呼吸しているような文章が、ここちよかったのです。
 短いけれど余韻があり、やわらかくて、墨絵のようでいて色があり、深い。
 読んでいるというより、文章をさわったり嗅いだりしている気分を味わいました。
 著者はたしか俳句をよくしたと思いますが、そのあたりの経験もとても生きているのだろうと思います。

 描かれているのは、狂気に近い状態ではないかと思います。けれどそれをそう感じさせず、やさしい目線で治癒の過程を描く。手まひまをかけながらそれを感じさせない自然な味の出汁を使った料理のような、心地のよい後味が残りました。






最終更新日  March 8, 2010 11:23:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


CasaHIRO

フリーページ

コメント新着

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.