2396292 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

加藤浩子の La bella vita(美しき人生)

September 7, 2020
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ご好評をいただいている、朝日カルチャーセンター新宿のオンライン講座。
 
 今月17日は、プッチーニの傑作オペラ「トスカ」をテーマにお話しさせていただきます。

 スリリングなストーリーと、ドラマティックで美しい音楽で、絶大な人気を誇る「トスカ」。アリアをはじめ、聞きどころも盛り沢山なので、何も考えなくても楽しめるオペラです。

 けれど、よく見ると、「トスカ」は実によくできているオペラなのです。
 特に見過ごしがちなのが、歴史的背景。「トスカ」は、「1800年6月17日」の出来事だと、台本に指定されています。そんなオペラは、おそらく他にありません。
 なぜ、1800年6月17日なのか?そこには、ナポレオンの第二次イタリア侵攻という、歴史的な必然があるのです。
 なぜ、冒頭で脱獄してくるアンジェロッティは「政治犯」なのか?
 なぜ、カヴァラドッシは「ナポレオン軍の勝利」の知らせに躍り上がり、「勝利だ!」と叫んだのか?
 なぜ、トスカは、この時点でローマの劇場で歌っていられるのか?そしてなぜ、信心深く嫉妬深いのか?
 このようなことは、(主にサルドゥの原作に指定されている)歴史的背景を探ることで、クリアになります。その結果、おなじみの「トスカ」の世界が、グッと身近になるのではないでしょうか。

 「トスカ」の舞台はすべてローマに実在しますが、その場所の写真や、現場で撮影された名アリアの歌唱もお楽しみください。

 詳細、お申込みはこちらから。

 ​朝カルオンライン 「トスカ」






最終更新日  September 7, 2020 03:14:14 PM


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


CasaHIRO

フリーページ

コメント新着

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.