479342 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

In My Life

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

ミュージック・ライフ

2018年02月15日
XML
昨日は鉾田市中央公民館にて音楽サークルの定期練習。そこにはじめてヴァイオリン・ベースを持っていった。今まで使ってきたヤマハのソリッド・ボディ(空洞が無い胴体)が発する重低音に対し、エピフォンのホロウ・ボディ(中が空洞)のベースのほうは軽くて独特の低音を発する。



好みの問題だと思うが、僕はマルチ・エフェクタを利用してその音色を少し加工して鳴らすようにしている。バンドや曲との相性もあるので目下あれこれ研究中なのだが、この作業はすごく楽しい♪

また、ボーカルもやりながら弾き込むベースなら、このショートネックのエピフォンのほうが演奏中に左指の跳躍を極力抑えられる分、負担もずっと少なくて済む。つまり、ベースボーカルをやるなら断然ヴァイオリン・ベース!という結論に至ったのだ。特に『白いブランコ』のような歌詞を歌いながらロッカバラード調のベースラインを演奏するというのは、僕なんかにはハードルが高過ぎるんだもんね。



バンドでの練習は始まったばかり。モバイルレコーダーの録音を聴き、クリアすべき課題がめちゃ多いことをさっそく痛感。本番は11月、秋の文化祭ステージだ。練習時間はたっぷりあるわけだからなんとかしたいな...。

この、なんというか..."全身全霊で音楽に取り組んでいる"ともいえるような濃密な時間。この満たされる感覚!この思いをシェアできる音楽好きな人...きっとどこかにいる、きっといつか近いうちに現れてくれる...と僕は予感している。何の根拠も無いのだけど。






最終更新日  2018年02月17日 14時40分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月27日

音楽サークル"鉾田ブルースターズ"のメンバー募集チラシがようやく完成した。先日(24日)の定期練習にギリギリ間に合った~。
さっそく鉾田市中央公民館の掲示板に貼らせてもらった。他の場所へもこれから頼んで貼らせてもらう予定。はたして応募者...現れてくれるかなぁ。






最終更新日  2018年01月27日 22時06分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月06日
5年前、脳梗塞の後遺症(右手足の麻痺)が固定化して一時は楽器演奏をあきらめたのだが、たとえ指一本であってもベースギターを弾く事が僕にとって最良のリハビリになると気付いたことから道が開けた。すべては“幸運な繋がり”のおかげ!それで今の自分があるのは確かな事実だから!やはり自分は音楽人間!!!


ベースを始めて間もない頃、地元のシンガーソングライターとして人気の芦田ちえみさんとセッションする機会に恵まれた。ちえみさん自ら演奏するウクレレによる弾き語り『虹を(フラガール)』に僕がエレキベースで加わって♪ 本当に貴重な経験!ちえみさんに励まされ、ベースはリハビリを超えたものになっていった。
  笠間のSさん宅にて録音。埋もれていた貴重な音源。ちえみさんもマコレレも輝いてたなぁ~♪

鉾田の音楽サークルの素晴らしい点は全員がメインボーカルにチャレンジするところ!最近はコーラスも頑張るようになって♪(^o^)/ 影響を受けた僕も昨年からボーカルにチャレンジするようになった。
    フラダンスの先生でもあるメンバーKさんと会長のデュエット。
  女性メンバー3人によるハモリ♪ 懐かしいなぁ~千賀かほる!

歌の伴奏は昔から憧れていた。クラシックギターも素晴らしいが、今の僕はボーカルやリード楽器の伴奏を通してリズム&ハーモニーを学ぶことに深い関心を持っている。それができる良い環境が揃っている。
  最初はウクレレ隊の伴奏がバラバラ。それが次第に合ってくる...快感♪


例えば毎年の文化祭やフェスティバルなどでの演奏はひとつの目標だ。でも僕が本当に充実感を味わうのは普段の練習の時間!プロの指導者の素晴らしいスキルが発揮されるのを毎回間近で見ることができる。能力が輝く瞬間!...こんなにワクワクできることって滅多にない! 僕のベースの弾き方も...師匠からは実に多くのことを学ばせてもらう。練習の時間こそ最高なのだ!(^_^)






最終更新日  2018年01月06日 09時04分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月22日
セルソ・マシャドのリサイタル♪.jpg

昨日はギター文化館のセルソ・マシャド・ギターリサイタルに妻と。ギター文化館のホールで、それも純粋な音楽のパフォーマンスであんなに笑えることってめったにあるもんじゃない!本当に楽しかったなぁ♪

(樋浦靖晃さんの紹介によると…僕の聞き間違いがあったらごめんなさい)
来日早々、成田空港内の通路に突然の人だかり。そんな意表を突いた場所で繰り広げられたというマシャドのパフォーマンス。ギター&パーカッション、そして歌。あんなところで堂々とライブやれる大道芸人なんて他にいそうもないよね(笑) 3月放映予定の"YOUは何しにニッポンへ?"が楽しみ♪その場に僕も居合わせたかったな~!

それにしてもマシャドって全身が楽器、周辺のあらゆるモノ、自然の息吹きさえもが楽器♪叩けるもの、というより"音"を発するものなら何でも楽器にしてしまうようだ。僕も懐かしいような不思議な感覚が沸き起こってきた。リズムに乗って音楽をみんなで共有することはこんなに楽しいものだったんだ!

マシャドがステージの床やマイクスタンドを叩き始めたとき、ずっと昔のことだけど、似たような音楽のショー番組を家中みんなで楽しんで見ていた頃のことを思い出した。シャボン玉ホリデー、ハナ肇とクレイジーキャッツ、ザ・ピーナッツ・・・うわ~ッスゲェ懐かし~♪ビジーフォー以後このような音楽の芸で笑わせてくれる人っていなくなっちゃったもんね。

楽しかったシャボン玉ホリデー♪.jpg

マシャドの演奏でぶったまげたのが終わりころの曲で、演奏中に6弦を思いっ切り緩めてネックから外したと思ったらその弦をパーカッションのようにプレイしながらギターを演奏し続けたこと。更にチューニングをダイナミックに変えながらの演奏(鮮やか過ぎてよくわからん(笑))。もう何でもありって感じ。でも違和感まったく無くてとにかくスゴイ!

マシャドの模倣♪.jpg

余韻に浸ったまま帰宅した僕はある実験を行った(笑)
実はうちのバンドのライブで最近プログラムに加わった曲に谷村新二さんの『昴』があるのだけど、その中で小太鼓の様なサウンドを加えたいところが3箇所ほどあるんだよね。でもうちにはパーカッションいないし。できたらベースの僕がどうにかこうにかして小太鼓に似た音をベースギターで出せないものか…と考えてたところで。それで今日見たマシャドのプレイスタイルを真似して試してみようと思ったわけで。ヴィオラベースはめったに1弦を弾かないからネックから外してぶら下げても特に問題はない。そして、実際にやってみると…出るではないか!小太鼓っぽいサウンドが♪ これは次のリハーサル時に披露するっきゃないね!たぶんバンマスは「アホか」と言う代わりに黙ってオーラで伝えてくるんだろうなぁ(笑)






最終更新日  2016年02月22日 18時40分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月26日
ボイス&ボーカル・レッスン.jpg

ジャズ・ボーカリスト、久万正子さんのボイスレッスンが20日から始まった。僕にとってこの思い切ったチャレンジ、実は以前から機会さえあれば是非実現させたいと思ってた。理由は自分の発声の欠点をを少しでも改善したかったからなのだが、かといって実際にアクションを起こすまでには至らずにいた。

「久万正子さんのボイスレッスン、うちで受けられるのよ!」
AYAさんの誘いに僕は跳び上がって喜んだ。僕の愛聴盤のジャズボーカリストであるあの久万正子さんが東京から来てくださって、ここアスパイヤでボイストレーニングだけでなくボーカルレッスンもしてくれるなんて!

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そして恐る恐る(笑)レッスン1回目が…。実際始まってみるとそれは想定外に面白く、レッスンが進めば進むほど楽しくなっていった。それに加えて、自分の奥に眠っていたものがドンドン引き出されていく感じがした。 最初は全然出なかった自分の声が…。エエエ~ッ!僕でもこんなに出せるものだったのか~!!!

ボイストレーニングの次に始まったのがボーカルトレーニング。音楽との合体だ。面白くないはずがない!
「曲は何にしましょう?何か知ってる?"枯葉"ならここに歌詞もあるけど…」と久万さん。というわけで名曲"枯葉"を久万さんのピアノ伴奏で英語で歌うことに…。

もちろん英語の発音ダメダメの僕だから、歌詞に出てくるすべての英単語を正確に発音することからしっかり教わることに。続けて、フレーズを意識した読み方を。もちろんポエムだから感情を込めて、ね。

もうこの段階までくると僕も羞恥心など吹っ飛んでるし、いつの間にかジャズボーカルの醍醐味に浸りながら歌うようになっていたので、そんな自分の変化(進化)にもビックリ! もちろん僕の歌はて~んでダメダメなんだけど(笑)。でも、8小節ずつ僕と交互に歌うことになった久万さん。あの久万正子さんが楽しくって仕方ない!って表情でアドリブを歌ってくれている…この瞬間の僕の感覚=至福感…わかる人なら絶対に察してくれると思う。

それにしても"枯葉"。こんなにドラマチックで美しい歌だったとは!
久万さんが歌うひとつひとつのフレーズに人生観が凝縮されている、そんな並々ならぬ質量感を感じずにはいられなかった。

"次回歌いたい曲があれば早めに連絡を!"と…。
わぁ~これはたまらないなぁ♪好きな曲多いから迷ってしまう~。

風のささやき、CloseToYou(遙かなる影)に・・・決めた♪






最終更新日  2016年01月26日 23時36分32秒
コメント(0) | コメントを書く
サックスで”北の宿から”.jpg

ライブのソロコーナー(第3部:個人技を披露する時間)でTさんが演歌を歌うとき、僕がサックスでからむことができたら(上手く出来たら)お客さんも喜んでくれるかもしれない…と『津軽海峡冬景色』を聞いていて閃いた。サックスのムーディな音色は演歌との相性抜群であるし、音量的にもギターのような苦労はしないで済む。

バンドのメンバーも楽しみにしてくれるかもしれない。Tさんに伝えたら大賛成してくれた。もちろん僕が楽しめるのは当然だが、サックスやオカリナのような吹奏楽器になると(音楽的表現力はこれからたくさん磨いていく必要があるが)何故か人前であっても全然緊張しないし、ミスもそんなにすることなく吹くことができる。これって非常に重要なポイントになると思う。

でも、いくら僕とTさんが張り切っても他のメンバーが認めてくれなかったら実現はしない。そこで会長からは次に公民館で練習するとき、皆の前で僕のサックスの演奏を聞かせてくれ、と。当然の流れだね。というわけでさっそく千波山スタジオを借りて最初の目標、都はるみ"北の宿から"を練習開始♪実現すれば楽器も喜んでくれるかな…(*^-^)






最終更新日  2016年01月26日 07時54分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月08日
 待望のDVDが届きました~♪_s.jpg

予約中の品物がこの雪のなか届けられました♪宅配便に感謝!です。

『オーケストラがやって来た』・・・昔、山本直純さんが小澤征爾さんと組んで企画制作した夢のようなクラシック音楽系テレビ番組。30年過ぎた今、ようやくDVD-Box(4巻セット)として蘇りました。

最近オーケストラを真剣に聴いてみたくなった僕にとって、このまったくタイムリーな出来事。本当に嬉しい♪
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
どの回も貴重過ぎて、どれから見るか迷ってしまうよ~(^^)

●手塚治虫さんがピアノ独奏する「モーツァルトのトルコ行進曲」
 オーケストラがやって来た_手塚治虫_s.jpg

●武満徹さんが指揮、小澤征爾さんがピアニカを演奏する「虹の彼方」
 オーケストラがやって来た_武満徹_s.jpg

●僕の好きなイツァーク・パールマンが演奏する「浜辺の歌」
 オーケストラがやって来た_パールマン_s.jpg

●アイザック・スターンが演奏する抒情小曲集
 オーケストラがやって来た_アイザック・スターン_s.jpg

●小澤征爾さんが解説しながら指揮する「バッハのシャコンヌ」
 オーケストラがやって来た_小澤征爾シャコンヌ_s.jpg

と、気になるところから順々に。まだほんの一部しか見てないのにこれって・・・。お宝的映像のヤマにヤバ過ぎるって!!!






最終更新日  2014年02月08日 16時40分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月13日
 カセットブック_AvecPiano_s.jpg

寒さがこたえます。今日は近所の整骨院に行くのが精一杯でした。午後に予定していたウォーキングも中止。こんな日は無理しません。

今朝アマゾンから届いたカセットブック『Avec Piano 坂本龍一』(中古品)を鑑賞し始めたら時が過ぎるのを忘れてしまうほどのめり込んでしまいました。(それほど幸せなひとときを与えてもらいました)

 カセットブック_AvecPiano_2.jpg

30年も前のカセットテープ。ちょっとしたギャンブルだったけれど購入して良かった!さすがにテープの劣化は否めないものの、生音に近いようなピアノの弦の響きは迫力が違います。かなり目立つ打鍵音ですが、これがかえってリアルな臨場感を想起させてくれます。ピアノをすぐそばに感じることができるんです。『ピアノとともに』…タイトルも素敵ですね!!!






最終更新日  2013年12月13日 19時06分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月26日
 DTMによる曲作りの手ほどき.jpg

先々週から仕事帰りのU君に家に寄ってもらい、DTMによる曲作りの手ほどきを受けています。この日は作品をクリエイトするための環境構築作業を手伝ってもらいました。(ほとんど任せっきりだけど)

僕の部屋がちょっとした音楽室のように変貌しました。なかでもサプライズだったのが20年もの長い間お蔵入りしていたトーンジェネレータ(ハード音源)、ローランド社の名機『SC-55mk2』が復活したことです。これとカシオのシンセサイザー、ノートパソコン、そしてオーディオアンプとを接続してBOSEのスピーカーから創った曲を流します。

僕が今まで揃えたハード・ソフトのすべてが息を吹き返してくれたのが嬉しいですね。ゼンマイ式振り子時計と同じでまだまだ健在!ずっと使えます!!!

 楽しく学べる作詞作曲.jpg

とりあえず1曲創ってみました。U君がそれを弦楽四重奏風にアレンジしてくれました。その早業に脱帽!さすがですね♪ しかしチェロやコントラバスが入るだけでこんなに印象が変わるなんて!これが自分が創った曲か、と感激してしまいました!!!






最終更新日  2013年11月26日 23時27分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月20日
 ロックスミス2014.jpg

『ロックスミス2014』に妻がハマっています。PS3版とPC版の両方揃える位だから余程気に入っているのでしょう。今日はそのPC版を借りて、僕もベースギターで遊んでみました。曲は『見つめていたい/ポリス』、『ウィ・アー・ザ・チャンピオン/クイーン』の2曲を選択。

なるほど、確かに面白い♪これはハマって当然だね!!練習したいフレーズを選び、難易度を自由に設定しながら好きなだけ繰り返し練習できる「リフリピーター」という機能がすごく便利なのです。「セッションモード」がまたすごく良くできててビックリ!コードの勉強もできるしアドリブの練習にも最適!!
(サックス版を熱望するけど、さすがにそれは不可能かなぁ…)

本物のギターをUSBケーブルで繋ぎ、ゲーム感覚で演奏してるうちに上達してしまうこのソフト、すごくいい!!!いったいどんな人たちが創っているんだろう?それにしても最近UBIソフトってゲームソフトメーカー、勢いを感じるなぁ!

 Rocksmith2014.jpg







最終更新日  2013年11月20日 22時21分54秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.