680238 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

CATのアメリカ東海岸留学

PR

Freepage List

州立大学の選び方


全米各州州立大学費データ


パブリックアイビー


Big Ten Pac10


テキサス大学出願手順


Penn State 出願手順


SUNY 中堅州立大への留学


エコノミー or ビジネス?


州立大学のMBAプログラム


日本の大学教授様来訪


未認定校 学位工場 学位商法


斡旋業者・通信教育のわな


Degree Mill のつきあい方


Degree Mill リンク集


被害者が被害者を生む構図


半確信犯的な留学生


就労ビザ・永住権の問題


未認定でも学生ビザは出る


未認定校と人材派遣会社


日本の企業とマスコミなど


アメリカの大学認可制度と無認可大学


アメゆきさん(その1)


アメゆきさん(その2)


インターンシップの落とし穴


永住権は魔法の杖?


実録インターンシップ


良心的な留学業者?


「名門」のインフレ


現地サポートサービス


学歴詐称のカタチ


色々バレちゃったこと


米大学卒業は難しくない


米学生が勉強するワケ


米大学の卒業率が低いわけ


GPA(成績)のカラクリ


cum laudeなどについて


しょぼい大学のメリット


それなりの大学のメリット


中位以下の公州立大の実状


コミカレ留学あれこれ


海外在住者の免許事情


ねじれ現象


めったにないトラップ


日本で外国国際免許で運転


2005年 西海岸旅行記


UCサンタバーバラ見学


LAラーメン屋レポート


サンタモニカカレッジ訪問


2006年グランドサークル(1)


2006年グランドサークル(2)


2005年ナイアガラの滝


まいど、危機でございます


留学ネタリンク集


はじめに


語学学校時代


コミカレ時代


MTSU時代


トランスファー


PennState時代


ユタ州への留学


バブルと留学


営業的留学


留学生と傭兵の共通点?


留学生活 井の中の蛙


住環境の良い留学先


住環境の良くない留学先


留学環境 番外編 Sxxxxxx


主婦のキュウリ経済学


上手なウソのつきかた


車なしのアメリカ留学


西暦 和暦(昭和 平成)換算表


Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

 ←楽天の日本の商品の海外発送サービス。




ディグリーミル ←未/非/無認定校 Degree Mill 学位工場関連リンク集。
 「アメリカの大学認可制度と無認可大学(転載)」も。

留学ネタ ←ブログ内フリーページの留学ネタリンク集。
 各フリーページの簡単な説明つき。

ASPアクセス解析

Locations of visitors to this page
Oct 10, 2016
XML
テーマ:★留学生活★
カテゴリ:カテゴリ未分類
「バンクーバーの事件にあえて苦言(その2)」からのつづき)

彼女は観光ビザからワーキングホリデービザに切り替え、カナダに長期滞在しようとしていたようである。

「カナダ 観光ビザ ワーキングホリデー」で検索すると、入国審査の賢いクリア方法を指南する、若干怪しげなサイトが多数ヒットする。

「カナダで『観光→ワーホリ』に切り替える」

なぜ、ここまでいろいろな小細工をしなければならないのだろうか。それはとりもなおさず出入国管理の本来の主旨から外れた出入国をしなければならないからに他ならない。

日本人が海外で入国拒否にあうような入国方法をとることなどないだろうと思っている人も多いかもしれない。

しかし、カナダの出入国管理の現場を扱った「ボーダーセキュリティー」という番組では、まさに入国拒否をされる日本人も登場する。

「Border Security Canada Season 3 Episode 11」(動画は削除される可能性あり。)

なぜそこまで無理をするのか。そしてそこまで無理をしたところで得られるものは、(運良く結婚相手でも見つけない限り)1年半のカナダ滞在と、日本帰国後の冷遇である。(違法滞在を続ける人もいるだろう。)

「アメゆきさん(その1)」
「アメゆきさん(その2)」

カナダで仕事を見つけて永住、などと夢を見ている人もいるかもしれない。それは否定しない。しかし、それを実現できる確率は極めて低い。

「永住権は魔法の杖?」

当然だが、現地の人にとって「英語ができる」というのは特殊能力でも何でもない。観光ビザ+ワーキングホリデーの1年半で身につけた現地の人に劣る英語能力を補って余りあるだけの能力は何か持っているだろうか。

たとえ永住権を持っていたとしても上記の条件はかわらず、ましてや就労ビザのサポートが必要な人材にそのような条件でもあえて興味を示す雇用主がどれだけいるだろうか。

もちろん運良く様々な巡り合わせからそのような夢を実現している人がいないわけではない。ただ、その極めて低い実現確率を踏まえた上で、そのような一歩を踏み出すかは、それはもう本人の判断に委ねるしかない。

ただ、周囲からの客観的な評価という現実を変えることはできない。

最終的に日本に戻ったところで自らの海外経験がプラスに評価されないばかりか、マイナス評価となってしまい、不平不満を言う人を何人も見てきた( 「エコノミーorビジネス」)。しかし、リスクを知りつつ海外に飛び出す決断をしたのは自分なのだから、それは自己責任であろう(「知らなかった」というのは下調べ不足ということで、それも自己責任)。

彼女は留学斡旋業者を使ったようであるが、そもそも個人的には良心的な留学斡旋業者など存在しえないとも思っている(「良心的な留学業者?」)。

留学斡旋業者や留学情報誌・情報サイトなどは、「客」を留学実行に誘導しなければならないという商売目的上(アリバイ程度に失敗例や注意点などに触れることはあるかもしれないが)留学の成功例しか提示しない。留学情報誌の編集者から「インタビュー記事を作るのに、留学成功者を探すのが大変」なんていう笑えない話も聞いた事もある。留学経験者にしても失敗を自ら語る者は少なく、結果として、世の中にはバラ色の留学成功例が氾濫している。この点にも十分注意が必要だろう。






Last updated  Oct 10, 2016 09:11:27 AM
コメント(1) | コメントを書く

Category

Comments

ChihayaAsou@ Re:バンクーバーの事件にあえて苦言(その3)(10/10) しばらくBlogがぱったり途絶えていたので…
CAT0857@ Re[1]:劣悪な立地の日本の大学のアメリカ校(11/27) おおいずみさん 遅レス申し訳ありません…
おおいずみ@ Re:劣悪な立地の日本の大学のアメリカ校(11/27) はじめまして。 「夢を叶える」などと歯…
CAT0857@ Re:ユタ州の日本人ツアーの事故について(08/11) >元留学生さん 彼の就労許可がどの…
ゆーちゃん@ こわい 年に2~3回海外旅行に行きますが、オプ…
元留学生@ 可能性 ステータスはF1でCPTで働いていたのかもし…

Favorite Blog

野菜摂取量調査 3… New! 抗加齢実践家てるさん

ちなのアメリカ日記 ちーなちなさん
××××のPost Californ… kazutaka525さん
空と海と大地 エマ=シーンさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.