000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

DAIの宝石箱

PR

X

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

CAT'sDAI@ Re:共演の饗宴39「虹色の誘い」(04/20) おっ 報告サンクス! 修正しておきましたー
ブランフェムト@ Re:共演の饗宴39「虹色の誘い」(04/20) 7番目が抜けてる〜。 全部で16じゃあ?。 …
CAT'sDAI@ Re:リガードジュエリー(11/23) あーラズベリーとかウィスキーとかそのあ…
ブランフェムト@ Re:リガードジュエリー(11/23) 知らないCM名が色々出てる。 カンカラ産?…
CAT'sDAI@ Re[1]:新規購入品紹介(07/17) ブランフェムトさんへ あふれ返ってる今…

サイド自由欄

プロフィール


CAT'sDAI

お気に入りブログ

着やすいカットソー New! 踊るひつじさん

【海外】アメリカン … レッサーかずさん

リバティでカルトナ… *yozora*さん

*ルースは裸のままが… ぽてpoteさん
「楽天プラチナ会員… パワフルスーパー主婦さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.12.17
XML
カテゴリ:新規購入宝石
前置きはもういいでしょうw

早速戦利品報告その2~

まずは

フルオ・エルバイト(フッ素リチア電気石)
0.02ct
Cruzeiro mine,Sao Jose da Safira,
Minas Gerais,Brazil

和名でフッ素リチア電気石と言う、
2011年に発見されたフッ素優勢のトルマリン。
小さな小さな結晶しかとれないらしく、
このサイズが限界らしい。
一応化学式にあらわすと
Na(Li,Al)3Al6(BO3)3Si6O18(OH)3F
となるらしい・・・・・
この子は残ってた最後の1個だったんですが、
残念ながらファセットエッジがつぶれてしまっており、
色合いは楽しめるもののルースとしては・・・・
とはいえお買い得価格だったのと確保しておきたかったのでお迎えしました。

お次は~

ルビー
0.51ct
産地不明

肉眼で見るとガーネット?と思うくらい暗い赤で、
ほんともうまっかっか。
ただカメラのレンズ越しだとかなり紫が強調されてしまうので、
是非とも肉眼で見て欲しい石ですね。
この子はいわゆるリユース品、
ジュエリーから外されてルースに戻ったもので、
その特性上石が何かも分からなくなる事がほとんど。
この子の場合もソーティングとったわけではないので正確には分からない。
ただ屈折計や比重測定からコランダムである とは出ている。
もし石違いでも自己責任という物ではあるが、
ほぼほぼルビーだとのことで、
その色あいからおそらく
「ビーフブラッド」と呼ばれるタイ産のルビーではないか?
ということだ。

お次はー

合成ダイヤモンド
0.08ct
中国・河南省製
HPHT法

1から作られた合成ダイヤモンド
とうとうここまで来たか!という感じですねぇ
ほんの10年ほど前までは合成ダイヤと言えば
工業用の黄色い砂状の物しかありませんでした。
(一応宝石質の物も作れなくもない状態だが、
 あまりにも高額になりすぎる為作られてなかった)
せっかくなので天然ダイヤと合成ダイヤ並べてみた

左天然ダイヤ
右合成ダイヤ

天然ダイヤは蛍光性のものを選んだので比較しやすいのですが、
合成ダイヤは長波には無反応
あまりにも一瞬なので撮れなかったんですが、
合成ダイヤは短波に反応し、
蛍光はしないが極一瞬だけ燐光しました。
このHPHT法のダイヤは種の鉄線が残っている事があり、
コレがある場合は容易に判別できるそうで、
この子もルーペで見るとたしかに確認できました。
(店主曰くあるものを仕入れたとのこと)
しかしうちのカメラでは撮影は無理でした・・・・

こうなってくるとCVD法(気相法)のダイヤも欲しくなってくるなー
ちなみにHPHT法の合成ダイヤは球形の結晶でブリリアントが施しやすく、
CVD合成ダイヤは板状に成長するのでテーパーバゲットにしやすいという特徴があるとか。
(歩留まりの関係上)

お次はー


モンタナ・サファイア(加熱)
重量未計測
アメリカ・モンタナ州・ロッククリーク産

なんでいまごろモンタナ?と思われた方もいるかもしれません。
なんとこれ、
カラーストーンミスリルさんのツイッターで開催していた、
ツイッターのアイコンの石はなんでしょう?
というクイズの正解の景品でした。
当たりの方が引ける箱の中からひいたのがこの子で、
店主曰くその中でも当たりだったらしいw

お次はー

デマントイド・ガーネット
5.50ct
埼玉県秩父市中津川・後山産

なんとなんと国産のデマントイド結晶。
まさか国産ガーネットにもここまでのがあるとか知りませんでした。
これは自己採取される方が持ち込んだものらしく、
2005年に採取したもので、
もう枯渇して取れないらしい。
残念ながら

透過させるとこんな感じなので、
カットは不可能なものです(まぁだから売ってもらえたんですが)
カット可能な物はあったので、
ルースになる日を待ってます。

最後に

モリモトアイト(森本石榴石)
重量未計測
岡山県高梁市備中町・布賀鉱山産

日本人名付ガーネット3種の内の一つ
モリモトアイト!(写真の黒い部分が本鉱)
加藤・森本はこれで入手したので、
後は桃井だああああああああああ
(最難関)


さてさて今回の戦利品は以上。
一応あと1個ツイッターフォロワーさんから頂いた水晶があるんですが、
掲載許可取るの忘れてたんで、一応未掲載。

今回のミネショでは
あちこちで今話題のオレゴンサンストーンや、
フォスフォフィライトがあり、
グランディディエライトは安くなったなーという感じでした。

今回は残念ながら昔なじみの石友さんとはほとんど会えなかったんですが、
新たにツイッターつながりの人と数名お会いできたので、
非常に楽しい休暇となりました。
次のミネショ参加は横浜春かなぁ・・・・
いけるかなぁ・・・・

またどこかでお会いしましたらお気軽にお声がけくださーい






最終更新日  2019.12.17 21:37:17
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.