520248 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

DAIの宝石箱

PR

X

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

CAT'sDAI@ Re:共演の饗宴39「虹色の誘い」(04/20) おっ 報告サンクス! 修正しておきましたー
ブランフェムト@ Re:共演の饗宴39「虹色の誘い」(04/20) 7番目が抜けてる〜。 全部で16じゃあ?。 …
CAT'sDAI@ Re:リガードジュエリー(11/23) あーラズベリーとかウィスキーとかそのあ…
ブランフェムト@ Re:リガードジュエリー(11/23) 知らないCM名が色々出てる。 カンカラ産?…
CAT'sDAI@ Re[1]:新規購入品紹介(07/17) ブランフェムトさんへ あふれ返ってる今…

サイド自由欄

プロフィール


CAT'sDAI

お気に入りブログ

着やすいカットソー New! 踊るひつじさん

【海外】アメリカン … レッサーかずさん

リバティでカルトナ… *yozora*さん

*ルースは裸のままが… ぽてpoteさん
「楽天プラチナ会員… パワフルスーパー主婦さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.12.12
XML
カテゴリ:新規購入宝石
​さてさて前置きはすっとばして1の続きですー
1見なくても問題ないですが
ぜひ ​コチラ​ もどうぞー

早速

フロッグエッグ・デマントイド
0.53ct
Soghan,Baft,County,Kerman,Province,Iran

イラン産のデマントイドで
この産のは薄い緑の中に濃い緑がある、
通称フロッグエッグと呼ばれるタイプがあり、
そのスライス。
こうやって真ん中に濃いのが来るのが珍しい上に、
スライスされたものとなるとさらに珍しい珍品デマントイド
可愛くて速攻でお招き致しましたー。


デマントイド結晶
重量未計測
Takab,Iran産

上記の招いたあとに某店でフロッグエッグではないけども
同じイラン産のデマントイドを見つけたので確保ってきました。
ちっちゃい結晶がちょこんとあるのが可愛くてってのもありますがw

お次はー

カラーチェンジ・ガーネット
0.251ct
マダガスカル・ベキリー地区産
鑑別あり

いわゆるベキリーブルーと言われるカラーチェンジ・ガーネット
持ってはいるんですが2mmラウンドとかなり小さく、
市場にまだあるうちに・・・!と
今回招いてきました。
実はこれも1に載せたパラペリ同様、
ミネショ内での購入ではないですが、
分けるほどもないのでミネショ戦利品に記載させていただきますー
3.6mmラウンドで色変わりもよく、
写真じゃちょっとおかしな具合に撮れちゃってますが、
通常時の青もかなりよくぐれーどあっぷできましたー

お次は

アメジスト
0.37ct
秋田県大仙市亀山盛鉱山産

国産アメジストーーー
写真じゃかなりガチャく写ってますが、
肉眼ではそんなことはなく、
薄紫のキレイな可愛い子になってますー

お次はー

グリーンオパール
0.62ct
ブラジル・アマゾン産

アマゾングリーンオパールと名前のついていた
明るい色のグリーンオパール
写真では表現しきれてませんが、
濃いペリドットのような緑色が
オパール特有のとろっとした質感で
すんごい可愛いです。

次は

ポードレッタイト
0.03ct
ミャンマー・モゴック産

世界10大レアストーンにも挙げられていた
希少石の一つで、
いつか欲しいと思っていた石の一つ。
大きさもかなり小さく、
色もポードレらしさのない無色ではあるのですが、
その分かなりお安くとりあえずのサンプルとして
招いておくかーと確保しました。
いずれもっとピンクのポードレらしいものを入手したいなー
まぁでも無色ではあるけど相当に綺麗ではあるので、
これはこれでイイ♪
肉眼では感じないけど
写真ではほんのすこーしピンクっぽさもある気もする・・・?


戦利品の最後に

ウサンバラ・トルマリン
重量未計測
タンザニア産

いつ頃だったか10年以上前にパッと世にでて
ここ最近まったく見なかった特殊効果のあるトルマリン。
写真のように濃い緑で一見黒いトルマリンなのですが
これの最大の特徴は

スライスして2枚重ねて白熱灯やろうそくのあかりに透かすと
緑色ではなく赤い色が見えるというかなり特殊なトルマリン
写真ではすんごい深い赤にしか写ってくれませんでしたが、
肉眼ではもっと明るめの赤です。

ちなみにこの効果は白色LEDでは見られず、
白色LEDでスライス2枚重ねにした場合は

このように緑にしか見えません。

また結晶そのままや厚みのあるルースにした場合は
白熱灯などで透過させると赤色になるので
スライスとは違い緑を見るのが難しい為、
相当変わり者のトルマリン。
知る人ぞ知るトルマリンとなってました。
ずいぶんと久しぶりに見たんですが、
扱ってたブースは昔から出店されているところなので、
ここ最近のコロナの影響で新規仕入れが海外から出来ず、
昔の在庫品を出したんじゃないかなーと思ってます。
ちなみにですが正確な定義か分からないのですが、
「カラーチェンジトルマリン」 とならないのは
昨今の主流であるLEDの暖色系発色では
カラーチェンジしない為、
独自の効果として主な産地であるウサンバラエフェクトと
呼ばれていると思われます。

今回の戦利品は以上。

今回の池袋ショーは
例年であれば海外ブースの出店も多く、
それも池袋ショーの一つの魅力だったのですが、
昨今のコロナの影響で海外勢は皆無。
(数店おられましたが日本に支部があるショップさんのみ)
池袋に出店する為に渡航は出来なかったようで、
会場内の正面入り口の壁際にぎっしりおられたブースが丸々なく、
かなり広い通路になっていました。
参戦した11日は通常の平日金曜日だったこともあり、
お客さんの数もそこまでいなかったため、
かなり歩きやすい状態でしたね。
密を避けるというのは成功はしているのでしょうけども、
やはり一抹のさみしさはありました。

また情報で聞けたのですが、
日本でも第3波とも言える再拡大も見られるように昨今の世界的な再流行で
先週に「来年のツーソンショーの開催はすでに中止が決定」したとのことで、
他にも大きなミネショは原則開催禁止になったようで、
来年の海外のミネショのいくつかも中止が決定しているとのこと。

ワクチンが全員に行きわたらないと完全な流行終息とはならないのだろうなぁ
少しでも早く終息するのを願うとともに、
皆さまも手洗いなど予防に努め
感染しない事をお祈りいたします。​






最終更新日  2020.12.13 00:07:12
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.