532988 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

DAIの宝石箱

PR

X

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

CAT'sDAI@ Re:共演の饗宴39「虹色の誘い」(04/20) おっ 報告サンクス! 修正しておきましたー
ブランフェムト@ Re:共演の饗宴39「虹色の誘い」(04/20) 7番目が抜けてる〜。 全部で16じゃあ?。 …
CAT'sDAI@ Re:リガードジュエリー(11/23) あーラズベリーとかウィスキーとかそのあ…
ブランフェムト@ Re:リガードジュエリー(11/23) 知らないCM名が色々出てる。 カンカラ産?…
CAT'sDAI@ Re[1]:新規購入品紹介(07/17) ブランフェムトさんへ あふれ返ってる今…

サイド自由欄

プロフィール


CAT'sDAI

お気に入りブログ

翡翠ネックレス New! *yozora*さん

デアゴスティーニ隔… New! レッサーかずさん

2021レミゼ~吉原バ… 踊るひつじさん

オリンピックで東北… ぽてpoteさん

「楽天プラチナ会員… パワフルスーパー主婦さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.04.05
XML
カテゴリ:共演の饗宴
今日はタイトル通り
スカポライトグループの集合ですー
まずは通常室内灯下


お次に長波照射下(375nm前後)


次に中波照射下(310nm前後)


最後に短波照射下(275nm前後)



どこになにがあるのかの番号~

1,スカポライト、1.58ct、ブラジル・バイア州産

2,スカポライト・キャッツアイ、0.73ct、カナダ・ヌナバート・キンミルート産

3,スカポライト、0.27ct、カナダ・ヌナバート・キンミルート産

4,ピンクスカポライト・キャッツアイ、2.42ct、
 アフガニスタン・バダフシャーン州・クラン・ワ・ムンジャン郡、サリ・サング鉱山産

5、サンストーン・スカポライト、0.44ct、タンザニア・モロゴロ産

6,スカポライト・キャッツアイ、2.95ct、タンザニア産

7,スカポライト・キャッツアイ、1.08ct、タンザニア産

8,スカポライト、0.67ct
 アフガニスタン・バダフシャーン州・クラン・ワ・ムンジャン郡、サリ・サング鉱山産

9,メイオナイト、0.28ct、ミャンマー(ビルマ)産

10,ミゾナイト、0.91ct、ネパール・チャマール鉱山産

11,マリアライト、0.32ct、
 アフガニスタン・バダフシャーン州・クラン・ワ・ムンジャン郡、サリ・サング鉱山産

この中でまずは説明するのは
新規購入時の記事​にも書きましたが

サンストーン・スカポライトはインクルージョンが
銅起因に因るため同じ銅インクによる効果のある
サンストーンの冠名がついてます。
ちなみに余談ですが基本的にこういう別種石の名前が冠名に使われる場合は
先についてるほうが効果で、後にあるのがその石種です。
まぁ一部フォルスネーム(商用名)の中には
この法則を無視したものがついている場合もあるので
一概には言えませんけどね。

話を戻してスカポライトは基本的には長波では蛍光が弱く、
短波で明るい蛍光を見せる物が多いのですが、
写真にもあるように例外として
長波で強烈な黄色蛍光を示すものがあります。
この強黄色蛍光性を示すものは短波ではあまり光らないというのも
面白い部分で蛍光色も長波も短波もあまり変わらない(強弱は出るが)
という点も不思議。
持っている物で見ても
長波強蛍光性を示すのはカナダ産や一部アフガニスタン産に多く、
他の産のは短波強蛍光性が強いように感じます。
一個だけ面白いのがウチにいる4番の
ピンクスカポライト(無色透明と並べてもごくわずかにピンク程度)は
長波無反応、中波弱黄緑、短波ピンク色の蛍光を示します。






最終更新日  2021.04.05 16:34:17
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.