000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天経済圏入門のブログ

PR

X

プロフィール


ケンタ1118

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

(5)

自己投資

(25)

投資

(33)

クルマ

(19)

日記

(68)

オートバイ

(9)

今日のランチ

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.03.27
XML
テーマ:ニュース(92197)
カテゴリ:投資

​個別株集中投資​

​先日、持株会について同僚から相談を受けました。

『簿価単価とは何ですか?』『簿価が上がるといいんでしょ!?』


  .....いや、知らずに持株会やってたのか???と驚きましたが、丁寧に説明してみました。


『簡単に言えば、毎月購入した1株の平均の価格』

「毎日変動する株価なので、購入時期で1株の値段が変わる。100円の時もあれば、200円の時もある。その平均値と思えば良い。」


ザックリな回答してみました。実際はいろんなものが絡んできますが、大まかザックリで話しました。

「簿価が上がるのは、値段が高い時に買ったから、平均が上がっただけの話...」
「儲けている訳ではないよ。損得を考えれば、下がってもらったほうがいい。」
「何故なら、株価が簿価より上なら、売買した時には儲けになるからだよね。」


本人、「知りませんでした〜〜(泣)」......。


また、単元株になった時に引き出そうと思っていたようで、悪くは無いけど、「複利効果は出ない」と言っておきました。配当金を再投資して、株数を増していく。そうすれば、次の配当金も増えて、更に配当金が増えていく。その繰り返し....。定年迎えれば、いい株数になってるよ。


ただし、個別株の集中投資だから、ハイリスクだよ〜!!

これを言っておかないと、いい話ばかりを話してしまうと、同僚の人生奪ってしまいます。
分散投資で、投資信託の「積立NISA」、「iDeco」がある事も話すのでした。


時間を味方にして、分散投資

​時間はたっぷりある後輩の同僚なので、持株会で株式投資をしながら、国が行なっているNISA、iDecoをした方が、定年後には安泰できるかもしれない事がわかったようです。

これから貰える退職金は、数百万円だろうし、自分で積立た持株会の株をそのまま株でもらえば、保有している限り配当金が貰えて、退職金以上、今後貰えるかもしれません。何十年後、会社がなくならければの話ですが...(爆笑)


その為にも、分散投資でリスクを回避するのが鉄則です。
今は種銭になる給料が少ないので、少額で自分のできる範囲を知るべきと話を結んでおきました。


デメリットばかりが先行する『持株会』かもしれませんが、「サラリーマン」が人気職業の1位である以上、自分の会社に投資するのもアリ(!?)かもしれません。


それでは今日も、健康第一で...






最終更新日  2021.03.27 03:30:04
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.