2021.04.06

テレビドラマ「半〇〇樹」のような事はない??

テーマ:ニュース(92649)
カテゴリ:投資
​​

​テレビドラマは、やはりドラマですか?​

サンバーディアスwagonの窓枠モールが、経年劣化のために捲り上がってきてしまい、雨水を大量に浸透させる様になってしまった。。。

モール自体、はめ込み式にしてあって、両面テープの様なものでは接着されてないため、簡単に取り外しがきく。

修理工さんに聞いたのですが、接着されてない理由は湿気が隙間に留まってしまい、腐食の原因だからだとの事です。しかも、運転席や助手席は、頻繁に窓を開けたり閉めたりするから、モール自体も圧縮膨張を繰り返される事で劣化していきますから。。。

ものの5分もかからず、交換します。

支払いをしていた時、修理工場の社長さんと話ができました。
コロナ禍でも、安定した収入が入る経営について、小難しい話をさせてもらいました。
話に出てくる一番のキーワードは、やはり『信用』​というものです。

金融機関でお金を借りるのは、『信用金庫』さんとの事でした。

メガバンクや地銀には、相手にされないのか...?

​結論からすると、相手にもされない...

中小企業は、やはり取引額が小さいため、全く門前払い状態で、金策に駆け回って会社を安定させていらっしゃったとの事です。テレビドラマの様に、雨の中で土下座をしてメガバンクからの借入は、ありえないと話していらっしゃいました...(笑)


演出上のことだと思いますが、

銀行は、

『晴れの時は傘を貸し、雨の時は傘を取っていく』


この事を、演出でそのまま描いた様ですね...

社長さんにこの様なお話をしていただき、無駄に時間を私に取っていただきました。
私には非常な有益なお話で、今後の取引金融機関の選択肢を決定するものに聞こえました。


地方の小さな会社の社長さんですが...

​私と違って会社を経営し、百戦錬磨して、試行錯誤し、信用を勝ちとってきた社長さん。
今まで続けられたのは、その方の信用があったからこそであり、私には足りなかった部分であると、考えさせられました。

小さな会社ですが、社長は社長です!!!

いろんな意味で、社長さんと話をさせていただく事は、自身の人生の糧になることが分かりました。


時間が許せば、いろんな社長さんに話を伺えればと思いました。

時間を有意義に、今日も健康第一で...





TWITTER

最終更新日  2021.04.06 02:30:04
コメント(0) | コメントを書く