1012753 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

CB*KING

チャイルドシート



チャイルドシートの選び方


★ベビーシート
後ろ向きに装着する「シートタイプ」と、横向きに装着する「ベッドタイプ」があります。
乗せ降ろしの際シートを回転させられるタイプは、車高の低い車で特に便利。

★チャイルドシート
前向きにシートを装着して使用。
兼用タイプには、インパクトシールドと呼ばれる胸当てガード付きのものもあります。

★ジュニアシート
背もたれ付きのタイプと、シートのみのタイプがあります。
座高を高くし、シートベルトが正しい位置で装着できるようにサポートします。

現在日本では6歳未満の幼児が車に同乗する際に、チャイルドシートの着用が義務づけられていますので、購入パターンとしては3つの選択肢があると言えます。


自動車があり、赤ちゃんを乗せておでかけする可能性がある家庭なら必ず用意しなくてはならないのがチャイルドシートです。
6歳までの子どもを車に乗せて移動する際にはチャイルドシートを着用することが義務づけられています。
チャイルドシートは「警察に見つかって減点でもされたらいやだから」使用するものではありません。
あくまでも赤ちゃんや子どもの安全のために使用しなければならないのです。
どんなに安全運転を心がけている人でも、事故に合わないという保障はありません。
居眠り運転の車が対抗車線からはみだしてきたら?赤信号を無視してつっこんでくる車がいたら?車を運転する以上事故はいつ起こるかわからないのです
大人はシートベルトをすることにより、事故の衝撃を軽減することができますが、シートベルトは身長135cm以上の体格を基準に作られているので、赤ちゃんはもちろん、135cm以下の子どもにはシートベルトによる衝撃の軽減は期待できないということです。
チャイルドシートは購入必須アイテムだから、といざ売り場に見に行ってみると、なんだかたくさんの種類や形のものがあって、いったいどれを買えばいいのかわからない・・・でも、高価な物だから失敗はしたくない・・・
赤ちゃんのものを購入する時に一番迷ってしまうアイテムではないでしょうか?このコーナーを見てぜひ購入の参考にしてくださいね。

◎必ずチェックしなければならない項目◎
★安全基準に合格している?

「これは安い!掘り出し物を見つけた!」という激安品をたまに見かけることがあります。
でもちょっと待って!その製品は道路運送車両法による安全基準に合格したものですか?合格しているものには運輸大臣が型式指定したマークが付いています。
なお、「ECE規則(欧州)」、「米国安全基準」に合格しているものも同等として認められています。
せっかく取り付けても、安全性の低いものではいけません。必ずチェックしましょう。

なお、国土交通省と自動車事故対策機構が毎年実施している「チャイルドシートアセスメント」(安全性能テスト)というものがあります。
これはその年に売れ筋の商品やメーカーからとくに依頼があった商品に対して実施されます。
安全面だけでなく、使いやすさも評価されているのでぜひ参考に。

詳しくはコチラ⇒国土交通省チャイルドシートコーナー

あなたの車に取り付け可能ですか?

気に入って購入しても、所有の車に取り付け不可能なものではお話になりません。
必ず確認してから購入してくださいね。

★取り付けは簡単ですか?

チャイルドシートはただ取り付けていればいいというのではありません。
正しく取り付けてこそ、安全基準が満たされるのです。
でも、間違った取り付けをしたまま誤使用している人が意外に多いそうです。そうならない為にも、取り付けが簡単でわかりやすいものを選びましょう。
機能が多く、長期間使用することが可能な機種ほど、取り付けが複雑であるということを覚えていてください。


★★その他の選び方のポイント
・シートの通気性はいいか? (取り外せて洗えたらよりGOOD)

・操作性や使い勝手はいいか? (おじいちゃんやおばあちゃんでも乗せおろしできる簡単タイプが便利)

・なるべく軽いものを (ママでも取り付け、取り外しができるものがいいですね)

・子どもの体格に適したもの (説明書の対象年齢はあくまでも平均的なものです。”うちの子”に合ったものを)


ちなみにうちでは新生児期から幼児期まで使えるタイプを購入しましたが、あとで新生児期はベビーシートにしておけばよかったと思うことが何度もありました。
乗せおろしが簡単なものを購入したつもりでも、首のすわらない新生児期は乗せおろしが大変だし、せっかく寝ていてもおろす時に起きてしまったりしたからです。
やはり、ずっと長く使える兼用タイプのものより、その時の体格に合った製品の方がより安全で快適に使用できるようです。
もし、予算が許されるなら、乳児期はベビーシートを使用して、腰がすわったら幼児用やや幼児学童兼用のチャイルドシートを使用するというパターンが私はおすすめです。

1 2 3


●車のシートに合うか?
チャイルドシートは正しく装着して初めて安全性が確保されます。
そのため使用予定の車と、購入予定のチャイルドシートが適合しているのか、チャイルドシートのメーカーサイトなどで必ず確認をしましょう。

●安全基準に合格しているか?
国土交通省の型式指定基準に合格したチャイルドシートか「ヨーロッパ基準(欧州ECE R44)」「米国安全基準(米国FMVSS No213)」に合格したものを選びましょう。
合格した製品にはマークが付いていますので、目印にしてください。

●取り付けが簡単にできるか?
ママひとりでも取り付けができるよう、取り付け方がわかりやすく、軽いものがいいでしょう。
座席ベルトが通しやすく、しっかり固定できるものを選んで、誤使用による事故を防ぎましょう。

●子供の体格に合っているか?
製品によって使用年齢が異なります。
使用する時点でのお子様の体重・体格に見合った種類を選びましょう。


チャイルドシート



       




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.