1023131 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

CB*KING

マザーズバッグ

■失敗しないマザーズバッグの選び方■

マザーズバッグは機能性?それともデザインやおしゃれ?

赤ちゃんや小さいお子様を連れてのお出かけには、どちらもママにとっては大事ですよね。
でも、「これカワイイ」とせっかく買ったのに、結局使わずに宝の持ち腐れになってはもったいないです。

ここでは、それぞれマザーズバッグを選ぶ時のこだわりはあると思いますが、口コミなどを参考にここだけは押さえておきたい!
というマザーズバッグ選びのポイントを紹介します。


■タイプ・種類で選ぶマザーズバッグ■

マザーズバッグといっても、どんなタイプ・種類のバッグが良いのか悩みますよね。
どんなバッグが合っているのか、タイプ・種類別にメリット・デメリットを見てみましょう


★ショルダー・斜めがけマザーズバッグのメリット
片手で物の出し入れができる
赤ちゃんを抱っこしていても両手が空く
仕切りやポケットなど機能性も充分にある

★ショルダー・斜めがけマザーズバッグのデメリット
荷物を詰め込んだショルダー・斜めがけマザーズバックはかなり重たい
バッグを後ろに回すと歩くたびにゆれて歩きにくい
スリングを使っている時は、邪魔になり、取り出しにくい


トートが良いのか、斜めがけが良いのか、意見が分かれるところですが、両手が空くというのは、ポイント高いですね。
子供を抱っこしたまま片手で、物を出し入れしたりする機会は多いですし。

マザーズバッグとして売られているものの多くはこのショルダー・斜めがけタイプなので、
ポケットや仕切りなどをはじめ、哺乳瓶ホルダーがついていたりと機能性が優れています。

ただ、どうしても片方の肩にかけるので、荷物が多い時期は、肩への負担が大きくなりやすく、重く感じやすいです。そのため肩こりがひどい人には向かないです。
また、荷物が多く重いと、歩く時に腰やお尻あたりで揺れて歩きにくいです。

両手が使えるので、まだ赤ちゃんの月齢が低く、抱っこが欠かせない時期は斜めがけは便利ですが、スリングを使っている場合、赤ちゃんにさえぎられて、中が見えづらく取り出しにくいということがあります。

このタイプで使い勝手がよく人気のマザーズバッグは、レポートサックです。軽いし、汚れたらネットに入れて洗濯機で洗えます。
ジッパーでマチが広げられます。


こんなママにおすすめ!

月齢がまだ低い赤ちゃんがいるママ、ちょっとした買い物や健診など必要な荷物が少ない時、電車での移動が多いママ。

トートは持っているけど、やっぱり両手の空くものも欲しいと思う場面はよくありますよね。
そんなママにおすすめなのが、コムサの斜めがけバッグです。

大きめサイズでたくさん入り、外側、内側にポケットがたくさんついてます。底には使用済みオムツや濡れた物をしまうところもついているものもあります。

必要な荷物が少ない時にピッタリの少し小さめのバックもあります。
必要なものが少なくなってきたらマザーズバッグにこだわる必要はないですよ。


マザーズバッグ★検索はコチラから←マザーズバッグ検索


       





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.