323887 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カノンのお稽古帳♪

カノンのお稽古帳♪

PR

Calendar

Comments

kanon212@ Re[1]:お盆休みのお出かけと着物 その3(08/14) イコマさん はい、めずらしく縞の着物です…
イコマ@ Re:お盆休みのお出かけと着物 その3(08/14) 縞柄!なんて素敵なんでしょう!カエデの…
kanon212@ Re:どきどきしました!(08/15) 花のんさん ありがとうございます! 休み…
kanon212@ Re[1]:お盆休みのお出かけと着物 その4(08/15) もりrinさん お返事遅くなりすみません…
花のん@ どきどきしました! カノンさんのアンティークのお着物、どれ…

Category

Archives

2022年08月
2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月
2009年10月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
実は私、ゴジラが大好きなんです!!!

091007_1605~0001.jpg


近年は下火になっていたゴジラ熱ですが、ウン年前まではゴジラ本やグッズを集め、過去の作品はレンタルビデオで、第17作「ゴジラvsヴィオランテ」から最終作「ゴジラ ファイナルウォーズ」までは一人でも必ず映画館に見に行くほどだった私。
ある日テレビから流れてきたあの音楽に目を上げると、CMに釘付けになりました。

・・・と言うわけで、まんまとDeAGOSTINIの戦略にはまってしまったわけですが、実際「ゴジラ」は日本が世界に誇る凄い映画だ!と思います。
その年々向上した高い特撮技術はもちろんのこと、スーツアクター(着ぐるみの中に入って演技をする役者)の地位を確立したのも功績の一つでしょう。
また、一度聴いたら忘れられないテーマ曲の持つ絶大な効果、威力も忘れてはいけません。
そして何よりもそのストーリー!
一時期、子供向けにゴジラはおどけた表情やポーズをとるようになり、戦うキャラクターもユーモラスなものが出てきましたが、本来、水爆や核実験、公害、政治など人間社会の問題や人間のエゴイズムを炙り出す大人の映画です。時に涙なくしては見られないものさえあります。

さらに最近知って感動したのは、初代から長年にわたり監督を務めてきた本田猪四郎と、同じく初代からのゴジラアクター中島春雄は、共に山形県庄内の出身であったこと。

091007_1851~0001.jpg

地元紙にお二人のことが掲載されていました。


ちなみに幼い頃に初めて映画館で見た映画はアメリカが生んだ「キングコング」。
その迫力に驚きながらも、子供心に人間の身勝手さとキングコングの死の哀れさに胸がいっぱいになったことを覚えています。
このキングコングとゴジラ、私が生まれるだいぶ間に既に決戦を行っていたとはその時は知る由もありませんでしたが、何だか「縁」のようなものを勝手に感じてしまう私なのでございました。


皆さんはどんな映画がお好きですか?










Last updated  2009年10月08日 12時57分24秒
コメント(12) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.