306370 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カノンのお稽古帳♪

PR

X

Calendar

Comments

kanon212@ Re[1]:お盆休みのお出かけと着物 その3(08/14) イコマさん はい、めずらしく縞の着物です…
イコマ@ Re:お盆休みのお出かけと着物 その3(08/14) 縞柄!なんて素敵なんでしょう!カエデの…
kanon212@ Re:どきどきしました!(08/15) 花のんさん ありがとうございます! 休み…
kanon212@ Re[1]:お盆休みのお出かけと着物 その4(08/15) もりrinさん お返事遅くなりすみません…
花のん@ どきどきしました! カノンさんのアンティークのお着物、どれ…

Category

Archives

2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2011年01月16日
XML
カテゴリ:音楽
清らかな美しい音でした。
どの曲の演奏も、作品に対する愛情や感謝に満ちて、まっすぐ聴衆の心に語りかけてくるようでした。そして何よりも輝く喜びの表情に、こちらまで幸せを分けて頂いた様な温かな気持ちにさせられました。

ピアノという楽器を弾くためには、何かを表現しようとするには、高度な技術が必要ですが、指が目まぐるしく速く動くことや、たくさんの和音を強く鳴らすことが目的ではありません。作曲者の意図、思いや願いが込められた作品の世界の中に、演奏するその人自身の心が表れること、伝わることが最大の魅力のように思います。

「自分が左手でだけで演奏しているとか、不便不自由であるとか、そのようなことは一切感じなかった。弾いているのは音楽なのである。」

とても心に残った舘野泉さんの言葉です。







Last updated  2011年01月20日 15時22分57秒
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.