055078 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

c.err@nt back from the Hub

PR

プロフィール


c.err@nt

カテゴリ

お気に入りブログ

★☆★ボストン生活・光… ERICA3さん
Maki Ueda のページ bonbonbon36さん
zion's web-log Zion2930さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

miscellaneous thoughts

April 8, 2006
XML
カテゴリ:miscellaneous thoughts
ダウンズ、むづいです。めげそう。
しかも他のものもさらってかなりバテた頃に取りかかるので、よれよれ。
変更になったパートはかなり楽だが、せっかく他のも手元にあるし、
曲の理解度に大差が出そうなので、いろいろやってみる。
チェコフィル軍団の録音は、また大誤読を見つけてしまったが(何故全員揃う?)
なんにせよあれだけしっかり音が出ているのは脱帽です。






最終更新日  April 8, 2006 07:19:38 PM
April 5, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
お勉強。
例のCDは、作曲家のサイトから注文したらすぐに届いた。
しかし、バボ氏のプレイは凄いのだが、
変拍子とか細かいリズムは相当出鱈目で、
よくこれでOKにする、というか一見何事もなく進行してしまうなあ、
といういい加減さ。

ちゃんと理解してないと入れないので、書き込みまくります。






最終更新日  April 5, 2006 11:02:07 AM
March 24, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
演奏会の裏方仕事はいろいろやってきたが、
やはりしっくりやれるもの、どう頑張っても居心地が悪いものはある。
下に行くほど苦手です。

・譜めくり
 演奏に劣らず緊張し神経を使うが、"場違い感"がなく割と好きな仕事。
 上達したのか最近は何人かのピアニストに褒められた。

・ステージハンド
 なんか態度がぎこちなく、おろおろしがち。今日も大過はなかったが、どうも…

・ケータリング
 という名のもと、バケツ一杯分くらいのインスタントコーヒーを作ったものだ。
 天下の○POメンバーも、あのテキトー飲料を飲んだのだなあ。
 今はなき某音楽事務所でのバイトでした。

・もぎり、受付
 挙動不審度さらにアップ。まっとうな一般人の仕事に最も近いのであろうが。

・搬入出(荒事)
 メンタリティ的に一番しっくり来ない。とはいえ、一番多額をバイトで稼いだのはこれ…







最終更新日  March 25, 2006 01:54:30 AM
March 2, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
VHS→DVDダビング中にちらっと見ていたスヴェトラーノフ/N響のカリンニコフ1番が
もの凄い演奏で圧倒された。
このロシアの熊さん、BSOにもマーラーの1番を振りに来るはずだったのが、
亡くなってしまったのだ。
(どうも「巨人」はBSOには鬼門らしく、その翌年のガッティも病気で代役が振った…)
改めて、赤い扇風機に合掌。






最終更新日  March 3, 2006 11:30:54 AM
February 28, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
先の話だが、リサイタルなどが一段落ついたら
ちょっと海外に出て刺激を受けたいなという気もする。
ボストンのアパートの敷金がどっと返ってくるから、
アメリカにも行かなきゃなのだが、
ついでに好都合そうなKBHCは参加費がけっこう高い。
行ってみたいケープタウンにはマイルでは行けない(便がない)らしいし…


ところで、なぜかゼロからのドイツ語を独学中。
ich wohne
du wohnst
er wohnt

覚えられん。






最終更新日  February 28, 2006 07:02:24 PM
February 17, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
・いきなり日本語が!と思ったら、千葉先生の回復を願う伊藤先生の寄稿です。

・TransAltantic Horn Quartet(TAHQ)、D.Ohanianの後任にJ.Nelsen
(元カナディアン・ブラス)がなったそうな。

・Adam Unsworthのジャズ&無伴奏曲CDがリリース。
サイトで試聴できるが、ぶっとびます。早速プリオーダーしました。

・AHQのKerry Tunerは、ヘルニアの手術回復ぎりぎりに予定した演奏会
(シューマン/コンチェルトシュトゥック)をひとつこなせず、代役にNagy…
それも凄そうだ。しかし10日後の同曲にはケリー復帰。

・去年亡くなったH.Berv、M.Smith、L.Stoutの追悼記事。
引退したN.Miller(フィラデルフィア管)、R.Mackey(BSO)の記事。






最終更新日  February 17, 2006 11:07:07 PM
February 13, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
Horn Call
来たが英語を
読む億劫






最終更新日  February 13, 2006 08:44:40 PM
February 11, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
モーツァルトのコンチェルト断片を復元した学者は大勢いるが、
そのひとり、J.ニコラス氏の自作コンチェルトの楽譜を入手してみた。
継ぎ接ぎして笑いをとる、モーツァルトのパロディ的作品かと思いきや、
違った。スタイルを模して大まじめに書いた、まっとうな曲。
K494aをちょっと意識したのか半音階的に動いて面白いし、
細かいパッセージにはロゼッティ風の趣もあるが、
興味深い。どれくらいモーツァルトっぽく響くだろうか。

ところでニコラスさん、作曲とチェロの他に、5ヶ国語でプロの翻訳家としても
活動し、合唱の発音コーチ(チェコ語等)もするらしい。
そして、消防士でもあるらしい… 多才な人だ。






最終更新日  February 11, 2006 10:10:48 PM
February 9, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
昨夜はレイトショーで「ミュンヘン」を見た。
映画自体の感想は長くなるので置いておいて、
脇道的感想でいうと、ホルンが痺れるほど美しい。
映画館だと雰囲気のせいもあり、あとでサントラ盤をきくと「それほどでも…」という
場合もあるだろうけど、とりあえずその場では完全に圧倒された。
J.T.氏だろうか…






最終更新日  February 9, 2006 01:52:20 PM
January 27, 2006
カテゴリ:miscellaneous thoughts
ようやく、日本に完全帰国しました。
思えば、留学先、それも窮屈なリトルジャパンの存在しない場所で
ブログを綴るというのは、大変に気楽なものでした。
思うが儘、言いたい放題をさせてもらってきた気がします。
またそれが米国生活のよいガス抜きにもなっていました。
しかし、日本で日本語の、かつ本業に関係したブログを綴るということになると、
好むと好まざるとに関わらずそのスタンスは変わらざるを得ないと思うようになりました。
そこで、プライヴェートな、より本音の出たつぶやきは、
某ソーシャル・ネットワーキングサイト内で内輪に公開することに致します。
こちらでは、よりパブリックな、オフィシャルな
(そういう部分が自分の生活の中で増加していくと希望的に観測して)
日常やお知らせを中心に、書いていこうかと思っております。
留学日記は、当面そのまま残すことにします。
よろしくお願い致します。

家主  笠原 慶昌






最終更新日  February 8, 2006 05:12:25 PM

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.