430797 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大阪CA声楽コンセルヴァトワール

代表・茶木敏行のプロフィール


【CA声楽コンセルヴァトワール 代表・茶木敏行のプロフィール】


京都府立盲学校高等部を卒業。
その年、大阪芸術大学、演奏学科に入学。

卒業後、関西二期会オペラスタジオを経て、会員となる。
その間、京都市立芸術大学大学院に進む。
在学中、大学院賞受賞。
モーツァルトの歌劇「魔笛」のパパゲーノ、「フィガロの結婚」のフィガロ、レオンカッヴァッロの歌劇「パリアッチ」のスィルヴィオ、ブリテンの歌劇「アルバートヘリング」のスィッドなどその他多くのオペラやコンサートで、当時バリトン歌手として活躍。

その後ドイツのケルンに渡り、ベルギッシェス・ゲザングインスティトゥートゥに入学、ギゼラ・アオルマンに師事。
アオルマン女史の勧めで、テノールへの声種変更に挑戦し、数年後には見事テノールとして活動を始める。

スイスのシュヴィッツでのオペラ公演、モーツァルトの歌劇「後宮からの逃走」のベルモンテ役で出演。
ロシア、セントペータースブルクでの音楽祭に招かれ、ドイツ歌曲を演奏し、絶賛を浴びる。
ドイツ、ナメディー城音楽祭でのオペラ公演、モーツァルトの歌劇「魔笛」のタミーノ役で出演し、タミーノが日本から来た王子であると言う演出のもと、独自のタミーノ像を作り上げ、大好評を博す。
ドイツ国内で、その他多くのドイツ歌曲、オペラ・オペレッタ、オラトリオの演奏会に意欲的に出演。
その間、ボンのカトリック教会での専属テノール歌手を務め、バッハ・ブックスフーデなどのカンタータ、モーツァルトのミサヴレーヴィスなどのテノールソロを数多く手がける。

イタリア、フィナーレリグーレ国際コンクール入賞。

帰国後も、生まれつきの弱視のためオペラ出演は断念せざるを得なかったが、オーケストラ、合唱団との協演や歌曲の分野で実力を発揮する。
ベートーヴェン「第九」「ミサソレムニス」 メンデルスゾーン「讃歌」 グノー「ミサソレムニス」 ヘンデル「メサイア」「ドミニートディクスィス」 ショスタコーヴィッチ「森の歌」 モーツァルト「戴冠ミサ」その他多くのオラトリオのテノールソロを務めるが、中でも、テノールとしての超越技巧を要する、カールオルフ、世俗カンタータ「カルミナブラーナ」のソロを得意とし、絶賛されている。

大阪府舞台芸術奨励新人賞受賞。

また、ドイツ歌曲に対し並々ならぬ情熱を注ぎ、いく度かのリサイタルを開催する。
2004年を最初に、世界的歌曲伴奏者チャールズ・スペンサー氏との協演により、ドイツ歌曲リサイタルをいずみホールにて幾度も開催。

2010年にもチャールズ・スペンサー氏を迎えて、初めてのCD制作を予定

また近年には音楽の分野とは別に、詩の執筆にも力を注ぎ、2009年度、コスモス文学現代詩部門新人賞を受賞。
詩人の卵に通ずる道にも一歩足を踏み出している。

日本シューベルト協会理事
CA声楽コンセルヴァトワール代表


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.