431092 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大阪CA声楽コンセルヴァトワール

PR

全1611件 (1611件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2018.04.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、4、8
去年の春に学校を卒業してから始めたことの一つに、長居にある障害者スポーツセンターに通っていることがある。
以前にも述べたが、学校三年間では体育の授業があり、週に一度結構きつい運動をすることで、なんと三年間通して風邪を引かなかった。
この体育のおかげで、2月の寒い日に行われた国家試験にも万全の体調で望めた。
それでこれは卒業しても是非とも運動を続けなければならないと思い、スポーツセンターに通うこととなった。
この施設にはプール、ボーリング、バレーや卓球などのできる体育館、トレーニングルームなどがあり、上の階には食事のできるラウンジもある。
ここは障害者のための施設なので、障害者手帳があれば無料で利用できる。
僕はいつも入り口の受付でカードを提出し、トレーニングルームへの通行所を発行してもらって、ロッカールームに向かう。
トレーニングルームにはかなり多くのマシーンがあって、体育大学を出た専門の若いトレーナーの先生が常駐している。
周りを見ると「この人どこが障害者やねん」と思えるような人ばかりであるが、中には知的障害を持った若い子たちもいる。
僕はいつもまずマットの上でストレッチングを行ってから、ルームランナーに乗って30分ほど走る。
その時よく隣のルームランナーで走る、軽い知的障害を持った10代後半ぐらいの男性と一緒になる。
彼はいつも何やら英語のポップスを大きな声で歌いながら機嫌よく走っているのだが、かなり早いスピードで延々と走る。
横で僕がへとへとになっても、彼は一向息も切れる様子もなく、楽しそうに歌いながら走る。
僕がルームランナーからトータルボディーというマシーンに移ったり、腹筋代やスミスマシーンを終えても、彼はまだ走っている。
ものすごい体力である。

パラリンピックで金メダル、銀メダルを度々取っている有名な全盲のランナーもここでよくトレーニングをしている。
我々はルームランナーで時々隣通しになって、足音を揃えて走ることがある。
もちろん彼についていけるものではないが。
彼が先にマシーンを降りる時に一度「お疲れ様」と声を掛けてもらったことがある。

僕たちが卒業するときに同時に退職された理療科の先生もここでトレーニングされていて、よくご挨拶をして軽い世間話をする。
去年開催された「森の歌」の演奏会でもバスパートで合唱に参加下さり、在学中我々はこの先生から鍼実技の手ほどきを受けた。
我々がトレーニングの手を止めて話し込んでいると、トレーナーの先生がやって来て「お二人はどういう関係なんですか?」と尋ねられる。
「この方は僕の鍼灸の恩師なんですよ」と僕が説明すると「茶木さんは僕の音楽の恩師なんです」と先生が説明される。
「良い関係ですね」とトレーナーはしみじみ言う。






最終更新日  2018.04.08 23:03:08
コメント(0) | コメントを書く


2018.04.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、4、2
毎週木曜日の夜にCAC混声合唱団の活動を行ってきたが、森の歌演奏会に参加して下さっていた方々により、土曜日の夜に新しい混声合唱団が立ち上がり、そこにCAC混声合唱団の方々が合体して「Chor Einsatz大阪」という新しい団となって、2018年から活動を始めている。
と同時に京都、奈良でもChor Einsatzが立ち上がり、奈良では学園前西部公民館(第一土曜日15時から・第三木曜18時半から・第四土曜日10時から)、京都では堀川高校(第ニ金曜日19時から)で練習を開始している。

CA声楽コンセルヴァトワール主催の「アンサンブル演奏会」が来る7月7日に豊中のステップホールにて開催されることとなっているので、そこへの出演のために今猛練習中である。
「アンサンブル演奏会」ではちょっと色気がないので、今演奏会のタイトルを考えているところである。

Chor Einsatzは大阪、奈良、京都と三か所合同で7月7日には舞台に初出演を果たしたいと思っている。

Chor Einsatzでは団員大募集中であるが、不思議なことに男性が結構充実していて、女性、特にアルトパートが不足している。

是非皆様の参加をお待ちしています。
各会場で練習見学も可能です。

お問い合せ:090−6900−6744







最終更新日  2018.04.02 23:29:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、4、1
阿波座のCA声楽コンセルヴァトワールのスタジオにて、鍼灸院も開業したわけだが、一般の患者様に加えて、歌い手さんたちの声のケアとしての治療も手掛けて行きたいと考えている。
声楽の世界から鍼灸院になったというような者はそういないだろうから、僕が舞台に向けてコンディションを整えるために鍼灸に信頼を置いてきたように、今度は歌い手さんの立場に立ってコンディションを整える仕事をしていきたいと思っている。

声に対する治療としては、まず上に上がってしまった気を下腹部に下ろして安定させる。
首や肩の凝りの原因のほとんどはこの逆気なので、これで上半身も解れる。
横隔膜を柔らかく上から下まで運動することを助けるツボがあるので、そこにアプローチする。
これがうまく行くと呼吸運動が促進されるので、CO2を充分に排出し、酸素をたっぷり取り入れることが出来るようになり、毛細血管でのガス交換が促進され、美しくなった血液を静脈が心臓にたっぷりと運ぶ。
これは糖尿病の人にもとても大事な治療となる。
同時にこのツボは、何かに向かって躍進する活力、根気、目的を成就させるねばりを司っている。
と同時に、取り入れた水分を充分に粘膜に行きわたらせるためのポンプを力付ける。
これによって喉が潤い、冷えが解消される。
という風に多くの効能を秘めた名穴だ。
歌い手さんが舞台に向かって必要とすることは、気持ち自体がストンとあるべきところに落ち着いていること、舞台を乗り越えるための活力、喉の潤い、柔らかく充分に横隔膜が運動できること、声帯を動かすための筋肉の働きを阻止するものを除去する、風邪を引かない体を維持する、何よりも健康を維持する、というようなポイントであろうか。
ドイツの言葉に
「Saenger sind Gesundesmaensch/最も健康な人々、それが歌い手」
というのがある。
結局歌い手が声のためにコンディションに気を配るということは、生きるための健康を維持するということだから、彼らは最も健康な人々、という意味である。






最終更新日  2018.04.01 23:00:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、3、21
鍼灸の国家資格を取り、学校を卒業してから一年が過ぎた。
その間修行を積んできた治療院で多くの患者様に関わって来たが、この度自分の治療院を開業することとなった。
場所は今まで続けて来たCA声楽コンセルヴァトワール阿波座スタジオの空いている時間を利用して行う。
治療ベッドを初めとして、治療院開業に必要なものをいろいろ買揃え、都道府県知事に開業届を提出し、保健所からの臨検検査を受けた。
HPやチラシの製作も進めているところである。
もう何人かの方をここで治療した。
少しでも皆様のお悩みの症状を軽減していければ、これに勝る幸せはない。
音楽共々、医療従事者としての魂も根強く自分の内側に育ち行く実感がある。
音楽、特に声楽と医療、特に鍼灸との間には、意外に共通点があって、そういう点で僕にしかできない音楽と医療の補い合いのようなところを探って行きたいと考えている。

今までどういった症状にお悩みの患者様を手掛けて来たかというと→
●風邪を引いた
●風邪が治っても咳が残って収まらない
●女性の更年期障害にまつわる様々な問題(ホットフラッシュ、夜眠れない、いらいらする、頭が痛い、他)
●花粉症で鼻と目が辛い
●腰椎椎間板ヘルニアの痛みで夜が眠れない
●ぎっくり腰
●不眠症
●肩、首の凝り、目の奥の違和感
●腰、膝の痛み

その他、もっと様々な症状に対応可能ですので、ご遠慮なくご相談の電話を下さい。
例えば、私が修行を続ける流派では外には見えない体の内部の健康を整えて行く完全経絡治療ですので、それが不妊のお悩みを解決してしまう例も多いようです。


※歌い続けて来た僕が新しく鍼灸の世界に足を踏み出す中で、是非行っていきたい治療に、声楽を志す方々のケアがある。
舞台で活躍されている方、合唱をされている方、その他趣味で声楽を習われている方など、声のお悩み、ステージに向けての喉と体調の管理のことなど、鍼灸で出来ることで全力でサポートいたします。
●何だかずっと声の調子が悪い
●歌うと喉の乾燥が気になる
●腹式呼吸での深い呼吸ができない
●歌うとすぐ声が枯れる
●ステージ本番に向けて、体調を万全にしたい



「茶木鍼灸院」の詳細情報を下記に記します。
お気軽にお問合せ下さい。

※※※※※※
    茶木鍼灸院
新規開業!

※体の総合的な健康状態を整えることによって症状を改善していく、完全経絡治療。

肩凝り、腰が痛い、膝が痛いというお悩みだけではなく、不眠、不妊、長く続く咳、更年期障害にまつわる様々な問題にも、改善に向けて全力でサポートいたします。
他にも気楽にお悩みの症状をご相談下さい。

●茶木鍼灸院所在地
〒550-0005 大阪市西区西本町2-4-8
CA声楽コンセルヴァトワール内
●アクセス
地下鉄中央線・千日前線「阿波座」駅下車 1番出口より徒歩3分
地下鉄四つ橋線「本町」駅下車 24番出口より徒歩7分

●お問い合わせ
090-6900-6744(茶木敏行)

●営業時間
年中無休、完全予約制
10:00〜20:00(受付終了)

●料金
¥5000(治療時間は約1時間半)

【下記の場所にて出張治療も行っております。ご希望の方はお問い合わせ下さい】
河内長野:〒586-0084 河内長野市旭ヶ丘34-16

京都:〒606-0902 京都市左京区松ヶ崎桜木町12-2
​​​​​​​​






最終更新日  2018.03.22 01:05:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、2、19
先日インフルエンザに見舞われた。
何年も床に臥すということがなかったので、ほんと久しぶりに熱に苦しんだ。
いつものようにスポーツセンターに行ってマシーンンを使ってトレーニングをこなし、ルームランナーの上で30分ほど走ったら胸の辺りがゼイゼイして、ああまたやり過ぎたか、と思っていた。
普通数時間でその違和感も消えて行くのだが、この時は次の日になっても消えずそのままそこから炎症が広がって行き、熱が出始めた。
今から思えば鼻や喉の粘膜から感染したのではなく、肺門に近い気管支でウィルスの感染が起こったらしい。
だから喉も全く痛くないし、さほど鼻水も出なかった。
8日から気管支に違和感が出て、10日の夜には布団にくるまれていてもブルブル寒さに震えた。
これは「セットポイントが上がった」というのだが、我々の体温というのは常にセットポイントによって一定に保たれている。
不通なら35・6度ぐらいのところにバーが設定されている。
何かしら敵が体内に侵入した場合、免疫が 反応して倒す武器として用いるのが熱である。
大概の菌やウィルスは熱に弱い。
急に体温を上げて敵を死滅させるのである。
いくら暖かくしても寒さでブルブル震え歯をガチガチ言わせるのは、体が突然セットポイントを上たことを意味する。
熱を上げて敵に攻撃を加えるぞ、ということだ。
セットポイントのバーが高いところに上がるということは、本人の体温感覚は低いところに置き去りになるということで、ものすごい寒さに襲われるということになる。
本来はそれに過剰に反応して、すぐ熱を下げる薬など飲むのはよくないかもしれない。
薬の力ではなく、自分の熱でウィルスを倒すことができれば、それだけ体は強くなる。
潜在的な癌細胞もその時に死滅するとも言われている。
ただ、高すぎる熱はやはり危険である。
脳炎や目、耳の機関の後遺症の危険なども伴うから。
どうだろう、やはり9度が目安になるだろうか。
でもその人の体力、ウィウルスや菌の種類にもよるので一概にそうは言えないだろうが。
今回は丁度連休だったので、病院にも行けず薬は一切飲まなかった。
だから症状から見てインフルだと自分で判断しているだけで、本来はどうか分からない。
熱が下がった後は腰が痛んで動けなくなった。
3日ぐらいするとそれも消えて行った。
運動さえしていれば風邪菌にもインフルにも打ち勝てるという僕なりの神話は、これ
で消えた。







最終更新日  2018.02.20 20:56:12
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、2、15
京都の者が「どうぞお上がりやす」と言ったら上がっちゃだめ、とか「おぶ食べてお
行きやす」と言われて「それじゃいただきます」と腰を据えたらえらいことになると
か他府県で悪口を言われているというのは、京都を出て初めて耳にした。
でも現代そんなやつはいないだろう(笑い)。
僕が人類文化比較論の観点から見分したところによると(笑い)、パリ、ロンドン、ロ
ーマ、イスタンブール、アテネ、京都のように以前一度華やかに栄えた町に昔から代
々住み続ける子孫たちは、プライドが高く、他人を見下ろしていないと生きていけな
い、という者がいるようだ。
人間が一旦持ってしまったいやなプライドは、家の中でどんどん子や孫に受け継がれ
て行くということだ。
怖いものだ!
他府県での京都への陰口のような内容は今としては誇張になるが、でもまあちょ
っと独特なプライドみたいなものは未だ内に持っている人もいるのかもしれない。
東京人と京都人がなにやら似ているのもそういう理由かも。
「家の中で脈々と受け継がれるメンタリテート」というものは、やはり一人の人間を
作り上げる最も大きな要素になるから。
もしその家系の悪いメンタリテートを断ち切りたいと思うなら、どこかの時点で誰か
が子を儲けない、と決断しないといけないぐらいの強い伝達力を持っている。
その上、京都という町は古来から女性がイニティアシブを取ってきた町である。
逆に言えば男がとにかく頼りないのだ。
今の京都の若い男の子たちはどうか知らないが、僕らのころでも女の影に隠れてい
ないと生きていけない、というような男ばかりであった。
それによって男通しの陰険さよりも、女通しの陰険さが町の風潮のようになって行っ
たのかもしれない。
だからこそ女性の細やかさや優しさ、思いやりもそこに根付いている。
現代ではどの町でも他府県との混血が盛んで、京都でも純血が減って行ったことで、
悪いプライドみたいなものも少しずつ消えて行っていると考えられる。






最終更新日  2018.02.15 23:07:01
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、2、14
頑固と意固地の違いについて考えることがある。
僕は昔から頑固と言われることが多い。
でも意固地の結果に頑固になっているとは思えない。
世の中の常識や暗黙の了解や足並みを揃えることを重んじるこの国の大きな流れの淵
でふと足を止め、自分の頭でものを考えようとすると「頑固者」と罵声を浴びるよう
な気もする。

今「天と地の守り人」という守り人シリーズの最終章を読んでいる。
最初に11歳のチャグム皇太子の用心棒をバルサが引き受けたことから、ずっと彼と
の関わりが続く。
その中で何年も合わない時期などがあり、父の帝に疎まれて、命を狙われ国を追われ
たチャグムがいろんな国を旅して、皇太子には考えられない下働きなどもしながらな
んとか命を繋いで、我が国衙他国から攻められることを防ぐために他の国への同盟を
希望して、一人で画策に走り回ることが描かれている。
今読んでいる最終章ではバルサとチャグムが5年ぶりに再開して、再びバルサが
チャグムを守りながらバルサの故郷の国王に同盟を嘆願するため旅をするのだが、5
年ぶりに再開したチャグムは16歳、抱き合った相手はもう男の子ではなく、立派な
男に成長し、バルサは自分よりはるかに背の高い青年の大きな腕に抱かれている、と
いうシーンがある。
5年前にバルサと別れるときに「いやだ、僕は皇太子なんかになりたくない、バルサ
とずっと一緒にいたい!」と泣いていた少年は、今は自分の国の民を何とか自分の手
で他国の侵略から守りたい、という強い思いから信念を持って バルサの諭すことに
も首を横にふるような頑固さを備えている。
でも子供のころからずっと持ち合わせている「誰も死なせたくない、誰も血を流さず
平和に生きて行く世を築いて見せる」という、皇太子としては優しすぎる心を持ち合
わせている彼は、火事の中で自分を狙う死角をバルサが倒した後も、バルサが止める
のも振り切って火の中に飛び込んで敵を救うという青年。
「誰も傷つけずに自国を救うなんてことは誰にもできやしないよ」というバルサの言
葉にも「いや、まだ道はあるはずだ、私はそれをやってみせる!」ときっぱり言い切
る彼をバルサは何も言わずに、彼のまぶしい成長に目を細める、というシーンンもあ
る。
信念を持って自分を信じて目的に突き進む力は、周りからは頑固と見えるかもしれな
い。
それと意固地とはまた違う。
女性ではる上橋菜穂子さんが描くチャグムの像は、全女性の憧れる青年ではないだろ
うか。
大人たちなら簡単に諦めてしまうことを「できるはずだ」という思いで諦めずに乗り
越えようとするこの青年の背中に、僕ですら心を奪われそうになる。






最終更新日  2018.02.15 02:20:04
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
2018、1、17
今まで明治の文豪たちの作品ばかり取り上げて、自然主義たるものの流行りのものばかり続けて読んでいた。
今まであまり手を付けていなかった樋口一葉のものに至って、たけくらべはまだよかったにしてもその他の作品でとうとうくじけて途中で本を閉じてしまった。
彼女の描く下流階級の生活を舞台としているところにはとても引かれたのだが、何のストーリーの起伏もなくだらだら進む話にとうとう根気がなくなってしまった。
これは彼女の作品に限らず、自然主義に反発を表明していた谷崎潤一郎でさえよく似たものだった。
このころの海外の作家からの影響だろうと思っていたが、まさにその現実的な日常をだらだらと紙の上に書き並べて行くことが、読み終わった時に知らぬ間に読者の胸に刻み付けられる、というのである。
最近読んだだらだら小説では、徳田秋声がその最たるものであった。

そしてこの間から突然現代作家のものに手を出した。
上橋菜穂子の「精霊の守り人」というものである。
これは今NHKのドラマにまでなっているので、多く知られているファンタジー作品であろう。
そのような流行りのものを読むのは僕の趣味には大きく反するが、きっちりはまってしまっている。
何しろどこを読んでも退屈させられるということがない。
そのことが良いのか悪いのかは分からないが、たいした才能ではあると感心させられる。
それにこういう架空の世界と、そこに渦巻く人々の心模様を描くには、相当いろんなことを勉強する必要もある訳で、そのことにも感心しながら読み進めていた。
「精霊の守り人」を読み終わり、今その続き物である「闇の守り人」に取り掛かっている。
でもこれらの流行り小説にも注意して読んでいると、作家の思念やメッセージや問題提示が見え隠れしている。
それがなければ、ただの格闘マンガになってしまうだろう。
まあとにかく気分を変えて、しばらくこのファンタジーを読んでみることにする。






最終更新日  2018.01.17 13:28:48
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
2017、12、14
去年で言うと、国家試験の追い込みに入っている12月である。
全くあっという間の一年が経とうとしている。
音楽の活動でばたばたしているうちに、すでに9か月ほどが過ぎた。
目標である開業もまだ滞ったままで、務める場も未だ見つかっていない。
それにはそれなりの理由があるのだが、まあとにかく修行の方だけはどんどん続いて
、まあカメの歩みではありながら確実に前に進んでいるようである。
今は21日、23日に控えている舞台本番に向かって、地道な練習と体調管理を気に
している。
週二回スポーツジムに通うことも続いて、それが体調を維持する大きな要因となって
いる実感がある。
後は風邪が体に入ったらいち早く察知して、即座に自分で鍼治療によって除去することも行っている。
修行に入っている治療院の方では、歌い手さんが本番前に体調を崩されて駈けこんで
来るケースも、おそらく冬だからだろうか多くなって来た。
将来は歌い手の体調管理、舞台本番を健康に迎えるケアを行いたいと希望しているの
で、大変嬉しいことである。
そのようにして2017年が過ぎていさこうとしているが、来年は望んでいる方向にグ
ンといろんなことが前に転がり出す春になればいいと願う。






最終更新日  2017.12.15 02:29:42
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
2017、12、5
「最近日記、さぼっておられますね」と先日知り合いに言われ、「いや、本当だ!」と心ずいたようなことである。
12月は第九、お座敷の仕事、それから23日のサロンコンサートと、歌う機会がたくさんある。
お座敷の仕事というのは「茶木さん、あなたここへ来てちょっと歌いなさい」とお声がかかって、ミニリサイタルみたいなことをやる仕事を「お座敷がかかった」というのである。
三年間歌うことから遠ざかっていたからこそ、歌わせていただけるというのは本当幸せなことであると感じることができる。
何故なら僕の歌を聴きたいという方が居なければ、我々の演奏というのは成立しないのであるから。
そして責任もそれだけ重くなる。
とにかく年内は風邪を引けない。
でも最近は便利で、修行しているおかげで、自分で脈診して風邪引いたかどうか調べることができる。
風邪引いた、と意識するのは、もうかなり病状が進んだ状態なのである。
風邪の症状が現れるまでには、何段階かのミスを重ねているものなのだ。
脈診によって、風邪の一番表症、いわゆるまだ症状として表れていない段階を知ることができ、その時点で処置すれば容易に風邪を撃退させることができるのだ。
それで最近は電車の中、ホームの上、エレベーターの中など、所かまわず自分で脈診しているので、さぞかし周りは変な目で見ていることだろう。
それに大勢での会話の途中などで話題が怪しいところに行こうとするときや、手持無沙汰のときなど、必要がなくても脈診して、会話の外に出たような態度を示すこともできる。
とても便利である。

12月23日(土・祝)午後2時半より、阪急芦屋川で行うサロンコンサート「禁じられた風節」のチケットが未だ売り切れていない。
今回この演奏会の企画として、時期と場所でしくじったようである。
いつも僕の演奏会に来て下さるお客様は、大阪、奈良、京都の方々で、神戸の方はほとんどおられない。
あまり神戸まで行慣れておられない各地の方々は、とても遠いと感じられるようである。
それに12月23日という日時。
調査によると、主婦はもうこの辺りになると気が焦って、暮れの仕事に追いまくられる強迫観念に迫られるようである。
しかし実際にはこの日一日で何をするという計画もないのだが、とにかく差し迫ってくるという脅迫が彼女たちの気を焦らせ、そんな時期の演奏会に出かけていられるものではない、と思ってしまうらしい。
よい教訓であった。

皆さま、まだチケットはございますので、是非お越しください。
今回はイタリアカンツォーネ、日本歌曲、ドイツ歌曲、それにオペラアリアと二重唱もソプラノにお手伝いいただいて演奏します。
この歌劇「トスカ」の二重唱は濃厚な愛の二重唱であって、少し演技も付けてやるので何やらちょっと照れくさいのですが、まあこういうアンサンブルも久しぶりのことなので、精一杯楽しんでみたいと思うのです。

足をお運びさえ下されば、たっぷり楽しんでいただけることと自負しておりますので、よろしくお願いいたします。








最終更新日  2017.12.05 23:40:21
コメント(0) | コメントを書く

全1611件 (1611件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.