1918032 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちゃのう的、広く浅い世界。

PR

Calendar

Profile


ちゃのう

Favorite Blog

先の見えない延長 New! しゃべる案山子さん

はじめての偏差値、… New! 細魚*hoso-uo*さん

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

少ない夏休み...… New! MOTOYOSさん

ワークマンの長袖涼… ようさん750さん

Comments

 ちゃのう@ Re[1]:たった数十年で世界が変わる?(08/22) New! 細魚*hoso-uo*さんへ  幕末は・・・(焦) …
 ちゃのう@ Re[1]:たった数十年で世界が変わる?(08/22) New! MOTOYOSさんへ  不思議な事に・・・  都…
 細魚*hoso-uo*@ Re:たった数十年で世界が変わる?(08/22) New! こんにちは。 幕末のいざこざはすっ飛ば…
 MOTOYOS@ Re:たった数十年で世界が変わる?(08/22) New! その性質のおかげで素敵な洋館がたくさん…
 ちゃのう@ Re[1]:統一スケールではないけど?(08/21) 細魚*hoso-uo*さんへ  あの手の込みよう!…

Category

カテゴリ未分類

(271)

挨拶

(74)

バイク関連

(1466)

(18)

Moto GP

(112)

ツーリング

(973)

ダム

(1040)

乗り物

(623)

食卓

(22)

鉱山

(351)

索道

(142)

歩く!

(831)

崩落!

(189)

隧道

(261)

橋梁

(243)

カンバン

(370)

せんろ!

(241)

展望台

(110)

階段

(59)

滝!

(70)

石垣(積)

(32)

河川

(81)

凍結!

(122)

切通し

(4)

バス停

(7)

廃?

(42)

建造物

(369)

生き物

(54)

日常

(9)

景色

(5)

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

全189件 (189件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

崩落!

2019.06.15
XML
カテゴリ:崩落!
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 良い真似モード発動中の?

 鉱山道路2019編


 ​​まあ、まだ?
 この辺なら普通に歩ける!

 そう。
 普通に雑木林の中を歩くことのと変わりませんから!

 でも・・・
 良い子は絶対に真似しないようにしましょうね!
 この落ち葉の下に何が隠れているか?(特に拳大より大きな石に乗ると怖いぞ)

 そして倒木の上を跨ぐときに!
 気躓いたりしないよう
 十分に気を付けないと・・・(焦)




 それよりも!(滝汗)


 なんか嫌な物が見えてる気がする??

 ​いや・・・
 見間違いであって欲しい気がするのですが!!(願)

 左前方向
 妙に開けているよね?



 って言うか!(叫)




 やっぱし逝ってたよ!
 路盤!!

 まあ?
 運よく半分残っているから、まだ先に進めますが・・・


 ​​​この位なら普通の登山道と大差ないよね?

 それに・・・
 小河内ダムの大麦代展望台跡へのハイキングコースと比べたら、マジで可愛いよね?
 この状況!(笑)

 ​​まあ落ちれば!




 ちょっと痛いでは済まされないのは変わりありませんが?
 こっちの方が標高差が低いから、けがの程度も少なくて済み・・・

 って、そんな問題じゃないぞ!!(怖)


 とりあえず、この崩落個所を過ぎれば!





 道幅復活!

 って、よく見ると・・・
 交差できるスペースが確保してある?

 大黒トンネルの工事中
 やはり?

 オート3輪とか通れるように拡幅工事したのかもしれない?


 で!
 工事車両が交差できるスペースを設けた可能性はありますよね?




 そして倒れている木も・・・
 皮をむいてあると言う所から??

 何か作業用に使われた材木なのかもしれない?



 

​​


 そして暫くは・・・
 また平坦な道が続きますが!!




 この付近は、路肩に補強を打った形跡がありません!


 ​多くの砂利を含んだ、崩れやすい路盤です!(怖)

 雨降ると怖いぞ?
 この付近・・・

 でも!
 廃道から半世紀以上経って、その姿を残している所から・・・
 当時、機材搬入用に相当苦労して頑丈な路盤を造ったんだろうな?

 この旧道!!(凄)

 


 ただし!
 崩れる時は・・・

 表層から一気に「ゴソッ」と逝くけど!!(泣)


 そして再び!!(叫)


 ​


 って言うか、今度のは・・・
 規模こそ小さいけど!

 持って逝かれ方が、ちょっとヤヴアィ!!(焦)

 ​​完全に路盤
 無くなってる!

 右端の方
 上の斜面から崩れ落ちてきて、堆積した土砂だけが残ってる!

 で・・・
 その上を、おそらく?
 カモシカ鹿だな?

 野生動物が、ギリギリ感を堪能しながら歩いた跡が残ってる!(笑)

 ​​​​
 しかもよく見ると・・・(驚)




 なんか見えてるよね?

 という自分も・・・
 この崩落個所に見惚れていて(困)

 現地では全く気付きませんでしたが!(悔)

 ​​



 赤丸の位置!
 路盤崩落防止用にアンカーを打ち込んだ跡?

 って言うか、ナットが締めてあるのが見えてるよ!
 ココ

 元々から崩れやすい場所だったんだな?
 きっと・・・


 ​​そう言った努力もむなしく・・・
 大自然の力の前に!!





 うわっ!(叫)


 と言うのは冗談ですが・・・

 河原に落ちてる大量の倒木
 たぶん、斜面と一緒に落ちて行った木なのでしょう?


 ​​ま! とりあえず・・・




 大型の野生動物が進めるのですから!
 自分の体重位なら大丈夫?

 のはず!!


 と言う事で、慎重に進みます


 が・・・
 せっかくの努力も?(涙)




 もっと嫌な予感しかしない!

 ただ、単にカーブしていて
 右の斜面の刺客になっているだけなら良いのですが!


 って言うか、残っていてくれよ路盤!!(願)




 次回・・・


 もしかして詰んだ?


 



 ゴールが見えていながら・・・
 ココで元来た道を戻ることなるのか?



 ​​​​にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
にほんブログ村






Last updated  2019.06.15 09:18:58
コメント(2) | コメントを書く
2017.12.29
カテゴリ:崩落!
​​​​​​​​​​​​​​

 念のために言っておくよ!
 コレ・・・

 現役の遊歩道だからね!!(寂)​

 舗装はされてないけど・・・


 でも!
 結構険しい場所に作業道を造ったんですね・・・
 戦前に(それを小河内ダム竣工後に遊歩道化したはず)

 そして、この道が一体どういう使い方をされたのか?
 それを記す資料が見つかっていません!(泣)

 そして現在。

 この遊歩道を利用する人は、あまり存在しないのも・・・(涙)
 登山ルートからも外れちゃってますしね(困)


 しかも!!(焦)




 崩落&落石とか!(怖)
 倒木とか・・​​

 って!
 右側のコンクリート製の柵とか!
 落石防護ネットを突き破ってきた落石に破壊されちゃってるし!(痛)


 あと・・・
 結構な確率で?(2~3年の割合)
 土砂崩落による通行止になるんですよ(焦)

 この遊歩道


 だけど!
 利用率が低い割には?
 必ず復旧されて、通行できるようになるのが不思議です!

 左岸の道路(自動車が通れる舗装路)があるので、わざわざ遊歩道を使うメリットは少なかったりするのですが・・・


 そして、景観も・・・(焦)




 そんなに凄い訳じゃないぞ?

 河原にも降りれないしね・・・
 夏場に蛍が出るとか!
 そう言うのも聞いたことが無いですし?(焦)

 まあ、昔はすごかったのかもしれませんが?
 蛍が??




 そして落石防護ネットが途切れて!

 周りが明るくなると・・・



 そこは!


 再び土砂崩落の巣!(怖)
 って言うか、地滑りが起きやすい場所です・・・


 以前に、滑り落ちてきた土砂で遊歩道が完全に埋まっていたのを見たことがあります!!(怖)


 そんな状況にも関わらず廃道にならないのは!!(「むかし道」として紹介されるのは左岸の舗装路の方ですし)


 ちょっと不思議すぎるぞ?


 小河内ダム建造当時(しかも、前準備の段階だと思うぞ? この道が主に使われたのは??)ならともかく!
 


 




 ちなみに!
 左側の石垣は、間違いなく戦前の物です!
 

​​​​​ ですから、この道が小河内ダム建造時に使われていた可能性は、かなり高いです?


 ​その後、遊歩道化されてから?
 何度も落石防護対策をしていますが・・・


 今でも、普通に崩れるんだぞ!(怖)
 この斜面!!(怯)


 そして、そんな場所にある遊歩道は!



 ハアハア・・・





 見えた来たよ!

 今回の最終目的地である、砂防ダムに!!​



 って、年内最後は意地でもダム・ネタで終わらせようという魂胆丸見え?​

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2017.12.29 15:02:57
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.01
カテゴリ:崩落!
DSC02497.JPG

 そう言えばです!


 今年の鉱山道路編が、例年と違う方向から入って・・・
 途中で(時間切れもあって)撤退してしまった理由



 触りの部分だけで、何があったのか?


 それを書いていませんでした。


 出合交差点



 その昔、1日1本だけ来るバスに乗るために!
 約1時間かけて山越えをして来たと言われる鉱山の人達(凄)


 でも・・・
 度々発生する土砂崩落などによる通行止により(泣)
 この出合からバスに乗る事が出来ず!


 更に数時間歩いて旧国道140号線まで行く多かったらしい?(泣)


 だから?


  DSC02496.JPG


 この出合の隧道から秩父側の情報が物凄く重要視されていたらしい?



 しかし!
 現在は、その逆で・・・



 まあ、何と言うか?
 この出合トンネルを潜った先に!



  DSC02503.JPG


 ひっそりと置かれている?
 道路情報が重要視されていたりする
!


 まあ、ヘンな話・・・


 鉱山に出入りするダンプすら・・・


 鉱山にたどり着けなくなる事態も、数年に一回は起きるので(困)
 この場所にある看板の情報は、物凄く重要なんですよ!


 だけど!(困)

 トンネル手前に置かれていることは殆どなく・・・

 抜けてからすぐの場所。

 しかも暗い場所で!
 看板自体も小さいので見落とすことも多かったりするのが難点で・・・


 実際!


  DSC02502.JPG


 こんな事になっていて、マジでヤヴァイよ!(泣)



 まあ・・・
 過去に何度も経験したけどね?


 しかも何故か・・・
 冬季通行止の間に発生る事が多いんですよね?
 土砂崩落


 で!
 4月に入って、通行規制が解除され・・・


 るかと思ったらアウトでした(泣)


 みたいな事。
 実は、何度か経験しています。


 で!
 今年は、逆ルートになってしまったんですよ!(困)



 なお・・・


  DSC02500.JPG


 八丁峠から志賀坂峠までの区間が、やっと復活!
 登山者の人も、一安心していた矢先
!


 事件は発生しました!(焦)



  DSC09221.JPG


 鉱山にとっての生命線

 雁掛トンネルがヤヴァイらしい?




 そう。
 あの上野村の林鉄跡・事前調査の帰りしな・・・


 とりあえず志賀坂峠から八丁峠越えして、鉱山道路経由で帰ろうとしたのですが!




  IMG_4877.JPG

 ゲート締まってないけど・・・


 だから通れると思っていたんだけど!





 うわ!
 なんか嫌な看板が建ってる!(焦)



  IMG_4878.JPG


 な!
 トンネル内落盤の恐れ・・・


 だと?(滝汗)



 いや確かに?


 いつ崩れてもおかしくないような雰囲気は漂っていたけどね(怯)

 何度も内壁を巻き直したり、アンカー打ったりしてたけどね!

 でも・・・



  IMG_4881.JPG



 ちょっと、コレはヤヴァ過ぎる!!(怯)


 すぐに復旧工事が入るのでしょうけど・・・



 だけど!
 前の台風(21号)・・・


 秩父方面、直撃しちゃったよね?(困)




  DSC09241.JPG


 本来なら・・・
 紅葉のシーズンに、久々に出かけようと思っていたのですが?
 とりあえず、年内の再訪も無理っぽい(泣)


 雁掛トンネル
 来年までに、復活できるのでしょうか?(一般車両が通れるように)



 台風と関係なく崩れまくる鉱山道路(困)



 来期も、半分で終わる事にならないことを祈りたい・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
にほんブログ村






Last updated  2017.11.01 05:00:07
コメント(4) | コメントを書く
2017.09.08
カテゴリ:崩落!
DSC03154.JPG

 見晴らしの丘の遊歩道を登っていきます!

 と言っても・・・
 今回は、大して上まで上がらないはずだから!



 余裕で登っていきます。

 これが、一番上の展望台まで行くとなると・・・(泣)
 ちょっと着ている物とか、脱がないと辛いかもしれない?

 だけど!
 今回は、あまり気にする必要はないはず!



  DSC03155.JPG


 桜の季節は、結構良い場所なんですよ!!


 ココまで登って来る人も少ないですし
 って、たった3分程度の場所なんだから、それくらい登ろうよ!


 と、思うけど(困)
 下から眺めて通過しちゃう人が殆どだったりするんですけどね・・・(涙)



 って!
 こんな場所で、まったしている訳にもいかないので!!



  DSC03162.JPG


 この先だ!
 たぶん。



 そう、この道を進んだ先に!
 建物の基礎が残っているかもしれない??


 索道の話題から、完全に逸れちゃっているけど・・・


 そちらも、まだ終わってないからね?
 と言う含みを持たせた言葉を残し・・・




  DSC03163.JPG


 広場に出た!

 って、単なる展望スペースなのかもしれないけど?


 でも!
 何となく?


 建物が建っていたと言われれば、間違いないような広さだぞ?


 でも・・・(焦)
 そう言えば、今までに何度も
 この見晴らしの丘ら登ってきているのに!


 何故か、このスペースには来たことが一度も無かったな?

 って、まさか隠れステージ発見なのか?


 そして!!(叫)
 
 
  DSC03175.JPG


 何故か、この場所だけ舗装されている!!


 って言うか、コンクリ打ってある!


 って、もしかして・・・


 やはり、ココに建物があったのか?
 その基礎部分なのか?


 でも!
 何故に撤去されちゃったのか?


 
  DSC03187.JPG


 ちなみに!
 この広場の一番奥まで行ってみた!


 その先は・・・


 月夜見駐車場へと続く遊歩道


 う~ん・・・
 遊歩道を歳整備した時に、老朽化した建物を撤去したのか?




 小河内ダム完成後の、観光の歴史的な資料とか全然出てないんですよね(困)


 その昔は、結構有名な観光地として名を馳せいいたはずなのに!!

 って・・・
 黒歴史的な事も多いから、封印されているのかな?



 とりあえず、元来た方向を振り返った時・・・





 うわ!(叫)



  DSC03196.JPG



 何となく解っちゃったよ・・・(涙)


 ココに建物があった。
 それは、たぶん間違いないだろう?


 だけど!!



 そう。
 この付近・・・(困)



  DSC03205.JPG


 崩落の巣なんですよね?(怖)


 地層表面が逝っちゃった跡だよね?(泣)
 地滑り起こしたんですね・・・



 で!



 後はお察しください(願)



  DSC03206.JPG


 てっきり自然の斜面かと思っていたのですが・・・
 


 崩れてきた土砂が積もってたのね?


 で・・・
 この下に・・・(埋)

 って、建物自体は一旦掘り起こした後に、基礎部分のコンクリートだけ残して撤去しちゃって!
 そしてまた、その後に土砂が崩れてきて積もったのかと思いますが??


 

 ココにあった、白い何故の建物・・・



 都市伝説の一つになった?
 って言うか、幻の存在と化してしまった(涙)



 くっ!
 一体、何の建物だったのか?

 知りたかったな・・・(悔)



 本当。
 そう言う事に関する資料って、見つけるのが難しすぎるし!



 同業者の人で、この手の物を扱う人もいないし!!(困)




 仕方ない・・・
 とりあえず、ココは撤退して。
 帰ってから資料になりそうなものを探すか?


 と思った矢先!



  DSC03210.JPG


 ん?
 ちょっと待て?



 そう・・・


 位置(標高)的に



  DSC03211.JPG


 左岸の索道用クレーンタワーが設置されていた場所と同じくらいの高さなんじゃね?
 ココ!


 てことは!


 もうちょっと上まで上がれば!
 あの上の様子を見れるかもしれない??


 更に!!


  DSC03216.JPG


 右岸の展望広場も・・・


 高さ的に同じくらい!
 って、索道が敷設されていたとすれば・・・
 同じくらいの高さにタワーを設置するよね?(実際には違ってましたが)



 ハアハア!


 上
 登っていくか?


 見えちゃうかもしれないし・・・


 レールの跡の手掛かりが!



 と言う事で!!


 まだ続く小河内ダムの索道跡リベンジ編


 まさか逆転劇が始まる!


 のか??


 なお、明日・明後日は・・・
 今年は2週間遅れで開催される!

 モトラッドデイズに参加するため。
 また白馬に向かいます。


 と言う事で!
 無事だったら?
 現地からの更新になるかと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2017.09.08 05:00:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.14
カテゴリ:崩落!
DSC08272.JPG

 鉱山道路編2017



 って!
 復路で1回引っ張り(焦)




 改めて旧道を見てみると・・・
 自動車が通れなかった時代に造られたにしては(狭)
 かなり高規格なものだったのではないかと?


 いや!
 もしかしたら一時的に、ココに無理やりトラックとか走らせていたのではないかと?(焦)

 そんな事すら思わせてしまう程の道幅がある区間もあります。



  DSC08273.JPG

 ん?
 季節が季節なら・・・

 ココ、穿るとクワガタとか出てきそうな気が?(笑)


 と言う話は置いといて!!




  DSC08283.JPG


 ハアハア・・・
 いいな、機械ではなく人の手で削った岩壁!!
(萌)

 
 何となく・・・
 しばらくの間、ここで余韻に浸っていたい気もしますが!


 日中の日の高い時間とは言え・・・
 猿とか、猪とか、熊とかでないとは限らないので!(焦)
 

 あと!
 落石が無い保証もないので!!(怖)


 そして・・・
 本当に、今年はココだけで終わってしまう危険性があるので!(泣)


 元来た方向に戻ります。




  DSC08284.JPG


 おそらく?
 何かの建造物があったであろう平場


 変電所に関しては、何処にも写真が掲載されていないので(悔)
 一体どういう大きさで、どんな向きで建てられていたのか?

 想像すらつきませんが・・・


 って言うか、大体の地形は今回で把握したので!
 写真があれば、一とかはある程度算出できちゃうんですけどね!



 そして・・・
 人が住んでいたという形跡?



  DSC08286.JPG


 土に埋もれかけている大量の酒瓶


 ちなみに!
 商店が数百メートル先に存在していて!
 現行の道が完成してからは、毎日のようにトラックで食料品やお酒類を運び込んでいたらしいので!

 こんな山奥にもかかわらず!
 お酒とタバコの入手には苦労しなかったらしい!(驚)



 

 変電所跡を再利用した?
 社内外注さんの宿舎が、この付近にあったというには間違いが無いらしい?




 そして(焦)


  DSC08291.JPG


 コレは一体何に使っていたのでしょう?
(謎)
 
 う~ん・・・
 たぶんコレは?

 当時の物ではないな?

 きっと??

 コンクリートの状態もきれいだし!
 コケも生えてないし・・・

 後から放棄された物ッポイな?




 とは言え・・・
 ココに建物があったのは、ほぼ間違いない!
 のですが・・・


 こんな崖下の場所。
 どうやって、今の道まで上がっていってたのか
?


 そのルートが判らず(困)



 仕方なく。
 崩れやすい斜面を攀じ登り・・・


 あと2歩くらいで、上に上がれると思った瞬間!!(叫)




  DSC08294.JPG


 O・CHI・TA !(泣)

 って言うか、落ちた!(痛)


 足元、突然崩れた!(滝涙)



 だから良い子は絶対に真似しちゃダメって言ったでしょ!(涙訴)


 
 って言うか、崖落ちしました!


 2m程度ですが・・・



 この時、無理やり姿勢を正そうとして!
 右わき腹を激しく捻り!(叫)


 崖の途中でで30秒位動けませんでした(泣)



 そして・・・
 大変だったよ!(泣)


 この後、右わき腹に力を入れられないから!(困)
 右コーナーで体重移動しようとしたら激痛が走ったりとか!!(泣)


 で・・・
 この3日後の健康診断で撮った肺のレントゲン写真に!(唖)
 右横隔膜が腫れてる(肋骨には異状なし)

 ただし検査結果はB判定
 「とりあえず様子見」と・・・


 診断書に書かれてしまった(泣)


 で・・・
 1カ月以上たった現在でも(困)


 まだ、しくしくと傷んでたり(重たいものを持って、無理に力を入れなければ問題なし!)


 そして余談ですが?(泣)



  DSC08302.JPG


 その後、遠回りに斜面を登り!
 バイクを停めておいたダンプの待機所に戻り・・・


 その付近を脇腹抑えながら探索していた時!(まだヤル気か?)


 う・・・



  DSC08303.JPG


 旧道と、この待機所(って言うか、現行の道)を繋ぐ道の跡を発見しちゃったよ!(泣)


 半分、埋もれかけてるけど・・・
 そして、スパイクタイヤとかの不法投棄されているから(困)

 道だと認識するのに時間が掛かったけど!


 脇に石垣あるしね!



 って・・・
 確かに足元悪いけど・・・(崩)




  DSC08308.JPG


 ココを通っていけば、今よりも安全に旧道に降りれたんちゃうの?
 帰りしなも崖落ちせずに済んだんとちゃう?(泣崩)




 もう。
 こうなっては後の祭りですが・・・(涙)





 そして!
 何度も・・・
 そして繰り返い言います!



 良い子は絶対に真似しちゃダメですから!!(叫)
 興味本位で、出かけようとか思わないでくださいね!


 何があっても自己責任ですから!!


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
にほんブログ村






Last updated  2017.06.14 05:00:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.05
カテゴリ:崩落!
DSC06914.JPG

 まずは状況確認から行こう?


 隧道と書かれた看板があった!
 洞門にある名盤でなく・・・


 ただの看板?


 ん?(焦)
 なんかオカシイよね?



 って言うか?

 最近になって!
 もしかして・・・

 当時の林鉄の事を取り上げるようになったのか秩父市?


 そして!
 ハイキングコースとか設定して!


 林鉄跡を歩こう(叫)
 みたいな事を計画してないか?


 って言うか、自分が歩いてきた路盤跡らしきものは!



 確かに路盤だったという証明はされたけど!

 人知れず、藪と土砂に埋もれていく定めの物ではなく・・・
 メジャールートとして、観光資源化されようとしているのではないか?


 そのうち。
 わざと、レールとトロッコの復元模型とかを川又集落付近に展示したりとか!
 そう言う事もしてくるのか?


 あと余談ですが!
 毎年秋になると・・・


 西武鉄道のハイキングツアーで!
 川又発電所付近の、東大演習林内の道を歩く!

 そう!
 林鉄跡ウォークの募集があるんですよ!

 何故か毎年・・・
 その日が、他のイベントと被ったり、仕事が入ったりして!(泣)
 一度も参加できたことが無いのですが・・・(滝涙)


 この道も・・・
 オプションとして、そのうちに利用する気なのか?


 ちょっと疑いの目で見えてきちゃったぞ?


 って事は、一旦置いといて!


 そう。


  DSC06917.JPG

 隧道、何処だよ?


 まさか本当に埋もれちゃってるとか言わないよね?(困)
 

 あるいは・・・
 林鉄廃止後、林道化するにあたって!
 将来的に自動車を通すため!


 林鉄サイズの隧道では小さすぎるからと言う理由で!(困)


 
  DSC06918.JPG

 開削しちゃった?(滝涙)



 にしても!
 この第2隧道

 一体どれくらいの長さだったのでしょう?

 その資料も、全く入手できてないので!(悔)

 その実態が全く分かりません!


 この岩の部分だけなら!
 隧道を掘るよりも、削って切通にしちゃった方が工事も楽なはず?

 隧道を掘らなければいけないというからには・・・
 ソコソコの長さの区間をショートカットするために掘ったはず?

 いや?
 もしかしたら!!


 今残っている路盤よりも、ずっと山側の方を線路が通っていて!(画像右側斜面の土砂の中)
 隧道全体が埋まってしまってるのかも?(困)



 う~ん・・・
 地図欲しい!(願)


 何処に、この近辺の!
 戦前~戦後間もないころに監修されたの地図とか掲載されていないかな?


 紙の状態で手に入れるのは、ほぼ確実に無理でしょうから(泣)
 

 特に昭和30年代とかのがあれば!
 あの秩父鉱山の索道にへと電力を供給していた電線のルートとかも出ているかもしれない?
 1枚で2度美味しい地図がゲットできるのに!

 あと・・・
 川又集落に存在したという映画館とかの位置も判るかもしれない?


 ハアハア・・・
 本当に!


 何処かに地図ないかな?(涙訴)



 とりあえず!
 もう少し先に進んで・・・

 隧道の、入口跡とか残っていないか?

 探してみ・・・





 (泣崩)


  DSC06922.JPG


 
 路盤
 ゴッソリと逝っちゃってる


 土砂崩落・・・



 否!
 こ、コレは・・・



 地滑りで、完全に地形ごと逝っちゃってる!!(滝涙)


 一部に木が再生しているけど・・・




  DSC06923.JPG

 たぶん、路盤を小さな沢が横切っていたんだろうな?


 増水した時に、表面ごと持って行ったんだな?


 だけど!
 隧道を掘るような地形だとしたら・・・


 地滑りで表面だけ持って行かれるような場所ではない!
 もっと硬い岩盤があった場所のはず!


 だから・・・



  DSC06934.JPG


 現地点は!
 すでに隧道口出入口を通り過ぎちゃってる
と言う事になるはず?(悔)


 って言うか・・・ (焦)


 かなりの規模の地滑りがあったんだな?(怖)


 何処かからレールとか生えていないか?
 真剣に探してみたけど!


 見つけることはできませんでした!(悔)




 仕方ない!
 ココは一旦引く!


  DSC06941.JPG



 そして!
 第2隧道
 と書かれているのなら!


 そう。
 一体、第何まで存在したのか不明だけど!

 まだ他にも隧道があったはず!



 やべぇな?(困)


 今日、帰りが一体いつになるか分からなくなってきたぞ(困)


 でも、今。
 こうやって画像を見ていると・・・


 岩の(画像向かって)右側の傾斜。
 ここに隧道があったけど、土砂崩落で埋まっちゃった(困)

 って、そう判断できるような気がするんですけど?(焦)


 現地では、完全に慌てていて気付かなかったんですけど・・・(困)



 
 そして!

  DSC07041.JPG


 吊り橋の所まで戻った自分は・・・(困)
 
 「この日は、ココでいったん撤退して次回へ」


 と言う選択肢が、何故か頭の中に浮かんでこなかった。



 で!
 今度は吊り橋より上流側に進むことになる!




 つづけ!(叫)



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
にほんブログ村






Last updated  2017.05.05 05:00:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.18
カテゴリ:崩落!
DSC00117
DSC00117 posted by (C)ちゃのう。

 この日・・・

 いや?
 今年の三が日

 関東は暖かかった!

 だから?
 我慢できているのかもしれない?

 って言うか!
 さっきから・・・

 いや?
 自分が石垣とか、石切り場跡でハアハアしているうちに、釣れたかもしれない?

 のですが!
 全く魚が口を使っていないというか?
 もしくは、全然存在すらしていないのではと言うくらい?(焦)

 これ言った動きが見えないんですけど・・・(涙)


DSC00118
DSC00118 posted by (C)ちゃのう。



 そんな釣り人達をよそに?



 水鳥たちが、海にプカプカと浮いている!
 って言うか、それくらい?

 波も立っていない磯


 これて風が吹いてて・・・
 例年並みに寒かったら!(凍)


 自分も耐えれなかっただろうけど?


 釣りをしている人は諦めて帰っていたかもしれない?


 そんな気がする?



DSC00140
DSC00140 posted by (C)ちゃのう。


 で?
 柄にもなく?(笑)

 鳥の画像とか撮っている自分


 って!
 そんな場合じゃないよね?


 そう。

 そろそろ遊歩道の方に進まないと!


 石切り場跡で、想定外の時間も消費しちゃったしね?
 そろそろ当初の目的に戻らないと、それこそ・・・


 外川に着く前に日没とか!(闇)

 そんな最悪の事態に陥るのだけは避けたいですし・・・




 で!


DSC00160
DSC00160 posted by (C)ちゃのう。


 別に津波とかじゃなく!(焦)
 普通に波が上がってきて?

 このガードレールを破壊したんだよね?(怖)


 本当に、こんな危険な場所で採石をしていたのか?

 ちょっと心配になってしまうよ?



 で?




DSC00166
DSC00166 posted by (C)ちゃのう。


 その跡地に造られた遊歩道


 とりあえず?
 先に進み・・・(滝汗)





 ん!(叫)



   DSC00178.JPG


 なんか想像していた以上にヤバいんじゃね?



 って言うか、さあ!(泣)



  DSC00182.JPG


 コンクリの板の下?

 って言うか、路盤自体が!
 流されちゃってて空洞化している??


 コレ・・・
 乗っちゃったら崩れるんじゃないのか?

 って言うか、危なすぎるだろ?
 どう見たって!(怖)




   DSC00183.JPG


 コンクリの板も・・・
 何処まで薄くなっているのか?


 それすら信用できないぞ?

 体重掛けたら!
 その場で踏み抜く可能性もあるぞ
、コレ!!(泣)


 

  DSC00194.JPG


 しかも!(泣)
 そんなデンジャーな区間が数メートルも続いている!

 って言うか、ロシアンルーレットとか言うレベルをはるかに越して?

 いつ崩れるかわからない区間を歩けというのか?


 これは、ちょっと洒落にならない!(泣)


 かと言って?
 遊歩道の外を歩くのは危険すぎる!


 し・・・
 さすがに、長靴とか履いて来ていないから!
 進むのはリスクが高すぎる!(濡)



 なんという事だ?


 この先に進むことは・・・




 良い子じゃなくても止めた方が良い!
 

 って言うか、ここで完全撤退?(泣崩)



  DSC00195.JPG


 自分が、このガードレールの仲間入りしないことを願いつつ?
 って言うか、あまりに自分の身の危険を感じたため!(震)


 今回はココで撤退する!



 のですが!(焦)

 ご年配のご夫婦の方が!


 自分と同じく?
 岩場から、隙間を通って!


 って、やっぱしソレが正攻法なんですよね?(笑)

 って話は置いといて!


 「アレぇ? 昔は岬を一周できる遊歩道があったのに、どこに行っちゃったんだろう?」と・・・

 一生懸命、道を探してたりして!(驚)


 って言うか、やっぱし!
 本当に遊歩道は、この先・・・


 あの自然窟まで繋がっていたんですね!


 それが!
 波で破壊され?

 どこに行っちゃった?
 のではなく!(泣)

 何処かに逝っちゃったんですけどね?(困)


  DSC00198.JPG



 また次の機会。
 今度は、もう少し?
 また色々と資料を手に入れてから再リベンジし来ようかと?



 もちろん。
 地下足袋か、長靴履いて・・(ヤル気)




にほんブログ村






Last updated  2017.02.18 05:03:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.12
カテゴリ:崩落!
  DSC09554.JPG

 2017銚子編

 遠くに見える・・・
 長崎の鼻付近。

 雲間から指す太陽光の影響で!
 なかなかいい感じの景色になっていたりして?


 って、最初っから引っ張りの予感しかしないぞ?
 今回も??


 
 と言う冗談は置いといて!
 



 さて!
 まずは眼下の様子を見てみましょう。



  DSC09567.JPG

 って!
 あれ・・・(焦)

 確か?
 一応は立入禁止になっていた犬吠埼の先端部!


 釣り人が沢山いる!(焦)
 って言うか、良いのか?
 ココ。

 釣りして?


 まあ普段は・・・
 風が吹きさらす場所でもあり(飛)
 外洋に面している関係で、波気もソコソコ立っていることが多い場所なので!(怖)

 なかなか入れる場所ではないのは確かなのですが!


 ただし!
 の感じとしては!


  DSC09569.JPG

 何となく期待をしちゃうロケーションなんですよね!(悶)


 足元に晒しができていれば!

 そして・・・
 払い出しの流れが発生していれば!

 コマセを打てば、ソコソコ魚が集まってきそうですし!


 ですが!(困)
 ここは外洋です。

 しかも、せり上がるような感じの地形。
 たぶん、ドン深ではない?
 根に付いている魚は少ないのではないかと?

 ちょっと心配もありますが・・・


 って言うか、まあ・・・(泣)

 自分。
 過去に何度か、このシーズンに伊豆の方で(ブダイ&メジナ狙いで)竿を出したことはありますが!
 ただ寒いだけで、何も釣れずに帰った記憶しかないので!(滝涙)

 もう絶対に行かないことにしているのですが・・・

 

 見ている感じ?
 エサ取りの反応すらないような気配が!!(泣)


 あれ・・・
 マジでつらいんですよね!(涙)


 せめて、何かエサ取りに突かれているようなウキの動きでもあれば?
 まだ多少は気が紛れるのですが?

 ひたすら、何の反応もなく(泣)
 エサも、そのまま残って戻って来るとか!


 そんな気配が漂いまくっているんですけど!!(滝涙)


 って、そんな事は一旦置いといて!


 そう!(叫)


 あの場所に釣り人か入っていると言う事は・・・

 良い子は真似しちゃいけないとか言い訳もせず!


 普通に入ってもOKって事だよね?


 入っちゃいけないのなら?
 もう、とっくに注意を受けて追い返されてるはずですよね?

 てことで!




 ふふふ(笑)
 行くぞ!

 あの先端付近まで!


 良かったよ、靴・・・
 足回り固めておいて


 って・・・
 この時点で?

 ほぼ?
 午前中に外川に到着できなくなることが確定しました!(笑)
 って言うか、当初の目的とか!
 この時点で。すっかり忘れてました!(困)



  DSC09584.JPG

 そして!
 見えてるよ!(涎)


 石切り場跡の遺構が!!


 って言うか!
 本当に、あの場所で石を切り出していたとか!(驚)
 ちょっと信じられないぞ?


 何しろ。
 外洋の荒波が押し寄せる、この場所

 海流も早い!

 切り出した石は、船で運ぶのは困難なはず?
 だとすると!

 簡易軌道を敷くとか?
 索道で内陸に揚げるしか手段がないはず!

 なのですが!(悔)
 その辺りの資料が、まだ何一つ見つからないんですよ!!(泣)

 この石切り場の存在自体。
 廃坑になった後のことしか、記載されている写真も見つけてないですし!!(困)


  DSC09610.JPG


 その石切り場跡に造られた遊歩道

 なんか以前よりも荒れてきてないか?


 で!


  DSC09626.JPG


 前回は、波の関係で先に進めなかった区間


 まだ潮が満ちてきていない!

 海も比較的凪ぎの状態が続いています!

 って事は・・・
 行ける?

 かも??


 ただし!


  DSC09625.JPG


 遊歩道は、その先で跡形もなくブッ飛ばされてますけどね!!(泣)


 とは言え!

 釣りをしている人の様子を見に来ていたら、遊歩道に跡に入っちゃってました!(テヘペロ)

 と言うシナリオは、ココで完成しました!(笑)

 


 よし!
 あとは実行みのです!(疼)



 そして、ついに突入の次回へ?



 って、 すんなり入ると思ったら大間違いだぞ?




にほんブログ村






Last updated  2017.02.12 05:01:24
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.09
カテゴリ:崩落!
DSC09351
DSC09351 posted by (C)ちゃのう。

 chrome暴走して?
 書いてた文章途中でで飛んだ!!(泣崩)
 って言うか、レビュー観ようとしたらフリーズして!
 ヘンなスクリプト発動!(困)
 全てのwebブラウザーの動作を邪魔しやがるとかいう!(怒)
 「てめぇ、いつからウイルスに寝返りやがった?」

 と言う事で!
 chromeを抹殺(アンインストール)して、やっと動くようになったEDGEで書き直している(涙)


 2017銚子編


 なお!
 目の前に潮溜まりがあります(焦)

 潮が満ちて来ると・・・
 ここまで波が来るって事です!(焦)

 水も濁っていない比較的新しいモノなので!
 この辺りまでは、普通に波が来るって事です!


 が・・・
 その外側を通ってきた自分。


 何を言いたいか分かりますよね?


 マジで危ないです!
 良い子は絶対に真似しないようにしましょう!


 ですが!(困)
 遊歩道は・・・

 今、立っている位置から50cmくらい後ろで!
 粉々に砕け散って(焦)


 って言うか、やっぱし!
 ココに遊歩道とか無理あり過ぎたんじゃないの?


 しかも!(仰)



DSC09370
DSC09370 posted by (C)ちゃのう。


 頭上に聳え立つ岩!

 この真下に自然窟があります。

 ちょっと待て?
 本当に安全性とか、ちゃんと考えて造ったのかよ?
 この道・・・(怯)


 って実は!


 更に奥まで行こうかと考えたのですが!


DSC09407
DSC09407 posted by (C)ちゃのう。


 この先は、コンクリの破片すら波でぶっ飛ばされていて!(怖)
 跡形とか言うレベルの物すら消失!(怯)


 更に!

DSC09414
DSC09414 posted by (C)ちゃのう。

 背後に聳え立つ崖が崩れていて!(泣)
 
 進むことすら躊躇するシーンが!!(泣)



 恐らく・・・
 なんとか歩いて行けば!


 石切り場跡まで進めるはずですが!!


 マジ危険すぎ?

 で・・・
 こんな場所で満潮に遭ったとか!(溺)


 ヤヴァ過ぎるだろ、ソレ!(滝涙)


 という事で?


 とりあずは、ココで一旦引く?

 で・・・
 もう一度?
 崖の上から様子を見ることに!



 する前に!!

 周りの岩の様子が、物凄く気になったので?

 ちょっとだけ見学。



DSC09352
DSC09352 posted by (C)ちゃのう。


 しかし・・・
 一体、どうやったら?
 こんな形の岩が形成されるの?


 自分。
 地学を習っていないので!(悔)
 この手の知識は全然無いんですよね(悔)



 ま・・・
 覚え始めたら!
 また、そちら側の世界にはまり込む危険性があるので!(困)

 あまり深入りしないようにしているのですが・・・



DSC09380
DSC09380 posted by (C)ちゃのう。


 色々と堆積したうえ?
 地層のずれで、いくつもの種類の岩が混ざり合ってたりする?



 更に!


DSC09381
DSC09381 posted by (C)ちゃのう。


 ごく自然にオーバーハングになってたりとか!!(凄)

 
 自然の力って本当に凄いよね?


 まあダムを見た時の感動と比べたら劣るけどね
 と言う冗談は置いといて!



DSC09398
DSC09398 posted by (C)ちゃのう。


 あの小さな穴とか!
 一体どうやって開いたんでしょうね?


 不思議に思う事がイッパイだぞ!

 って言うか・・・

 じっくりと見学始めたら!
 意外と時間喰っちゃいそうだぞ!


 そんな事しているうちに満潮(沈)


 と言う事態は、絶対に避けないといけないよね!(怖)



 更に!


DSC09422
DSC09422 posted by (C)ちゃのう。


 このマーブル?
 と言うか、ツートンカラー!

 一体、どうすれば形成されるのでしょう?


 本当に謎だらけです!



 って!
 本当に・・・

 色々と見学してみたいところもありますが!

 って言うか、昔は「こんな場所に遊歩道があった」んだ? 


 確かに遊歩道を造る価値はある場所だったんだね!


 だけど・・・
 海の力に抗えない場所に造ったが残念な結果になったんですけど!(悔)




 さあ。
 一旦引きましょう!


 で!


DSC09465
DSC09465 posted by (C)ちゃのう。


 次回。
 崖上から、改めて様子を見てみる?




にほんブログ村






Last updated  2017.02.09 05:01:09
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.06
カテゴリ:崩落!
DSC09221
DSC09221 posted by (C)ちゃのう。

 なんだよ!(怒)
 またF蔵、逝ってるのかよ!(泣)

 という事で?
 朝の更新が出来ませんでした・・・(涙)


 と言う話は置いといて!!


 昔、昔・・・
 犬吠埼には、岬を一周できる遊歩道があったそうな? 


 今まで!
 それを確信できる資料とか・・・
 写真とか!
 昔の観光案内とか!

 見つける事が出来なかったのですが!!(悔)


 なんと今回!

 偶然にも、ご年配の観光客の方が・・・


 「アレ?(焦) 確か海沿いに一周できる遊歩道があったはずなのに?」と・・・


 しかも!
 2人・・・


 これは!(嬉)
 そう!

 あの穴の奥に遊歩道が続いていたという事が確定!!

 そう!
 長年の疑問が、ココで晴れたのでした!(踊)



 という事で?



DSC09222
DSC09222 posted by (C)ちゃのう。


 この先、立入禁止と書かれていますが・・・


 そう!
 遊歩道のフェンスの外は・・・


 立入禁止じゃないよね?


 でも、良い子は絶対に真似しないようにしましょうね!


 そして!

 自分と同じ屁理屈をこねる「どうしようもない人」対策として? 



DSC09225
DSC09225 posted by (C)ちゃのう。

 第2のバリケードが存在するのですが・・・
(困)


 立入禁止って書いてないし!


 いやいや?
 それ以前に・・・

 バリケードの脇に!
 人が通れる道が造ってあるし!


 だから通っていも良いって事だよね?


 でも・・・
 あえて、この部分を通らず!
 そう簡単に入ったら面白くないしね?

 念のため?

 そう!(滝汗)


 念のため言っておきますが!
 今回、メレル・カメレオン2とか・・・
 軽トレッキングでも使える靴を履て来たのは!
 この時の為!
 って訳ではありません!(誓)


 そう・・・(泳ぐ目)
 間違っても、ココを突破するために足回りを固めて来たとか!
 そ、そそそそ、そんな事は絶対に無いんだからね?




 まあ、何にせよ?
 その先の崖を攀じ登って突入しよ・・・




 って、うわ!(叫)



DSC09231
DSC09231 posted by (C)ちゃのう。

 路盤、逝ってる!(滝涙)


 遊歩道跡ごと無くなってる!(困)

 しかも・・・
 まだ崩れやすい状態が続いているっぽいので!

 ここを登るのは危険すぎる!(焦)


 って、事は・・・

 穴手前の第3バリケード直近から攀じ登・・・


 って!
 あ、危ない危ない・・・(焦)
 つい本音が?(滝汗)



 そ、そう!
 ですから・・・

 攀じ登るために、わざわざ靴を!
 って訳ではありませんから!

 本当に!!(涙訴)


 ですが!
 更に追い打ちをかける事態が!!

 ん?



DSC09240
DSC09240 posted by (C)ちゃのう。


 アレ?
 なんか、上の方の岩が崩落してる!(怖)


 って!!


DSC09241
DSC09241 posted by (C)ちゃのう。


 うわ!(泣)
 僅かに残っていた、遊歩道跡を・・・
 崩落してきた岩が塞いじゃってる!!(困)



 しかも・・・
 なんか、まだゴロゴロと再崩落して来そうな気配が漂いまくり!

 更に!
 攀じ登るにも、岩がグラグラしていて!
 下手に足を掛けると、自分事崩れ落ちる危険性が!(怖)


 う~ん・・・
 困った!(涙)



DSC09266
DSC09266 posted by (C)ちゃのう。
 
 当初の予定だっ・・・(慌)


 いやいや!
 違うから!(逃)
 そう。
 間違っても最初から、ココを突破する予定で装備を組んできたとか!
 マジで違うから!



 そう。
 今回は、本銚子から外川まで歩くのが目的なんですから!


 で?
 何故か道を間違って、偶然にもここにいるだけになんですから!(真実)



 まあ。
 外川まで歩いた後に、ココまで来る予
 ないって!

 本当に、そんな事考えてなかったって!!(涙訴)


 何にせよ!
 第3バリケード脇の看板の基礎部分

 コレ
 体重掛けたら、確実に逝く!(怯)


 そのまま自分。
 確実に掛下に落ちる!(痛)

 なんてこった!
 どーしてこーなった?(滝涙)



 はぁ・・・
 ついに夢破れたり?
 か??


 と思い。
 ちょっと海の方に目をやった時!!



 ん?


DSC09276
DSC09276 posted by (C)ちゃのう。


 行けるんじゃね?



 良い子は絶対に真似しないでください!(願)



 ついに、そんに次回が来てしまうのか?




にほんブログ村






Last updated  2017.02.06 22:02:41
コメント(0) | コメントを書く

全189件 (189件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.