2469312 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちゃのう的、広く浅い世界。

PR

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

石垣(積)

2020.03.28
XML
カテゴリ:石垣(積)
​​​​​​​​​​​​​​

 小河内ダム2020編

 ​やっぱし!
 この手の戦前の石垣は格好いいですよね?(惚)


 ​でも・・・
 現在の頂上広場や展望広場として使用されている平場

 一体何に使われていたのか? 
 いまだに資料を見つける事が出来ないんですよね(涙)

 単に見過ごしているだけなのかもしれませんが?

 だけど!
 この石垣と階段(とはいえ階段は小河内ダムの完成後に再整備されたっぽい雰囲気が漂ってますが)が、有ると言う事は・・・

 絶対に何かしらの施設があったと言う事なんですよね


 そして!
 現在のように周りに木が生えていなかったはずなので!




 もっと見渡しが効いたはずですし
 この方向だと、建設事務所や寄宿舎が見えていたはず!


 て!
 木の合間から・・・




 旧青梅街道と、現在の発電所入口へと繋がる橋が!!(驚)


 見えるんだ?
 台風の影響で、木の枝が落ちると!

 って事は・・・
 建造時は、物凄く眺めが良かったんだろうな?
 って言うか、高所恐怖症の人にとっては地獄だったんだろうな?(怯)




 左岸の原石山と、初期の外周道路も見えてる!
 って、今までこんな景色

 気が付かなかった?


 いや!
 木の枝と葉っぱが茂っていたから
 見えなかったと言った方が正解か?


 にしても!
 台風が間引きしてくれたのか?
 それとも人為的に間伐してくれたのか?




 建造時の写真を見ると!

 手前側の石垣も・・・
 奥の擁壁も存在せず!

 岩を切り出したままの状態に場所に建設用の道路が通っていたらしい
 戦前


 戦後になってに工事が再開した後は、現在の洪水吐の切り込み部分が道路になって!
 谷底(現在の湖底)に降りれるようになっていたらしい?

 でも不思議な事に?


 右岸の、この付近から撮った写真が全く公開されていないんですよ!(謎)


 公式のカメラマンさんや、工事業者さんは記録写真を撮っているはずなのに!


 で!(焦)




 ココからも見えるのか
 サージタンク


 ​って、よく考えたら・・・
 サージタンクの上側の様子を見れる場所って
 存在しなかったよね?

 ​ちょっとしか見えないけど!(悔)
 じつは、物凄く貴重な場所なのでは?

 ココ!




 そんな景色を堪能しながら・・・

 石垣の造られた坂道を登って行きます!!




 そして
 御前山登山道との分岐点!

 って・・・
 ここまで登って来るのに、結構汗かいたぞ!
 って言うか、かなり暑いぞ!

 帰りしな、汗で冷えて風邪ひかないようにしないと!!(焦)




 そして頂上広場は、もうすぐ目の前!​



 ちなみに!
 6年前から・・・(台風で一部が崩落して)

 左側に行く道が通行止になったままです(涙)

 ここから展望広場までのショートカットが出来る道だったのに!


 


 既に直す気はない?
 って言うか、諦めた??


 のに・・・
 この通行止の看板だけは、何度も更新している


 ​​​その看板を交換する元気で遊歩道も直そうよ!(願)

 
 


 まあ、景色は殆ど期待しちゃつダメな遊歩道なんだけどね?(困)

 ​遺構らしきものも何もないから・・・

 ある意味(自分にとっては)残念な遊歩道なんだけどね?


 ​​そんな遊歩道を脇目に




 ココからも木が無ければ・・・

 結構展望がいいのに!(悔)
 って言うか、建造時は管理事務所が良く見えたんだろうな?
 ココ!

 下手に無線とか使わず、光で通信出来たんじゃね?(笑)

 事務所と、この山頂(現在の頂上広場)





 あと
 左岸の索道用クレーンタワーの様子も!

 ココからは良い感じに見えたんだろうな?



 (竣工から)60年と言う歳月が・・・
 この景色を一変させちゃっんだろうな?(涙)




 そして次回!


 悔やみ事ばかり言ってられません!


 そう




 ついに生まれ変わった

 かもしれない?
 頂上広場に立つ!​​​



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2020.03.28 08:33:14
コメント(2) | コメントを書く


2019.07.12
カテゴリ:石垣(積)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 過去にも何度か介したけどね!

 そう。
 八町峠から下って来る時よりも・・・
 から登って来る時の方が危険!

 って言うか、死角に入ってしまうので!!(慌)





 あまり端っこに置くと大変な事になるぞ!
 全域にわたって、こういう場所
 多いですからね!(怖)

 鉱山道路

 ​特に重量級の車やバイクは気を付けないとね!
 大型の4WD車とか特に重たいから・・・
 過信すると、路肩ごと崩れて谷底行きだぞ!!(泣)


 なお
 鉱山住宅跡を過ぎて

 ちょっと上まで上がってきています。
 道伸窪坑跡よりは、まだ手前ですが


 で?
 なんで、こんな場所に来たのかと言うと!

 石垣見えてるよね?
 一番最初の画像


 そう。
 この付近にも社内外注さんの寄宿舎があったんですよ!

 昔・・・

 ​​しかも、その他にも結構数多くの社宅が建っていたらしい!




 古い電柱も残ってます!

 が・・・
 コレは、後から造られた珪砂工場へ電気を送るためのモノらしく?
 ココにあった寄宿舎と社宅とは関係がなさそうです(悔)




 でも、電話線だけは生きてるみたいだそ?
 この奥に現役の建物は一切残っていないのに!(焦)

 まあ・・・
 一旦、電話線を外してしまうと
 後から再び設置をするのが大変なので?
 そのまま残しているのかもしれませんが??




 ちなみに、この付近!
 通っている電線は東京電力のモノではないらしい?

 そう!
 この鉱山
 自家発電で電力を賄っていたので・・・ 
 東京電力から高圧線の設置工事をするか?
 と、聞かれたのを断ったため!

 オイルショックの時に燃料費が半端なく値上がりしたため!
 半端ない泣きを見る事になり・・・(滝涙)

 生産量が落ちていたところにトドメを刺され!
 今でいう派遣切り


 そう!
 社内外注さんたちは・・・
 「明日から出す仕事が無いから」の一言で、主要2社くらいを除いて
 全て契約を打ち切ってしまったという・・・(鬼)

 残った社内外注さんたちは
 滝沢ダムの地質調査に行ったり・・・
 あるいは林道整備の道路工事の専念したり・・・

 と!
 抱えていた社員さん達を、泣く泣く退職させたり
 山を降りて行って、別の仕事をしたりと!

 使われるだけ使われ!
 そして、本社採用の社員や、地元採用の人達よりも、ずっと低い賃金でこき使われてきたのに・・・(涙)
 

 たった一晩で、全ての仕事を失ってしまったらしい(泣崩)
 って言うか、鉱山自体も経営がギリギリの状態に追い込まれていて・・・

 それどころではなかったのもあるらしいのですが?
 ​​​​

 会社って恐ろしいよね
 転落し始めると、崖を転げ落ちるかのように・・・
 あっと言う間に潰れちゃうんだよね!(怖)


 自分
 2度も経験したから、その恐ろしさが身に染みてるけど!!(滝涙)

 ​​そして今の会社も・・・
 社長が欲を張り過ぎて!
 ちょっと(経営的に)危ない会社の仕事に首突っ込んじゃってね!

 ほら
 太陽光発電バブルで、売り上げが1年で倍になってお金払えなくなり、上場廃止になった・・・
 某・シロアリ退治で有名な会社のリサイクル工場新設の話とか

 木材リサイクルで千葉に新工場を建てたけど、全く使い物にならなくて2年間で50億円以上も赤字を出した、某・全国的にリサイクル業者とか!

 その下請けに入った・・・
 やはり1年で売り上げが倍になった(って、絶対に仕入れのお金払えなくなるの解ってるやんか!)

 そんなアホな所の仕事を・・・
 ハアハア、なんか知らないけど沢山仕事があるぞ!!(って、危ないから他社が誰も手を出さないだけだって言うのに)

 と・・・
 自分を始め他の社員全員が止めたにもかかわらず!
 「俺を誰だと思っているんだ!」と威張りちらし・・・


 今まさに!
 だからアンだけ言ったのに!
 言う事聞かないから・・・(笑)

 半端ない未回収金が発生しそうな状態になってます


 と言う怖い話は置いといて・・・(焦)


 






 この奥に何層かになって
 2階建ての大きな寄宿舎が建っていたらしい!

 のですが・・・
 既に原生林に還ろうとしている?
 しかも・・・

 なんか土砂が流れ込んできていて・・・
 平らな部分すらなくなろうとしている!


 しかも!
 この寄宿舎跡の奥に昔の登山道?
 って言うか、八丁峠方面に行くための山道があったらしい!

 ​​​おそらく?
 道伸窪坑の開拓と共に使用が禁止されたもの?

 でも!
 その位置が変わる資料は無いし・・・(悔)
 

 だけど
 その山道から、下流方面をみた写真を見せて頂いたことがあるんですよ!!

 で!
 大体の位置は判っているのですが

 まず登ることは不可能!(泣)
 だって、結構高い位置を通っているうえ・・・
 廃道になって50年以上の年月が経ってる!


 だから
 入る事は無理なのを分かっているけど?


 とりあえず下から見て!
 平場的な物が見えないかな?

 と・・・
 限りなく不可能に近いけど、銀行の普通預金の金利よりは高い確率で見えるかな?

 みたない期待をして(笑)
 ​​​​​​​来たのですが・・・


 やっぱし無理でした!






 それと・・・
 周辺の木の成長が!

 あまりに激しすぎて!
 もう何も識別できません!(悔)




 一部、建物があったと思われる平場が残っていますが・・・
 奥地が土砂崩落で埋まってます!

 って言うか、大量に材木のような物が積まれていたのが?
 って言うか、もしかして坑道用の補支柱に使っていた木なのか?

 アレ!




 古い地図によると
 奥の石垣の上あたりに、2階建ての寄宿舎が建っていたことになるのですが(現在の地図と位置が違っている可能性あり)


 上がるのさえ困難!


 


 仮に上がれたとしても・・・
 土砂に埋もれてて何も残っていないな?

 って言うか、木の生え方がヤヴァ過ぎるな?
 真横を向いて生えていますしね!

 よほど、上から圧迫を受けた跡ですよね?
 アレ!!


 その上の廃道なんて間違っても上がれないな?
 いや、たぶん・・・
 崩れちゃってて跡形すら残ってないな? 



 でも次回・・・
 まだしぶとく?

​​​
 少し、下った位置から上がれる場所がないか?
 探してみる事に!!






にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秩父情報へ
にほんブログ村






Last updated  2019.07.12 06:32:09
コメント(6) | コメントを書く
2018.01.23
カテゴリ:石垣(積)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 実は、この正面にも1軒の建物があったらしい

 のですが・・・
 こちらは!


 跡形も無くなっています?
 って、単に砂が堆積して隠れているだけなのかもしれませんが??


 ​​


 でも?

 コンクリートの跡が一直線に残っていたりするので!
 おそらく?

 この部分が側壁だったのではないかと?


 で・・・
 やっぱし解体は、適当にやったのね?


 


 何にせよ!
 本当に、適当な跡形だけ残して?(困)

 消えてしまったドライブイン


 まあ、あとで外川の資料館にでも寄って!
 話でも聞いて行こう!


 と、思いつつ・・・



 ん?
 ちょっと待て?


 まだ何かあるぞ??(焦)




 4ほんの柱で囲まれているって事は!

 この中に何かがあるって事だよね?
 間違って、車が突っ込まないようにしているようですし・・・


 って!





 社(祠)?


 


​​​​​ こんな場所に!(焦)
 って言うか・・・


 なんか忘れ去られているような気がするぞ?
 周りから!!(涙)





 でも、お供え物や!
 正月飾りがしてあるから!


 僅かながら?
 お参りに来る人がいるって事だよね?


 しかも土嚢を積んで!
 波に飲まれないように対策までしている!!(涙)



 でも、とりあえず?
 この付近で溺れた人を祀ったと言う訳でもなさそうだよね?


 まだ、この付近・・・

 色々と色んなものが隠れていそうですね・・・


 さて!
 ソロソロ、今回のメインイベント?

 



 海鹿島大プール跡

 ​前回・・・(一昨年)

 自分、ちょっと勘違いをしていて!(焦)



 現在残っている石垣。​
 コレがプール本体で!

 ココに水を溜めていたのかと?


 そう思っていたのですが・・・(焦)


 どうも違ったらしい?
 しかも!

 プールの位置も、少しだけ勘違いしていたことに気付いたので!


 いずれ。
 確認のためにリベンジしようと思っていたんですよ!





 実際には・・・


 この石垣の内側に穴(プール)を掘って!
 ​その中に水を溜めていたらしい?


 ​で!
 どうやって水を入れていたのかという点が疑問だったのですが・・・

 って!
 満潮の時に、自然に石垣を超えてきた水を入れるってわけにもいかないしね?(怖)


 そんな事をしていたら!
 周りにあった休憩所なんかも流されちゃいかねない!(焦)


 ちなみに!
 この海鹿島大プール!

 ​なんと!(驚)
 戦前には存在していたらしい!!​

 おそらく・・・
 国威掲揚!
 そして、鍛錬のためとか・・・(帝国陸軍または海軍の兵隊として徴兵するため)

 そう言う理由もあったのではないかと思う?


 そんな理由で!
 日本国内。
 海水浴場やスキー場なんかが結構造られたらしいですからね!


 この海鹿島大プールも、そんな事が切っ掛けだったのかもしれない?
 観光誘致だけが目的でなかった可能性もあるんですよね・・・
 



 そして!
 海水を溜め込むプールと言う事で!

 石垣の何処かに切れ目があって!
 そこから水を入れていた可能性が高いのではないかと?


 余談ですが!
 海水プールと言えば・・・
 個人的には、城崎温泉の海水プールと言うのが思い出になっているのですが!
 そこも、海と繋がっていて!

 プールサイドの一部が、金網になっていて!
 海水が自由に出入り!

 満潮と干潮で水位が違っていたという?(笑)
 そんなタイプの物を覚えていますが・・・

 って!
 普通に、網の目を抜けた小魚が泳いでたりしたという(笑)

 そんな記憶が!



 おそらく、この海鹿島大プールは!
 溜池形式になっていて!

 どこかしら?
 石垣の切れ目から!
 満潮時に水が入り込むような形になっていたのではないかと?


 そして排水は・・・


 溢れて、勝手に出ていくという?(笑)
 さすがに戦前の造りですからね!
 ポンプで汲出すとか、そう言うのは無かったのではないかと?(笑)





 う~ん・・・


 では一体!
 何処から水を入れていたのか?

 って、さすがにもう・・・

 その後は残っていないよね?(悔)


 と!
 思ったのですが!


 ま・・・
 まさか?


 アレは!





 石垣・・・

 崩れてる・・・
 んじゃなくて!!
​​​​





 だよね??

 ハアハア​・・・



 もしかして!
 あの場所から海水を入れていたのか?


 次回!



 さすがに、波が立ってて!
 満潮が近そうな雰囲気の中。

 石垣の上を歩くのは無理っぽいので!

 腰もヤヴァいしね!(泣)


 あの位置の裏側に回ってみる!!​​​



 つづけ?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2018.01.23 21:28:24
コメント(2) | コメントを書く
2017.12.28
カテゴリ:石垣(積)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 水根沢編2017


 ​一応、遊歩道として整備されていますが・・・
 元々は、小河内ダム建造時に使われた作業道です。

 が!
 ​​今でこそ、しっかりと整備されていますが?


 ちょっとヤヴァイんじゃね?​

 って、雰囲気が漂っています(焦)


 そう・・・(怖)
 この場所。

 落石防護ネットと石垣。
 そして鉄筋で固められていますが・・・




 どう見たって、元々は崩落の巣だった場所だよね?(崩)​


 何となくだけど?
 雨とか降ったら・・・

 斜面に水が流れてくる場所だよね?
 枯れ沢とまでは行かないけど?

 で!
 過去に何度も崩れている跡が見て取れるよね?(怖)

 で・・・
 こんな場所に作業道を造って、資材を運んでいたのか?
 戦前の工事に従事した人たちは!!(涙)


 ​​


 しかもですよ!
 この作業道。

 実は物凄く重要な役割を持っていたんですよ!!


 ​​そう。
 「とある物」を運ぶための作業道なのですが・・・

 それが無いと、コンクリートの材料にするための採石作業ができないんです!!


 ​でも!
 判りやすい場所に保管しておくことが禁止されているうえ・・・(焦)


 万が一の時は!!(裂)
 付近一帯が、消滅したとしても?

 人的被害が出づらい場所?

 そんな場所に隔離しておかなければならない物を運ぶために使われた作業道。


 ​​


 出てきましたよ・・・
 古い石垣が!

 って、この造りからして戦前の物です!!


 ​​小河内ダム近辺の場合・・・
 この手の古い石垣が出てきたときは!

 近くに、何かしらの遺構が残っている可能性が高いですからね!!​​


 心して掛からないといけません!



 そう。
 この石垣の上​





 その斜面の向こうに!

 もう一段、古い石垣が見えてますね!(涎)


 って、過去に何度か紹介しましたが・・・​​


 ココに秘密基地が!​

 って、あながち間違っていません!(焦)





 そして、今まで見えていた古い石垣が・・・


 突然のように変化します。


 とりあえず擬態しているようですが・・・​​​





 積み上げている石の隙間にコンクリートが、しっかりと詰め込んでありますよね!!


 そう・・・
 隙間を埋めるようにコンクリートが!!


 って! 
 戦後になって造られた石垣が!


 ​​気付かれないように、繋がっているんですよ!

 って・・・

 ただ単に崩れた場所を補修しただと思うかもしれませんが?



 この奥は元・火薬庫跡


 そう!
 (ダイナ)マイトの保管庫です!


 って!
 崩落の巣の隣に、​そんな危険なものをしまっておいたのかよ??(焦)


 埋まったりしたら・・・

 って、信管は付いていないから爆発する事は無いんですけどね!


 そして・・・
 土砂崩落による圧迫で爆発することもありませんから!


 とは言え!

 そんな大切なものが埋まっちゃって良いのか?



 いや・・・
 実際の所?


 仮に、保管していた火薬が爆発しちゃったとしても(怖)

 土砂で埋まって、被害を最小限にとどめるようにしていたのかもしれない??


 今回は、崖を攀じ登っていませんが・・・





 こんな2重構造の火薬庫跡が、隠されています​

 トンネル内に建物が建っていて?
 内側に小屋があり!

 中の火薬が大爆発しても、トンネル内で衝撃を吸収!

 仮にトンネルが圧壊したとしたも、それで酸素を断つことができるので!
 更なる燃焼を抑える事ができる構造になっているんですよ!(凄)


 ​​​って・・・
 個人的には!


 こんな歴史的に結構な遺構を、しっかりと整備して!
 一般に開放して欲しいんですけど!!(涙訴)


 そして!
 もっと資料的な事を紹介して欲しいんですけど!!(願)


 ちなみに・・・
 東京都水道局が発行した小河内ダムの資料には、この火薬庫跡に関する記載がありません!(困)​



 そして何なとなくだけどね!

 ココで保管されていた火薬。
 運ぶのに、線路が敷かれていたのではと・・・



 疑いの目で!




 この遊歩道の事を見ている自分だってりして・・・


 でも、ソレらしき跡は、まだ発見できてないし!(悔)


 そして、そういう事に関する資料も出て来ないんですよね・・・




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2017.12.28 05:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.25
カテゴリ:石垣(積)
​​​​​​​​​​​​​​ 

 水根沢2017編

 と言っても、今年の1月頃の話題ですが・・・(焦)

 そう。
 この日は・・・

 小河内ダム建造時に使われていた索道用、コントロールタワーの線路跡へのリベンジと!
 そして水根駅から出ていたベルトコンベアの行き先を確認するために来ていたのでした。

 が!
 ちょっとだけ
 寄り道もしていて・・​​​・

 って、1日に3本立てとか!

 いやいや!
 この日。
 初代・仮面★イダー、第1話に出ていた!
 謎の白い建物の跡を探しもやったので!

 4本立てか?

 って、3時間近くもハアハアしてたんだった(困)


 という・・・
 自分が、小河内ダム周辺に出没する時期になってきました!
 って言うか、来年の探索目標も決まってきましたしね!

 そして・・・
 また、あの黴臭い資料を見ながらハアハア季節がやって来たのか?(嬉)

 と言う事で?

 残っていた話題を。

 と言っても・・・

 資料がほとんど残っていない水根沢の話題​です!

 と言うのも・・・
 この水根沢付近の工事が行われたのは、戦前がメインで!​​

 小河内ダムを建造するにあたって、道路建設やトンネルの掘削
 まだ基礎工事の段階だった頃の弄られた場所なので!


 本当に資料が無いんですよ!(泣)

 東京都水同局の資料にも、全く出て来ないし・・・
 記録の写真も見たことがありません!!(泣)

 せめて、工事をしていた頃の計画図とか、地図が何処かにアップされていれば嬉しいのですが・・・

 そんなマイナーなもの。
 機体する方が間違いなので!!(泣)


 それに同業者も見たことが無いですし・・・


 


 まずは都営・水根駐車場からスタートします。

 ​
 


 この案内板にも書かれていますが・・・
 昭和13年(焦)

 って、マジで戦前です!
 この当時。
 現在の青梅街道(国道411号線)の整備が始まります!​​

 が! (焦)
 一般の人が通れるようになるのは・・・

 終戦の年の昭和20年
​​
 それまでの間は、工事関係者しか通る事ができませんでした!


 しかも・・・
 この地図に描かれている大麦代トンネルは存在せず!

 ダム左岸の建設現場。
 特にコンクリートの材料にするための原石を採掘するために、山を切り崩すため!

 このトンネル入り口脇付近に、現在のダム駐車場へと向かい隧道が掘られていたらしい!


 の、ですが!
 確かに、ぽっかりと穴の開いている写真(戦前の物)は有るのですが!

 どういうルートを取っているのかが、全く不明!(悔)

 特に・・・
 更に!

 その隧道を掘るために、水根沢をどう迂回したのか?
 コレも全く不明!(泣)


 解らないことだらけなんですよね・・・(涙)

 
  

 個人的には・・・
 この落石防護用のネットで覆われた石垣付近が怪しいと思っているんですけどね・・・

 この斜面に、ぽっかりと抗口が開いていたのではないかと・・・

 そう思っているのですが!

 と言うのも。
 この石垣だけ、ちょっとだけ造られた年代が違っているんですよ!
 周りの物と・・・


 そして、どう見ても?
 小河内ダム完成後に、観光開発用に造られた新しものでもない!
 かと言って、戦前のの古い物でもない!

 その中間的な時代のものなんですよ!!


 

 何となくくね?
 埋め戻したような?

 って言うか、隧道の跡を隠したような気が?

 でも、正確な位置が判らないので・・・(悔)


 確証を得る事が出来ないんですよね・・・(涙)

 って、こんな場所でハアハアしている同業者とか見たことも無いですし(笑)


 そんな謎を含みつつ


 次回へ続く?

 って、こんなに小刻みに引っ張って、年内に終われるのかマジで心配?




 

 ​


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2017.12.25 05:00:07
コメント(2) | コメントを書く
2017.10.30
カテゴリ:石垣(積)
IMG_4803.JPG

 何度も言う・・・(悔)

 こういう、黒っぽい棒状の物を見ると・・・




 自分の肉眼を通して!
 脳内「廃レール」変換されてしまう(困)


 ココで一体、何枚スカの画像を撮った事か?(泣崩)




  IMG_4807.JPG


 帰ってから自分の愚行に悔やんでも・・・


 って遅すぎるよ!(滝涙)

 しかも、周りに転がっている石

 どう見ても、崩れた石垣だし!(困)


 右岸。
 この付近の路盤跡は、土砂崩落が原因で崩れ落ちていたらしい・・・




 の!
 ですが・・・


 まだ、この時点で自分。
 全く気付いていません(困)



 そう・・・
 棒状の物を見つけるたびにハアハアしながら・・・


 ただの枯れ枝の画像を撮りまくっていた(恥)
 マジで、それが廃レールだと信じ込みながら・・・(赤面)



 なお!


  IMG_4810.JPG


 もう、河原まで降りてきちゃいました!


 そう!
 右岸に大量に入レールが転がっていると信じ込んで!

 しかも・・・
 頭上辺りに木橋が架かっていたのではないかと?
 そう思い込んで!



 

  IMG_4812.JPG


 そして・・・

 上流の方を見てみると!!



 自分の居る左岸は、護岸工事がされているらしく・・・
 大きな岩が積み上げられています。


 間違っても・・・
 路盤を作るために積んだのではない
と!!


 そう感じさせるものが!
 グリーンの金網も張ってあるしね!



 って、ちょっと待て!(滝汗)


 ん?(焦)

 んんん??


 右岸の奥の方・・・



  IMG_4821.JPG


 石垣があるよね?

 って事は!!(汗)



 路盤跡??(焦)


 へ?
 右岸の路盤跡、もっと先まで続いていたって事?


 そして(泣崩)
 自分が路盤跡だと信じ込んで、進んできた平場は・・・



 ただ、単に護岸&法面工事で盛られた場所だったと??



 そ、そそそ、そういう事になるのか??(凹)



 うぐぉ!(吐)



 な、なんてこった・・・


 あまりにショックが大きすぎて、今降りてきた斜面を登るのが(涙)
 マジで辛かったぞ!


 しかも(悔)
 あの石垣の所まで、河原を遡上しようと思ったけど!
 あまりに足場が悪くて無理!(泣)

 地下足袋とか履いてて!
 濡れても良いような服装なら、上がったかもしれないけど・・・


 既に、多大なダメージを喰らった後だけに(泣)
 その気力も湧いてきません!



  IMG_4839.JPG
 

 結局・・・
 重い足取りで、やっと登り切った斜面。



 ちょうど石垣の真向い辺りから見た景色が上の画像。



 結構規模が大きい!
 だけど!


 石垣と岩との間が狭いような気がする?

 いくら林鉄の線路が狭いとはいえ・・・
 アレは無理なのでは?


 で!
 やっぱし、自分が立っている平場が路盤跡なのでは?


 と・・・


 まだ未練がましく思いつ続けてる自分(困)




  IMG_4842.JPG

 
 それに、廃レールらしきものも落ちてないしね!

 と・・・
 自分の間違いを否定し続ける自分。(困)



 

 ですが!!(泣)


 トドメを刺す物が見えてしまった・・・




 次回。
 悲しみの最終回?



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2017.10.30 05:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.23
カテゴリ:石垣(積)
DSC04610
DSC04610 posted by (C)ちゃのう。

 上野村の林鉄跡探索・下調べ編

 みみずく林道入口のところで、林鉄のかもしれない路盤らしき地形を発見した自分!


 メインの林道を走っている時・・・
 既に良い真似モード全開中!!(叫)

 全くと言って良い程、前を見て走ってません!(困)


 で!

 イマイチ、視界が悪い中。


 く!
 切り通しかよ!(隠)

 本来なら・・・
 この切り通しの事を(林鉄時代の物と)疑う所
なのですが(笑)

 そんな物は、すでに眼中にありません!
 それこそ(困)
 この岩を透視できないか?
 いや!
 たぶん心の目で見れば見えるはず!!

 って、無理でしたけど(笑)

 ですが・・・

 何となく言っている?
 そう。
 自分の中の何かが叫んでいるんです!


 この向こうに「ある」と!!


 そして・・・


 この切り通しを抜け瞬間!!


 まるでソレは・・・

 スローモーションのように?
 自分の目に写った
んです!(魂)


 
DSC04623
DSC04623 posted by (C)ちゃのう。

 普通にバイクを走らせながらだから?(困)
 一瞬で見分けました。


 そして・・・


 やっぱ、あったや~ん!!(魂叫)


 って言うか、うわ!!


 出たよ!


 そう!!(踊)



DSC04629
DSC04629 posted by (C)ちゃのう。


 ザ・RO BA N !!

 って言うか、路盤だよ!
 
 し・か・も!(狂踊)



DSC04632
DSC04632 posted by (C)ちゃのう。


 I SHI GA KI !

 石垣、悶えまくり?

 走りながら、しっかりとロックオンしたよ!
 自分の目!(困)

 本当に、良い子は絶対にマネしちゃダメだからね!(頼)


 普通に転びますから!


 でなければ・・・(怖)



DSC04643
DSC04643 posted by (C)ちゃのう。

 あのガードレールの支柱のように(焦)

 沢にダイブしますから!!(怖)


 なお。
 少しだけ、歩いて戻ってみました。


 そして!

 あの切り通しの部分で行き・・・


 攀じ登って、対岸を見てみると!!


DSC04611
DSC04611 posted by (C)ちゃのう。

 うひょへぇ~(意味不明)


 うわ! 
 なんて事だよ!(昇)





 石垣パラダイスだよ!!(積)
 しかも、練石積みと言われる。
 セメントで固めずに積み上げる、昭和初期から戦後間もない頃の石垣だぞ!
 

 更に、その手前に!
 丸太が見えてる
!


 もしかして木橋の跡?

 いや?
 橋じゃなくて、路肩の部分に補強用として敷いたものだろう?


 キタよ!
 来ちゃったよ!!(悶)



 ハアハア・・・

 ついに、出て来たよ!
林鉄の路盤だよ!!



 廃止後に一般林道に転用されてしまったかもしれないけど・・・

 あの幅だと自動車は通れなかったはず?


 ただし!(悔)


DSC04640
DSC04640 posted by (C)ちゃのう。

 こちら側の林道の嵩上げが大きいため・・・

 沢に降りて対岸に渡るのは困難を極めそうです!(泣)
 って言うか、降りたら帰ってくるのが無理っぽい!(困)


 かと言って、下流に戻るか・・・
 上流に進んで良い場所があるか?


 この場合。

 まだ先にも路盤が残っているのなら!

 
 また、走りながら対岸の様子を観察しつつ・・・(真似しちゃダメだぞ)
 対岸に渡れそうな場所を探すしかない!


DSC04620
DSC04620 posted by (C)ちゃのう。


 そして次回!

 ヤツが現れる?



にほんブログ村
  






Last updated  2016.06.23 05:00:40
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.06
カテゴリ:石垣(積)
DSC02211
DSC02211 posted by (C)ちゃのう。


 ざぷ~ん!(跳)

 狙ってますね・・・(困)
 なんかヤバいタイミングで波が上がってきますね!


 しかも・・・(怖)
 何故か、波が上がりやすい場所だけ崩れているとか!(泣)

 もう、自分が海に落ちることを前提に造られてますね・・・(涙)


 
 まあ、とにかく!
 足元に気を付けて!


 そして、波の動きを観察しながら・・・



DSC02216
DSC02216 posted by (C)ちゃのう。


 ソレはそうと・・・
 この海鹿島大プール跡

 元々は、このコンクリートで固めた石垣だけで!
 外側が海
 内側がプールだったんですよね?(凄)


 まさか・・・(焦)
 波で海水が入ってくるのを利用して水を補給していたとか?

 そんな事は無いですよね?(滝汗)


 にしても!
 この石垣で、水を溜めることが出来たのか?

 これもちょっと不思議だったりして?

 


DSC02220
DSC02220 posted by (C)ちゃのう。



 プールの水深がどれ位あったのか?
 ちょっと知りたい気分ですが!


 今は砂で埋めちゃっているから(悔)
 当時の様子が全く分かりませんが!


 でも!

 この石垣製プールサイドに上がる時。
 このコンクリで固めた石で、ズリズリと体が擦れて痛かったのでは?(怯)




 っても話を引っ張っていますが(困)

 実は、まだ1歩も先に進んでません!(隠)


 いやあ。
 思ったよりも、崩れている場所の傾斜がきつくてね?(危)

 慎重に行かないと、冗談抜きに落ちそうですから!(困)




DSC02241
DSC02241 posted by (C)ちゃのう。


 それでも、ちょっとだけ前に進みました!


 


 そして!(驚)



DSC02244
DSC02244 posted by (C)ちゃのう。


 おお!
 櫓が建っていた柱の跡だよ!


 ただココに差し込んでただけ?(笑)
 まあ、本当に昔の建物の作り方だよね?


 いや!
 それよりも!(焦)


 この付近から、ちょっと・・・


 ヤバいんじゃね?
 コレ・・・


 そう!


 さっきまでは、恐らく丘の上から拾ってきたであろう?
 丸い石などが積み上げられていましたが!



DSC02250
DSC02250 posted by (C)ちゃのう。


 この先に使われている石とか!
 どうみても太古の地層から出て来たもの!

 って言うか、石の窪みとか・・・
 恐らく、数億年前に堆積して出来た自然の形状の物を四角く加工して積み上げてるよね?(汗)


 現在だったら!
 学術的資料とか?
 天然記念物扱いだよね?



DSC02251
DSC02251 posted by (C)ちゃのう。

 この部分の石とか!
 学術的にも結構貴重な物なんじゃないの
?


 それをコンクリートで固めちゃってるとか!(唖)

 いろんな意味でヤバいんじゃ?(焦)


 まあ、その昔?
 昭和初期?

 この付近には、普通に転がっていた物で!
 現地の人にとっては、大して珍しい物でもなく・・・

 そんな太古に形成された石とか、そう言う概念も知識もなく?
 普通に使っちゃったんでしょうけど?(笑)


 

DSC02261
DSC02261 posted by (C)ちゃのう。


 この先で石垣は途絶え・・・
 ひま状態で、どうやって水が漏れないようにしていたのか?

 かなり不思議な気分になりますが?

 いや?
 もしかしたら、台風の時とかに波で破壊されてしまったため(泣)
 形状が変わってしまったのかもしれませんが?


 そして!
 晩年になって、プールの形状が変わり・・・
 ただの防波堤代わりとなった、この石垣



 現役当時は、一体どう言う感じだったのでしょう?


 う~ん・・・
 あまりに資料が少なすぎる!(悔)


 
DSC02262
DSC02262 posted by (C)ちゃのう。


 プールの石垣の上から海鹿島海岸の方を眺めています



 そういえば?
 さっき見たアレも!(焦)


DSC02119
DSC02119 posted by (C)ちゃのう。


 小プールだっとか言わないよね?
 


 また後日。


 ここも再度?
 色々と下調べしてから来ることになりそうな気が・・・


 って言うか、そろそろ真面目に電車に乗りに行こうよ、自分?




にほんブログ村






Last updated  2016.02.06 05:00:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.05
カテゴリ:石垣(積)
DSC02182
DSC02182 posted by (C)ちゃのう。

 実は今まで気づかなかったけど!(困)
 ココの文字数制限って、全角10000字だったはずなのが!

 いつの間にか全角50000字に!(驚)
 5倍にアップしていたらしい?


 これで文字数を気にせず文章が書ける!(嬉)


 そんな?
 2016銚子編


 今では砂で埋め立てられてしまったッポイ?(悔)
 海鹿島大プール


 ちなみに!
 国土地理院の国土電子webで、1970年代後半の航空写真を見てみると!


 

DSC02172
DSC02172 posted by (C)ちゃのう。


 この写真と比べると、規模が小さくなってしまっていますが!(涙)
 ちょうど、今残ってる石垣を堤防代わりにして?

 四角ッポイ?
 普通の(学校などにある)プールに近い形が写っていました!(驚)


 ただし!
 建物などは、すでに撤去されてしまっていて(涙)
 すぐ脇に、小さな小屋らしき物だけが写っていました!


 が・・・
 1970年代までは、ココにプールがあったんですね?



 今は!


DSC02185
DSC02185 posted by (C)ちゃのう。


 やっぱし?
 台風の時に波で破壊されてしまったのでしょう?(涙)
 石垣の一部が倒壊た跡がの無残に、その姿をさらしています!!


 で。
 僅かに残っていたプールも埋め立ててしまったのではないかと?

 って言うか、海水を利用したプールだけに!
 海の水が濁ったときとかは使えなくなるし・・・(困)
 水質の安定性とか、色々と問題があって廃止になったのでしょうか?


 なお、webで調べたのですが!
 この海鹿島大プールに関しては、まったく資料が出てこない!(涙)
 
 殆どが謎の存在になっているんですけど!!(涙)



DSC02189
DSC02189 posted by (C)ちゃのう。


 どうしたんだろう?(ハアハア)
 自分。

 線路跡でも、索道の鉄塔跡ないのに萌えまくってるんですけど?(悶)


 何かが?
 そう!

 何かが呼んでいる?


 って言うか・・・

 あの写真を見なかったら絶対に気づかなかっただろうし・・・(困)


 でも気付いてしまったから?
 もう何か衝動が止められない!


 そして・・・
 この記事を書きながら、つい勢いで!(困)

 某A社で、資料的な中古本を見つけて注文しちゃったとか!(笑)


 なんか、段々と深い方向に嵌って行きかけているんですけど!(困)



DSC02201
DSC02201 posted by (C)ちゃのう。


 それにしても、物凄い所に石垣を積んでプールを造ったよね?(凄)


 でも、当時の写真を見る限り・・・
 海面は、もっと向こう側だった?

 いや?
 単に干潮時に撮った写真なのかもしれませんが?

 でも!
 この石垣の上に、木製の櫓を組んで!
 海側に張り出した小屋を建てていたんですからね!(驚)

 波の一撃を食らって破壊されるとか?
 考えてなかった?



 ちょっと無謀な造りのような気もしますが・・・


 
DSC02208
DSC02208 posted by (C)ちゃのう。


 そして勿論?
 石垣ですから?


 その上を歩きたくなりますよね!(笑)


 で・・・
 ココで、これを読んでいる人のうちの半分は!


 自分が調子乗って、ココから海側に落ちる or ざぷーんと波を被ることを期待しているかと思いますが!(笑)



 そうならない事だけを期待したい次回へ引っ張りが!




にほんブログ村






Last updated  2016.02.05 05:00:37
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.30
カテゴリ:石垣(積)
DSC06006
DSC06006 posted by (C)ちゃのう。

 遺構の上から奥多摩湖を背景に桜の木


 なお!
 この場所で、花見と称して飲んだり騒いだり!
 ビニールシートを敷いて場所取りとかは誰もやっていません!



 って言うかココは!
 腐っても国定公園内ですから!!


 火を使う事を初め!
 喫煙
 植物や生物、鉱石に至るまで!
 採取を厳しく禁止されています
!



DSC06031
DSC06031 posted by (C)ちゃのう。

 まあ、余程のことが無い限り!
 人が大量に溢れかえる事も無いけど
ね!(涙)

 そんな隠れスポット的な所もあるんですけどね?
 奥多摩に、ただ単に走りに来るだけ・・・
 あるいは、車やバイクを自慢しに来るだけのの残念な人たちは、こう言う所は見ない
しね!(困)

 
 なお!


DSC06014
DSC06014 posted by (C)ちゃのう。

 時期的に、一部・・・
 ヤマツツジも一緒に咲いてたりします


 
DSC06018
DSC06018 posted by (C)ちゃのう。


 念のため・・・
 改めて言っておきます!

 あくまで去年のモノです!

 この場所に桜が咲くのは、ゴールデンウィーク前ですから!

 ココ
 大切な所なので何度も言いますが!

 このブログを見て、小河内ダムに行ったら、桜なんて咲いて無かった!(怒)
 とか、そう言うクレームは一切お断りします!(訴)


 時期を見て!

 タイミングを掴むため?
 何度か出かけましょうね?

 桜なんて、一瞬で咲いて!(焦)
 あっと言う間に散りますから!(涙)


 なお!



DSC06060
DSC06060 posted by (C)ちゃのう。

 背後の急斜面は!
 小河内ダムを建造する際に、砕石を行った場所です!

 ですから・・・

 今は、土を盛って!
 その上に崩れないように石を積んだりしていますが・・・



 そして!


DSC06059
DSC06059 posted by (C)ちゃのう。

 戦前に造られた石垣を見ることが出来たりしますが!(凄)


 なんと!
 良く探すと・・・

 戦前に竹を利用して造った排水管なんかも見ることが出来るんですよ!(驚)

 まあ。
 その話は、今回は置いといて!


 この斜面!
 実は、いつでも崩れてきます
!(怖)


 落石防護をしていますが! 
 柵なんかを付けている訳ではありません
!

 で!
 去年から、下草を刈って人が入り易くなっていますが!

 落石はナチュラルに続いています!

 見学の際には十分な注意が必要なんです!!(涙)


 だから?
 ここで宴会をやってる人はいないのか?


 いやいや!
 それ以前にココは国定公園ですから!
 


にほんブログ村






Last updated  2015.03.30 22:34:08
コメント(0) | コメントを書く

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.