128699 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

かわいいモノと好きなコト

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


miy0712

Calendar

Freepage List

Category

全142件 (142件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 15 >

イタリア旅行

2014.06.08
XML
カテゴリ:イタリア旅行
関空から約13時間のフライトでローマに到着飛行機
久しぶりの海外だし、妊婦ということもあったけど、疲れはないちょき
それどころか数日前まで苦しんでいた悪阻がウソのように消えていた。
かなりのハイテンション上向き矢印
妊婦であることを忘れてはならない。
5月のイタリアは20時過ぎまで明るいが、ホテルにチェックインしたら
早めに休もう眠い..

翌日、ローマ市内を観光。

009 (640x480).jpg

トレヴィの泉もスペイン階段も何度目になるだろう。
もう3回以上、トレヴィの泉にコインを投げ入れてるから
御利益ないだろうな~。
てか、神社のおさい銭じゃないってば!(笑)

彼もローマは何度か訪れていて、お気に入りのお店があるようなので、
そこでランチです食事

ローマの下町にある大人気店「ダ・フェリーチェ」
なかなか予約が取れないらしいので、前日に予約して行きました。


名物のパスタ「カチョ・エ・ペペ」です!

002 (640x480).jpg

ペコリーノチーズと黒胡椒のシンプルなパスタ。
数年前のイタリア旅行でもフェリーチェのすぐ近くにあるトラットリアで
カチョ・エ・ペペを食べたけど、フェリーチェはさらに濃厚だった。
悪阻で大好きだったチーズがあんまり食べられなかったので、
3口食べたら具合悪くなりそうな・・・。
妊婦じゃない時に食べたかったなしょんぼり

さて、次に向かったのは私が世界で一番美味しいと思っているティラミスのお店。
「ポンピ」ですダブルハート

004 (640x466).jpg

やっぱり美味しいなぁ~スマイルグッド








Last updated  2014.06.09 01:10:56
2014.06.04
カテゴリ:イタリア旅行
5月下旬、2年ぶりにイタリアへ行ってきましたきらきら
実は・・・昨年からイタリア旅行を夫と計画していて、新婚旅行ついでに写真だけの?プチ結婚式を
したいな~と考えていたのです。

私と夫が出会った場所はイタリアでした。
それから2年後、イタリアで出会った日に入籍しました。

2人でいろいろと話し合い、旅行プランも固まって、様々な手配も済んだ頃に
なんと!私の妊娠が発覚したのです!びっくり

すっごく迷いました・・・わからん

イタリアへ行きたい!!でも赤ちゃんに何かあったらどうしよう・・・しょんぼり
つわりもヒドかったし、諦めようかなぁ~と思いましたが、
病院の先生は「おすすめはしませんが安定期に入りますし、無理をしなければ大丈夫でしょう」と
おっしゃっていただけたので、イタリアへ行く事を決めました。

これから少しずつではありますが、イタリア旅行記をUPしていきます音符


107 (640x480).jpg








Last updated  2014.06.05 00:33:09
2012.08.11
カテゴリ:イタリア旅行
トスカーナを満喫した後、フィレンツェに戻りました。
ホテルのバルコニーから見えたのは綺麗な夕焼け空。

P1020925.JPG

明日、帰国するのかぁ・・・しょんぼり
あぁ、寂しい。あぁ、切ない。
発症したか?帰国うつ病(笑)
※「帰国うつ病」とは、私が勝手に名付けた病である。
 海外旅行で非日常的な生活を送っていた者が
 帰国日を迎え、憂鬱な気分に陥るという病。
 主な症状は、急激なテンションの低下と日本に残してきた課題と日常を
 受け入れられず、やや現実逃避的な事を空想する。

なんだ?それ(笑)

帰りのフライトはローマ発、フィレンツェから高速列車に乗って
ローマへ向かいました新幹線

P1020935.JPG

空港に到着してから気付いた!!
そーいえば、この地中海クルーズ&イタリア旅行中、
1度もピッツァを食べてないじゃんびっくり!

慌ててピッツァを探し歩いたが、もちろん空港には本格的なピッツェリアはなく、
ファストフード店でこの旅「初」のピッツァをいただく事に・・・泣き笑い

P1020936.JPG

そして忘れちゃいけない!
ローマの空港では必ずシメのジェラートを味わうのだ。
イタリアのジェラートもこれが最後・・・しょんぼり

P1020937.JPG

どんよりした気分で機内に乗り込んだけど、
ここは毎度のpositive thinkingで!!
帰国うつ病の治療と称して、次の旅行計画が始動する(笑)

スマイル今度はどこに行こうかなぁ~?

これが私のいつもの思考パターンだった。

それなのに・・・
なぜか私は全く違う事に想いをめぐらせていたのだ。

 たぶん、トラベラーは引退しないだろう。
 だけど、しばらくの間は大好きなヨーロッパに行けないような気がしていた。

意味深で何とも後味悪い終わり方ですが、
これにて今回の旅行記は完結となります。








Last updated  2012.08.12 02:29:30
2012.08.06
カテゴリ:イタリア旅行
トスカーナの緑色は本当に美しいきらきら
この色が見たくって、私は何度もこの地を訪れた。
目の前に広がる風景は、私にとって最高の癒しだスマイル

P1020890.JPG

P1020892.JPG

P1020894.JPG

さて、恒例の(笑)トスカーナ小さな街巡りを始めましょう音符
今回、ちょこっとだけ立ち寄ったのは
「SanGusme(サングスメ)」
「Radda in chianti(ラッダ・イン・キャンティ)」
「Montefioralle(モンテフィオラッレ)」

ワインで有名なキャンティ地方をドライブしながら向かいます車
大きな見どころがあるわけじゃないけど、小さな街巡りマニア(笑)の私は
自分なりの感性で素敵な細い路地や可愛らしいお家などを発見するのが
どうしようもなく楽しみなのである。
そんな事だから街の紹介も詳しくお伝えせず、
趣味の域である「写真集」になってしまった・・・雫

P1020899.JPG

P1020901.JPG

P1020902.JPG

P1020906.JPG

P1020907.JPG

P1020908.JPG

上矢印ほっぺたを赤くして歩いていた、おじいちゃんとおばあちゃん。
2人でキャンティワインを飲んできたんだろうなぁ~。
微笑ましいくらい仲が良くて可愛らしいダブルハート
こんな風になりたいっ!!老後の理想の姿である。
去ってゆく2人の後ろ姿を見つめながら、なんだか私も幸せな気分になるのだスマイルきらきら

P1020910.JPG

P1020914.JPG

P1020913.JPG

この街に住人はいるのだろうか?という疑問すら抱いてしまう小さな街、
観光客を相手にしているようなレストランもお土産屋さんもない、
そこも魅力なんだろうねウィンク

この路地の向こうにあるもの、あの角を曲がったところから見える景色、
古い街並みも、花々に彩られた誰かの家の玄関も、
小さな街のいろんな発見は、私の「小さな幸せ」でもある。
やっぱり大好き、トスカーナ!!







Last updated  2012.08.08 02:27:13
2012.07.22
カテゴリ:イタリア旅行
トスカーナの緑は美しいスマイルきらきら

P1020858.JPG

ワンちゃんたちは気持ち良さそうにお昼寝中・・・眠い..

P1020856.JPG

P1020855.JPG

ペコリーノチーズの生産現場を見学した後は、
絶景が臨めるテーブル席でスローフードをいただきました食事

P1020876.JPG

P1020859.JPG

上矢印こんなにステキな席を用意してくださったなんて・・・
うれしい音符ホント感激ですダブルハート

P1020865.JPG

あらあら、ネコちゃんもお腹すいた?
テーブルに並び始めた美味しそうな料理、狙ってますね~猫

P1020868.JPG

ここで育てられた無農薬野菜をメインとしたヘルシーなスローフード。
ワインやサラミ、調味料までもが全て自家製だ。

P1020867.JPG

テーブルに並びきらないほど、次から次へと運ばれるお料理♪
ウリッセさんが腕を振るう、素材の味がダイレクトに感じられる
シンプルなお料理は、とっても優しい味がする。
野菜って、こんなに甘かったんだなぁ~。
塩とオリーブオイルだけで食べるのが正解だよ!
めちゃめちゃ美味しい~上向き矢印上向き矢印

大好きなトスカーナの風景に囲まれていただく幸せな昼食食事

「贅沢」って高級食材じゃない、星付きのレストランでもない。
今、私は最高の贅沢をしているのだひらめき

さて、楽しみにしていたペコリーノチーズが登場しました~目がハート
わぁ~♪こんなにたくさんびっくり!

P1020869.JPG

P1020870.JPG

上矢印自家製・唐辛子のジャムをつけて食べるんだって~。
チーズ+ハチミツの相性が良いのは知ってたけど、これもイケる!
チーズのコクや酸味に唐辛子のちょい辛とジャムの甘み、絶妙ですね~グッド

P1020884.JPG

「PODERE IL CASALE」本当に素晴らしいところでしたきらきら
ここに嫁ぐ事になったら?・・・なんて、妄想しちゃったよ(笑)
いつかまた来れたらいいなぁ~。

ウリッセさん、サンドラさん、ありがとうございましたぁスマイル






Last updated  2012.07.23 01:27:37
2012.07.18
カテゴリ:イタリア旅行
イタリア・トスカーナ州ピエンツァ近郊にある「PODERE IL CASALE」
生乳を使用したペコリーノチーズを生産している。
その他にも無農薬野菜やパスタ・オリーブオイル・ハチミツなど
さまざまな食品を作っている、こだわりの農家さん。

チーズの生産は週に3日程で、訪問した日は残念ながらお休みしょんぼり
けれど、実際にチーズ作りが行われている現場を案内して頂くことができました。

P1020840.JPG

さっき出会った羊ちゃんたちのミルクで作られているんですね~おひつじ座ダブルハート

スーパーなどに並んでいる牛乳のパッケージに記されている「低温殺菌乳」
これは生乳(搾ったままのミルク)を加熱して作られるものだが、
こちらのチーズは生乳のまま使用する。
チーズの美味しさは原料であるミルクの質が決め手だ。
生乳はミルクの中の微生物がそのまま生きている。
濃いミルクから作られるチーズはコク・香り・余韻が強く、
工場生産のチーズとは比べものにならない。
生産には手間がかかるが、豊かなチーズが出来上がるのだ。

P1020843.JPG

P1020841.JPG

サンドラさんが生産過程を説明してくれるのはイタリア語。
(それをガイドさんが通訳してくれる)
ほとんど分からないイタリア語を聞いているだけでも
サンドラさんの農家として・チーズの作り手として、
信念や情熱がとても伝わってくる。
その人柄、そのオーラに私は「サンドラさんのような女性(人間)になりたい!」と
憧れを抱くほどであった。

P1020842.JPG

P1020844.JPG

上矢印チーズの熟成庫
ただ放置しておけばいいなんて思っちゃダメ!!
寝かし付けた子供の様子をうかがうのと一緒。
本物のチーズ作りには「愛情」も必要なのだ。
長い熟成期間中、ひとつひとつ手に取りながら熟成の進み具合を確かめ、
塩水で洗ったり裏返したり、実はすごく根気のいる作業なんだと思う。
工場のハイテクな機械でシステム化されたものじゃないんだもんね。

P1020846.JPG

数年かけて熟成させたチーズもあります。
チーズは「生きもの」
食べる時期によって味が変わるので、それもひとつの楽しみであり、魅力だきらきら
また、工場生産のチーズと異なるのは、
まったく同じチーズを作るのは不可能に近いということ。
ここでは自然に委ねたチーズ作りをしており、
その年の気候や羊のミルクの質(つまり羊のエサにも関係する)
さまざまな要素が毎年一定であるとは限らないのだ。
まさに自然の恵み!!
チーズって奥が深いですね~。

P1020847.JPG

P1020850.JPG

トリュフ入り、ワイン作りに使用した葡萄の皮や干草をまぶしたもの、
チーズに香りが加わり、また違った風味が楽しめる。

P1020852.JPG

サンドラさんの熱のこもった説明を聞き、もっともっとチーズが好きになったスマイルダブルハート
ペコリーノチーズは品質の良いピエンツァのものが有名だけど、
トスカーナ州、ラツィオ州、エミリア・ロマーニャ州など
他の地方でも作られている。
工場で作られる大量生産のペコリーノでも美味しいのですが、
「愛情」や「こだわり」を感じたい方は、
ぜひ一度、こちらのチーズを味わってみて下さい!!
※都内のデパート(催事)で販売することもあるそうです。

ちょっと羊のチーズは苦手下向き矢印という方は、
若いチーズならクセが少なく、食べやすいでしょうオーケー

同じチーズでも2つのタイプがあったりします。
フレスコ(fresco) 熟成期間が短い
スタジオナート(stagionato )熟成期間が長い
このイタリア語を覚えておけば、おみやげで買うとき役立ちますよ~。

チーズの原料であるミルクを生む羊ちゃん達に出会い、
チーズの生産現場を知り、次は・・・
お待ちかねひらめきペコリーノチーズをいただきましょうスマイル音符






Last updated  2012.07.19 02:33:18
2012.07.14
カテゴリ:イタリア旅行
イタリア・トスカーナのチーズ農家さんを訪問。
奥様のサンドラさんに、ここで飼われている動物たちを紹介していただきましたスマイル

P1020804.JPG

上矢印はじめに出迎えてくれたのがワンちゃん犬
ロシア生まれの牧羊犬なのだそう。めちゃめちゃデカイっ!!
まっすぐ立たせたら私の身長を超えるかも。
その大きさにビックリだけど、性格は穏やかで人懐っこいのだ。

P1020874.JPG

上矢印こちらはネコちゃん猫
あんなに大きなワンちゃんがいるのに全く怯えることもなく、
ケンカもしない。みんな仲良しなんだね~音符

P1020811.JPG

広い敷地を案内していただいてる間、ワンちゃんとネコちゃんは
ずっと私達の後を追ってくる。かわぃぃなぁ~ダブルハート

P1020814.JPG

P1020810.JPG

イノシシやブタは、いずれ食べられちゃうんだろうけど、
それでも他の動物たちと変わらぬ愛情をそそぎ、
大切に育てられている。
食べちゃうのかぁ・・・しょんぼりって残酷に思うかもしれないけど、
私たち人間は、そうして生きているのだ。
動物たちに「感謝」しなきゃね!

P1020809.JPG

P1020806.JPG

P1020818.JPG

毎日、こんなにも美しい風景を見ていられるなんて、
動物たちは幸せ者ですね~きらきら

P1020824.JPG

P1020833.JPG

あっ!ロバだぁ~。ギリシャでロバに乗った思い出がよみがえる。
こちらはまだ小さいかな?
「乗れますか?」とは聞けなかった・・・。
んっ?!乗りたかったんかーい!!(笑)

P1020834.JPG

広い敷地を歩いていると、パカパカと音を立てながらロバ?馬?に乗った
王子様が登場!!
サンドラさんの息子さんです。
照れくさそうに「Nice to meet you!」と挨拶する、なかなかのイケメンくんどきどきハート

P1020883.JPG

上矢印この大きさなら人間が乗っても大丈夫でしょう。
いいなぁ~。アタシも乗りたぁ~い!!
ギリシャの観光用ロバとは違う。素人には乗りこなせないだろう・・・泣き笑い

P1020882.JPG

うわっ!クジャクだぁ~。すっごいキレイ上向き矢印
クジャクは草むらに出没する蛇を食べるらしく、その対策として飼っているそうです。

P1020839.JPG

さて、お次は私の大好きな羊たちに会いに行きましょう音符

P1020805.JPG

ヤバイよ、ヤバイよ~。

P1020820.JPG

来るよ、来るよ~。

P1020822.JPG

キターーーーーびっくり!!

P1020825.JPG

今、この場所に立っている自分が信じられない!!
トスカーナの大地で、私に向かい駆け寄って来る大好きな羊ちゃんダブルハート
しかも集団で!!
夢に見た光景である。
ここ数年のうち、1番テンションが上がった瞬間だ(笑)

P1020830.JPG

きゃ~♪かわぃぃ目がハート
ちょっとアルプスの少女ハイジになった気分だよ。

P1020831.JPG

どの動物たちもサンドラさんのことが大好きなんだろうなぁ~。
ニコニコしながら動物に話しかけるサンドラさんからは
単なる動物好きではない、愛情を超越した「家族愛」のようなものを感じた。






Last updated  2012.07.15 02:23:15
2012.07.11
カテゴリ:イタリア旅行
イタリア・トスカーナ州、ユネスコ世界遺産に登録されている街「ピエンツァ」

美しい景観に囲まれた場所で、こだわりのペコリーノチーズを作っている農家さんを
訪問見学させていただきます音符

ピエンツァ近郊にある「PODERE IL CASALE」

チーズだけではなく様々な野菜や食品も作っている農家さんで、
飼っている動物の種類と数もスゴイびっくり!!
アグリツーリズモのような宿泊できる部屋はありませんが、
キャンピングカーに泊まって農業や酪農、動物のお世話ができるそうです。
ここで作られるチーズや無農薬野菜を使用したスローフードも味わえます食事

P1020872.JPG

P1020878.JPG

P1020887.JPG

ご主人のウリッセさんと奥様のサンドラさん、
とっても温かく気さくな方で、動物への愛情や酪農業に対しての情熱、おふたりの人柄に
出会って間もない私ですが、どんどん惹かれていきました。
素敵なご夫婦・・・ダブルハート

P1020884.JPG

そして、この素敵な風景!!

なんだか生きていることに感謝したくなる。
普段なら気にしないようなモノにも感動してしまう。

P1020885.JPG

P1020837.JPG

お花がキレイだな、空は青いな、緑って癒されるな、とかね(笑)

P1020875.JPG

鉢植えレモンに興味津々!!
こうして大切に育てた様々な食物を自ら調理し、
ここにやってきた人達へ提供する。
お料理の添え物であるレモンも自家栽培だなんて、
わぁ~♪贅沢ですね~スマイル

P1020879.JPG

ここで作られるものは(動物たちの食べ物も)できるだけ自然なやり方で、
農薬などを使用せずに育てているのだそう。

ジャンクフードと不要なものに埋もれた生活をしているアタシは
どれだけ汚染されているのだろうか?(笑)






Last updated  2012.07.12 02:12:12
2012.07.01
カテゴリ:イタリア旅行
フィレンツェに1泊した翌日は、楽しみにしていたトスカーナ巡り音符
いつもお世話になっているフィレンツェ在住の日本人ガイドさんに
連絡を取っており、列車やバスでは行けないような小さな街を
案内していただきます車
車の運転はイタリア人の旦那さま、優しくて笑顔が素敵なジャンニ。
久しぶりの再会となりました。
日本語勉強中のジャンニは、今年のお正月に奥様のご実家へ一緒に帰省されたらしく、
「お餅」にハマったそうだ。きなこ餅、お雑煮、磯辺焼き、お餅は美味しい♪と
ニコニコしながら話すジャンニは、とても可愛らしいスマイル

さて、
春の陽気が気持ちいい、よく晴れた日曜日晴れ
素晴らしい風景に出会える予感・・・どきどきハート

P1020788.JPG

目的地へ向かいながら、ちょっと寄り道です♪
「Monte follonico」という
とても静かな街。

P1020789.JPG

P1020793.JPG

キレイな花で飾られた家々、ひっそりとした細い路地、
嘘のような静けさ、この3つはトスカーナの美しく小さな街に
共通しているような気がする。

P1020794.JPG

アタシ、普通の民家を撮るのが好きみたいね(笑)
だって~すっごく可愛いんだもんダブルハート

ガイドブックには掲載されないであろう小さな街を
気ままに歩く楽しさ、なんて贅沢だろう。

P1020795.JPG

トスカーナの緑はキラキラしているきらきら
この緑色、ホント癒されるよ・・・。

P1020800.JPG

世界には美しい街、美しい場所がたくさんあるけれど、
私はイタリア・トスカーナ地方が1番好きだ。






Last updated  2012.07.02 03:58:43
2012.06.29
カテゴリ:イタリア旅行
ジェラートを食べ過ぎたせいか?
ガッツリ食べようと思っていた夕食の時間になっても
お腹が減らない・・・雫
フィレンツェで食べたかった物、いっぱいあったのに~。
悔しい!!
てか、自業自得じゃんパンチ

とりあえず、
メルカート・チェントラーレ近くにあるトラットリアへ行ってみたひらめき

お目当ての料理は「トリッパ」
牛の胃袋をトマトソースでいただく、フィレンツェの定番メニュー。

P1020933.JPG

やわらかくって、美味しいグッド

お店のテーブルに置かれていたキャンドル、
薄暗い店内はいい雰囲気で素敵なんだけど・・・
料理を撮影するには最悪の環境だ下向き矢印
アタシが素人カメラマンだから?
上手く写真が撮れませ~ん泣き笑い

P1020927.JPG

上矢印こちらは「タリアテッレ・フンギ・ポルチーニ」
ポルチーニの季節ではないが、どーしても食べたかった。
冷凍モノだけど仕方ないよね。
でも、ポルチーニはポルチーニだもん!
日本のお店で食べる「えっ!?どれがポルチーニ?」っていう
エリンギとミックスされたパスタとは違う。
この圧倒的な存在感!!

イタリアでは冷凍モノの食材を使用する場合、
メニューに明記する事が義務付けられているんだって~。

トリッパもポルチーニも食べられて、ヨカッタ~音符
見事に完食ちょき

ごちそうさまでしたぁ~スマイル






Last updated  2012.06.30 03:47:28

全142件 (142件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.