128065 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

かわいいモノと好きなコト

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


miy0712

Calendar

Freepage List

Category

全8件 (8件中 1-8件目)

1

オランダ・ベルギー旅行

2009.10.29
XML
ベルギー・ブリュッセルにある「サンミッシェル大聖堂」

画像 417.jpg

内部の美しいステンドグラスは必見!!
当時のアタシのポンコツカメラカメラでは
その繊細な輝きを上手く撮影できず・・・残念っ失敗雫






Last updated  2009.10.29 02:36:51
2009.06.09
ベルギー・ブリュッセルにある広場「グランプラス」
ここは歴史的建造物に囲まれた
世界一美しい広場だと言われている王冠

画像 419.jpg


画像 423.jpg

ブリュッセルに来たのなら、アイツに会わなければ・・・!
そう、「小便小僧」であるひらめき
世界中のトラベラーから「ガッカリ名所」と言われている
真意を確かめようじゃないかぐー

それは、見過ごしてしまいそうなほど
普通の道の片隅にあった。

画像 425.jpg

「えっ!?ちっちゃ!
小僧とはいえ小さすぎないか?
思わず失笑・・・。
なんとなく「ガッカリ名所」といわれる訳が
わかった気がする雫
それは万国共通だろう。周りの観光客も失笑の
のち大爆笑している・・・大笑い

ちなみに、小便小僧とは別の場所に
小便少女がいるのだけれど、こっちは
もっとショボイのだ・・・ほえー






Last updated  2009.06.10 03:09:19
ベルギー・ブリュッセルにアールヌーヴォーの巨匠ヴィクトル・オルタの
アトリエ兼、住居が美術館として公開させている。
いろいろな美術館へ行ったが、私はこのオルタ美術館が一番
好きだダブルハート美術館とはいっても
オルタの邸宅であった為「らしくない」ところが
また魅力でもある。ガイドブックの地図だとブリュッセルの中心地から
少し外れていたので、たどり着けるか心配だったわからん
事前にリサーチした目印になる建物や店を探し・・・
「あったぁ~!!
その外観は邸宅そのもの。周辺にもアールヌーヴォー様式の素敵な
邸宅が並ぶきらきら
中へ入ると・・・「うぁ~っ上向き矢印
あまりの美しさに、めまいがしそうだ目がハート
しかも、あまり観光客がいなかった為
まるで自分がオルタ邸に招待されたような気分で鑑賞できるスマイル
館内は写真撮影は禁止なので、ポストカードを購入したひらめき

DSCF0225.JPG







Last updated  2009.06.10 02:13:16
2009.06.08
ベルギーで本場のワッフルを食べようぺろり
ベルギーワッフルには2通りの種類がある。
リエージュ風食事(日本ではマネケンが販売しているような円形のモノ)生地はずっしりと重く、そのままプレーンで食される事が多い。
ブリュッセル風食事一般的に長方形で生地は軽くサクサクしており
カフェなどではトッピングを添えて提供される場合が多い。

私はブリュッセルの老舗のお菓子屋さんDANDOY(ダンドワ)で
まず、ブリュッセル風ワッフルをいただく音符
バニラアイスとラズベリーソースのトッピングをオーダーひらめき
ワッフル自体は甘さひかえめで外側の生地はサックリ!

画像 428.jpg

次に街角でよく見かけるワッフル・スタンドで
リエージュ風を購入!!
どのお店が行列しているか?焼きたてのいい香りがするか?
よーく物色する目
どんだけ食べる事に全力投球なんだろう・・・雫

リエージュ風にはチョコソースやシナモンなどを
かける事も可能なのだが、私は基本的に(マドレーヌやクッキーなども)焼き菓子は
プレーンタイプが好きなので、迷わずシンプルなものを選ぶ音符
「おいしぃ~グッド
しっとりとしていて甘さもちょうどいい上向き矢印
これ、間違いなく正解っちょき






Last updated  2009.06.22 01:29:22
「こんな風景、映画で観た事あったような・・・」
ファインダー越しの風景に
「モノクロやセピアが似合いそう」そう感じた
ベルギーの美しい街たちきらきら

画像 392.jpg

画像 393.jpg 

画像 408.jpg






Last updated  2009.06.09 01:54:11
私は動物モノの物語に弱い。
「フランダースの犬」は小さい頃から大好きで、今でも時々
DVDを観て泣いている涙ぽろり
物語の舞台となったのは
ベルギーのアントワープという街。

画像 384.jpg

ネロが憧れていたルーベンスの絵もノートルダム大聖堂に存在する。

画像 395.jpg

この絵を見た私は「フランダースの犬」のラストシーンを
思い出し、涙ぐむ涙ぽろり
しかし、この物語、海外での評価は
それほど高くないらしい。

アントワープにはネロとパトラッシュの銅像が建てられているのだけれど
銅像のパトラッシュが全然かわいくない・・・下向き矢印
「フランダースの犬」ファンの私が写真を撮らないほど・・・。
あれをパトラッシュと認めたくないのだいなずま






Last updated  2009.06.09 01:15:00
2009.06.07
アムステルダムは運河の街ひらめき

画像 378.jpg

そして・・・自転車の街とも言えよう自転車

画像 377.jpg

オランダは国民1人当たりの自転車保有率が世界一!
アムステルダムでも多くの自転車を目にする。
これが全てママチャリだったら少々悲しい気もするが、
運河の街によく似合うシャープでスリムな自転車ばかりだスマイル

オランダには「自転車専用道路」というものがある。
一般的に想像する「サイクリングコース」とは違う。
歩行者が歩いてはいけない道なのだ。
横断歩道のように、ただ線引きがされているだけで
段差があるわけではない。
ものすごい勢いで自転車がこの専用道路を通過するので
誤って歩行者がボケーっと立っていたら大変だ爆弾
事実、私は自転車に突撃されそうになるびっくり
アムステルダムのような大都市では
自転車の台数も多いので要注意だいなずま
運河の美しい風景に見惚れていたら・・・危ない危ない泣き笑い









Last updated  2009.06.08 02:40:04
風車って私のイメージとしては
もっと小さいモノだったけど・・・
「デカっ!!
でも超かわぃぃーひよこ

画像 420.jpg

オランダを旅した春さくらチューリップの見ごろ
には少し早かったしょんぼり
しかも寒いし・・・。雨降ってるし雨
アムステルダム・シンゲルの花市へ行ってみる花

画像 380.jpg 画像 381.jpg

アムステルダムで行ってみたかった「アンネの日記」でおなじみ
アンネ・フランクの家家
一家がナチスの迫害を恐れ、隠れ住んでいた家は
現在、記念館として公開されている。
館内はテレビモニターや音声でアンネの生涯などを伝えるシステムが
あるのだけれど、当時の雰囲気(暗く重い感じ)を期待していた
私にとっては少しガッカリな箇所もあるぷー






Last updated  2009.06.08 01:53:24

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.