000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*ルースは裸のままが好き*

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

アレキサンドライト・クリソベリル

2018年02月28日
XML
テーマ:ジュエリー(5689)
「アメブロde本」
の編集のために、新たに写真を撮りなおしたりもしているのですが、
今日は、アレキサンドライトで凄く綺麗な写真が撮れたので、
こちらにもUPします。



LEDライトで、こんなに鮮やかな緑になるとは知りませんでした赤ハート
(強めのLED懐中電灯です)






最終更新日  2018年02月28日 16時21分28秒


2010年01月17日
ボルダーオパールとの出会いから、宝石の世界にのめり込んで、早6年。

先日、十大宝石の話を書きましたが、

数年前から、アレキサンドライトの良い物と出会えたら、

「それで最後にしよう。」という漠然とした決意が私の中にありました。

ちょうど6年たった今、この時を待っていたかのように、

運命のアレキサンドライトと出会うことができました。

DSC05539s.JPG

アレキサンドライトは撮影がとても難しいですね。

曇り空の光で撮ったので、やや赤味も出ています。

このアレキサンドライトは、インクルージョンもあります。

DSC05538s.JPG

ルースのちょうど中央右よりに、白い点々が見えるでしょ。

「レースの飾り」のようで、私の好きなタイプのインクルージョンです。

さて、アレキサンドライトならではの白熱灯での変色は、、、

DSC05553s.JPG

実際はもっとドラマチックな赤い煌めきハートが見えるのですが、

なかなか写真には写ってくれません。雫

でも、やっぱり、1ctUPは迫力が違います。ちょき

LEDランプ付きのルーペで覗いたら、綺麗に見えたので、オマケ。

DSC05546s.JPG

ついでに、我が家の他のアレキサンドライトと記念撮影。

カシャ!

DSC05603s.JPG

ハイ、チーズ!

DSC05608s.JPG


ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリックをお願いいたします。→
 banner_br_bear.gif







最終更新日  2010年01月17日 01時03分08秒
2008年12月16日
cjpg

クリソベリルキャッツアイ

で創った、ルースアート

の写真を、画像処理ソフトをイタズラして、

まさしく『猫の目』にしちゃいました。(〃^∇^)

ペアで持っているわけじゃないのよ~ωc(>ω<)ゞ

ゴメンなのだ~(^_^)/~

クリックをお願いします→banner_tree_1.gif






最終更新日  2008年12月19日 07時05分27秒
2008年09月10日
DSC00966アレキキャッツ.jpgDSC00967アレキキャッツ.jpg

綺麗にカラーチェンジする、アレキサンドライト・キャッツアイ。

某ネット店で、そのお店としては激安で売っていたものです。
ちょっと形に歪みがあるのが気になったのですが、
アレキサンドライトにも、キャッツアイにも、それほど思い入れのない私。
「安い」から(笑)購入しました。

ところが・・・
やはり、安すぎる物にはそれなりの訳がありました。(^_^;)

ほら、コレ・・・(=゚ω゚=)

DSC00969アレキキャッツ.jpg

母岩の一部か何かでしょうか???
まあ、綿に隠れてしまえば(枠にはめてしまえば?)見えないので、
ご愛嬌ということで~~~

ブーン((((((((((っ゚∇゚o)っ

安すぎるお買い物は、要注意!!(o ̄▽ ̄°)ノ ハハハッ...泣


アレキサンドライト・キャッツアイ:1.34ct ブラジル産






最終更新日  2008年09月11日 20時58分12秒
2008年08月16日
DSC03693s.jpg

キャッツアイ石にはそれほど興味がなかったのですが、
このクリソベリルキャッツアイを見たとき、
あまりのインパクトの強さに圧倒されてしまいました。

品良くしっとりと現れるキャッツアイではなく、
ギラギラと輝くように出るのです。
いくつかの照明があると、そのすべてに反応する様は見事です。

DSC03698s.jpg

その分、透明感はあまりないのですが、シャトヤンシーの醍醐味を感じさせてくれるので、
何度見ても、ホレボレするルースです。


クリソベリルキャッツアイ:2.33ct スリランカ産
ルースアート:スターウォーズ

クリックをお願いします→ banner_23.gif






最終更新日  2008年12月23日 20時47分44秒
2008年07月26日
アレキサンドライト1.jpg

アレキサンドライトの名前は、発見された日が、ちょうどロシア皇帝アレクサンドル2世の成年式の日であったことから名づけられたそうです。

アレキサンドライトというと、高級な石というイメージですが、
インクルージョンの多い物が多く、なかなか思うような石に巡り会えなかった一つです。

このブルーアレキサンドライトは、ネットショップで紹介されると同時に即決した思い出の品です。
太陽光に当てると、もうちょっと緑色が濃くなるんですよ。(〃^∇^)

アレキサンドライト2.jpg

こちらは、スリランカ産のアレキサンドライト、変色はそこそこ綺麗ですが、地色は・・・まあ、愛嬌っというところで。


アレキサンドライト:0.62ct ブラジル産    ルースアート:青の饗宴
アレキサンドライト:0.63ct スリランカ産   ルースアート:青の饗宴 






最終更新日  2008年07月27日 08時55分51秒

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.