049107 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

成都世界-Chengdu World- 別館

2005年04月09日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
へんしゅうちょうです。

 あったんです。暴動が。中国人にしてみればあれは暴動ではない、というかもしれませんが、自分に言わせれば暴動でした。今回は何も壊されたりしていないみたいですが。

 今日も暴動あるんだろうな~、と思って行ってみたところ、実際やっていたと。今回は写真も動画も撮ってきました。

暴動1

暴動2

 若い人がたくさんいて、はっきりとは聞き取れませんでしたが、みんなで

「伊藤! 関門! 伊藤! 関門!」(イトーヨーカドー閉めろ、ってことね)

と言っているように聞こえました。たぶん間違いないと思います。その後、中国国歌を合唱。


 で、撮影を続けてたら。



「○×□△☆※!!」



 と、2人組の男がこっちになんか言ってくるんです。おいっ、てなカンジで腕を叩いてきました。雰囲気からして、自分が中国人ではない、ということがわかってしまったようで、結構ヤバイ感じ。そのまま撮影やめてその場から逃げるように去りました。

 すると、1人の女の子がこっちについてくるのです。

 なんだ、コイツ。と思いつつ無視して歩いていてもついてきて、

「アンタ、日本人でしょ」

なんて聞いてくる。あまりにもしつこいので、

編:「なんで日本人だと思うんだ」(以下全部中国語での会話)

女:「以前あなたを見たことがある」

編:「どこで?」

女:「久兵衛(日本料理店)で」


…。そこまで言われたらしゃあないんで白状しましたが、彼女曰く「危ないから早く帰ったほうがいい」と。




…おまえも反日暴動に参加してるくせに何言ってるんじゃ。



 なんて思いつつもちょっと危ないと思いはじめたので、そのまま帰宅しました。その後、中国人の友だちから電話がかかってきたので、今日のことを伝えると、

「またやってるのか!」

とのこと。この友だちみたいに暴動が意味のないことだとわかっている中国人もいる一方で、相変わらず暴動をおこす中国人もいる。この違いはなんなのだろうと。大部分の中国人の考え方は後者に当てはまるんでしょうけど、最近は中国人が可哀想に思えてきました。この人たちはやっぱりこういう考え方なんだなあと。

 と、反日関係のことを書くのはこれで一切終わりにします。こんなこと書いていても面白くないし。よっぽど大事件があったら別ですけどね。






最終更新日  2005年04月10日 18時14分38秒
コメント(2) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


へんしゅうちょう

お気に入りブログ

★ JiaXiang in Beij… jiaxianginbeijingさん
my home weinyさん
失敗?成功?教師辞… 教師辞めて上海【のむてつ】さん
上海留学準備中! 小燕さん
しばたに中国を行く しばたに こうさん
へんしゅうちょの楽… へんしゅうちょさん
Traveler's Island KAME-KICHIさん
saori in wonderland SHAZHIさん
黄金の掛け橋 i-momochiさん

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.