000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言葉 Blog

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

「話を聴く」

February 16, 2019
XML
テーマ:マジっすか(321)
カテゴリ:「話を聴く」

鴨頭さんの動画
2018年と2019年は変革の年
https://youtu.be/IdkwiA-g3E4

今までやりたいと思っていたことは、やっておくこと。

扉🚪が開くらしい。
口が開くらしい。

プロのトップがいうことは、
素直にきいておこう。

自分が得意な専門の分野は
じっくり考え尽くして
事を成そう。

人間が変えられない
自然や天地の変化は
抵抗せずに、受け入れよう。

などなど。








Last updated  February 16, 2019 11:25:55 AM
コメント(0) | コメントを書く


December 6, 2016
カテゴリ:「話を聴く」


この本のおかげで価値観がひっくり返ったので、シェアします。
コミュニケーションの話です。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



コミュニケーションはサルの毛づくろいと同じで、気持ちいいものなの。

お互いにし合って、気持ちいいねって、共感するものなの。



人のコミュニケーションも同じだよ。


バカ話、話の中身のない話をして、共感したり、くすっと笑ったりすること。
そんなことで、人と場と時を共有して楽しみモノなんだよね。気持ちいいものなの。



話相手は「敵」ではないんだよ。





コミュニケーションとは、

相手との「共同ゲーム」なの。
       「対戦ゲーム」ではないの。


話相手は「敵」ではない。
   「仲間」です。

共同ゲームの敵は「気まずさ」です。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




人と差をつけることは、


人に好かれるためにやっていたのに、
逆に人にうとまれたりけんかになったりすることがある。


どっちが正しいか間違っているか。
どっちが優れているか、劣っているか。



そんなことをしていたら、話相手とけんかになるよ。
敵は「気まずさ」だよ。



いろんな考え方の人が生きてるから、色んな考えがある。

人と仲良くなりたかったら、一人ぼっちで寂しかったら、
「どうでもいい話」「バカ話」でコミュニケーションをとってみて。

仲良くなれて、友達ができて、寂しさも今より紛れるかもしれません。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これは「自分の命を助けることになる」かもしれない。

人類の歴史をみてきて、人は「敵」は殺すけど、「仲間」は殺さない。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そんなようなことが、この本に書かれていて、人生が変わりました。


彼のファンになり、深夜0時からの吉田さんのラジオを聞いています。
雑音「ジージー」いいながら。耳を済ませてる。


この本を読むまでは、なぜみんなくだらない話を休み時間にしているのか。
原発や政治の話、私にとっては重要だと思われることより、
流行の話やどうでもいい話をして、笑っているのかわからなかった。
そんな私はずっと一人ぼっち。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



昨日、ラジオでおじさんがロボットの話を女の子たちに話していたの。


話題はロボット。


そのおじさんは、まじめに「そのロボットができた背景や解説」を
していたのだけど、つまんないなあと思ってwww


そんなことより、
もっと「笑えるような話」にもっていくこともできるのになと、
チャンネルをかえた。www



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



子どもに絵本を読んでも、本の解説なんて聞きたくないのね。


「この本はどんな意味をもっているのか」なんて、つまらないの。
頭がいたくなるの。



「ただ本を楽しく面白くよんでほしい」っていうのwww






Last updated  January 8, 2017 08:47:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 18, 2015
カテゴリ:「話を聴く」







聴くイベント.png

「話を聴く」ボランティアをはじめてみました。





「お話伺います」(聴くだけで、解決はしません)

というイベントです。

今まで3回、行ってみました。
待っている間、胸がどきどき緊張しますが、楽しいです。


誰かの役に立ちたかった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際に行ってみて、かなりの発見がありました。



それは、自分が話を伺っていたはずなのに、
逆にお客様に、私の悩みを聴いていただいてたり・・・


本やネットでは見つけられなかった
 私専用の答えをいただけたり・・・。


会話って、人ってあったかいんだね。
知らない人なのに。
(知らないから、本音を話せるのだけどね。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから、これは反省なのですが、


「人を変えようとしてはいけませんね」


「相手のため」なんて、うそ。
それは「余計なおせわ」「「おしつけ」。



誰も言われたくないんですよね、こんな言葉↓。

「あなた、かわった方がいいわよ!」
「今のままじゃダメよ!」

実際にはいわないけど

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今の自分をうけいれてほしいんだもん。私だって。

私だって変わりたいんだ。

でも、そんなに簡単に「はい、そうですか!」って
いえない時もあるんだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これ↓は、私が人に欠点を指摘されときに、心に浮かんできた言葉です。

「あんたに言われたくない!
言うんなら、もっと言い方に気をつけろ。
変わるって、自分を否定されてるみたいで、嫌なんだ。

あんたは言うだけだからいいよな。
私は、変わるってな、すごくすごく勇気がいるんだ。

素直に「はい!」っていうのって、はずかしいもんなんだ。

私だって、できるなら、それをすぐにやりたいさ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


相手が「拒否」の言葉を言ったとしても、
相手はそのあと、そのことについて、
自分と対話しているのだから、いいのです。

ゆっくりゆっくりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そのままを受け入れて、相手の喜ぶことを言ってあげること。

たとえ、うそでも。その言葉で、相手が元気がでるなら、

相手は自然にいい方向に歩き始めると信じて。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「ありがとう」「たすかりました」
という言葉を最後にいただけるうれしさ。


その時間を一緒にすごして、
今日という日の思い出になるうれしさ。

「やろう!」と思い立ったことで、
それまで出会ったことのない方たちと出会えるうれしさ。


すごいね。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



~お客様から頂いた言葉、気づき~



☆話を聴く心構え☆



人が話しているときは
ただ相槌をうつだけ。

それだけのほうが、いいときもある。

わりと、食い気味で会話をさえぎることがあるので
気をつけること。



向こうが自分の中で答えがでそうなら
背中を押してあげること。



.......................................


~「弱い自分をいじめている自分」に対して~



「寂しがりやなんだから、受け入れてやれよ、かわいそうだろ!」

「そして、いい子いい子してやれよ。」

「そうして、自分を変えろ!」

「責めている自分も受け入れろ!それもお前なんだからな!」




「孝行して親を安心させろよ。」

「おまえが笑顔なら親は安心する」


「時間は命だぞ。だから、暇っていうなよ!」





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


読んでくださってありがとうございました。











Last updated  January 8, 2017 08:36:50 PM
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.