1694089 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

サイド自由欄

カテゴリ

バックナンバー

2020/06
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2019/09

カレンダー

2009/12/20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

地球温暖化でCO2が問題になっていますが、イチゴなど植物にとっては重要な成分です。イチゴ農家の方はこれからクリスマスに向けて大忙しのことでしょう。この時期のイチゴは当然ハウスイチゴになります。

ハウスイチゴのハウスの中ではある工夫がされています。それは【CO2濃度を外気より高める】ということ。

イチゴも植物です。光合成を活発にしないとたくさんの実を付けません。光合成ってだったけ?まずは大昔やった化学の知識を呼び起こしましょう。光合成は植物が水と空気中のCO2(二酸化炭素)を吸収してデンプンや糖類などを作り出すこと。

 冬の外気のCO2濃度は350ppmくらい。これを2.5~3倍の800ppmくらいにすると光合成が活発になってきます。(ちなみにppmという単位は1ppm=1万分の1パーセント)

ではどうやって?一般的には灯油などを燃焼させた排気ガスを利用します。ガスや化石燃料を燃焼させると排気ガスの成分に今問題のCO2を発生します。燃焼状態にもよりますが5%以上の濃度で出るでしょう。植物にとってはこんな%単位の高濃度のCO2は必要としません。そこでファンなどを使ってハウス内の空気と混ぜます(循環させる)。(自分だったらCO2センサー・燃焼装置・循環ファンを連動させてCO2を一定に保つ自動運転のシステムを作ります。実際のハウスはどこまで自動化が進んでるんでしょうね。)

日中イチゴは光合成をするため自分でCO2濃度を低くしてしまいます。CO2がないといけないのに逆に自分でCO2を低くしてしまうわけです。それでCO2を植物が活発に光合成ができる濃度まで強制的に高めます。特に冬場日照が少ない日本海側はより効率的な光合成が必要で有効な手段になります。約20~30%収量UPにつながるとのこと。

 

我が家は路地でわずかばかりのイチゴで楽しんでいます。庭で日が良く当たる南面で花を咲かせているのを見つけました。春を待ちわびながら少しづつ成長して行きます。春よ、は~やく来い。甘いイチゴ、待ってますよ~。ぺろり紅ほっぺなどの品種も増やしてみようかと思っています。

IMG_3888-1.jpg IMG_3889-1.jpg

暖房で石油ファンヒータの家庭なら部屋のCO2濃度は十分で、イチゴを窓際族にしておけば絶好の条件でしょうね。

 

(よろしかったらクリックしてくださいね~)

fruitssaibai88_31_green_3.gif







最終更新日  2009/12/21 07:14:18 AM
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.