1688031 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

サイド自由欄

カテゴリ

バックナンバー

2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2019/09
2019/08

カレンダー

2012/01/31
XML
カテゴリ:ポポー

蒸かし芋を食べながらブログ更新です。

2012 01 29 014.jpg

パープルスイートロードですが、昨年は芋蔓を買わず一昨年の芋から芽出しから行いました。

最近の寒さで芋の傷みが進行しつつあります。

完全に腐る前に、そろそろ芽出しを開始しなくては。

とりあえず今年はパープルスイートロードと鳴門金時を。最近人気の安納芋は今年も見送りとなりました。安納芋のネットリ感は焼き芋には良いのですが、蒸かし芋にはちょっと。

2012 01 29 038.jpg

2012 01 29 040.jpg

そう言えば昨年、芽出しの途中にネズミの攻撃に逢いました。きっと今年もやって来るでしょう。今年はハバネロを降りかけておきます。ギャ~となってくれれば。

 

 

 

 

さて、ポポーの根はゴボウ根のようです。

昨年実生と思われるポポーが1mまで成長しました。

実際に成長したのは1ケ月半くらいで1mに達し、その後は成長が止まりました。

実生では無くサッカーの可能性もありますので、確認を行いました。

実生ポポーが生えて来たのは1.5m(ウェールズ)から2m離れたハウスの中です。

このウェールズの親木は幼木の頃に踏んでしまい、一度複雑骨折を経験し成長が遅れています。

隣のデービスは踏まれず現在は3mです。

 

 

2012 01 29 021.jpg

 

 

ウェルズ側を掘ってみます。

ウェールズ側の根が伸びたものであれば繋がっているのを確認出来るかもしれません。

2012 01 29 022.jpg

結構深く伸びています。ゴボウ根のようです。

途中で1ケ所曲がっています。

今回はここまで。

1ケ月先に完全に堀り上げます。そこで最終結果が分かります。

何となく実生のように思います。途中で曲がった形状は発芽した時に向きを変える様子に良く似ています。

 

ウェールズの親木の根元にも実生が。

こちらはハウスの中では無く完全に路地です。

現在10cm未満。爪楊枝程度の細さです。

同じ実生でこれくらい成長に差が出るものでしょうか。

奥に見えているのが親木のウェールズです。(1.5m)

2012 01 29 023.jpg

 

試しにこの実生を今年の春ハウスの中へ移植します。

とりあえず、ハウス中の土作りをしておきました。

ここに移植します。

今年も1mの成長を見せてくれるのでしょうか。

2012 01 29 025.jpg

 

ウェールズ・デービスの種も20ケ程度既にバラ撒いてあります。

無事発芽してくれるのでしょうか。

 

ライチ・ジャボチカバも春にはここに埋め戻します。

あと2ケ月ほど待ちましょう。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

 

にほんブログ村







最終更新日  2012/01/31 07:04:32 AM
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.