1695600 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

サイド自由欄

カテゴリ

バックナンバー

2020/06
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2019/09

カレンダー

2012/06/14
XML
カテゴリ:

道具は今年もカッターナイフです。春先に接木用の自分に合った切り出しナイフを見て回りましたが結局ありませんでした。まだカッターの刃の方が。特注のマイナイフ欲しいですね。作りますか、製作者は私ですが。

 

柿の居接ぎを2012/3/18に行いました。

昨年柿の接木は全滅。今年も同様かと思っておりました。

ところが。

 

台木は一昨年根伏せから育てました。

昨年失敗して台木はそのまま残してありました。

切り戻し、一年枝に4ケ所(2品種×2)接いであります。

道具は全く同じ。違ったのは気合と集中力。

手元にテープと鋏、カッターを用意して気持ちは一気に仕上げることのみ。

 

 

現在の様子。

真中の1本は今年伸びた台木の芽です。

出来れば来年これに興津20号でも接げれば完璧です。  皆々様 m(_ _)m。

2012 06 12 006.jpg

 

最初下枝両側が芽吹いて来ました。同じ品種です。

1品種でも成功は私にとってかなりの収穫です。

ところが。

 

おととい気付きました。

柿の接木、今年の良否はまだ終わっていないようです。

ポツンと。

2012 06 12 010.jpg

 

 

 

 

さて、今年の柿の注目は1点。オレンジスターに尽きます。

今年三年目に入ります。

特徴は安定して高糖度。(カタログの糖度では花御所・興津20号を超えています。)本当?

(キイジョウで大変痛い目に遭っておりますで。イマイチ信用出来ません。確認はこの舌で。)

(キイジョウは今年も200g?)

 

【オレンジスター】

2012 06 12 001.jpg

 

2012 06 12 003.jpg

 

昨年は全て生理落下。さて今年は?

近々木全体で3果程度に摘果します。

 

 

今年、普通の柿も真面目に摘果しようと思います。

この気持ちになっただけでも多少進歩した証かもしれません。

今年の柿、9月下旬の早秋から始まります。

それまでしっかりと。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/06/14 05:59:38 AM
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.