1721673 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

サイド自由欄

カテゴリ

バックナンバー

2020/07
2020/06
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10

カレンダー

2013/07/09
XML
カテゴリ:イチジク

梅雨が明けました。

梅雨は日本固有のものでは無く、雲の帯が日本→中国→インドへと続く広範囲の気象現象のようです。

雲の始まりはインドから。なのでインドの雲の動きから梅雨明けの時期をある程度予測出来るようです。

今年は早々に梅雨明けが早いと予想されていました。

バッチリ当たりましたね。

早い梅雨明けは体には堪えますが、果樹にとっては好都合。

良いのではないでしょうか。

鉢栽培の方は水切れに注意なさって下さい。

 

 

梅雨が明けて嬉しいのですが嬉しく無いことも。

イチジクの『ダルマティ』です。

一週間ほど前から注目していた実があります。

 

これです。

これまでの150g程度の小物とは明らかに違います。

ちょっと期待。

001.JPG

 

 

昨日の朝に見ましたら、

002.JPG

 

 

 

これで今年の夏果の記録を残す予定でしたが記憶だけが残りました。

200gは確実に超えていましたね。

もしから250gの可能性もあっただけに残念です。

手の平サイズのイチジクは栽培意欲が出ますね。

 

記録は一時の通過点。

今度記録がかかった時は金網で防御をしましょう。

ダルマティの夏果は思っていた通り大物ですね。

出来れば夏果は200~250gで揃えたい。

夢が広がりました。

また今度です。

 

ヤツはダルマティを狙っているようで、他のイチジクは無事収穫出来ております。

今のうちにグッドー・コナドリアなどの小さな実のイチジクを収穫しましょう。

こちらは目立ちません。

梅雨が明けてこれからイチジクもおいしくなります。

おいしいイチジクを頂きたいですね。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/07/09 05:56:34 AM
コメント(18) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.