1730398 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

サイド自由欄

カテゴリ

バックナンバー

2020/07
2020/06
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10

カレンダー

2013/09/21
XML
カテゴリ:葡萄

秋の風が吹き始めて、そろそろ来年に向けて動き始めようと思います。

本日の午前中にその第1弾を行いました。

 

庭のカーポート東面の『アケビ』をバッサリ切りました。

アケビは目隠しと夏の東からの日を遮る目的があります。

 

日の出前に撮影しました。

切る前の状態です。

002.JPG

 

この場所はもともと果樹が植えられるように30~50cm巾で土が入れてあります。

現在東面に植えてあるのがアケビ3種類・ぶどうの安芸クイーン・暖地桜桃のはるかです。

アケビと安芸クイーングチャグチャに絡まって手が付けられない状態です。

 

 

 

アケビを切りました。

ついでに予定に無かったはるかもバッサリ切りました。

勢いが付くとついでが多くなります。

はるかは高接ぎしてある正光錦と紅福の細枝だけ残してあります。

 

 

バッサリでサッパリです。

完成しました。

012.JPG

 

 

目隠しが無くなると丸見えです。

ここは幹線道路に面した場所にあります。

まあいいでしょう。

皆さんどうぞ見て下さい。

安芸クイーンの今年伸びた新梢を上下2列這わせてあります。

下段におまけの安芸クイーンを一房残しました。

点数で言うと100点中3点のぶどうです。

通り掛かった車を見ますと、笑顔で知らない奥様が指差してました。

何が言いたかったのでしょう。

皆さんぶどうを見て笑って下さい。

紅くなるまでこのままぶら下げておきます。

 

014.JPG

 

015.JPG

 

 

来年の夏は緑のカーテンの役目を果たしてくれるのでしょうか。

ぶどうが生ったとしても大したものは出来ないかもしれません。

午前中の光だけでは厳しいと思います。

3点ぶどうが4点になればそれで良し。

 

冬になれば落葉。

また丸見えになりますね。

 

 

 

 

ぶどうの『イタリア』が熟して来ました。

019.JPG

 

 

一房試し食いをしました。

 

味的には合格。

優しい濃厚なマスカット香がします。

女性好みの味だと思います。

個人的にはシャシンマスカットよりイタリアの方が断然上です。

イタリアの国が推奨するぶどうだけはあります。

イタリア人はこう言った味が好きなのですね。

イタリアの血は入ってませんが私も好きです。

但~し大問題発生。

皮が剥けません。最悪です。マニキュアフィンガー並みの皮の固さ。

私は何が何でもぶどうの皮が食べられない人間であります。

指をグショグショにして皮を剥き食べました。

 

まあいいでしょう。

誤算には慣れております。

 

 

にほんブログ村にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ







最終更新日  2013/09/21 06:54:02 PM
コメント(12) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   ホワイトモグタン さん
こんばんは。
指差し確認したのは女装した私です。
あら~?やんだ~
あんなところに食品サンプルのブドウがぶら下がっている~
そういって立ち去りました。
そう、『モグ立ちよらぬ』です。笑
現在大ヒット中の大作アニメの名前に似ていますが全くの別物です。
これだと根域栽培にもなりますね。
日当たりも良さそうなので糖度の高いブドウが収獲出来そうですね。
イタリアは美味しいブドウのようですね。
マスカット香がするだけで美味しいのが伝わってきます。
あの香りは万人が好む良い香りです。 (2013/09/21 08:34:51 PM)

 Re:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   くゆら さん
安芸クイーンの一房が気になって仕方ありません。
通る度、脇見運転をしてしまいそうです。
危ないです><

イタリアも美味しい葡萄のようですね。
房も綺麗に整って素晴らしいです。

イタリアを一粒、お口に放り込んで
皮と種を選り分ける食べ方をマスターしましょう^^
美味しいブドウはまるごと楽しみましょう♪ (2013/09/21 11:13:00 PM)

 Re:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   ゆずぽん さん
安芸クイーン、、、プププ。。。
たま数を数えておいてください。
一つ、二つ、、そして誰もいなくなった・・とならぬよう。・・
ってのは冗談ですが 誰もが二度見する光景ですね。(笑)


イタリア・・・
シャインマスカットよりは上ですと!

うぅぅううううう・・・ワン!
(意味不明) (2013/09/22 12:05:15 AM)

 Re[1]:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   日本一の果実 さん
ホワイトモグタンさん
蔓性の果樹は管理が大変ですね。
蔓の密集は良くありません。
いかにもそこに病原菌の塊があるようで気になります。
アケビを切ろうとしましたら鳩が巣を作りかけていました。
鳩が電線に掴まって暫く眺めていました。
すまん。すまん。
来年ここにぶどうが生ったら鳩に一房あげようと思います。

東面で半日しか日が当たりません。
ぶどうには厳しい場所かもしれませんね。

味的には黄玉より上かもしれません。
上品な香りがします。
但し皮の剥き易さは断然黄玉ですね。
やはりツルっと剥けませんと。 (2013/09/22 03:41:59 AM)

 Re[1]:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   日本一の果実 さん
くゆらさん
私も車を運転していて綺麗な花や果樹が生っていたりすると脇見をしてしまいます。
危ない危ない。
ただ前を見ていても他事を考えていると危ないですね。
運転時は運転に集中。

薄い皮は皮と実がくっついて離れようとしません。
口の中で剥離をやってみましたが無理です。
手で1個1個皮を剥くしか無いようです。
相当面倒なイタリアですね。 (2013/09/22 03:49:14 AM)

 Re[1]:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   日本一の果実 さん
ゆずぽんさん
ぶどう大好きなゆずぽんさん、おはようございます。
シャインマスカットはどちらかと言いますと特徴がありません。
特徴の無いのが万人に好まれる理由かもしれませんが。

安芸クイーンが好きな人はイタリアも好きです。
同じ路線ですね。
私もこの路線は大好きです。
今度完熟のイタリアが売ってましたらお試し下さい。 (2013/09/22 03:54:23 AM)

 Re:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   ひかりちゃんの庭 さん
日本一の果実さ~ん

右上の名前が黒くて見えませんよ~。

なぬ~~~!
シャインより断然イタリアがおいしい?
やっとシャインを買ったのに~~~。

わたしもきのう、通りすがりにその安芸クイーンを見て笑いましたよ。
絶対に、百均のプラ葡萄だと思いました。

ぶどうは冷凍して、食べる前に水に濡らしたら皮がつるっと剥けませんかね。
冷凍庫も一杯でしょうけれどね。

キダマじゃくて・・・オウギョクもイタリアも枯らしたので大失敗です~!
うちは来年、りんごの木に葡萄が生っていると思います。 (2013/09/22 06:52:30 AM)

 Re:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   しお. さん
スッキリしましたね。
今年のブドウを象徴するようなイタリアの房はお見事です。画像からも美味しさが伝わってきます。
ブドウも収穫時期が8月から10月までと長く楽しめて注力しがいがあります。

(2013/09/22 06:54:32 AM)

 Re:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   tangor農林8号 さん
おぉ~。すっきりさっぱりですねぇ。
うちも見習わないと・・・。
シャシンのマスカットは食べられませんからそりゃーイタリアが断然圧勝でしょう(笑)。
冗談は抜きにして見事な房ですね!
さすがです!うちの子たちに見習わせたいわ~。 (2013/09/22 11:12:22 AM)

 Re[1]:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   日本一の果実 さん
ひかりちゃんの庭さん
右上の名前が真っ暗ですね。
昼間でも真っ暗。明るくなりませんね。

そう言えば先日シャインマスカットの苗を購入されましたね。シャインマスカットは1点低いだけで凄くおいしいぶどうです。
頑張って育てて下さい。
イタリア・キダマはその辺にころがっていたと思います。
何か送るついでがあれば一緒に送りましょう。 (2013/09/22 12:06:04 PM)

 Re[1]:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   日本一の果実 さん
しお.さん
アケビは最近管理してませんのでまともな実になりません。
また場所を変えて出直します。
今年のぶどうは最後収穫まで辿り着けるかがポイントです。
そこまで行ければ今年は合格です。
房作りは来年以降頑張ります。
(2013/09/22 12:12:03 PM)

 Re[1]:来年に向けての改造その1。 『緑のカーテンをぶどうに』(09/21)   日本一の果実 さん
tangor農林8号さん
何を仰いますか。
tangorさんの子供を拝見して、それをまたうちの子に見せてあげます。
そうやっているうちにtangorさんとともに素晴らしいぶどうに仕上げて行きましょう。
(2013/09/22 12:15:43 PM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.