1690039 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

全73件 (73件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

サクランボ

2011/03/19
XML
カテゴリ:サクランボ

ちょうど地震のあった日あたりからポツリ・ポツリ、一輪また一輪と咲き始めた果樹があります。

今年は悲しい開花になってしまいました。

中国暖地桜桃の【はるか】です。

恐らく毎年この花の開花時期を迎えますと、きっと地震災害のことを思い出すことでしょう。

 

IMG_8881.JPG

 

家には3本のはるかがありますが、その中の1本を2年前の同時期に植え替えをしております。

家は道路に面した敷地ですので、鳥対策として少しでも車が通る場所の近くにしたい為です。

鳥も車を嫌います。

 

植え替えは非常に厳しい条件でしたので、根付くかどうかは半々。

樹高はおよそ2.5m。これくらいの木になりますと私一人の手では重くて大変です。それでかなり根も切り詰めました。移植した場所もブロック塀の前で、植えた場所の下はベースコンクリートがあります。根も大して張れません。

 

厳しい夏を何とか乗り越えましたが、昨年の春は開花もごくわずかでほとんど実を付けませんでした。

さらにあれから1年。移植してから丸2年。まだ本来の6~7割程度でありますが元の花数に戻りつつあります。

果樹も厳しい環境に立たされた時は生きることに必死です。

 

本当に良く耐えた!  褒めてやります。

今年見る紅い実は感慨深いものになるかもしれません。

 

IMG_8882.JPG

 

IMG_8883.JPG

 

今はただただ早く暖かくなることを願うばかりです。

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2011/03/19 06:30:02 AM
コメント(12) | コメントを書く


2010/11/05
カテゴリ:サクランボ

あ~あと申しますか。やってしまったと申しますか。

晩秋ですが今年も花が咲き、おまけに受粉までしておりました。

無残の一言です。

課題山済みの桜桃です。

写真はさおりかタマサンゴのどちらかだと思います。

来年の結果は見えておりますが、再来年を目指して。先の長い話です。

IMG_7561.JPG

IMG_7562.JPG

IMG_7563.JPG

fruitssaibai125_41_z_ichou.gif







最終更新日  2010/11/05 07:19:39 AM
コメント(12) | コメントを書く
2010/09/25
カテゴリ:サクランボ

桜桃の話です。仙人様の桜桃を拝見してこちらも近況を。

こちらは来年も無理の烙印が押されました。

無念。

今年一番防除したのがこの桜桃でしたが。

気持ちとは裏腹。

今年の高温・乾燥は桜桃には全く厳しいものでした。

特に葉ダニの影響が大きいです。

ほどんどが落葉し、今は新葉がちらほら。(また晩秋に花が咲くかもしれません。)

葉はスカスカ。ほとんどがこのようなものばかりです。

IMG_7084.JPG

 

こちらはかろうじて葉が残っている状態。来春の結実は微妙です。

IMG_7086.JPG

 

こちらは暖地桜桃のはるかです。

これは実に病害虫に強いです。放任でもこの状態。

来春たくさん実を付けるのは確実の状況。

IMG_7085.JPG

 

頑張っているものが落葉し、放任のものが当たり前のように葉を残しています。

うまく行きませんね。

まだまだ修行が足りません。

植え付け場所など栽培環境を見直しが必要です。

fruitssaibai125_41_z_momiji.gif

 

 

 







最終更新日  2010/09/25 07:53:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/08/26
カテゴリ:サクランボ

最近早朝空を見上げますと青色が濃くなっていることに気付きます。

次に桜桃の葉を見上げますとダニにやられたもの、黄色くなったもの、葉脈系の病気にかっかものなどまともな葉っぱが無いことに愕然。

高温・乾燥・水不足・害虫・病気・・・これは様々な要因があるようです。

おまけに一部細菌性の病気で枝が枯れたものもあります。

全く厳しいです。

例年に比べ今年この桜桃を一番手をかけているのですが。

IMG_6371-A.jpg

IMG_6367-A.jpg

IMG_6332-A.jpg

IMG_6333-A.jpg

 

今年は摘芯を行い一部強制的に花芽を作りました。

場所場所で剪定方法を変えてみました。

ただ根底に葉っぱが付いていることが絶対条件です。

IMG_6370-A.jpg

IMG_6369-A.jpg

葉っぱを復活させないと来春また花見だけで終わってしまいます。

何とかせねば。

あと3ケ月葉っぱが付いていないと。

温暖な地での桜桃栽培は厳しいものがありますがこんなことで諦めるわけには参りません。

 

 

 

 







最終更新日  2010/08/26 09:28:03 PM
コメント(12) | コメントを書く
2010/06/07
カテゴリ:サクランボ

今年の桜桃は一言完敗。

これまでに無い出来栄えでした。

昨年手を抜いたこともありますが、しかしながらこれが今の実力ですから仕方がありません。

全く一から出直します。

現在主に家の主力は【珠桜】【タマサンゴ】【さおり】【出羽錦】。

出羽錦以外は自家受粉可能な品種です。

 

出直しの第一歩として再度ナポレオンを植えました。

数年前に倒しましたナポレオンのすぐ隣です。

IMG_5705-A.jpg

 

高砂も数年前に倒してしまいましたが、昨年の秋に何故か芽吹いて参りました。

一度枯れ、再び蘇って参りました。凄い生命力です。

IMG_5710-A.jpg

自家受粉可能な品種ではありますが、今私の中ではやはり受粉樹は必要と考えが変わって参りました。

ナポレオン・高砂この2本を受粉用に再度栽培を開始します。

 

今年の桜桃は本当に寂しい限りでした。

IMG_5690-A.jpg

これは恐らく【珠桜】だと思います。(3品種ゴチャ混ぜで未だ特定できておりません。汗)

このようにまばらで、さすがに少ない分大きくなっています。糖度は19.0ありました。

 

現在家の桜桃はこれくらいに成長しております。

まだまだ幼木の域を脱しません。

IMG_5707-A.jpg

まだ数年かかるかもしれませんが目標を見据えて行きたいと思います。

桜桃は私の好きな果樹ベスト3の一つです。

やり甲斐は十二分にあります。

今年の目標。それは何としても自然落葉するまで葉っぱを付けさせることです。

まずは基本に戻ります。

いつかきっと、、、、、。

このあたりにたくさん実を付けれたら。

IMG_5711-A.jpg

(PS  しおさん来年に向けて頑張りましょう。階段は一歩づつ。いつかは昇り切りましょう)

fruitssaibai125_41_z_sakuranbo.gif

 

 

 

 

 







最終更新日  2010/06/07 06:58:11 AM
コメント(18) | コメントを書く
2010/05/17
カテゴリ:サクランボ

中国桜桃の【はるか】は昨日防鳥ネットを外しました。

昨日がピークでした。昨年は5/3日がピークでしたので約2週間遅れとなります。

まだ熟してないものはそのままにしてありますから、これから熟して行く分は鳥に食べてもらいます。

今年の【はるか】は不出来でした。

糖度が上がらず、水っぽい感じが致します。(裂果もかなり起きました)

途中一番肥大する時期に雨に当たったのが原因でしょう。

雨避け栽培の重要性を改めて感じた年になりました。

糖度的には今年17.6。 昨年の20.6に比べても全然の数値です。

桜桃が色付くに従い、鳥が次から次へこの【はるか】を目指してやってきます。

今年も1羽ネットに引っ掛かりました。(発見が早くネットを切って逃がしてやりました。昨年も同様に1羽が引っ掛かっております)

鳥も命がけです。(そこまでリスクを取らなくて良いと思うのですが)

これでまた来年です。葉っぱだけは秋まで健康に保ちたいと思っております。

IMG_5519.JPG

IMG_5523.JPG

ジャムにも加工致しました。

私の中で最高のデザートはアイスクリームのホットチェリーソースかけです。

もうかれこれ20年近く前、仕事でドイツへ行った時に食べたのがきっかけです。

冷たいものに暖かいものをかけると言う発想は当時にはありませんでした。

それ以来サクランボを見ると暖かいチェリーソースを思い出します。

IMG_5548.JPG

 

最近路地のイチゴもたくさん採れるようになりました。

粒も大きくなってきております。

IMG_5546.JPG

IMG_5547.JPG

左手前のもので65mmの大きさがありました。

(不思議とイチゴは大きくなると横へ広がるようです)

イチゴの香りも良いものです。

イチゴはまだ暫く続きます。

fruitssaibai125_41_z_sakuranbo.gif

 

 

 

 







最終更新日  2010/05/17 06:40:57 AM
コメント(8) | コメントを書く
2010/05/08
カテゴリ:サクランボ

初夏の便りです。

昨年より2週間遅れでようやく色付き始めました。

中国桜桃選抜種の【はるか】です。

家では1品種で複数本存在するのは唯一これだけです。3本あります。

植え付けて6年経過しております。背丈は2.5~3mほどに成長しました。

小粒ですが豊産性で糖度的にも問題がありません。

今年まず糖度を計りましたら16.2ありました。

収穫始めではまずまず。この後の天候次第でさらに上がってくるものと思われます。

昨年は糖度20.6まで行きました。

この【はるか】は家では親孝行の果樹です。

毎年全くの無剪定で全て自然交配と手間がかかりません。唯一今年既にやられましたが、毛虫だけ注意が必要です。

豊産性と言うことで1本にどれだけ実を付けているのでしょう。

枝の数からざっと数えてみましたらこの1本の小木で約2,000個付けておりました。

これだけの密度がありますと鑑賞的にも十分です。

【はるか】 1本目 ↓

IMG_5311-A.jpg

IMG_5297-A.jpg

IMG_5293.JPG

IMG_5294.JPG

【はるか】 2本目 ↓

 

IMG_5320.JPG

IMG_5315.JPG

IMG_5319.JPG

IMG_5313.JPG

この樹もあと数日で紅く染まることでしょう。

残りの1本は昨年植え替え、今年は100個ほどしか実が成りませんでした。

来年は他の2本と同様たくさん実を付けることでしょう。

果樹もこの中国桜桃を皮切りに本格的なシーズンに入ってきます。

昨日の雨で新緑も濃くなって参りました。

吹き渡る風も気持ち良く、庭の果樹を見て回るのも楽しくなってきました。

fruitssaibai125_41_z_sakuranbo.gif

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2010/05/08 07:43:30 AM
コメント(14) | コメントを書く
2010/04/24
カテゴリ:サクランボ

時間に追われ、毎日があっと言う間に時間が過ぎて行きます。

もう少しゆっくり時間が過ぎて欲しいところではありますが、会社の組織におりますとなかなか自分のペースというわけにも参りません。

逆に果樹はもっと早く時間が過ぎないものかと、都合の良いことばかり考えております。

 

 今日は快晴。まだ寒いですが気持ちの良い朝です。日の出もめっきり早くなって参りました。

植え付けて6年目に入る桜桃があります。品種は【出羽錦】です。

今年初めて花が咲きました。花が咲いたと言いましても咲いたのはわずか一輪だけ。

仙人様が桜桃は成り始めるのに6年かかると仰っておられました。まさにそんな感じで当たっているように思います。

桜桃も時間がかかる果樹のようです。

 

私の中で桜桃に対する考えはこれまでいろいろ変化がありました。

これまでに倒した桜桃は7~8本を数えます。これがいかにも物語っております。

樹は大きくなるが自然交配での着果率が良くありません。

途中桜桃は受粉が難しい果樹だと認識を変えました。それでばっさり。

現在家にある桜桃はお手軽・簡単・花が咲けさえすればばほぼ実がなる。それでいて大実・豊産と言った初心者向きの品種に絞ってきました。 (収穫間近のはるかは別扱いです)

唯一家ではこの【出羽錦】だけ受粉樹を必要とします。

まあ、ひとつくらいは受粉樹が無くとも何とかなるでしょうの精神で残してあります。

【出羽錦】は最新品種です。2006年に品種登録されました。私はその前年に植え付けたことになります。

山形の今田興一郎さんが今田錦の自然交雑実生から選抜されたものです。

これも大実・豊産の品種のようです。

 

一輪だけ咲いてその後どうなるか見ておりましたら、結実しておりました。

どの品種と交配したかわかりませんが、専用の受粉樹を植えなくても良さそうです。

この貴重な一果。最後収穫まで行けるのか注目してみます。

来年は200~300個くらい収穫できるように今年準備しようと思っております。

ブログで詠えば私もそれなりに頑張るでしょう。(汗)

IMG_5125-A.jpg

fruitssaibai125_41_z_sakuranbo.gif

 

 

 

 

 







最終更新日  2010/04/24 07:05:56 AM
コメント(8) | コメントを書く
2010/04/12
カテゴリ:サクランボ

またまた発見が遅れてしまいました。

中国桜桃の【はるか】が毛虫の食料に。

思い起こせば昨年の9月8日に同じく毛虫で丸坊主にされています。

前回のはこんな軽症では無く、本当にひどい状態でした。

毛虫が卵を産み付けていたのでしょう。

気付きませんでした。

この【はるか】は注目しておりました。

果たして実が付くのだろうかと。

一般的に葉が無くなると、翌年実が付きません。

9月8日時点で葉が無くなった場合、翌年の実付きにどの程度影響が出るのだろうかと。

これを見る限り、初秋時点葉が無くなった場合翌年への影響はさほど無いようにも見えます。

IMG_5034.JPG

 

これは別のはるかです。

こちらは順調のようです。

昨日防鳥ネットを張りました。

このはるかも最後一気に肥大して収穫を迎えます。

あと10日くらいではないでしょうか。もしかすれば1週間?

樹全体が紅く染まります。

IMG_5026.JPG

fruitssaibai125_41_z_sakuranbo.gif

 

 

 







最終更新日  2010/04/12 07:05:48 AM
コメント(18) | コメントを書く
2010/03/27
カテゴリ:サクランボ

お遊びを始めました。

先週の休みに中国桜桃のはるかに他品種を高接ぎ致しました。

その時に切った枝がありますがそのまま水につけてあります。

高さは約60cm程度。一応全て受粉しております。

このままあと1ケ月放置してみます。

果樹の生命力も強いと思いますが。

さすがに養分が不足して収穫は難しいでしょうか。

紅い実まで行けば花瓶に移して家の中で鑑賞しようと思っている次第です。スマイル

IMG_4805-A.jpg

 

最近わからないことがあります。

果樹で冬に切った枝を水に付けておきましたら、実際の木よりそちらの方が断然展葉が早いようです。

同じ外で気温は同じです。

【柿  丹麗】    玄関先に置いてあったもの

IMG_4804-A.jpg

こちらは同品種の路地植えのもの

IMG_4803-A.jpg

不思議です。

何が影響しているのでしょう。

また勉強する必要があります。

 

今日は柿のバックの色にありますように快晴です。

気持ちの良い朝になりました。

頑張って行きましょう。

fruitssaibai125_41_z_tsukushi.gif

 

 

 







最終更新日  2010/03/27 07:40:12 AM
コメント(14) | コメントを書く

全73件 (73件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.