1645370 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

アケビ

2011/07/03
XML
カテゴリ:アケビ

あまり実の方は注目しておりませんが、アケビの近くに来ますと何故か涼しさを感じます。

日中木陰に避難することもしばしば。

ぶどうで緑のカーテンを良く見かけますが、アケビはどうでしょう。

実はぶどうより甘くなりますが、緑のカーテンとしてはそんなに甘くなさそうです。

緑のカーテン・アケビ編では無くアケビ変?でしょうか。^^;

 

 

 

2011 7 3 006.jpg

 

裏から見ますと、

2011 7 3 001.jpg

 

 

実の方はと申しますと。(写真は白実。夏に収穫の極早生種。)

2011 7 3 003.jpg

この大開脚どこかで見たような。

 

 

 

 

2011 7 3 007.jpg

ただいま約10cm。

この倍くらいには行きますか?

 

 

ポポーの取木をやってみましたがどうでしょう。

(写真はポポーに拒否されました。いや単なる撮り忘れとも言います。^^;)

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2011/07/03 06:34:18 AM
コメント(10) | コメントを書く


2010/11/02
カテゴリ:アケビ

これは【紫の上】?でしょうか。【細紫】?【若紫】?

3品種のどれかですが、いずれにしても紫色のアケビのようです。

紫色のアケビは今年初めて生りました。

今年実はたくさん付いたものの夏にカメムシにやられ、次々に落下してしまいました。

ほとんど諦めていましたが、お情け程度に生っていました。

IMG_7517.JPG

IMG_7526.JPG

 

これまでアケビの収穫は【白実】のみ。

この紫のアケビの糖度は約20度。白実の糖度が30くらいありましたので特に甘いと言うことはありませんが、ほんのり甘さを感じます。(白実の収穫が8月ですから、品種によって収穫時期もかなり違うようです)

皮は肉厚ですが、私は食べませんので中身のみです。

とりあえず紫のアケビが加わりました。

 

fruitssaibai125_41_z_ichou.gif

 

 







最終更新日  2010/11/02 06:46:32 AM
コメント(14) | コメントを書く
2010/07/10
カテゴリ:アケビ

今朝アケビの下を通りましたら、やたらたくさんの実が落ちていました。

IMG_6068.JPG

今年は見付きが悪いと思っておりましたが、これを見ますと隠れた所にも成っているようです。

アケビは最初4品種から始めて途中1本枯れました。

現在実を付けているのは白実だけです。

紫系は花は咲き実も付けますが、すぐに落下してしまいます。

(若紫・紫の上・細紫のうち1本が枯れましたが未だ特定できておりません)

アケビも落ち着くまでに時間がかかるようです。

現在のアケビの様子。

これぞ緑のカーテン? では無く単に生い茂っているだけです。

IMG_6069-A.jpg

 

しかし落下の原因は何でしょう。

もしかして犯人はこいつですか。

IMG_6067-A.jpg

 

それと昨年アケビの木に鳩が巣を作り、二度ここから巣立って行きました。

さて今年もやって来るのでしょうか。

IMG_6070-A.jpg

fruitssaibai125_41_z_huji.gif

 

 

 







最終更新日  2010/07/10 06:48:18 AM
コメント(14) | コメントを書く
2010/02/11
カテゴリ:アケビ

スギ花粉情報が出されるようになりました。

今年私の予想は少なめ。

昨年を思い起こせば、長梅雨により桃のなつおとめは燦々な結果になったのを思い出します。夏の後半やっと夏らしい暑さに。

ざっとこのような天候だった気がします。ちょっとaboutすぎますか。

スギにとって昨年は大して厳しい年ではなかったと思います。昨年の気候であれば雨もあって腐葉土もそれなりに出来ているでしょう。成長に向かえるだけの条件は整ったはず。よって花粉などそれほど飛ばす必要性も無し。花粉はまだまだ先でいいんだ。なんて思っているでしょう。前年の気温などをとやかく言われますが、問題は天候によってスギにとって周囲の環境がどのように変化し、その変化にどのように対応して行かなけばならないのか。花粉はスギにとって長い成長過程のうちのほんの一過程の情報にすぎない気もします。

 

さてアケビですが、まだまだ葉っぱが青々としています。

落葉樹であったような気がしますが何故か未だ葉っぱが付いています。

剪定をしようと樹全体を見渡してみました。

するとまた発見してしまいました。これには全く気づきませんでした。

参りました鳩様。

IMG_4303-A.jpg

アケビの枝を利用して作られた鳩の巣がいつの間にか2つに増えています。

昨年8月にまず1つ目ができ、その巣から既に2回雛が巣立っています。

果樹の観察日記とともに、鳩の子育て日記もその頃から始まりました。

鳩って凄いんです。

卵を産んでから巣立ちまでにちょうど1ケ月。生んだと思ったら日ごとに成長しあっという間に巣立ち。

巣から飛び降り、1~2時間羽をばたつかせ飛ぶ練習をしていると思いきやはや大空へ。

しかしながら2つ目の巣の意味がわかりません。

鳩の子が今度ここで次の子を産むのでしょうか。と言うことであれば年々鳩の巣が増えて行くことになります。

そのうち大家族になります。

今年も大きく甘い実に期待しますが、この鳩の巣にも注目です。

その前にカイガラムシ君には退散してもらわねば。

芽を見れば緑色もちらほら。

IMG_4299-A.jpg

IMG_4300-A.jpg

IMG_4302-A.jpg

 

fruitssaibai125_41_z_tsukushi.gif

 

 







最終更新日  2010/02/11 08:39:55 AM
コメント(18) | コメントを書く
2009/10/04
カテゴリ:アケビ

家の中でこれまで目立つことがなかったアケビですが、最近鳩が巣を作ってから主役にな

っています。

鳩はおとなしく言うことを聞いて、目の前のアケビに手を付けていません。

おかげで今年初めての収穫となりました。

IMG_3149.JPG

このアケビですが、これまでの記録を塗り替えることになりました。

糖度の記録です。

アケビは昨年から成っています。ただ昨年はやたら甘いというイメージだけで糖度測定は

していませんでした。

他の果実は糖度にこだわって栽培していますが、アケビはその意識は全くありません。

皮肉にもアケビが記録を塗り替えるとは。

実測したアケビの糖度ですが、糖度32以上。

家にある糖度計は最大32まで計れますが、アケビはその数値を超えている実際の数値

はわかりません。

(家の糖度計も見直さねば)

では収穫して割ってみましょう。

IMG_3157.JPG

見てもわかる通り種がむちゃくちゃあります。

スイカの比ではありません。

種と種の間の白いゼリー状の所が極甘なんです。

食べてみるとゼリーというより饅頭のあんを食べている感じです。

これはダイエット中の奥様方には勧められません。子供には良いおやつになるかもしれま

ん。

家にはアケビが4品種植えてあります。

【白実 ・細紫 ・若紫 ・紫の上】

今の所実を付けているのはこの【白実】だけです。

他の品種も花は咲き始めているので近々実を付けると思います。

実を付けたらまた味比べをしたいと思います。

 

アケビは工芸品としても使われていると思います。

アケビのつるです。

IMG_3156.JPG

家の中で何かアケビのつるを使ったものがないか探してみました。

IMG_3158.JPG

このバスケット、アケビのつるに見えます。

数年前、白馬自然体験村でアケビのつるを使ってちょっとしたバスケットを作ったような

気がします。

(このバスケットではありません。こんなの到底無理です。)

 

これからしばらくアケビの収穫が続きそうです。

IMG_3152.JPG

これも実がはじけてきています。

実も大きく400~500gありそうです。

 

さて家に居ついた鳩ですが、すっかり家の住人になっています。

朝、挨拶してきますから。(ホーホーって)

鳩の鳴き声を聞いたことがありますか?(変な声で鳴きますよ)

カメラを向けても、きれいに撮ってね!ってすっかりカメラ目線ですから。

IMG_3180.JPG

これカメラとの距離20cmくらいです。

これメスです。オスはたまにしか帰ってきません。せっせと働いているみたいです。

 

 

 







最終更新日  2009/10/04 06:56:24 PM
コメント(12) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.