000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

前向きに生きよう!

告知

診察室では目の大きいツルッとした顔の先生が、さっき撮ったばかりの写真を示しながら淡々と、「ここと、ここの違い、分かりますか?」
「癌を疑います」と言われました。
まるで、ドラマの中のワンシーンのような光景がとても自分の事とは思えませんでした。
先生の細胞診をしますか?の問いかけにトンチンカンな
「それ、痛いですか?」と言ったのを覚えています。

14日
細胞診の結果を主人、娘と共に聞きにいきました。
良性であってほしいと願う自分と、もし悪性だったら専門病院に行こうと決めている自分がいました。
結果は願いもむなしく悪性ステージ5でした。
こうして私はがんセンターに行くことになりました。



© Rakuten Group, Inc.