246687 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

中沢美人姉妹の歌謡音楽日記

みゆきが一番カッコ良かった日

(ネタ不足気味のため、以前書いたものを転載してます(笑)

あたしが1番強烈に印象に残ってるみゆきコンサートは、なんかベタだけど、1995年の「LOVE OR NOTHING」ツアーの「ファイト!」だわね。

あの年、阪神大震災起こったじゃない。あたしが住んでる大阪も、すんごい揺れたの
よ。家族全員ビックリして飛び起きたわ。それまで、こっちでは滅多に地震なんて起
こらなかったからね。

そんでね、家族全員でリビングに集まって、「何やったんやろな、今の地震、ちょ
お、テレビつけてみようや。」ってテレビつけたのね。そしたら、NHKだけやって
て、「ただいまの地震は、マグネチュ-ド・・・・。なお、神戸市内で、死者が出た
模様・・・・。」って伝えてて、それから数時間もしないうちに、燃え盛る神戸の町
が映し出されたのね。
あたし、当時、まだ尻の青いアホガキでね、いまいちその意味がよくのみこめなかったの。

そんで学校も当分臨時休校になって、テレビも震災のニュースばっかしだったからね、
退屈だから、翌日梅田で友達と集まったのよ。
そしたらね、当時唯一震災の地へと電車を走らせていた阪急電車までの、コンコース
がね、ものすごい行列だったの。食材やら衣類やら詰めこんだリュック背負って、大
人も子どもも、みんな下向いたまんま、黙ったまんまでね。

普段、そこはわりと賑やか過ぎるくらい、賑やかな通りでね。キャッチセールスの兄ちゃんやら、女子高生達のかしましい声でいっぱいで、うるさいぐらいなの。

でもね、あの日はそんな声、1つ聞こえなかった。みんな、下向いちゃってね。
その光景を見て、アホガキだった、あたしにもようやくこの震災の意味みたいなんが理解できた。

あの揺れで、他愛も無い、日常がいくつもいくつも、一瞬のうちにぶっつぶされたんやなあってね。
あのあと、立て続けにオウム事件もあったしね。
もちろん、己れに立ち返ってみても、当時思春期真っ只中で、色々としょうも無いことで、ぎゃーぎゃー悩んだりしてた時期だったわ・・・。

そんなこんなの、みゆきコンサート。大阪城ホールのツアー楽日だったわ。
あたしはせこく、10列目の席プラス5000円で、ダフ屋のおっちゃんに、「1桁の
席ちょうだい。」って言うて、おっちゃんが席探してくるのを待ってたの。
そしたら、十分後、おっちゃん薄ら笑い浮かべて、「ウラ来い。すごい席やぞ。」っ
て言うてきて、(今考えたら、ちょっと怖いわね・・・)ガードレールの暗いとこに連れて行かれたのよ。

そんで、おっちゃんに手渡されたチケット・・・・・あたし腰抜かしそうだったわ・・・・。
ぬぁんと、2列目のど真ん中だったのよ!!

そんで、「うぉぉ!!どないしょお!!」って感じで、ホール入って、そっから先はあんまり覚えてないのよ・・・・。

あたしいっつもそうなんだけど、みゆきコンサートの幕上がったら、
「うぉぉ!!中島みゆきや!!動いとる!!歌とる!!・・・」って感じで、
1時間半ぐらい過ぎてしまうのね・・・。

でも、あの日、みゆきが、「今日は、アンコールまで聴いていってちょうだいね。」とか、
「途中で帰っちゃいやよ!!」とかしきりに言ってたのは覚えてるの。

あたしは、不思議に思ったのね。これはあたしの個人的な印象だけど、彼女って「まあ、好きなように聴いていってくれや。」っていう感じじゃない?  
いい意味でも、悪い意味でも観客を突き放してるっていうかね。
そんな彼女が、聞き手にお願いしてくるなんて、不思議やなあと思ったの。

そんで、いよいよアンコール。「ひまわり」を歌ったあと、まだ拍手が鳴り止まない
うちにね。おもむろに語り出したのよね。

「2つの恐ろしい事件が起こりました・・・・・新聞にもテレビにも載らず、あたしたちが気づかなかったことを、教える為に死んでいった人達のことを、心からご冥福をお祈り申し上げます・・」(多分、間違ってたらゴメンね。)

そんで最後に、「夢は叶った方がいいです。でも形を変えでもしない限り、叶わない
夢もあります。どんなに形を変えても、傷ついてでも、いつかきっとあなたの夢が叶いますように・・」(これも多分よ・・)って言って、ピアノの前に座って、
「あたし中卒やからね・・・」って歌い出したのね。

だだっ広い大阪城ホールが、水を打ったように静まり返ってたわ。数千人のオーディエンスも固まちゃっててさ。

間奏が終わって、みゆきがセンターマイクに1人でそびえたって、ギターをむしゃぶるようにかき鳴らしながら、涙でぐちょぐちょの顔で、「ファイト!!」って叫び始めた頃には、あたしら、オーディエンスも涙でぐちょぐちょだったわ・・・。

みゆきって、決してカリスマぶるようなタイプじゃないじゃない?どっちかといえば、コンサートのMCや、ラジオなんかで聞いた印象だと、シャイで、ぶきっちょなオバハンって感じじゃない?

でも、あんとき、そんなもん全部取っ払って、敢えてカリスマになりきって、あたしらに「おめーら、負けんじゃねえぞっ!!」って言ってくれたくれたような気がしたのよ。

曲が終わった後、しばらくオーディエンス、放心状態だったわ。ホール、号泣の嵐(笑)
ちなみに、あたしはホールからの帰り道も、まだ放心状態で、ボーっとしてしまって、駅の階段から、転がり落ちて、足亀裂骨折ぶっこきました・・・。

追記)あのコンサートの「ファイト!」の熱唱以来、カリスマなかっちょいいみゆきは観てないような気がするわ・・・。
別にあたしは、みゆきに「カリスマ」を求めてるわけでもないし、あのおばちゃんもそういう形態をつくるつもりはないんだろうけど。

でも、かっちょいいロックなみゆき、もう一回みてみたい。
今はちあきのほうが好きだけど(笑)
                  中沢純子

                


        


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.