187554 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Message Card~名古屋の産後ケア教室より

PR

プロフィール


chiaki♪

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

カテゴリ

お気に入りブログ

たった1回の受講で履… hiromileさん

インスタグラム tomoco0534さん

ちゅらさんの日記 Michiko Kayanumaさん
日々是前進 leicocoさん
日刊ははみち kanako.itoさん
Pura Vida … オルガみっこさん
sango道 BEAUTIFUL FIGHTERさん
セルフケア美人*日記 miho@32さん

全9件 (9件中 1-9件目)

1

母ゴコロ

2011年03月30日
XML
カテゴリ:母ゴコロ

マドレブックスで限定発売中の産後白書2を、 

チャリティイベントで販売いたします!

四つ葉4月1日(金)千種区のトヨペット内山店さんにて。

四つ葉10時から16時 詳細はママスタート・クラブHP

イベントの収益は震災支援の団体に義援金としてお届けするそうです。 

私も春休み中の子どもたちを連れて参加する予定なので、

ブログを見ていらしてくださった方、お声かけくださいなー。

 

愛知県女性総合センター*ウイルあいちでは、

マドレブックスたちが1階ライブラリーの蔵書となりました。

手にとってご覧いただけますので、ご利用くださいね。

 http://www.will.pref.aichi.jp/

 産後白書 産後白書&産後白書2

 

四つ葉名古屋にいらしている被災者の方を応援させていただきます四つ葉
産後ケアで身体を整えながら、名古屋の産後女性達と出会ってみませんか?
ご希望がありましたら個メールでお気軽にご相談くださいね。
 info@sango-care.com   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 黄ハート産後のボディケア&フィットネス上前津教室黄ハート
4月コース【4月7・14・21・28日 毎週木曜日】10:30~12:30
メール4月コースのご予約&体験受講を承ります!産後ケア.com HP

ピンクハート新しい産後ケア教室が始まりますピンクハート
JEUGIAカルチャーセンター主催*産後のボディケア&フィットネス

四つ葉イオンモゾワンダーシティ教室【第2・4火曜日】10:30~12:30

四つ葉イオン大高教室【第1・3火曜日】10:00~12:00

 

TwitterボタンTwitterブログパーツ ちょこちょこつぶやいてます*日常やお仕事etc.







最終更新日  2011年03月30日 23時40分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年03月17日
カテゴリ:母ゴコロ

今日も全国でマドレボニータの産後ケアクラスが開催されています。

震災の影響で閉講せざるを得ない地域が多い中、

名古屋では上前津教室が、関東では吉祥寺教室大岡山教室が開催されました!

 

上前津のスタジオに集まったのは7組の皆さまです。   

 上前津教室 元気と笑顔が広がりますように

「いつも通りに教室に来れたことがすごく嬉しい!」 

との声をいただきました。本当にそうですね、、、しみじみ

先週の教室は震災の前日でしたので、

7日の間にこんな大きな災害に直面するなんて思いがけず。

教室がいつも通りに開催できること、いつも通りに来てくださった皆様、

ああ~心から感謝。。。。。体調不良でお休みされたNさん、お大事になさってくださいね。 

 

残念ながら欠席された方…

上のお子様の夜泣きがひどくなっていて、

今朝保育園に登園した時に車から降りられず、泣きじゃくってしまったとか。

保育園の先生が手を尽くしてくださったのですが、

母と離れる不安感が強い様子だったので、

「今日一日、お母さんの近くで様子を見てあげたら…」とのアドバイスがあり、

教室はお休みしてお子さまと一緒に過ごしてみます。とのことでした。

 

震災の映像は、子どもたちの心にも大きな影響を与えています。

ちょうど、今朝の中日新聞朝刊に、まさにその話題が掲載されていました。

四つ葉WEB版中日新聞の記事ページ⇒『繰り返される震災の映像 子どもの心に影響も

 

不安やストレスのサインを『乳児の場合』『幼児以上の場合』に分け、

『具体的な対処法』などが掲載されていますので、

子育て中の方はご一読くださいね。

 

我が家の子どもたちの中でも、繊細な心の持ち主が一人いまして、

母の心はその子の最近の表情や様子がちょっと気になっております。。。

大きな子どもなのですが(笑)、こういうときはやっぱり母の出番です。

子どもたちが穏やかに暮らせるよう、週末はゆったりと過ごしてまいります。

被災されている方々に、一日も早く穏やかな日々が戻ってくることを願いつつ。







最終更新日  2011年03月17日 15時17分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月19日
カテゴリ:母ゴコロ
子ども達と過ごす夏休み、みなさまいかがお過ごしですか~。

お盆休みは集中して本を読む時間を作ろう!と思い、
今まで読み損ねてた懐かしい本から、
最新刊ふくめて10冊ほどまとめ買いしておきました。

どーんと積まれた本の山が、ようやく残り4冊の小さな山になりました。

昨日から今日にかけて一気に読み終えたのはこの本。
ファミリー・シークレット

ファミリー・シークレット

価格:1,680円(税込、送料別)



子どもや母親自身の命を脅かすような児童虐待に陥る背景には、
親となった大人自身が育ってきた過去が大きく影響を与えている…

「本人は過去を忘れても、過去は本人を覚えている」という言葉がありました。

過去の出来事が長い時間の中で再生されて何度も繰り返されているとしたら、
今経験している瞬間の出来事は、圧倒的に過去の出来事にはかなわないかもしれない。。

なんて難しい問題なんだろう…



児童虐待というテーマにも遠からず近からず、
先日のワーキングマザーサロンの傍らでちらっと話題にした話。

母親の生き方や子育ての価値感は、
意識的にも、また無意識のところでも、子どもに受けつがれていく傾向があるのでは?と。

母親とか、夫とか、大きな問題をはさんで大事な人と向き合うたびに、
最近↑コレがすごく実感ちゃうのです…


母親はなぜ生きづらいか

母親はなぜ生きづらいか

価格:756円(税込、送料別)


ちょうどこの本を読んでいた頃、
我が家では夫婦の大討論大会が繰り広げられてました。

“男性の中の理想の母親&妻像はどこから生まれてくるのか?”

これに気がついてない男性って、結構いるんじゃないかな。
で、巡り巡って苦しんでいる女性が多いのではないか…と。

半ば強制的に(笑)パートナーにも読んでもらいました。
フに落ちたというか、自分で自分のことを納得できたんじゃないでしょうかねー。

ややこしいパートナーシップについてはまたの機会に。



親と子の関係、お互いの関わり方っていうのは今現在だけでなく、
ちょっと先の未来にも投影されていくもんだと思います。

母親自身が何を思い、どう考えて、その道を選んで生きているのか。
子どもは間近で見ながら、母の姿からいろんなものを感じとっているんでしょうね…。

母である今の私はどうなんだろう??



本を読みながら、心に留めて置きたい言葉に出会った時、
いままでは付箋ををくっつけておいたのですが、
ちょっといいグッズに出会ってしまいました~♪
book.jpg ブックダーツといわれています

付箋だとピロピロしちゃうのが邪魔だったし、
よれよれになったら捨ててしまうのが、なんかエコじゃないなー…って。

Book Dartsをしおりにくっつけといて本に挟んでおけば、
外出先でもササっとマーク出来ちゃうから便利~。

楽天で検索したら、大缶がお値打ちだったので(笑)さっそく注文しちゃいま~す♪







最終更新日  2010年08月19日 20時07分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年08月16日
カテゴリ:母ゴコロ
今年も無事に終わりました~長女の脳外科の検査。
数年前に手術を受けてから、
毎年MRとRI検査を受けて、再発がないかをチェックしてもらいます。

今年の結果も良好です♪まずはよかったデス♪

でも気になることがひとつあって…脳の血管がもともと細いらしいのです。
今のままの状態がいつまでも維持できることを祈ります。。。。


長女の入院生活で24時間泊まり込みで付き添いをしていたころのこと。

ベットサイドの傍らで術後の長女を見守りながら、
マドレボニータの教材ビデオを、
音無しでずーっと眺めていたことを思い出します…

当時は今みたいな産後セルフケアインストラクターの
オンライン養成コースがまだなくて。
でも、「このお仕事をしたい!」という思いだけは、強くて、深くて、長かった。


術後の経過次第では、長女の生活をサポートして、
家族の生活を維持することだけに、
すべての時間を集中させていたかもしれません。

あの頃のことをあらためて思い出す、年に一回のこの機会は、
自分の人生を振り返って、原点を確認する作業になります。

人生の時間を『何のため』に使うのか、
ずーっと心に掲げてる大切な課題です。


「家族に限らず、周りの人達のために時間を使うこと。」
「今を選択できる環境に感謝して、『感謝』を循環させること。」


この2つが今のわたしの活動とお仕事の土台なんだなー、と再確認。


来年は私も検査する予定です。
最近、ろれつが回らないから…(カツゼツ悪いだけじゃんっ。)

100111_1625~02.jpg
こんないかわゆかったbaby(親バカばっかバカ)、もう13歳ですっ。






最終更新日  2010年08月30日 21時55分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月04日
カテゴリ:母ゴコロ
ファザーリング・ジャパンさんが緊急フォーラムを開きます。
会場が東京なので…東京近隣にお住まいの方は是非!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FJ緊急フォーラム~産後うつ問題
ママを産後うつから守る!パパはママの最強サポーター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「涙がポロポロ止まらない」「母親失格かも・・」
「子どもが可愛く感じず、つい・・」

産後のホルモンバランスの崩れに加え、十分なサポート・準備期間が
ない中での早期退院や高齢出産の増加、核家族化の進行など、
さまざまな社会的背景により、「産後うつ」が増加しています。

そして産後うつにより自殺や児童虐待に発展する事件も後を絶ちません。

一方で、産後の知識や情報が不足しがちな父親は、産後うつで苦しむ
母親を十分にサポートしきれていないのが現状です。

夫の長時間労働や海外勤務単身赴任などによる妻子の孤立は深刻で、
また周囲の家族がそれを病気とは思わず、「育児は母親の仕事。
それが満足にできないのは、妻(母親)自身がは育児が苦手だから」
などと思い込み、治療が遅れ、夫をはじめ家族全員に過大な負担が
かかるケースが多発しています。
 
そこでファザーリング・ジャパンでは、母親の一番のサポーターである
父親を対象の中心に、「産後うつフォーラム」を開催します。

妻の妊娠期から出産、産後における女性の心身の変化、
産後うつの原因や予防策等についての情報提供や、
実際に妻が産後うつ症状を抱えた「経験者」の話を聴き、
助産師、医師等の専門家を交え、予防や解決方法を探る議論を行うとともに、
乳児のいる父親たちへの意識の向上と、
支援(情報提供や働き方の見直しなど)の必要性を訴えます。

【産後うつ】うつ病の一種。出産後、育児に自信がなくなり、
イライラしたり憂うつになったり、子どもを愛せなくなる。
頭痛や不眠、食欲不振などが起きることも。出産経験者の1割が
患うと言われている。自覚がないまま悪化することもあり、注意が必要。
最近は、アナウンサーの女性(0歳児の母親)の自殺の原因として
クローズアップされている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★FJ緊急フォーラム『産後うつ問題』★
~ママを産後うつから守る!パパはママの最強サポーター(仮)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・日時:2010年8月9日(月) 18:30~21:00
・会場:文京区民センター 2A会議室

・定員:200名
・対象:乳幼児を育てるパパ・ママ、子育て支援者、この問題に関心のあるすべての

・参加費:無料
・参加申し込み:Web専用フォームより→ http://bit.ly/0809forum
また、お名前・連絡先(所属先)等を明記の上、seminar@fathering.jp まで
メールでお申込みください。FAX(FJ事務局050-8884-4252)でも受け付けていま
す。

・主催:NPO法人ファザーリング・ジャパン、日本助産師会

・後援:子育て応援とうきょう会議、にっぽん子育て応援団
NPO法人マドレボニ―タ、NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク
FJ東海、FJ関西、FJ東海

・主な発言者     
 宗田 聡(パークサイド広尾レディスクリニック院長)
 市川香織(助産師、日本助産師会事務局長)
 金子美津子(産み育て・ヨコハマ・ハッピープロジェクト代表)
 吉岡マコ(NPO法人マドレボニ―タ代表)
 宮崎弘美(ママブルーネットワーク代表)
 産後うつになった妻を抱えるパパ(FJ会員)
 乳幼児を育てるママ

・コーディネーター
 棒田明子(ユウchanちゃん編集長・産み育てヨコハマハッピープロジェクト)
 長友英哲(FJ産後うつプロジェクトリーダー)


「関心ある方はどなたでもOKですので、参加をお待ちしています!」







最終更新日  2010年08月04日 22時04分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月09日
カテゴリ:母ゴコロ
小学一年生の少年が、目をキラキラさせながらお手紙をくれました♪

002.JPG
お姉さんに字を教えてもらいながら書いたんだって。
まだまだ新一年生だもんね。

ありがとね。「まさあじ」よろしくね♪



★産後のボディケア&フィットネス上前津教室6月コース★
  ☆『6月コース3・10・17・24日(木)』御予約の受付を開始しました 産後ケア.com

★岐阜県岐阜市で新しい教室がスタートします★
  ☆担当インストラクター山本裕子さん⇒詳細案内はこちらです☆

007.JPG 033.JPG 005.JPG

★ついったーでちょくちょくつぶやき中です@chiakiyy







最終更新日  2010年05月20日 14時20分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月05日
カテゴリ:母ゴコロ
GW最後の締めくくりは、
骨折で長ーい療養生活を送っていた母の快気祝いも兼ねて、
総勢10名の大家族でお食事会に行きました。

たらふく食べてきたので、おなかぽっこり。
明日のレッスンは、
「きさくなおばはん風」スタイルを演出してまいります♪


で、実母が言うんです。うちの夫に。

「ちーこさん(私のことよん)は家のことちゃんとやっとるかね。
 いちずに頑張っちゃうほうだもんで、ようゆーたってちょ。
 でもまあ、仕事やるからにはとことん頑張らないかんけどね…
 おおめにみたってちょーだいね。」


で、娘である私にも言うんです。

「忙しくしとるみたいだで、身体大事にしやーよ。
 なんかあったらいつでもゆやーよ。いつでも車で走ってくでね。」


ありがたいです。ほんとに。
素直に「お母さんありがとう♪」なんて
言わない(言えない)けど。



40才にもなる娘なのにね、
一生懸命頑張ってることは、
いつでも今でも無条件で応援してくれるんです。

子どもを産んでから今の仕事を始めたので、
研修で東京に行っている間の子どもたちの送り迎えや
子どもたちが熱を出したときのお留守番などなど、
いつでも愛車を走らせて、自宅まで駆けつけてくれてました。

とても元気な人ですが、
骨折してしまうほど骨がもろくなっていたとは…


今日の帰り際、実家の外まで出て来て
私たち家族に手を振ってる母の姿をみてたら。

子どもに戻らせてもらえるこんな瞬間は、きっと永遠じゃない…

ちょっと切なくなりました。
今も思い出しながらちょっと切ない気分。


自分の時間。人生。仕事。
もったいない生き方はしたくないな、、、と、
母の姿から教えられてます。


★産後のボディケア&フィットネス5月コースが明日からスタートします★
☆上前津教室6月コースの御予約の受付を開始しました 産後ケア.com
★ついったーでちょくちょくつぶやき中です@chiakiyy








最終更新日  2010年05月05日 22時50分00秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年04月20日
カテゴリ:母ゴコロ
昨日のママスタート・クラブのボール講座、16組の母と子にお越しいただきました!

楽しい時間を一緒に過ごさせていただきました。ありがとうございます♪

来てくださる方々の個性によってクラスの雰囲気は変わります♪

昨日の2クラスでも、盛り上がるツボが全然違いました。

これ、ほんとにおもしろいです。わたしも大笑いして帰ってきました。

参加してくださるみなさんと講座を作っていくのが、

わたしのスタイルなんだなーって思ってました。


ママスタート・クラブのボールエクササイズの講座は、

未就園のお子様もご一緒に来ていただいてます。

今まではクラブのスタッフ達が、

参加者のお子様達と自分の子どもたちを一緒に遊ばせながら、

隣の和室で見守リ託児をしてくださってました。

母と離れて泣いちゃう子を抱っこすると、自分の子がやきもちやいちゃったり。

そんなこともよくあります。

だから、スタッフたちはとても大変なチャレンジをしてきてくれました。


昨日は、専門の託児サービスの方に依頼して託児をしました。

今回のトライアルで様子をみて、今後の方針をあらためて相談することになっています。


母親向けの講座の間、お子様がどう過ごしているのか、

これはほったらかしにできないところです。

どういうサポート体制を作り、母親もお子様も過ごしやすい環境を整えるか。

母と子と、両方のことを真摯に考えるからこそ、試行錯誤しながら、

ママスタート・クラブのみなさんは一番いいスタイルを探し続けています。


「子ども連れてきちゃってもいいよー。でも、全部自己責任だからね。」

っていうのは、なんか無責任な気がしてしまうのは、私だけかな、、、

残念ながら、会場の仕様や人の手配などから

親子向けの講座ではそうせざるを得ない場合もあるかもしれない。

でも、最終的にはその講座がどこに目的を持っているのかで、

講座の運営スタイルは決まってくるんじゃないかと思います。


ママスタート・クラブの講座は、

ボランティアで働くスタッフたちの協力があるから開催できるんです。

昨日の会場にお手伝いで来てくれたスタッフ、6人?8人だったかな?

いつもありがとうございます!!

子どもを連れた母たちが、周りの母たちのために働く新しいチャレンジ、

私も心から応援しています♪







最終更新日  2010年04月20日 11時50分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月15日
カテゴリ:母ゴコロ
新一年生の小学校生活、やっと一週間が経ちました。

送り迎えをしなくてもいい生活って、、、、、

なんて暇なんでしょう!!いえいえ、解放感って言った方がいいかしら。

あわただしく家族4人が出かけて行った後、家の中はほんとに静かです。

我が家のテレビはテレビの部屋に隔離されているので、

うちでは朝からテレビを見ることはないけれど、

うっかりテレビつけちゃっぱなしで過ごしちゃうかも。

子どもが自立していく時に親が陥りそうな喪失感ってやつを、

疑似体験した気がします。

子どもの成長とともに、母にはいろんな感情が生まれてくるものですよね。




エシカルジュエリーを販売しているHASUNAさんからのメールマガジンで、

「お母さんの命を守るキャンペーン」を知りました。

サポーター登録や壁紙募金やってるそうです。

そこで!壁紙、変えてみました♪

フランス在住のアーティストナタリー・リュズィさんの作品です。

お母さんの大きなおなかが、地球になってるんです♪素敵だな~。原画を見てみたい!!

他にも素敵な作品が3点ダウンロードできますよ。


子どもたちが毎日学校に通っているのを

安心して見守っていられる私のような母もいるけれど、

清潔な環境すら確保できなかったり、

専門家のケアが受けられなかったりして、

妊娠や出産で亡くなる母達も大勢いるのが世界の中の現実。

母になったから命を落とすなんて、母にとっても子どもにとっても、

なんて悲しいことなんだろう。。。


できることがあるならば、、、と。

ちょこっとだけど、お手伝いさせていただきました。



♪♪国連人口基金東京事務所の「お母さんの命を守るキャンペーン」を応援しています♪♪

SaveMothers_L.jpg
↑クリックするとキャンペーンの案内ページにジャンプします


キャンペーンに賛同している人なら、どなたでもサポーター登録ができます。(登録は無料)
キャンペーン終了後に、サポーター全員の名前を日本政府に届けるそうです。

【サポーターの登録はこちらをご覧ください→登録ページ

サポーターに登録している方は、名前がサポーターリストに掲載されてます。
自分の名前も見つからないほどすごい人数です!






最終更新日  2010年04月21日 20時48分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.